メンフクロウ単語

メンフクロウ

メンフクロウとは、フクロウメンフクロウ科メンフクロウ属のフクロウの一種、もしくはメンフクロウ属のフクロウの総称である。

概要

体長は40cm前後、体重は200g~480gほど。他のフクロウ仲間同様、夜行性の動物であるが、種類によっては間にも活動する。
お面を被ったような不思議な顔が和名の由来で、アラビア半島、サハラ砂漠以外のアフリカカナダアラスカ州以外のアメリカ大陸インド東南アジアスカンジナビア半島付近とロシア以外のヨーロッパ、オーストラ大陸にかけて生息している。英語ではBarn Owl(納屋のフクロウ)といい、人里近くに営巣する。地域ごとに固有のメンフクロウが存在しており、例としてマダガスカルではマダガスカルメンフクロウという固有種のメンフクロウがいる。

白色から褐色の顔は額も含めてハートにも見えることからかわいいというがある。一方で、表情が分かりにくく、動きも独特なので怖いという評価もある。それくらいに独特な面構えのフクロウである。この顔は音を集めるアンテナの機もあり、フクロウ仲間特有の首の動きと相まって、音で獲物の位置を特定するのに役立っている。鳴きは高音で切りのようとも評される。

種類によっては絶滅のおそれがあるメンフクロウもいるが、ペットとして流通しているメンフクロウは基本的に絶滅のおそれが低い種類である。
昆虫魚類両生類鳥類哺乳類を食べる。人里の近くではネズミを食べてくれるので、大切に扱われることもある。消化できなかった毛やは小さな塊(ペレット)にして吐き出す。メンフクロウのヒナは、同じ巣に腹ペコのヒナがいると、互いに鳴きを送りあって空腹なヒナからエサを食べられるように譲ることが確認されている。

ペットとして飼育される他、動物園でも飼育されていることが多い。その場合、エリアごとにテーマが決まっているような動物園では、そのメンフクロウの種類によって展示エリアが決まっている。アフリカ出身の種類ならアフリカエリアヨーロッパ原産ならヨーロッパ動物が展示されているエリアフクロウ中心に展示しているならその場所に、といった具合に動物園によってバラバラとなっている。
ペットとしては、フクロウ仲間の中では安い部類であるが、もちろんフクロウ仲間なので、飼育するには手間がかかる。動物園バーショーのように飛ばすのは、専門的な知識を必要とするので一般的には難しいのでお勧めはできない。フクロウ仲間に共通する飼い方であるが、スーパーなどで売られている鶏肉をそのままあげると栄養不足になるのでやってはいけない。冷凍のマウスウズラを捌いて与え、ときどき昆虫も与えるのが多い。動物を捌くことになるので、抵抗感がある人にはお勧めできない。
また、デリケートな動物なので優しく扱うことがめられる。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%A6

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

メンフクロウ

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • メンフクロウについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード