メニエール病単語

メニエールビョウ
  • 1
  • 0pt
掲示板へ
医学記事 ニコニコ大百科 : 医学記事
※ご自身の健康問題に関しては、専門の医療機関に相談してください。

メニエール病とは、回転性めまい難聴鳴りといった症状を呈する病気である。原因は内リン腫とみられている。

病名は医師プロスペル・メニエールフランス1799~1862)に由来する。彼は初めてめまいの原因に内性のものがあることを報告した人物である。

症状

日常生活に支障をきたすレベルの回転性めまいが、何らかの要因によって誘発されることなく突発的に生じ、難聴鳴り、吐き気や嘔吐を伴う。
回転性めまいとは、自分や周囲のものが動いたり回転したりしているように感じるもので、ふらつきとは少々異なる。

これらの症状が1から数時間続くことが多いが、まれに24時間に達する場合もある。難聴鳴りは通常片だけで起こり、聴は次第に悪化していく傾向にある。

原因

リン腫が原因と考えられている。内リンパ嚢の中にある内リンパ液が過剰になることで感覚細胞が障されてめまい難聴が生じる。
しかし何が原因で内リンパ液が過剰になるのかはよくわかっていない。

なお、メニエール病は緑内障を併発する場合が多く、緑内障分が溜まる病気であることから、両者の原因には共通性があると考える医師もいる。

診断

聴覚検のほか、ガドリニウム造影剤を用いたMRIが一般的。なお類似の症状を呈する病気は多いため、症状だけで一概に内リン腫とは断定できない。

治療

悪化すると治療が難しくなるため、期の治療が肝心である。

めまい軽減のためのメクリジンやロラゼパムなどを発作時に投与する。予防効果はない。
これに加えて塩分アルコールカフェインを控える食事療法の他、分の巡りを良くするために利尿剤を併用する場合がある。方では同様にの巡りを良くするため五苓散が補に挙がる。

また、症状が重くによる治療ではどうにもならない場合は、内リンパ嚢開放術や前庭神経切断術などの侵襲的治療が選択される。
しかし、いずれの治療法も難聴に対しては効果がない。

予後

悪化してもメニエール病によって死亡することはないが、難聴衡感覚の乱れが悪化・常態化し、日常生活に大きな支障をもたらす。こうなってしまってはもうどうしようもなく、いわゆる「不治の病」になる。

メニエール症候群

メニエール症候群という言葉も用いられるが、これはメニエール病と同じめまい難聴鳴りの「症状に対して」付けられた名前であり、原因が内リン腫による病気した言葉ではない。
が、それが一時期混乱してしまったことがあるらしく、医師によっては内リン腫を特定しないまま「メニエール病」「メニエール症候群」という診断名を付けてしまうことがあるため、注意が必要である。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%A1%E3%83%8B%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%83%AB%E7%97%85

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

メニエール病

1 ななしのよっしん
2019/10/12(土) 23:10:19 ID: 6kPc22BV3h
症候群は思い込みか詐病

急上昇ワード

2020/01/23(木)13時更新