ユリアン・ミンツ単語

ユリアンミンツ
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

ユリアン・ミンツ(Julian Mintz)とは、『銀河英雄伝説』の登場人物で、ヤン・ウェンリーの養子にして、彼の後継者。

CV佐々木望石黒監督版)、梶裕貴Die Neue These)。

略歴

宇宙782年生まれ。両親をくに失った後、アレックス・キャゼルヌ旋で「トラバース法」のもと自由惑星同盟軍人のヤン・ウェンリーの養子として引き取られる。

「生活無能者」ヤンの生活を支えているうちにヤンに心酔し、同じ自由惑星同盟の軍人の途を志す。

ヤンの従卒として兵長待遇の軍属となりヤンのイゼルローン要塞赴任に同行、スパルタニアンのパイロットとしてオリビエ・ポプランに師事する。初陣ワルキューレ3隻と巡航艦を撃沈する殊勲を挙げ、曹長となった。また、ワルター・フォン・シェーンコップに陸戦の教導を受けている。

宇宙798年の第8次イゼルローン攻防戦では、ワルター・フォン・シェーンコップに尋ねられた際に帝国大将カール・グスタフ・ケンプの策を正確に看破し、官代理のキャゼルヌもその考えを容れた。それを元に作戦と艦隊揮を行って大勝したウィリバルト・ヨアヒム・フォン・メルカッツ客員提督に「最大の功労者」と賞される。この戦争後、ヤンの許しを得て、正式な軍人となる。

ヨブ・トリューニヒトの奸計を機にヤンの下を一時離れ、駐在武官・少尉としてルイ・マシュンゴ准尉とフェザーン派遣される。フェザーンではヤンの意を受けて帝国の侵攻に備えた工作を行ったが実らず、ヘンスロー弁務官を救出して帝国軍占領下の脱出した。脱出後は帝国駆逐艦を奪取して帰途についたことで自由惑星同盟で大いに称揚され中尉に昇進した。

バーラトの和約後はポプランやマシュンゴと地球に潜入し、地球教データを入手。アウグスト・ザムエル・ワーレン上級大将の知己を得てオーディンに滞在した後、革命官となったヤンのいるエルファシルへ帰還した。

イゼルローン要塞再奪取作戦に実働部隊の一員として突入した後はヤンの側近としてムライ中将らと艦で控える場面が多かったが、宇宙800年にヤンがテロに倒れた時には救出に向かい、遺体を回収した。

救出失敗後、キャゼルヌ、シェーンコップムライダスティ・アッテンボロー中将たち幹部の合意により弱冠18歳中尉でありながらヤンの後のイゼルローン共和政府官の座を襲った。旗艦はユリシーズ

その後ナイトハルト・ミュラーの接遇、オスカー・フォン・ロイエンタール帝国からの離反やエルネスト・メックリンガーのイゼルローン宙域通過、ワーレンヴァーゲンザイルの侵攻といった出来事に的確に対処。特にワーレンを退けたことは帝国軍将帥からも評価された。

最後にはシヴァ域会戦で自ら帝国総旗艦ブリュンヒルトに突入。皇帝ラインハルト・フォン・ローエンラムとの和に成功し、ヤンのした「ほんの数十年の平和」と民主主義の芽を守った。

後はヤンが志した歴史学者の途を歩もうとしている模様。
なお、シヴァ域会戦でのシェーンコップの死をきっかけにそのカーテローゼ・フォン・クロイツェル仲になった。シャルロットが泣くぞ

人柄・能力

ムライボリス・コーネフがるように人を引きつける魅があり、多くのヤン艦隊幹部やその関係者からの陶を受けた。で学習が高く、指揮官から兵戦術、紅茶淹れに至るまであらゆるものを得意とした。

ヤンに心酔しており、ヤンを襲った地球教徒に対する敵愾心は失われなかった。

また敵ながら地球邂逅したワーレンや、帝国の交渉役であったミュラー両上級大将にも敬意を抱いていた。

キャゼルヌにはフレデリカに対する慕を鋭く摘されたことがある。シャルロットが泣くぞ

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

ユリアン・ミンツに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%A6%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%83%84

