メールドグラース単語

メールドグラース
  • 6
  • 0pt
掲示板へ

メールドグラース(Mer de Glace)とは、

  1. アルプス山脈モンブランにあるフランス最大の氷河。
  2. 1.を名前の由来とする2015生の日本競走馬。以下に記述する。

概要

誕生

ルーラーシップキンカメ×エアグルーヴという良血統。実折り紙付きだったがゲートが下手でやたら出遅れるだった。グレイシアブルー500万下までしか勝ってないが2着が多く、出遅れ癖さえなければもうちょっと勝てたんじゃね?ってゲートが下手な両親の子供って大丈夫ですかね?

2015年5月26日北海道ノーザンファームで生まれる。一口法人キャロットクラブ」にて総額2800万円(1口7万*400口)で募集された。生まれた当初は小柄なうえ、育成中は走りも体も立った所がいと厩舎長に言われる始末だった。

2歳

2017年9月30日阪神1800mで新デビュー上は荻野極。ここで大方の予想ゲートで出遅れ…なかった。むしろスタートは得意らしく、新戦は先団3頭で追走し最後の直線で垂れることなくそのまま3着だった。その後上を福永祐一に変え2歳未勝利戦を3戦、すべて3着というゆい結果で2歳シーズンを終えた。

3歳

2018年1月20日3歳未勝利戦から始動、まさかの12着惨敗。ここから上がコロコロ変わる様になる。上を藤岡介に変えブリカーを着用しデビュー6戦にて初勝利クラスが上がり500万下は4戦にして勝利を飾ったが、中谷雄太荻野極→C・ルメール北村友一と上を固定することができなかった。ちなみに待ちに待った2勝で一口クラブは人知れず喜びあっていたらしい。さらにクラスが上がり1000万下では2戦し9着→2着とこれまたスムーズにいかず。

同期クラシック路線組、アーモンドアイブラストワンピースワグネリアンらがしのぎを削る中、条件戦をひたすら走ってたメールドグラースは通算12戦2勝というパッとしない成績で3歳シーズンを終えた。

4歳

2019年1月19日4歳以上1000万下から始動。上に川田将雅を迎えここを快勝、準OP入りを果たし、コロコロ変わってた上も固定されここから快進撃が始まる。続く尼崎Sを先行してから最速の上りを見せ快勝、晴れてOPとなる。さらに新潟大賞典(G3)で上を短期騎手免許を取得しオーストラリアから来日していたダミアン・レーンとし出走。これまた快勝をする。さらにさらに鳴尾記念(G3)でも最速の上りを見せ2着と1.1/2身差をつけ圧勝。さらにさらにさらに小倉記念(G3)では上を川田将雅に戻しこれまた快勝。あれ?去年まで条件でしたよね?どうしちゃったんですか?の5連勝、重賞3連勝を果たす。

クラシック路線組が勝ちきれず躓いている間にG3を3連勝と流れに乗り、さすがに競馬ファンからも注され始めたメールドグラース。初のG1は何に出走するかが期待される中、ここでまさかまさかのオーストラリア伝統のG1、コーフィールド競馬場で行われる芝2400m競争「コーフィールドC」への出走が決まる。なんでも短期騎乗してたダミアン・レーンがメールドグラースならコーフィールドC勝てるからぜひともオーストラリアへ来てほしい!とラブコールをしていたらしい。初の海外遠征、初の2400m、当然懸念事項は多かった。本当に勝ちきれるのか?全然が立たないんじゃないか?と厳しいもあったものの、順調に準備を進め初のG1タイトル取得に向け出走した。上は当然ダミアン・レーン。ここでメールドグラース、外から2番ゲートに入り中は後ろから3番、外々を回しレースを進める。大外ブン回しで最後の直線に入ったメールドグラースは団子状態の群から一気に抜け出し見事に1着入選、初のG1制覇と共に、強い競馬を見せつけた。

血統表

ルーラーシップ
2007 鹿
キングカメハメハ
2001 鹿
Kingmambo Mr. Prospector
Miesque
*マンファ *ラストタイクー
Pilot Bird
エアグルーヴ
1993 鹿
*トニービン *カンパラ
Severn Bridge
ダイナカール *ノーザンテースト
シャダイフェザー
グレイシアブルー
2002 鹿
FNo.16
*サンデーサイレンス
1986 鹿
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
*ブルーラスタ
1994 鹿
Nureyev Northern Dancer
Special
Blue Note Habitat
Balsamique

関連動画

関連商品

関連コミュニティー

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 6
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%B9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

メールドグラース

1 ななしのよっしん
2019/10/20(日) 19:56:13 ID: s1p7G8+oqP
記事作成乙です
4月29日新潟大賞典の時点では「メートルダールとメールドグラース名前似ててややこしいなww」くらいの認識だったからまさか半年後にG1を獲るほどのになるとは想像もできなかったなぁ
本当におめでとう
2 ななしのよっしん
2019/10/21(月) 19:30:15 ID: 7Gwxjk3SHn
記事乙です。
出資ニコニコ大百科が出来るなんて考えもしませんでした。
次はメルボルンカップらしいけど、怪だけはしない程度にがんばってほしいなあ
3 ななしのよっしん
2019/10/21(月) 23:54:48 ID: tKr/c/7Nf/
>>2
出資者の方か、おめでとう
4 ななしのよっしん
2019/10/29(火) 21:42:39 ID: ra2qefcfuV
>>2
おめでとうございます。未知の距離だけどがんばってほしいですね。
有言実行のレーンも論凄いがの勝ち方も凄い。まだまだ余を残した勝ち方でしたね
5 削除しました
削除しました ID: 9g5q5ukl++
削除しました
6 ななしのよっしん
2019/11/19(火) 06:05:38 ID: ww04BAwZyG
出資者の方がおるとは・・・おめでとう

メルボルンはまぁ仕方ない 斤量54kgえたら日本は一頭の例外を除き惨敗してきたレース
時を経て偉大さが分かるデルタブルースの凄さよ・・・今年日本競馬界を震撼させたダミアン・レーン騎手日本興味を持ったのもあのデルタブルースレースだし・・・