ヤモト・コキ単語

ヤモトコキ

今から私は…
”アタイ”だ!さぁ…
サヨナラ


ヤモト・コキとは、サイバーパンクニンジャ活劇小説ニンジャスレイヤー」の登場人物のひとり。

ドラマCD及びフロムアニメイシヨンでの声優雨宮天台湾版での漢字表記は矢本小季。

概要

キョート・リパブリック出身。第1部登場時点ではネオサイタマハイスクールに通う女子高生だった。

かつて、ある男子生徒の自殺未遂に巻き込まれ瀕死の重傷を負うものの、翌日に奇跡の生還を遂げたという過去を持つ。その後はネオサイタマに身を移すが、前後的で襲ってきたヨタモノの集団を、突如覚めた常ので撃退。それらはヤモトに宿ったニンジャソウル「シ・ニンジャ」のであった。

後に親友となるクラスメイトアサリや、オリガミ部の生徒達と親交を結び、かつての孤独から脱しようとするものの、ニンジャとなった彼女穏な日常が続くわけもなく、ヤモトは邪悪なニンジャ組織「ソウカイシンジケートソウカイヤ)」にをつけられてしまう……。


初登場エピソードラストガール・スタンディング」を皮切りに、数少ないながらも物語に度々登場する少女ニンジャ。「ラストガール~」は第一部人気投票で見事1位いた人気エピソードであり、ニュービー・ニンジャヘッズ向けのエピソードとして取り上げられることも多い。最初に出会ったニンジャがヤモトというヘッズもいるのではないだろうか。

素直で前向きな性格と若さ重い過去を背負いながらも懸命に生き、出会った人々とを深め、その恩に応えようとする姿に心打たれるファンも多い。反面、彼女の登場するエピソードには何かとゴアな描写が多い。無印コミカライズ版「ラストガール~」のヨタモノ撃退シーンに震え上がったヘッズも多いとか。

その後、ヤモトユウジョウを結んだばかりの親友に危険が及ぶのを恐れ、ソウカイヤからの長い逃亡生活を送ることとなる。彼女がようやく安息の地を得るのは第二部。ネオカブキチョ・ニチョーストリートゲイバーを営むザクロの下、ニチョームに起こるトラブルを解決するニンジャ自警団員を務めることに。

だが、動の第三部は穏を望む彼女にもまた容赦なく牙を剥く。備えよう。

 

なお、ニンジャヘッズからは「ヤモッチャン」との称で呼ばれることがある。この称はこの公式ツイートexitにおいて初めて使用され、その後ヘッズの間に広まったようだ。

ニンジャとしてのヤモト・コキ

物語継続して登場するニンジャの中でも年若く、加えて他の継続登場ニンジャのカラテスペックが(フジキド・ケンジを始めとして)化け物いな為か、アーチニンジャ憑依者であるにもかかわらず、当初はあまり強いニンジャとして見られていなかった。

しかし、過酷な逃亡生活や安息の地となったニチョームでの生活で、彼女は様々な人々に助けられながらも心身共にカラテを磨き続け、ゆっくりと着実に成長を遂げていく。

「シ・ニンジャ」固有のユニーク・ジツ「サクラ・エンハンスメント」を利用したオリガミ・スリケンの他、逃亡生活中に出会ったある人物から伝授されたイアイドー、カラテインストラクションは、現在でも彼女の心の支えとなっている。彼女もまた「ノー・カラテ、ノー・ニンジャ哲学の実践者なのだ。

第3部では「サツバツ・ナイト・バイ・ナイト」以降長らく登場しなかったが、「ニチョーム・ウォー……ビギニング」ではニンジャ達を相手に壮絶なイクサを繰り広げ、名実共にカラテ強者の一として名を挙げる。だがそのは、ナラクの嗟の対であり、ヤモトと出会う毎にフジキドにスレイを迫る「シ・ニンジャ」本来のの片鱗を表すものだった。

シ・ニンジャ

モト憑依した名付きのニンジャソウルオーディオドラマ及びフロムアニメイシヨンでは田中敦子CVを務めた。
田端コミカライズでは巨大な折りとして、フロムアニメイシヨンでは独特な描画のキャラクターとして彼女の心風景に姿を現す。

その正体は、平安時代にナラク・ニンジャ討伐に加わったアーチニンジャのひとり。配下を率いて参戦し、少なからぬ犠牲を出しながらも勝利を収めている。ナラクがシ・ニンジャ(ヤモト)に対して凄まじい憎悪と殺意を抱くのはこの為であり、フジキドは彼女と顔を合わせる度にその憎悪と葛する羽になる。

外見・容姿

作中に登場するニンジャの中ではしく、ニンジャ装束を身につけず、自然で出現する桜色マフラーをメンポとしている。また、イクサの際にはニンジャソウル特有のきにより、彼女の瞳やオリガミ・スリケン、カタナ等、ソウルを帯びた武器は桜色の軌跡を描く。

