モーターランド・アラゴン単語

モーターランドアラゴン
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

モーターランド・アラゴンexitとは、スペイン東部・ラゴンアルカニス近郊にあるサーキットである。

9月MotoGPが開催される。

スペイン

スペインでは二輪レース人気が非常に高く、1シーズンに4回もMotoGPが開催される。
MotoGP運営をしているドルナスペイン企業である。

スペイン国家ぐるみで二輪レーサーの育成に励んでおり、その成果は21世紀になって顕著になった。

カタルーニャ州exitバレンシア州exitからライダーが多く輩出されてきたが、
首都マドリッド近郊や北部バスク地方、さらには離マヨルカからも実あるライダーが出ている。
首都マドリッドexit近郊からはアルヴァロ・バウティスタexitフリアン・シモンexitホルヘ・マルティンexit
北部バスク地方exitからはエフレン・ヴァスケスexit
マヨルカ島exitからはホルヘ・ロレンソルイス・サロムexitジョアン・ミル

スペインライダーは昔から今に至るまでブレーキングが強いライダーが多い。

ブレーキングが強いライダーこそが速いライダーである

ブレーキングが強ければ強いほど、男に一置かれて、女にモテて、みんなに賞賛される

といった潮があるらしく、それゆえみんながハードブレーキングに励むらしい。

国王陛下の観戦

スペイン君主制で、現在国王世界史でも有名なフランスブルボン朝の末裔である。

スペインフランスから王族を迎え入れたのは1700年のことで、
それ以来1度の中断を挟んで君主制が続いている。
ヨーロッパは他所のの王族・貴族国王として受け入れることがしくない。)

先代国王ファンカルロス1世はモータースポーツ好者で、ちょくちょくサーキットに訪れている。
サーキットに似つかわしくないスーツを来た長身の人がゆったりと闊歩していると思ったら
なんと国王陛下だった・・・ということも多い。

国王陛下が直々にピットに足を運んだり、レース開始前にグリッドにいるライダーを掛けたりする。
2010年、モーターランド・アラゴンのMotoGP初開催時に125ccクラスで参戦していた小山知良は
グリッド上でを掛けられ握手してもらったという。

2008年ヘレスサーキットで行われたMotoGP決勝の表式に登壇した国王陛下が、
当時の仲だったペドロサレンの手を取り、理矢理に握手させたことがある。

ワインとビール

スペインは温暖で、ブドウを安定的に栽培することができ、ワインの生産量が多いワインである。
スペインブドウ面積イタリアフランスを抑えて世界一で、
ワイン生産量も世界3位以内を維持している。

一方でビールもちゃんと生産していて、いろいろなスペインビールがある。
その中の1つが「Estrella Galicia(エストレージャ・ガリシア)exit」で、翻訳すると「ガリシア州の」。
その名の通りスペイン北西部のガリシア州exitで1906年から作られるようになった。
星のマークexitが商品ラベルに入っている。

Estrella Galicia」はMotoGPスポンサーでおなじみ。
2012年からmoto3クラスTeam Monlau支援
2015年からはmoto2クラスMotoGPクラスMarcVDS支援している。

Estrella Galicia」が支援するチームは常に優勝争いをしている。

ラジオ局Los40

スペインにはLos40exitというFMラジオ局がある。
スペイン語圏のラテンアメリカに放送ネットワークを広げる際的なラジオ局で、
Los 40 Principalesという看音楽番組が有名。Youtubeにもチャンネルがある。exit

このLos40も、MotoGPスポンサーとしておなじみ。
特に、moto2の強チームポンス・レーシングexit」へ2009年から現在まで継続的に支援している。
このチームエースライダー色のゼッケン40番を強制使用させられる。

2010年moto2の「ポンス・レーシング」だけでなく、
最大排気量クラスmoto3ライダーを出走させる「チームアスパー」にもスポンサーをして、
moto3moto2と最大排気量クラスの3クラス色のゼッケン40を付けるライダーが現れた。

