ユーゴスラビア単語

201件
ユーゴスラビア
3.3千文字の記事
  • 21
  • 0pt
掲示板へ

ユーゴスラビアは、かつてバルカン半島に存在した国家1991年より戦火を交えて解体が始まり、2006年全に消滅した。

概要

ユーゴスラビアの歴史は浅かった。直訳すると南スラヴ人の土地を意味することからわかるように、近代民族義による民族自決思想を人種の繋がりで押さえ込もうとしたころから始まる。

1918年、第1次世界大戦の終結でオーストリアハンガリー帝国が解体されると、スラブ人の民族たちはセルビアクロアチアスロベニアを作った。王では民族義を抑制する政策を取り、首都のベオグラードに権を集中させて土着勢の専横を防ごうとした。ところがベオグラードセルビア人の居住地であり、その政治セルビア人を中心としたセルビア優遇政策が取られることになる。クロアチア人はこれに反発した。

1929年憲法は停止され、セルビア系のカラジョルジェヴィチ導でユーゴスラビア王が取って代わった。こうしてユーゴスラビアの歴史は始まった。

ところがわずか5年後の1934年国王アレクサンダル1世はクロアチア民族義者に暗殺される。これによって新王妥協せざるを得なくなり、クロアチア自治州を与えることになる。この時ユーゴスラビア王は11歳のペータル2世が継承したが、成人に達してないため、アレクサンダル1世の従兄弟のパヴロ・カラジョルジェヴィチが摂政を務めた。

1941年3月25日摂政パヴロは日独伊三国同盟に加盟。翌26日にイギリスのSISMI6は1つの部門)の支援を受けた国王クーデター。27日までに政権を奪取し、三同盟を脱退、中立政策を宣言した。しかし4月6日にはイギリスの進駐を恐れた(政権転覆に激怒したヒトラー総統の命とも)枢軸軍の侵攻が始まり、同17日に降。こうしてユーゴスラビア王は解体され、土はドイツイタリアブルガリアに仲良く分割された。旧ユーゴスラビア軍の兵器は新たに建されたクロアチア独立国に引き継がれ、土はドイツ軍拠点として機。のちに生起したイタリア戦線ではユーゴスラビア内から飛び立った爆撃機連合軍の攻撃している。

国家としての復活終戦の後になる。パルチザンを組織して枢軸軍と戦ったチトーイギリス亡命したペータル2世の帰還を拒否し、議会で正式に退位させた。1946年ユーゴスラビア連邦人民共和を宣言。人民共和では国家批判は許されても民族差別は許されず、特定民族を優遇したり他の民族を排他しようとする人間は容赦なく排除された。

以降、チトーが死去する1980年までに2度の名が行われたが、チトーカリスマによる独裁下で内政は安定していた。

「七つの、六つの、五つの民族、四つの言葉、三つの宗教、二つの文字、一つの国家」と呼ばれるほどの多様性を見せたユーゴスラビアは、社会主義国でありながらソビエト連邦営側につかない「非同盟中立」を掲げ、経済でも自管理体制を行い西側・東側諸国両方と積極的に交流を行うなど、冷戦下では「開放された社会主義国」として資本主義国家、更に世界社会主義運動から一置かれる存在になっていた。

しかし東欧革命によって東側の社会主義民主化を果たす中、チトーを失い民族運動が次第に盛り上がり始めていたユーゴスラビアではその流れに拍がかかり、ついに1991年より連邦は瓦解し始めた。同年、スロベニアクロアチア独立を宣言し、以後約10年に及ぶユーゴスラビア紛争が始まった。
ここから先はニコニコ動画投稿された動画を参考されたし。

ユーゴスラビアは幾度もの紛争の後、セルビアモンテネグロ連合国家として名前をとどめていたが、2003年に緩やかな国家連合である「セルビアモンテネグロ」へ名し、その名が消滅した。2006年にはそれもセルビアモンテネグロに分離し、ここにユーゴスラビアの構成は全て独立を果たすことになった。

チトー主義と自由

ユーゴスラビアの繁栄をもたらしたのはチトーによるは大きく、ユーゴスラビアの独自な社会主義チトー義と呼ぶ(ただし、東側諸国になるとトロキストと同様なレッテル貼りに使われた)。チトー義の大きな根幹は自管理社会主義市場社会主義、非同盟である。

