編集  

モスコミュール単語

モスコミュール

モスコミュール」とは以下を表すである。

  1. カクテルの一種  - 本項で解説
  2. ニコニコ動画およびYouTube上で活動するバーチャルYouTuber - 「モスコミュール放送局

モスコミュールモスコーミュール)とは、カクテルの1種である。

概要

ウォッカベースカクテルで、最もメジャーカクテルの1つ。氷を入れたタンブラーウォッカを入れ、適量ジンジャーエールで割り、ライムジュース(絞り汁)を加えて作るカクテル。あとはライムのスライスを飾って完成
食前食後を問わずに飲めるオールイカテルでもあるため、人気も高い。
ちなみにライム(スライス用、ジュース用どちらでも)の代わりに、レモンを使ってもいい。

名前の「モスコー・ミュールMoscow Mule)」 とは『モスクワのラバ』という意味で、「ラバの後ろ足で蹴られたように」強に効いてくる事から由来。
とはいってもジンジャーエールを用いている事もありアルコールは弱めで口当たりも甘めなメニューとして知られるだろうが、本来はジンジャービアを用いるメニューであり、日本ではジンジャービアが入手しにくいために代用としてジンジャーエールを使ったメニューが広まったとされている。そのためジンジャービアを使った本来のモスコミュールは『ドライモスコミュール』とも呼ばれ、こちらの本場はモスコミュールと異なりアルコール度数が高く、味わいも甘くない。
(店によっては、生姜を漬けたウォッカを用いるなどして本場の味を再現しようと試みている店もあるらしい。)

このカクテルルーツは、かつて1940年代にアメリカハリウッドバーテンダー「ジャックモーガン」が考案したものとされている。
これはビムスを使ったカクテルを作るためにジンジャービアを大量に仕入れたが、売れ行きが芳しくなく結果としてジンジャービアだけが残ってしまったため、ジンジャービアを在庫処分するためにウォッカベースカクテルを開発したものとされる。
またこのカクテル製のマグカップに入れて提供されるものとされるが(日本でも本格的なバーや飲み屋では、グラスではなくマグカップ提供される事もある)、これはモスコミュールジャックモーガンの友人の女性が勤め先で在庫処分に困っていたマグカップを使うよう勧めたのがきっかけと言われている。事実、熱伝導がいい材質なので普通タンブラと違って長い時間が経過しても冷えたまま飲める。

ちなみにライムレモン)果汁や炭酸飲料を用いたメニューではあるが、名前に「クーラー」が付かないのも特徴の1つ。ボストンクーラーなどのようにクーラーの1種ではあるが。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%A2%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%AB
ページ番号: 5157809 リビジョン番号: 2561896
読み:モスコミュール
初版作成日: 13/10/27 20:57 ◆ 最終更新日: 18/02/13 03:53
編集内容についての説明/コメント: 曖昧さ回避を追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

モスコミュールについて語るスレ

1 : ななしのよっしん :2018/02/13(火) 08:28:55 ID: Rj+t026XZB
六本木六本木
2 : ななしのよっしん :2018/03/03(土) 18:05:25 ID: BaEBIJLY33
モスコミュール師匠ってのも居る(記事がある)ぞ>曖昧さ回避
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス