モスク単語

モスク

モスクとは、イスラム教の礼拝堂のことである。

概要

「モスク」という名前は英語圏や日本などでの呼び名であり、アラビア語ではマスジドと呼ぶ。中世イスラムによって一部が侵略されていたスペインではマスジドが訛ったスキーと呼ばれており、それがさらに訛ってモスクとなった。

イスラム教では偶像崇拝は禁止されているため、礼拝堂とはいっても礼拝となる対の像や碑はどこにもない。その代わり、内部では聖地メッカ(マッカ)の方向へ礼拝を行う。そのため、に「ミフラーブ」と呼ばれるメッカの方向をしたみが刻まれている。また、イスラム教導者であるイマームなどが説教を行うことがあるため、そのための壇が設置されている。他にも断食明けの食事会や、地域の子供たちへの教育、お悩み相談所などに使われており、地域コミュニティや人々の交流手段の一つとなっている。日本での仏教寺院にも一部似たところがあるのかもしれない。

外見はや地域によって異なるものの、大まかには「ドーム」と「ミナレット」が共通する。ドームは半球状の屋根であり、キリスト教堂にも(細かな装飾は異なるが)共通して見られるものであるため、モスクに限られた装飾ではない。「ミナレット」はモスクに見られる細長いであり、ドームや建物の隅に配置されることが多い。ミナレットは飾りとしてのほか、の上から人々に対して礼拝を呼びかけるためにも作られている。

しかし、不浄でない場所で礼拝が可であればどこでもモスクにはなりうるため、必ずしも上記の特徴を備えているとは限らない。

イスラム教世界各地で信仰されているため、モスクも様々なで見られる。古い例だと中国に742年に創建された「西安大清寺」がある。ドームく、瓦を使った中国建築の建物になっている。ミナレットも「心楼」と呼ばれる三重になっている。20世紀後半からはイスラム教徒がこれまでに増して様々なに移住しているため、モスクも増加傾向にある。

絵文字

Unicodeには、2015年バージョン8.0からモスクの絵文字が存在している。

🕌

環境によって表示される絵文字の詳細は異なっているが、概ね上記の「ドーム」「ミナレット」の特徴が描写されている。

関連動画


関連静画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%A2%E3%82%B9%E3%82%AF

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

モスク

1 ななしのよっしん
2019/03/15(金) 20:22:25 ID: CawrM4T2xp
東京駅舎、何故戦災で消失したモスク染みたドームをわざわざ復旧したんだ?
いっそ瓦屋根をかけて冠様式化すれば良かったのに。
あんなのが日本の玄関口扱いとか恥辱でしかない。
2 ななしのよっしん
2019/03/16(土) 06:31:47 ID: KAzxt+HV8V
おう、できたばかりの記事の最初に付いたレスがこんなのか
モスクはつるつるで東京駅のはイボ付きだし全く違うだろ

上はさておきニュージーランドの事件は痛ましい
宗教関連の施設とはいえ通ってる人もモスクの外では人と同じ日常を送っていただろうに
3 ななしのよっしん
2019/03/17(日) 22:39:53 ID: 6jOOdE/fDA
西安大清寺についても書いて欲しい
多分、東アジアでは最古のモスクだろうし(8世紀に完成した)
法隆寺より100年ぐらい遅く作られたと言うだけでも面いかもしれない