モイ!単語

モイ
1.7千文字の記事
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

モイ!とは、

  1. フィンランド語挨拶ラテンアルファベット表記では「Moi!」。
  2. ライブ配信サービスツイキャス」で配信開始時に使用される掛け。1.に由来する。

本記事ではに1.について記載する。

概要

時刻を問わず使用される挨拶の言葉。フォーマルで礼儀正しい挨拶ではないものの礼というほどでもない、しみを持った気軽な掛けらしい。日本語の「やあ!」「どうも!」や、英語の「Hi!」に相当すると言われる。

記事タイトルを「モイ」や「Moi」にすると他にも多様な言の様々な言葉が該当してしまうため、本記事のタイトルは「!」を付けたかたちの「モイ!」で作成している。だがもちろんフィンランド語挨拶としての「モイ」(Moi)は「!」を付けないかたちでも使用される。その場合は日本語で言えば「やあ」「どうも」に相当するニュアンスとなる。

駐日フィンランド大使館の公式Twitterアカウントによる以下のツイートによれば、以下のようなバリエーションもあるらしい。ちなみに同アカウントひらがな表記の「もい!」の方をよく使っている。

フィンランド語あいさつMoiのバリエーション
Moi!(もい!基本形)
Moikka!(もいっか!ゆるふわ系)
Moikkelis!(もいっけりす!おふざけ系)
Moi Moi!(もいもいさよなら系)
Moido!(もいど!じゃあね系)
Mo!(も !おっすおっす系)

「系」と付くだけにこのへんはふんわりしているらしく、例えば「さよなら系」とされている「Moi Moi!」(モイモイ!)を出会ったときの挨拶として使うフィンランド人もいるようだ。

フィンランド国語研究所である「Kotimaisten kielten keskus」のサイト内にある以下のコラム記事では、この「Moi!」という言葉について述べられている。

その記事によれば、「Moi」という挨拶は元々はそれほど広まっていない言葉だったようだ。1951~1961年に出版されていたフィンランド語の辞典『Nykysuomen sanakirjassa』にはこの言葉は掲載されていなかったとのこと。ただし、フィンランド語の学者「Heikki Paunosen」によるヘルシンキ(フィンランド首都)のスラングを収録した辞書によれば、この言葉は1910年代からは使用されていたとも。つまり「正式な辞書には乗らない俗語スラング」としての扱いで20世紀初頭ごろから使用されていたようだ。

1960年代からは広告などでの用例も確認できるという。その後、1990年前後くらいからどんどん普及したようだ(この記事は2007年のものだが、「ここ15-20年で普及した」と言った内容が記してある)。そしてこの記事が記された2007年時点では、挨拶としては最も普及したものになっているとのこと。

ツイキャス

ちなみにツイキャスでこの「モイ!」と言う言葉が用いられている理由は、2010年ツイキャスサービスを開始した当時、先行していたライブ配信サービスUstream」が配信をTwitter投稿する際のかけとして「Hey!」を用いており、「うちではより柔らかい言葉を使いたい」という理由で「モイ!」を採用したのだという。運営会社の社長フィンランドに滞在したことがあり、きが気に入っていたそうな。

サービス開始当初は「モイ!とはどういう意味なのか?」という問い合わせも多かったそうだが徐々に意味は利用者の間に浸透し2014年3月ツイキャスの利用者を対に実施したアンケートでは、利用者全体の約48が「モイがフィンランド語であることを知っている」と答えたという。[1]

よって、ツイキャスがこの「モイ!」という挨拶日本に広めた面も大きいのかもしれない。

関連項目

脚注

  1. *ツイキャス、ユーザー数545万人で「フィンランド超え」 ユーザーの半数が「モイ!」理解 - ITmedia NEWSexit

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

モイ!

1 ななしのよっしん
2021/10/18(月) 06:28:27 ID: 6w+WyNU0si
Inyume-kun Mo! Mo!(En sano Moi!)

急上昇ワード改

おすすめトレンド