メノ・ルー単語

メノルー

「諦めて、お願い!」

フロムソフトウェア制作ゲームアーマードコア4に登場する女性リンクス
CV:黒河奈美

概要

GA社所属の女性リンクスで同社における最高戦オリジナルNo.10コジマ技術の開発や優秀なリンクスの確保に大きく後れを取っているGAの在り方を徴するように、最高戦である彼女ナンバー二桁台と他企業の最高戦べると劣っていると言わざるを得ない。
更に捕捉するとGA営のその他のオリジナルGAE所属のNo.22ミセス・テレジア有澤重工所属のNo.24ワカの2人だけであり、しかもその二名も純GA所属ではない。よって彼女の下にいるのは大して戦にもならない粗製三人だけという悲惨極まりない状況だったりする。ローディー先生は色んな意味で別物なんだけど。
だがそんなコンプレックスなどまるで感じさせない実直な人柄で透き通るような高音ボイスの持ち摯な根本義者とのことで、もしかしたらクリスチャンとかだったりするのかもしれない。

だがどういうわけか彼女の登場ミッションハードモード時における「INTERNAL PURGE」での敵増援。このミッションGA社の命を受けて未だにアクアビットとの癒着を続けている子会社GAE社が建造している巨大兵器を撃破するというわば内部粛清に当たる内容なのだが、何故か増援として本社所属の最高戦である彼女が敵として姿を現す。GAE所属のテレジアアクアビットのリンクスとかならともかく何故彼女が…と首を傾げるプレイヤーも多かった
けどそんなことなどお構いなしにメノはこちらを撃破すべく行動を開始、セリフの多くがこちらを気遣ったり弔ったりするかのような内容なのだが、彼女の言葉通りに抵抗をやめても結局り殺しにされるだけである。ちくしょう。
そして闘の末に彼女を撃破した時に絞り出すように発せられたセリフである・・・なのね・・・」が、プレイヤーに更なるを植え付けることになる。要するにフロムにはよくあることだということだ。

搭乗ネクストGA社標準機である悪魔人ことサンシャインベースにした「プリミティブライト」 強化バズーカガトリング、連動ミサイル、そして背中シリーズ染みの核こと大ミサイルを二つ装備した火力の機体。
ミッション舞台となるハイダ工は狭い通路が大半を占める動きにくい場所になっており、閉所に追い込まれた矢先にバズーカや核を撃ち込まれるのは脅威以外の何物でもない。
よって、兵器建造エリアのような広い場所に誘い込んでの回避戦や、閉所にいることを逆に利用してやられる前にブレードの錆にするなどといった戦法が有効となる。

可憐な高音ボイス女性リンクスの駆る機体がガチガチの重量機というギャップにやられる人も多い。 これは後のメイ・グリンフィールドにも言えることかもしれない。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%A1%E3%83%8E%E3%83%BB%E3%83%AB%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

メノ・ルー

1 ななしのよっしん
2015/12/05(土) 20:08:06 ID: ktUJMdJJ11
9年経過した今でも忘れられない美しいの持ち
2 ななしのよっしん
2018/09/04(火) 08:47:48 ID: nBdr7qO1cR
結局「」とは何だったのか、まったくのと言うのが残念

急上昇ワード