メチレンジオキシメタンフェタミン単語

メチレンジオキシメタンフェタミン
医学記事 ニコニコ大百科:医学記事
※ご自身の健康問題に関しては、専門の医療機関に相談してください。

3,4-メチレンジオキシメタンフェタミンMDMA)とは、共感作用のある幻覚剤、合成麻薬である。

概要

3,4-メチレンジオキシメタンフェタミン(MDMA:3,4-Methylenedioxymethamphetamine)は、フェネチルアミン系の催幻覚である。俗に、エクスタシー(Ecstasy)、モリー(Molly)、E、X、バツ、ペケなどと呼ばれる。

1912年、ドイツ化学企業メルクによって開発されたが、医薬品として製品化されることはなかった。1960年代になって、アメリカ合衆国化学アレクサンダー・シュルギンによってMDMAの覚醒作用・幻覚作用が示されると、心的外傷後ストレス障害PTSD)治療などへの応用が見出され、欧で臨床試験が実施された。また、デザイナードラッグとして多くの濫用者を生み出した。現在は、キャラクターロゴタイプを模したカラフルなMDMAの錠剤が、非合法に流通している。

覚醒剤メタンフェタミンと似た構造をもち、精作用があるほか、幻覚作用もあり、幻視や幻聴をきたす。セロトニン神経系に作用するため、多幸感がもたらされ、開放的になったり他者に親近感を覚えたりする。濫用により精錯乱、不眠をきたし、神経が破壊され、肝臓腎臓の機不全に陥る。

日本では、麻薬及び向精神薬取締法麻向法)において「麻薬」に定され、輸出入、製造、譲渡、所持、施用などが規制されている。麻薬特例法や関税法にも罰則規定がある。複数の罪名に触れる場合、最も重い刑によって処断される。たとえば、MDMAなどの麻薬を違法に製造した者は、期または5年以上の懲役および1,000万円以下の罰に処す(麻薬特例法第5条)。違法に所持した者は、7年以下の懲役に処す(麻向法第66条)。違法に輸入した者は、10年以下の懲役もしくは3,000万円以下の罰に処し、あるいはこれを併科する(関税法第109条)。

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%A1%E3%83%81%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%82%AA%E3%82%AD%E3%82%B7%E3%83%A1%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%BF%E3%83%9F%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

メチレンジオキシメタンフェタミン

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • メチレンジオキシメタンフェタミンについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード