メルセデスAMG単語

メルセデスエーエムジー
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

メルセデスAMG(英語:~エーエムジー、ドイツ語:~アーエムゲー)とは、メルセデス・ベンツ体となってF1世界選手権に参戦するコンストラクターである(チューニング部門は、AMGを参照)。

概要

メルセデス・ベンツは、エンジンサプライヤーとして1994年より参戦し続けていたが、2009年コンストラクターチャンピオンを獲得したブラウンGPを、ダイムラーとアーバーが買収し、メルセデスGPとなった。
元々はホンダレーシングF1で、たった2年で別メーカーワークスチームとなったこととなる。

メルセデス・ベンツワークスチームとしては1955年以来、55年ぶりのことである。 

ドライバーは、ニコ・ロズベルグと、4シーズンぶりに復帰したミハエル・シューマッハとなった。

しかしマシン力技術で他のチームに追いつかれたことと、ブラウンGPチャンピオンを獲得したジェンソン・バトン向けの味付けを行ったマシンを作ったことで、2010年2011年と苦戦を強いられることとなった。

メルセデスAMGと称した2012年中国GPでロズベルグが初優勝を飾るものの、その後は勢いに乗れず、結局シューマッハは1勝もできずに2度引退をした。

2013年にはマクラーレンよりルイス・ハミルトンが加入し、GP2チャンピオン同士のコンビとなった。
ハミルトンは序盤より表台に上がるほどの活躍を見せ、チームの勢いを付けていった。ロズベルグはモナコGP、イギリスGPで優勝、ハミルトンハンガリーGPで同チームでの初勝利を手にし、コンストラクターズラキングフェラーリ2位争いをするまでに至っている。 

2014年エンジンマシンともに大幅な正が行われると、メルセデスAMGはトップランナーへと変貌した。
事前に準備を進めてきたPUパワーユニット)が非常に強なものになったのである。
昨年までのレッドブルの独り相撲の展開がそのまま同チームに変わったかのようであった。
レースではハミルトン勝利数で上回るものの、ロズベルグは着実に表台を獲得することでポイントを獲得してきたが、最終的にハミルトンが2度チャンピオンを手にした。

コンストラクターポイントでも、レッドブルに倍近い大差をつけ、メルセデスワークスとして初のコンストラクターチャンピオンを獲得した(1950年代に参戦したときには、コンストラクタータイトルがなかったため)。 

翌年2015年も圧倒的状況は変わらず。19戦中16勝を上げる圧勝であった。わずかな残りをフェラーリセバスチャン・ベッテルにさらわれたのみである。そして、ハミルトンが2年連続のドライバータイトルを獲得し、もちろんコンストラクタータイトルも得たことで、チームダブルタイトルの連覇を成し遂げた。

2016年にはルノーPUの不調から未勝利に沈んでいたレッドブル調子を取り戻しつつあったが、それでも21戦して19勝と相変わらずの強さを誇った。
ただし、ハミルトンとロズベルグのチーム内対決は化し、2人の自滅を防ぐためにチームが介入を検討するほどの事態となる。序盤の連勝でリードしたロズベルグを中盤以降にハミルトンが猛追、一旦は逆転する展開になった。しかしロズベルグが再逆転後に突き放し、諦めずに終盤を4連勝で追いかけるハミルトンをロズベルグが2位に入り続けて被害を最小限に食い止め、ついに振り切った。こうしてロズベルグは初のワールドチャンピオンを獲得。後2年の契約を残す彼と、ハミルトンの対決は来年以降も続くものと思われた。チームも3連続のコンストラクターチャンピオンとなった。

しかし、その直後ロズベルグは突如引退を表明。GP界に大きな衝撃が走った。チームとしては急いで後釜を探す必要に迫られた。チャンピオンチームメルセデスシートとなれば、を払ってでも乗りたいドライバーゴマンといるが、チームとしてはそうも行かない。難航の末、結局条件に合うドライバーとして、翌年のウィリアムズ継続が決定していたバルテリ・ボッタスを引き抜くこととなった。

関連動画

メルセデスamgに関するニコニコ動画動画を紹介してください。

関連商品

メルセデスamgに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

メルセデスamgに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%A1%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%83%87%E3%82%B9amg

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

メルセデスAMG

1 ななしのよっしん
2013/11/26(火) 00:02:33 ID: GJRUV2nwsj
今更だけど記事作成乙です


今年はハミルトンを獲得したとはいえまた準トップ集団クラスだろうと思ってたけど
まさかコンストラクターズラキング2位にまで上り詰めたのは正直予想外だった
2 ななしのよっしん
2016/05/21(土) 11:38:51 ID: X2rE38A8TY
同士討ちで歓とかもうヒールレスラーやでぇ・・・
3 ななしのよっしん
2018/02/24(土) 01:36:56 ID: X2rE38A8TY
他のマシンが致命的に不細工だから較的マシな不細工のここが妙に美しく見える不思議
4 ななしのよっしん
2019/03/31(日) 12:30:13 ID: OLugbVRpcK
現代の常勝チームなんだけど、微妙のプラクティスや予選でいの一番に出走してデータとったり保険タイム出したり、実は地味なところをコツコツ着実にこなす印
そりゃいわけですよ…

急上昇ワード