モデスト・ムソルグスキー単語

モデストムソルグスキー
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

モデスト・ムソルグスキー1839~1881)とは、ロシア作曲である。

概要

カレヴォの地に生まれた。幼少期は英才教育を施され、特にピアノが得意だったという。その反面農民たちと接し、民謡や舞曲にも多く触れていた。

当初は近衛士官学校入学し、音楽の勉強も続けながら軍隊生活に移る。しかし17歳の時、軍医として勤務していたアレクサンドル・ボロディンと出会い、彼を通じてアレクサンドル・ダルゴムイシスキーや、ロシア5人組の他のメンバーと知り合う。そうしてミリイ・バラキレフ音楽教育を施され、作曲としてのキャリアスタートさせた。

しかし22歳、1861年に意外なところから不幸が彼を襲う。それこそ時のツァーリ、アレクサンド2世による農解放である。かくして地である実家は生活基盤を失い、ムソルグスキーも音楽家に進みつつ、生活のために本業を持たなければならなくなった。こうして運輸省に就職したムソルグスキーであったが、勤務に支障をきたしあっさり解雇母親の死の悲しみもあってアルコールに溺れてしまう。

30歳になると野局に務めるが、アルコール依存症は変わらず、41歳のころ再度解雇される。しかし一方で音楽家としてのキャリアは順当に積み、民衆の生活に共感し支配階級に風刺的な歌曲などを作っていく。オペラボリス・ゴドゥノフ』やピアノ組曲展覧会の絵』などが極めて有名ではないだろうか。しかし、アルコール依存症はムソルグスキーの体を確実にむしばみ、わずか42歳で亡くなることとなった。

このような人生を歩んだため、彼の評価は死後行われることとなる。海外ではナジェージダ・フォン・メックのもとでアルバイトをしていた、クロード・ドビュッシーがいちくムソルグスキーを評価し、20世紀に入ってもドミトリー・ショスタコーヴィチが遺された作品の補筆を行うなど、ロシアの中でも人気作曲となったのである。特に、ピアノ組曲展覧会の絵』はモーリス・ラヴェルによって管弦楽曲に編曲されたほか、プログレバンドエマーソン・レイク・アンド・パーマーアレンジされたものも有名である。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%A2%E3%83%87%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%A0%E3%82%BD%E3%83%AB%E3%82%B0%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

モデスト・ムソルグスキー

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • モデスト・ムソルグスキーについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード

2020/01/23(木)16時更新