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ユリアン・ミンツ

100 ななしのよっしん
2020/01/25(土) 05:54:34 ID: AC6VpnMGH1
あの描写はユリアン若ささの徴みたいなもんだと思うけどね。ラインハルトアンスバッハを憎悪しなかったしヤンは知己を数多く死地に送った政治家に従った。価値観完成されていて身動ぎもしない両雄にべてユリアンは偏狭だしそれは最後の教殺まで変わらない。でもだからこそ「ボク、軍人になりたいんです」から「憲法をお作りください」までの歩みが面いんじゃん
101 ななしのよっしん
2020/02/07(金) 04:29:57 ID: pTpp0WachA
>>50
頭にしかれるだろうから、ヤンとは違う感じで
頭をかきながら任せると思う
カリンの自尊心守る程度で手伝うだろうけど
102 kk
2020/02/07(金) 20:55:17 ID: oH1rmKt0LB
>>100
まさにそういう視点を持てることこそが人としての成熟なんだろうし、ユリアンはその地に至るまでの過程を歩んだ話でもあるよねえ。
103 ななしのよっしん
2020/03/12(木) 03:31:28 ID: HMRRfLhf2I
ヤンも原作アスターテ慰霊祭で子供ぽいことやってるし、結構原作中で成長してるからなあ
ユリアン原作者が成長を描くには10巻では理だったと認めてるから仕方ないところはあると思う
アッテンボローが大事にしてた日記って結局出版されたのかな、ユリアンとは別視点のヤンの重な史料だと思うけど
104 ななしのよっしん
2020/04/10(金) 20:03:29 ID: fpJJFs9Cez
ふと気づいてしまった。
原作の後、ユリアン帝国の「中尉」たちにすごく恨まれるんじゃないかな…「同じ中尉だ」から「中尉ならできてあたりまえ」になったら。限にハードル上がるぞ…
105 ななしのよっしん
2020/04/17(金) 21:27:23 ID: W43/BSFvYo
>>104
それは流石にないと思う。
ラインハルトが幼年学校出だからって、
「おい、幼年学校出たんだろ? ちょっと新王打ち立てろよ」って言われるようなもんだし。
でも、ポプランを介して物凄く誇されたユリアンイメージ帝国にできそう。

民主共和救世主伝説 THE ミンツ

的な。
106 ななしのよっしん
2020/04/18(土) 10:13:54 ID: E8nUPiuYbw
まあ、パワハラや教官が駄に引き合いに出す、かもな。


んで、「中尉ならできて当たり前~」がエスカレートしたところで、「ほう、そうかそうか」とワーレンとかキスリングとかがフルボッコしに駆けつける流れ。
107 ななしのよっしん
2020/04/18(土) 13:09:48 ID: 5nzE7j4TAV
>>104
ローエングラム朝銀河帝国も、憲法が制定されて民主化されるのか、『後世の歴史』が言いたい放題なまでにヤン提督皇帝ラインハルト批判する有様が描かれている。
そういった潮を踏まえて、「同盟の事をおとしめて帝国のそれをを偉く見せようとする」従来の文脈がれると共に、限定的であれ「帝国の事をおとしめて同盟のそれを~」という逆転現が発生するかも知れない。
フォーク准将を例示するまでもなく、その手の手合いは一応再統一された人類社会でさえ、なかなかいなくならないだろう。
ユリアン自身が自由惑星同盟軍時代に軍隊ならではの陰湿な人間関係に曝されているので、帝国でも名を借りるという形でそうなるかも知れない。
>>106氏が仰る様に、丸く?収まると良いが…
108 ななしのよっしん
2020/05/20(水) 04:09:43 ID: h3IbHyTZo3
形(戸籍)の上ではヤンの養子なんだけど姓はヤンと違うんだよね。
トラバース法って姓までは変えなくていい法なのだろうか?
109 ななしのよっしん
2020/05/20(水) 12:19:18 ID: 5nzE7j4TAV
>>108
現代日本民法に規定されている様な、純然たる養子縁組制度ではないのだろう。
ヤン提督には、ユリアン兵長に就任するまで政府から養育費が支給されており扶養家族だったが、解消後も保護責任は残っている。
ユリアンが実たる(故)ミンツ大尉から相続したであろう遺産はヤン計に吸収されても、給料はユリアン個人の口座に入されているのだろうか?
肝心の姓に関しては提督の様なE式とユリアンの様なW式が併用され、ウランフ大将の様にE式?でも名が存在しない!ご仁さえおいでだ。
姓名に関しては同盟章上でデリケートな扱いかも知れないし、作劇上は提督ユリアンの姓が異なる方が『師』といった表現にも含蓄が出るだろう。
因みに、ユリアンはミンツを『「長征一万光年」に参加して以来の名』だと認識しているが、方の祖母が鼻に掛けて『帝国から亡命してきた民の子孫』であるを冒涜した事もあって、姓の継続は偶然の結果だろう(寧ろ綺麗さっぱり姓しても良かったかも)。