余談ながらLos40「平和を愛する」という意味exitで、南ヨーロッパでは色にそういう意味がある。
どこかで戦争が起こったら色の旗を掲げて抗議デモをする、そんなに使われる。
アメリカなど北では「多様性」「差別しない」という意味exitであるが、それとは関係がない。

アルカニス

アルカニスexitバルセルナから西へ195km、バレンシアから北へ180km離れている。
ラゴン州州都のサラゴサからも東南に90km離れている。

アルカニス要な産業は農業で、オリーブ畑exitが広がり、正正銘の田舎町となっている。

アルカニスの人口は1万6千人。レース関係者は近くのホテルを探すが、なかなか上手くいかない。
90km離れたサラゴサに宿を取り、早起きして、交通渋滞が起こらないことを祈りつつ移動する人が多い。
レース関係者にとってホテルとの往復が辛いサーキットである。

観客はキャンプカーでやってきてその辺で野宿する人ばかりらしい。

アルカニスの並みは煉瓦色の屋根が続いて綺麗である。exitヘリからの空撮映像こんな感じ。exit
緑の木々に囲まれた丘の上の建物exitは12世紀に建てられたの修院を転用したホテルで、
保護文化財にも定されている。外から見るexitとなかなか良い感じの写真になる。

ドルナ製作する観光地紹介ビデオサラゴサピラール寺院exitエブロ川exit
オリーブ畑exitを疾走する高速鉄道AVEexitバレンシア州ブニョールのトマト祭りexit映像が映っている。

立地

アルカニスから西へ7km離れた位置にモーターランド・アラゴンがある。

サーキット周辺は、MotoGP開催の9月にはが枯れて赤茶けた大地の割合が大きくなっている。exit

この空撮画像exitの多い時期に撮影されたらしく、サーキットの周りにが多い。

こちらexitMotoGP開催時の8~9コーナーからの映像映画のロケに使われそうな荒とした山である。

サーキットの周辺にはそこかしこに送電がある。

サーキットの南にはエスカンタ・デ・アルカニス貯水池exitがあり、貯池の周りが森林になっている。
な貯池と、その周りのと、色の岩山の対が綺麗で、空撮映像の定番になっている。
画像1exit画像2exit

サーキット10コーナーの外exit12コーナーの外exitエスカンタ・デ・アルカニス貯水池のすぐ南exit
この3ヶ所にはオリーブ畑exitがあり、オリーブの木が規則正しい間隔でずらりと植されている。

サーキットの周囲exitに、日本にはしい環状交差点(ラウンドアバウト)exitが8つ存在する。

こちらexitが現地の天気予報

特等席・丘の頂上

6コーナー・7コーナー・8コーナー・9コーナーのイン側に小高い丘exitがあり、
サーキットの最高峰になっている。
この丘に上ればサーキットの全域を見渡すことができるので、ここまで登山する観客も多い。exit
MotoGP開催時はこの丘の斜面にびっしり人が集まる。exit

ちなみに、4コーナー・5コーナー・6コーナーの左側にも小高い丘exitがあるが、
こちらは観客が入ることを禁止されているのか観客が1人もいない。exit

コース紹介(MotoGP)

概要

小高い丘を切り開いて作ったサーキットなのでアップダウンしく、
高低差は50m(ビル16階建て分)である。
コース前半区間は上り勾配が続き、コース後半区間は下り勾配が続く。

最大排気量クラスホンダが強いサーキットとして有名である。
ホンダマシンはスライドコントロールしやすいマシンになっていて、タイヤをスライドさせて曲がる
コーナーが多いほど速く走れる。
このサーキットには「タイヤを滑らせて曲がるコーナー」があり、ホンダ向けのコースと言える。

が出やすいサーキットであるらしく、2014年exit2017年exit日曜が立ちこめて
ドクターヘリが飛べなくなり、レース進行が遅延した。
日本時間17時45分(現地時間10時45分)になって最大排気量クラスのウォームアップを開始する、
そんな状況になった。いつもなら日本時間18時00分にmoto3決勝が始まるので、大きな遅延である。