最初にヤモト奢な体格、黒髪セーラー服美少女としてビジュアル化されたのは書籍第1巻。サツバツとした登場エピソードが続く第1部ではどこかげな表情が多かったが、ザクロと共に表を飾った「ゲイシャ危機!」ではおめかしした姿を披露。中表ニンジャ名鑑でも年齢相応な表情を見せてくれる。

コミカライズで先を切ったのは余田端版。劇画調の正統派美少女といったビジュアルで、ヨタモノやジョックに対する冷たい眼差しと、アサリやオリガミ部の部員に対するらしい表情のギャップが話題に。アクションシーンでは鉄壁スカート底されている。ヨタモノのマツタケは見えるというのに。

ラマラス・キラーズ版のヤモトは、いかにも少女漫画主人公らしく、飾らないタイプのカワイイが底されている。ファンをどん底へ叩き込んだ例のシーン割愛されている為、ニュービーも安心である。

そしていずれも共通しているのは、「その胸は坦である」こと。豊満嗜好の強いボンド&モーゼズにしてはしいキャラクターデザインであり、現在でも他に「坦な胸」の女性は作中に登場していない。

この作品に登場するヒロインの胸はだいたい豊満!ロジャー・コーマンリスペクトしてるのかね?一方でヤモトはこの作品じゃしく、坦な胸の持ちさ。でも、彼女自身はその事をなんとも思っちゃいない。ここは大事な所だよ。気だてのいい子なんだ。

再放送版「ラストガール・スタンディング」でのマディソンおばあちゃんの一言

ちなみに、彼女美少女であることを疑う者はもはやいないが、初めて体以外の容姿が言及されたのは「ウェイティング・フォー・マイ・ニンジャ」である。後にリライトされた「ラストガール~」再放送版ではおめかしに頼らぬオーガニック美少女であることがきちんと描写されている。

登場エピソード一覧

タイトルクリックすると有志によるwikiエピソード紹介ページジャンプする。Togetterでまとめられた各話と、実況付きのまとめが記されている。書籍版にもいくつか書き下ろしエピソードが収録され、わらいなく氏によるアトモスフィアに満ちたウキヨエも楽しめる。

尚、ヤモトメインで登場するエピソードにはが付けられている。

第1部

第2部

第3部

関連動画

フロムアニメイシヨン

関連ウキヨエ

関連立体

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%A4%E3%83%A2%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%82%AD

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ヤモト・コキ

192 ななしのよっしん
2015/11/22(日) 01:16:41 ID: 8MH7OqxzXk
ヘンチマンは関わったはみんな死んでるみたいなこと言ってたけど、わりとみんな生きてるし、死んでいった人たちも敵以外だいたい穏やかに逝ってるんだよな。
例外は電磁鍛造カタナ売ってた武器屋のおっさんと詳細不明のヤモトの親くらいで。
193 ななしのよっしん
2016/02/28(日) 18:12:43 ID: 5029uTBLR4
モト=サンのfigma、とてもゆかしい
あのウキヨエめいた影やはどう表現するんだろう
194 ななしのよっしん
2016/08/07(日) 20:47:22 ID: l2l77ojE4T
オリガミがハナミの代用になるのはシ・ニンジャがそれだけ特別ということなのか、
ハナ儀式の概念がこっちが思ってたより広いということなのか。
195 ななしのよっしん
2017/03/17(金) 08:38:37 ID: lkLa6/xAiJ
その理由はどちらでもなく、原作者が奇麗だと思ったかrアバッ!
研修研修研修研修研修アッハイニンジャソウルが納得できれば儀式として成立します
196 ななしのよっしん
2017/06/07(水) 13:56:13 ID: jkdTqsVusD
>>現在でも他に「坦な胸」の女性は作中に登場していない
浮世絵版ではワタアメ=サンも坦になっています。
197 ななしのよっしん
2017/06/15(木) 04:10:20 ID: Xl2VzfABAd
コユキとかじゃなくコキなのが実際聴き慣れない名前
198 ななしのよっしん
2017/09/12(火) 06:48:03 ID: y0TB4ZyfnK
同級生だったスーサイド=サンも30手前か30前後まで歳食ってるらしいが、アガタ=サンのように美人淑女って感じになってるのかな?
199 ななしのよっしん
2017/09/12(火) 06:55:53 ID: lkLa6/xAiJ
ニンジャには老化停止があるからな
成人した第三部時点で18歳未満と間違えられているから(「ニチョーム・ウォー……ビギニング」)
外見年齢はその時点から変わっていないかもしれん
200 ななしのよっしん
2017/09/12(火) 07:10:58 ID: TsxtLf3iCy
老化はしないが成熟はする らしい
201 ななしのよっしん
2018/02/28(水) 20:11:02 ID: 9bRQZxrkn5
プラスでの成長ぶりというかシ・ニンジャ真実の一端が凄まじいな
「死」にまつわる数の神話級・伝説ニンジャの上に君臨する女だったとは

ツメツ(黙示録の四騎士)どころかヨミ(黄泉大神)まで震え上がらせるのはヤバすぎる