メジロラモーヌ単語

メジロラモーヌ
5.3千文字の記事
  • 8
  • 0pt
掲示板へ

86年、桜花賞

その美しきい流線形。嫉妬すら追いつかない。憧れすら届かない。

そのが史上初の三冠になることを、まだも知らなかった。

”魔性の青鹿毛” そのの名は…

2012年桜花賞CMより 

メジロラモーヌとは、1983年生まれの元競走馬繁殖牝馬である。
史上初の牝馬三冠(当時桜花賞優駿牝馬エリザベス女王杯)を、トライアル三冠と共に決めた名。 

な勝ち
1985年:テレビ東京賞3歳牝馬ステークス(GIII)
1986年:中央競馬牝馬三冠[桜花賞(GI)、優駿牝馬(GI)、エリザベス女王杯(GI)]
      報知杯4歳牝馬特別(GII)、サンケイスポーツ賞4歳牝馬特別(GII)、ローズステークス(GII)

1985年優駿賞最優秀3歳
1986年優駿賞最優秀4歳

曖昧さ回避 この記事では実在競走馬について記述しています。
このを元にした『ウマ娘 プリティーダービー』に登場するキャラクターについては
メジロラモーヌ(ウマ娘)を参照してください。

概要

メジロの総帥とシンボリの総帥が共同で購入し、種牡馬入りさせたリファール産駒モガミメジロリュウはネヴァービートという血統で、半にはオグリらと同世代でしのぎを削った詰め甘おぼっちゃまメジロアルダンがいる。

(以下、特に断りがない場合齢表記は旧齢表記とする。)

幼名は俊飛。幼い頃は血統評論家に血を汚すとまで言われたくらい気性難が多いモガミ産駒らしからぬおとなしで、脚にも欠陥があるなど期待を持たれておらず、受け入れ厩舎がなかなか決まらなかったが、後にメジロライアンらを預かる治厩舎に、メジロとして始めて入厩することになった。
デビューに向けてメジロ牧場調教を積み始めると、脚の欠陥も治り、体のバランス素晴らしいものへ変わっていった。

1985年

デビューしたのは府中開催。ダート変更となったレースだったがすでに調教でもスゴい動きを見せており、その動きの評判に違わぬ圧勝を見せる。
なんせ3.1である。約20身ちぎったと書くと凄さが分かるであろう。
そのせいか次走の京成杯三歳ステークスではを差し置いて一番人気に推されるがスタート直後に接触してかかりっぱなしになってしまい5頭中4着に敗れてしまう。
次の条件戦を快勝し、当時の三歳GIがなかったため関東の最大標であったGIIIテレビ東京杯三歳牝馬ステークスへ。
ここを当時のとしては破格の1:34:9で駆け抜け重賞初制覇を飾る。前走から乗り変わっていた柏崎騎手重賞勝利となった。
この勝利が決め手となり、最優秀三を獲得した。 

1986年

年明け初戦はクイーンカップから始動するが、しくイレ込むモガミ産駒らしい部分を発揮し失速。4着に敗れる。
騎手は「イレ込みなんて関係い、スゴい手応えだったのに…」と言っていたが、馬主北野ミヤ氏は当日の様子を見て「こりゃ負けるわねぇ」と思っていたとか。
次走は西下し四歳牝馬特別(西)へ。ここで騎手巧者の河内スイッチレースは垂れた先行のせいで一時最後方に下がってしまうが、の覚める末脚で差し切り勝利

迎えた本番桜花賞では難に前につけ、4前で一気に進出し押し切り勝ち。見事なGI初制覇となった。
この勝利のあたりから、かつての最強テスコガビーとのすらされるようになっていたという。強さ的にどうなのかはともかく、見たりする青毛(テスコガビー)と青鹿毛(メジロラモーヌ)で秀麗、レースでは卓越した先行で押し切るという共通点はあった。

次走はオークス直行かと思われたが、東京で二敗していることを懸念され、オークストライアル四歳牝馬特別(東)へ向かう。
ここには3歳の頃から対決が期待されていたノーザンテースト産駒快速ダイナアクトレスとの初対決になったが、これを軽く退け勝利
オークスでも出遅れながら後方からめに先頭に立つとそのまま押し切る強い競馬を見せ圧巻の二冠達成。
上の河内ガビーより強いんじゃないかな」と言い、シンボリルドルフ調教師である野平祐二オークス史上稀に見る強い勝ち方」と絶賛した。
ビクトリアカップ創設以来、あやふやにだが存在していた路線の三冠、その最初の達成が見えてきていた。