こちらexitMotoGP公式サイトの使用ギア明示動画である。一番低いギアは2速で、1速を使わない。

なパッシングポイントメインストレートエンドの1コーナーexit4コーナーexit5コーナーexit
7コーナーexit8~9コーナーexit12コーナーexit15コーナーexit
バックストレートエンドの16コーナーexitあたりとなっている。

風が強いサーキット

モーターランド・アラゴンは、わりとが強く吹くサーキットである。
平野の中にぽつんとある丘にサーキットを作ったので、を遮るものがく、が吹きやすい。
地形図exit航空写真exitを見べると、サーキットの周りはわりとらであることが分かる。

横殴りのが強いとマシンの倒しこみが上手くいかなくり、マシンコントロールへの影がある。
2011年の最大排気量クラスフロントカウルにをあけての対策をするライダーが3名ほど現れた。

向かい風が強いと予想以上に速が落ち、コーナーの進入が遅くなり、タイムが落ちる。

ブレーキングの最中に追いが吹くとマシンが止まりにくくなる。
慌ててブレーキを強く握るとフロントタイヤが滑ってスリップダウン、「握りゴケ」の転倒となる。
それなのでブレーキを強く握るわけにもいかず、オーバーランすることを回避しにくい。

また、が強いと路面温度が急に下がってタイヤグリップしにくくなり、転倒のリスクが高まる。

が強いということはバイクレースにとってとても厄介な現と言える。


ちなみに、速の安は以下のようになっている。

速が20km/h(速にすると5.6m/s)を越えると風力4の和風となり、はっきりとの強さを感じる。

速が30km/h(速にすると8.3m/s)を越えると風力5の疾風となり、バイクの走行に強く影する。

速が40km/h(速にすると11.1m/s)を越えると風力6の雄となり、おそらくレースは中止される。

速が54km/h(速にすると15.0m/s)になると日本気象庁が「強域」と表現するレベルである。

MotoGPレース開始直前のサイティングラップのとき、気温と路面温度速(km/h)が表示される。
このとき速が20km/hを越えたらに要注意ということになる。

また、速が20km/hを越えているようなときは、風車が凄い勢いで回るのが映し出され、
グリッドガールが横になびき、グリッドガールが持つゆさゆさと揺れるといった状況になる。
2013年の最大排気量クラス決勝がこの状況だった。

フの字形コーナー

モーターランド・アラゴンはヘルマン・ティルケexitが設計した。

ティルケサーキットらしく、『フの字形コーナー』がいくつも入っている。
4~5コーナー、6~7コーナー、11~12コーナーが典例。

この『フの字形コーナー』は、進入する部分は緩やかな度でコーナーリングスピードが高いのだが、
脱出する部分はきつい度になっておりコーナーリングを落とさざるを得ない。

進入部分は度胸を決めて勢い良くスピードを保ってコーナーに進入する、
脱出部分に向けて徐々にブレーキングして上手くマシンコントロールする、
この相反する技術をめられる。
そういうトリッキーで難しい『フの字形コーナー』に挑まなければならない。

メインストレート~1コーナー

メインストレートから1コーナーにかけて上下勾配もく左右の傾斜もないフラットな路面になっている。

それゆえ1コーナーグリップを薄く感じる。転倒も多い場所であるが、エスケープゾーンも広い。exit
アスファルトが広く敷かれていて、オーバーランしてもコースに復帰しやすい。

2コーナー~7コーナー

2コーナーから7コーナーに至るまで、非常に長い上り坂になっている。
上り坂区間はコーナーに次ぐコーナーで、ライダーは休む間がない。

2コーナー久々の右コーナーで、冷えたタイヤ右側を使うため転倒が多い。
2コーナーから強な上り勾配が始まるため、地球重力に負けてはならないとばかりにアクセルを開け、
開けすぎてリアタイヤが滑り、次の間にリアタイヤグリップが回復してライダーが投げ出される、
そういうハイサイド転倒のシーンが非常に多い。

2コーナーの下には地下道があり、exitそれを通ってピットに行くことができる。
また、2コーナーの外側にはヘリポートが2つある(Hを○で囲んだところ)


