メスティン単語

メスティン
1.1千文字の記事
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

メスティンとは、以下の用途に使われる具である。

  1. 広義の意味である「Mess + tin(軍隊における食事+ブリキ缶)」→携行食器
  2. スウェーデントランギア社製メスティン・TR-210、およびTR-210を元にした調理器具

広義のメスティン

広義の意味としてのメスティンは、軍の個人装備として支給される金属製携行食器である。これに加えフォークスプーンバーナー等を含む装備はメスキットと呼ぶ

第二次世界大戦以前においては戦地で食事を加熱調理する事も多かったため、調理器具としての性格も備えている。しかし、装備の近代化によりMREに代表される携行食の普及や、フィールドキッチンで調理された食事を受け取る形式が流になった現代では、食事を盛る用途に使われる本来の意味での食器として用いられている。

よって、広義の意味においては飯盒もメスティンの範疇に入る。特に自衛隊飯盒は食器としての機に特化しコンパクト化されている。しかしながら飯盒を調理に使用する事は可であり、インスタントラーメンの調理に使う自衛隊員もいるとかいないとか。

トランギア社製メスティン・TR-210

一般的なキャンプ用途としてのメスティンはこちらをす。

サイズ:長さ 17cm × 幅9.5cm × 高さ6.2cm 容量:750ml のヴァージンアルミランチボックス(弁当)であり、加熱調理が可である。

元々がスウェーデン製であり飯盒炊爨としての用途は想定されていなかったが、日本においての用途はもっぱら飯盒炊爨ベースにした調理が流である。もちろん普通弁当としても使用できる。

姉妹品としてより大きなラージメスティン・TR-209もラインアップされている。

TR-210を元にした調理器具

近年のキャンプブームにより、TR-210の生産が追いつかず品不足に陥った。2019年日本向けの売上がスウェーデン内向けの売上を初めて上回り、多くのバックオーダーを抱えたためである。

この状況を商気にした各社が続々とアルミ製調理器具を発売するようになる。

流通当初は、TR-210と同じ容量でありながら安価中国製品として細々とAmazon等で売られていたが、市場ほぼ日本に限定されていたため、細かな善要が続々と上がってきた。

その後、アルマイト処理が施されシーズニングを不要にしたものや、計量・炊飯用の盛を追加したもの、さらにフッ素加工などの表面処理を施したものまで登場する。

関連商品

関連動画

関連リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

メスティン

1 ななしのよっしん
2021/09/17(金) 21:15:28 ID: sxYA6mnVsr
メスティン↔️オスマン