は地元中山クイーンステークスからの予定だったが挫石で上手く調整が出来ず、西下しローズステークスから。
ここでもなんとか勝利するが、辛勝だったため三冠信号!?とも言われた。
そして迎えた最終戦エリザベス女王杯調教師が後の回想で「いいとこ70の仕上げ」という、GIに向かうには心もとない体調であった。
しかしながらレースでは残り800mで仕掛け先頭に立つ。が、最後は脚が止まり万事休すかと思われたが、なんとか後続を振り切り三冠達成。偉大な記録史上初めて達成した。
三冠戦のトライアルレースも全て制覇し、一部では三冠とも言われた。一流ほどレース数を絞るようになった昨今、特に桜花賞オークスの間にトライアルレースを使うなどまず考えられないことから、二の記録になる可性も高い。
この勝利重賞6連勝でハイセイコー記録を抜き、更に当時のの獲得賞記録更新記録づくめの勝利になった。

続く有馬記念でも当年のダービー天皇賞を差し置いて2番人気に推され、体調も絶好調であったが、勝負どころで一頭行けるかどうかのスペース彼女を含めた三頭が突っ込み失速してしまい、立て直しに手間取り9着に敗れる。まだやれるというもあったが、のある内に引退させます」という馬主の意向もあり引退、繁殖入りとなった。
しかし獲得したJRA賞は最優秀四歳のみにとどまり、年度代表馬の受賞には至らなかった。

通算成績12戦9勝。

Queens of 1986

1986年を思い返す時、らはきっとキミ思い出す。
史上初の三冠。その偉大な記録論だけれど
まぶたに焼きついた、あの麗な走りが、鮮やかに
浮かび上ってくるだろう。1986年キミはここにいた。

JRA「ヒーロー列伝」No.20 ジロラモーヌexit

引退後

繁殖牝馬としては、デビュー前の欠陥や体質的にあまり強くないところがよく遺伝してしまったことや
モガミが悪いところが似やすいところがあったか失敗だったこともあり、競走成績に優れた子は残せなかった。
2005年、永眠。シンボリルドルフとの間に生まれた十冠ベイビーメジロリベーラの孫、ひ孫にあたるフィールドルージュGI獲得を見ることは出来なかった。
その後時は流れて2019年2003年生まれの後輩メジロライアンとの間の子であるメジロバート-メジロツボネ(スウェプトオーヴァーボード!?)のラインから生まれたこれまたひ孫グローリーヴェイズ(ディープインパクト)が香港ヴァーズ勝利海外GIを獲得。
同じモガミ産駒・同郷のメジロモントレーの孫であるモーリス同様、メジロの血が香港いたのであった。

その思い出

時間も場所も
相手がであろうと
そんなことは関係ない。

与えられた仕事
完璧にやり遂げて
そのひとつひとつを
つよく印に残す。

そう私の名は
ミスパーフェクト。
何事にも手を抜かない女。

JRA「名馬の肖像」メジロラモーヌexit

りする美しい青鹿毛、祖リファールに似たらしい顔立ち強さを両立させた、史上稀に見るであった。
モガミ産駒はおボッテリのブサイク体に出ることも多かったが彼女スタイル抜群であり、競馬神様こと大川次郎モガミからこのが生まれたのは信じがたい」コメントしている。

強さの面では、有馬記念の惨敗故か、クラシックにろくすっぽ出られず、ラモーヌには全敗であったが
後に一線級と戦を繰り広げたダイナアクトレスより低く見る向きすらある。が、有馬記念では致命的不利を受けており、評価対外という意見も根強い。
騎手河内も後のNumberの1999年企画では騎乗した最強サッカーボーイニホンピロウイナーを差し置きこのを挙げており
「4歳で引退したからわからないところもあるけど、続けていればとやって強さを明したかった」と述懐している。
調教師メジロライアンよりこのを評価していたり、ポテンシャルは相当あったと感じさせるだったのだろう。もっとも実際にと走ったのがたった一回の不完全燃焼だけでは、推し量りようもないのだが… …。

とにかく、彼女のをことを知らなかったなら一回動画を見て欲しい。こんなに綺麗で強い、滅多にいないから。そりゃ桜花賞CMに採用されるなと納得していただけるはずである。 

血統表

*モガミ
1976 青鹿毛
Lyphard
1969 鹿毛
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Goofed Court Martial
Barra
*ノーラック
1968 黒鹿毛
Lucky Debonair Vertex
Fresh as Fresh
No Teasing Palestinian
No Fidding
メジロリュウ
1972 鹿毛
FNo.9-f
*ネヴァービート
1960 栃栗毛
Never Say Die Nasrullah
Singing Grass
Bride Elect Big Game
Netherton Maid
*アマゾンウォリア
1960 鹿毛
Khaled Hyperion
Eclair
War Besty War Relic
Besty Ross
競走馬の4代血統表