2コーナーを抜けるとちょっとだけ直線があるのでマシンを垂直に戻す。

3コーナーは再びの右コーナー

3~4コーナーの間は少しだけの直線で、この右側は駐車場exitトラックがずらりと駐車exitしている。

4コーナーを左に曲がる頃になると、左に山が見えてくる。

5コーナーを曲がったあとは、左と右の両方に山がある状態exitになり、山と山の間を走り抜けていく。
先述の通り、左の山には観客が全くおらずexit右の山には観客がびっしり座っている。exit

4~5コーナーはフの字形コーナー第一弾で、進入が緩い度で脱出がきつい度の左コーナー

6~7コーナーはフの字形コーナー第二弾で、進入が緩い度で脱出がきつい度の右コーナー

7コーナーのあたりが本サーキットの頂点になっている。

8コーナー~12コーナー

7コーナーの立ち上がりから8コーナーまでは短い直線で、ライダーにつかの間の休息が訪れる。

8~9コーナーはまた難易度マックスの難しいコーナーで、急に下りながら右・左へ切り返す。
ラグナセカのコークスクリューexitによく似たコーナー」「ラゴンコークスクリュー」と表現される。
コークスクリューexitとはコルク栓を引き抜く道具exitのことで、
その具を連想させるようなものを呼ぶことにも使われる言葉である。

10コーナーはいわゆる回り込んだコーナーで下り勾配になっている。
最大排気量クラスではリアタイヤをスライドさせながらアクセルを開けていく。


11~12コーナーはフの字形コーナー第三弾で、進入が緩い度で脱出がきつい度の左コーナー

11コーナーはかなり緩い度のコーナーコーナーリング速度が速い。上下の勾配は少なく坦である。
 
12コーナーブレーキングポイント付近はグイッと上り勾配になり、ブラインドコーナーになる。
ブレーキングをしてクリッピングポイントに近づくにつれて勾配が変化して、急な下り勾配になる。
そしてなおかつ12コーナーはキツい度になっている。

12コーナー難易度が高く、転倒多発地帯となっている。
2013年マルク・マルケス12コーナーで止まりきれず先行するダニ・ペドロサに接触し、exit
電子制御のケーブルを切断して電子制御を機停止させ、ダニをハイサイド転倒に追いやってしまった。exit

12コーナー難易度が高く、一流ライダーもキチッとマシンを止めるのに手こずる場所である。
そのためアスファルトを広めに敷いてあり、オーバーランしても復帰できるようにしてある。exit

12コーナーの外側には緑色の人工芝が敷かれている。
こちらの空撮映像exitを見るとMotoGPが開催される9月らしく植物が枯れ果てて色が広がっているが、
12コーナーの外側だけ不自然緑色が存在している。人工芝なので当然ながら枯れることがない。

この人工芝は2輪にとっては滑りやすく大変に危険なものである。
2014年アンドレア・イアンノーネコースアウトexitマシンが人工芝の上を滑り激しくバウンドした。exit

石垣のあるクランク(バスストップシケイン)

12コーナーから15コーナーまではコの字状の巨大なシケインとなっている。
バスの停留所exitみたいなので「バスストップケイン」と呼ばれている。

12コーナーから13コーナーには石垣が積み上げられておりexit中世の古といった趣になっている。
この石垣をバックにしたライダーたちの姿exitは良い絵になる。

サーキットMotoGP2014年からスペイン企業Movistarexitが看スポンサーを務め続けている。
Movistarはスペインの携帯電話企業exitで、2014年からヤマハワークスメインスポンサーになった。
2015年からヤマハワークス所属のホルヘ・ロレンソ著名デザイナーと共同で作ったトロフィーexit
ライダーに贈呈されるようになった。そのデザインが石垣を模したものexitである。

これだけの巨大な石垣exitサーキット建造時にわざわざ積み上げるとは思えない。
おそらく本サーキット中世の古の跡に建設されたものと思われる。


13コーナーは緩い度で下り勾配も緩いのだが、
14~15コーナーはきつい度で下り勾配が急になっている。
最初は速めの速度で突っ込んでいくが進むにつれてブレーキを掛けて丁寧にマシン操作せねばならず、
『フの字形コーナー』に類似した構成となっている。

13~14コーナーの前には大きな観客席がある。
2017年はここの一マルク・マルケス応援席exitになっていた。

13コーナーから14コーナー~15コーナーの方面にを向けるとアルカニス並みを遠くに見渡せる。
ライダー線だとエスカンタ・デ・アルカニス貯水池も視界に入る。exit


14コーナーはぐっと下っていて、転倒やコースアウトが多い。

14コーナーの先にはアスファルトが伸びていて、exitコースアウトしたが復帰できるようになっている。
しかし、転倒したライダーマシンこのアスファルトの上をしばらく滑るexitこともあって危険である。

2016年の最大排気量クラスFP3において、ニッキー・ヘイデンが14コーナーで転倒した。exit
その直後に、マルク・マルケスポルエスパルガロが14コーナーで絡み合って転倒、
マシンが2台とも滑っていく。
ニッキーコースマーシャル達のところに2台のマシンが突っ込んでいきexit、かなり危険なになった。


15コーナーアウト側には、を塞ぐ形で巨大なLED広告看板が立てかけられている。exit

15コーナーはパッシングポイントの1つになる。
2016年マルク・マルケスが15コーナーにおいて1レース中5回もパッシングを披露した。
そのうち4回のシーンYoutubeに上がっているので紹介したい。動画1exit動画2exit動画3exit動画4exit

バックストレート

バックストレートは968mの長い直線で、ライダーたちはコーナリングで疲れきった体を休ませる。

セパン・インターナショナルサーキットの直線は、先行ライダーが左右に振るシーンがたまに見られる。
後続ライダーに背後へ付かれてスリップストリームを使われるのを避けようとしているのである。

ところがアラゴンバックストレートはかなりの角度の下り勾配exitなので、左右に振ることが難しい。
先行のライダーは、後続のライダーに背後へ付かれて付かれてスリップストリームを使われる事態を
回避しにくく、あっさり抜かれてしまう事も多い。

2017年moto3クラスで最終ラップの1コーナーで先頭に立ち、
そのまま15コーナーを立ち上がったジョアン・ミル

バックストレートでスリップストリームを使われるのを嫌ってマシンを振るが、
下り坂なので上手くいかない。exit

直後のファビオ・ディギャラントニオとエネア・バスティアニーニが口をえて「危険だ」と批判した。
レース運営ミルの非を認め、次戦の日本GPでスタート順位6つ降格のペナルティミルに課した。

ジョアン・ミル2017年は18戦10勝。20年ぶりに「キャリア2年でのチャンピオン獲得」を達成)
が操作しやすいmoto3マシンに乗った場合でさえも、
ラゴンバックストレートは下り勾配がキツすぎてマシンを左右に振るのがとても難しいのである。

16コーナー~最終17コーナー

16コーナーは大きなUの字コーナーで、このあたりが本サーキットの最底辺になっている。

旋回性が高いマシンライダーは大回りのラインを通るが、
旋回性が低いマシンライダーインべったりの小回りラインを通る。
この16コーナーでは、各マシンの旋回性の良し悪しがはっきり現れるコーナーになっている。

バックストレートとメインストレート全なUの字で結んでいるのではなく、
四輪のコースレイアウトと合流する部分が「へ」の字形exitで、ここを17コーナーと呼んでいる。
これもすこしトリッキーな仕掛けになっている。
Uの字の16コーナーと「へ」の字の17コーナーで複合コーナーとなり走行ラインがちょっと複雑である。

17コーナーの立ち上がりはぐいっと急な上り勾配exitになっていて、ブラインドコーナーになっている。
先も見えず、アクセルを開けるポイントを見つけづらく、難しい。
メインストレートからみるとマシンがヌッと出現するexitように見える。
こちらのカメラアングルexitだと、最終17コーナーの下が全く見えない。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%82%B4%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

モーターランド・アラゴン

1 ななしのよっしん
2017/07/15(土) 09:11:04 ID: P+348cwxYB
記事作成&修正です。
これだけ濃い記事を一人でやられていることに驚き。
エストレージャ・ガリシアとかLos40とか
スポンサー関係の話なんか初めて知ったよ!