クロスNearco 5×5×5(9.38%)

産駒成績

は特筆すべき成績を残せていないが、ラモーヌのは隔世遺伝するらしく、曾孫の世代から活躍を出している。

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

JRA顕彰馬
クモハタ - セントライト - クリフジ - トキツカゼ - トサミドリ - トキノミノル - メイヂヒカリ - ハクチカラ -
セイユウコダマ - シンザン - スピードシンボリ - タケシバオー - グランドマーチス - ハイセイコー -
トウショウボーイテンポイント - マルゼンスキー - ミスターシービー - シンボリルドルフ - メジロラモーヌ -
オグリキャップメジロマックイーン - トウカイテイオー - ナリタブライアン - タイキシャトル - エルコンドルパサー -
テイエムオペラオー - ディープインパクト - ウオッカ - オルフェーヴル - ロードカナロアジェンティルドンナ -
キタサンブラック
競馬テンプレート
中央競馬の三冠馬
クラシック三冠 牡馬三冠 セントライト(1941年) | シンザン(1964年) | ミスターシービー(1983年) |
シンボリルドルフ(1984年) | ナリタブライアン(1994年) | ディープインパクト(2005年) | オルフェーヴル(2011年) | コントレイル(2020年)
牝馬三冠 達成
変則三冠 クリフジ(1943年)
中央競馬牝馬三冠 メジロラモーヌ(1986年) | スティルインラブ(2003年) | アパパネ(2010年) |
ジェンティルドンナ(2012年) | アーモンドアイ(2018年) | デアリングタクト(2020年)
古馬三冠 春古馬 達成
秋古馬 テイエムオペラオー(2000年) | ゼンノロブロイ(2004年)
競馬テンプレート

【スポンサーリンク】

  • 8
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

メジロラモーヌ

33 ななしのよっしん
2022/09/10(土) 20:46:32 ID: XkUc0YuWnP
記念すべき最初の牝馬三冠なのになんか地味な扱いだよなぁ
👍
高評価
0
👎
低評価
3
34 ななしのよっしん
2022/10/18(火) 00:51:44 ID: P7Tk9FfYyT
お前は今からセントライトウエストオーストラリアンやサーバートンで盛り上がれるか?
当時は十分盛りあがってたんだよ 少なくともラモーヌは
👍
高評価
3
👎
低評価
0
35 ななしのよっしん
2022/10/31(月) 18:41:44 ID: EBlkGOUgSM
つい最近までラモーヌがメジロ代々の血統の子と思い込んでたわ
👍
高評価
2
👎
低評価
0
36 ななしのよっしん
2022/11/05(土) 21:24:21 ID: WiIURNVsjI
👍
高評価
0
👎
低評価
2
37 ななしのよっしん
2022/11/05(土) 21:36:42 ID: OnDFZPEMoD
👍
高評価
0
👎
低評価
1
38 ななしのよっしん
2022/11/06(日) 07:55:54 ID: vQ9biwIU5A
で言う「シンザンえろ」のように、強い標にされたのは間違いないしね。(近年の強い準がかなり高いのは置いといて)
近付いたも多かったけど、秋華賞になってからようやく2代目が出た訳だし
そもそも前戦含めての三冠だからそりゃぁ偉業でしょう
👍
高評価
5
👎
低評価
0
39 ななしのよっしん
2022/11/20(日) 23:49:00 ID: Qji+EWm0Cx
実際20世紀の名馬で「ラモーヌをえろ」と冒頭ナレしてたし
(まさか10年そこいらで強いポンポンでるとは思うまい)
👍
高評価
4
👎
低評価
0
40 ななしのよっしん
2023/09/22(金) 19:51:50 ID: xFkznUbe+D
実際相手の実が分かんないままだったんだよね
一まともに対戦した有馬があれだから、なんだかエアグルーヴより扱いが悪い感じする
👍
高評価
0
👎
低評価
0
41 ななしのよっしん
2023/09/22(金) 22:16:49 ID: UM8SNTzlvZ
年度代表馬は受賞させたかったねえ
年度代表馬ラモーヌを推してた大川次郎も「(ダイナガリバーと)2頭とも年度代表馬ではいけないか?」「どうしてもダメというならせめて特別賞を」とNCKに掛け合ったが断られてしまったと残念がってた
👍
高評価
1
👎
低評価
0
42 ななしのよっしん
2023/10/15(日) 06:19:03 ID: vQ9biwIU5A
今日秋華賞
当確のようにリバティアイランドが達成するか……
どうか見守ってください
やっぱり三冠達成時の杉本さんの実況が良いなぁ
👍
高評価
1
👎
低評価
0

おすすめトレンド

ニコニコニューストピックス