管理社会とは普通企業は経営者が上の立場で部署の労働者が下の立場になるのを基本的に逆転させた構図になっている。普通は経営者が組織の運営を決め、部署に伝えていく「トップダウン」方式が流となっているが、自管理社会においては部署ごとに労働者が組織の運営を考えて、経営者が意見をまとめて調整していく「トムアップ」方式となっている(ちなみにゼネラルモーターズもここまで極端ではないが、似たようなことをやっていた)。もちろん、労働者だけでは経営が成立しないので経営者を募集し、労働者が雇うか雇わないかを決めていた。この自管理社会政治に関する代表者決めや防衛に関する機も備わっており、特に防衛に関しては軍と協して敵を撃退するようにしていた。しかし、ほぼ全員が戦えるためにユーゴスラビア紛争が化する結果になった。

市場社会主義とは政府モデルや計算などで価格を決めつつ、それが最善な状態でなければ調整していく方式である。更に社会主義国ではしく私有の企業を認めており、海外販売も可としていた。ちなみに似たような言葉に「市場社会主義経済」がある。これは社会主義の中で自由市場を行う経済であり、こちらは中国ベトナムなどが行っている。

非同盟は先述の通り、西側諸国と関係を結びつつ、東側諸国とも関係を持つ外交であり、ユーゴスラビアは非同盟諸の中でも大きな存在感を持っていた。

そして、ユーゴスラビアは社会主義国の中でも較的に自由であったことである。先述の通り、政府批判どころかチトー批判も許され、制限はあるとはいえ野党を作り、ある程度自由が保障された。面い話として西洋では数多く存在するヌーディストビーチがユーゴスラビアにも存在している。しかし、自由民族義に触れさせないようにするための政策でもあった。クロアチア暴動が起きた時は犯はしっかり逮捕しつつも革どころか憲法改正まで行っており、チトーカリスマと努によって、ユーゴスラビアは存在した。

関連動画

関連商品

ユーゴスラビアを題材にした稀有な漫画

同じくユーゴスラビアとユーゴ紛争を題材とした小説映画

七つの国境、六つの国家、五つの民族、四つの言語、三つの宗教、二つの文字

七つの 六つの国家 五つの民族 四つの言 三つの宗教 二つの文字
イタリア
オーストリア
ハンガリー
ルーマニア
ブルガリア
ギリシア
アルバニア
スロベニア
セルビア
クロアチア
ボスニア・ヘルツェゴビナ
モンテネグロ
マケドニア(現北マケドニア)
スロベニア
クロアチア
セルビア
モンテネグロ
マケドニア
スロベニア語
セルビア語
クロアチア
マケドニア
正教
カトリック
イスラーム
ラテン文字
キリル文字

ユーゴスラビアの多様さを示す言葉として「七つの、六つの共和、五つの民族、四つの言、三つの宗教、二つの文字、一つの(連邦国家」というものがある。更に、セルビア共和国内ではコソボ自治州とヴォイヴォディナ自治州が有り、それを踏まえて「八つの地域」を含める人もいる。上記に上げた民族以外にもムスリム人やハンガリー人・アルバニア人などの少数民族が存在した。なお、セルビア語クロアチアにはど差異はなく、言語学的に同一視できる程度のものである。

ちなみに「一つの(連邦国家」の亜種として「一人のチトー」と表現する人もいる。「一人の独裁者」か「一人で苦心しながらまとめ上げたチトー」と解釈するかはあなた次第である。

twitter上では、その文化歴史的統一性のさから兵庫県ヒョーゴスラビアなる国家に擬するネタがある。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 21
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

ニコニ広告で宣伝された記事

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ユーゴスラビア

124 ななしのよっしん
2023/11/15(水) 15:50:58 ID: lz+ca8JbKv
👍
高評価
0
👎
低評価
0
125 ななしのよっしん
2023/11/21(火) 08:37:21 ID: Qrlhe5cqor
してからずっと輸入過による財政赤字が続いて
それを海外からの借で埋め合わせたツケで滅んだ
👍
高評価
0
👎
低評価
0
126 ななしのよっしん
2024/02/28(水) 10:31:34 ID: PR9UeghfkP
白人至上義上等のアメリカよりはフェアな多民族国家を作ろうと奔走していたし、チトー時代は実際にうまくいっていたのではなかろうか?
👍
高評価
0
👎
低評価
0
127 ななしのよっしん
2024/02/28(水) 14:54:53 ID: Qrlhe5cqor
>>126
ただ財政面で見ると、チトー さん時代にを保っていたのは欧米からの借と自通貨の増刷で
チトー さんが亡くなる頃には、もう溜まりに溜まってその借(2年前に経済破綻したスリランカと同レベル債務状況)で財政破綻がに見えていて
いつ生活を犠牲にするレベル債務返済プランを飲むのも時間の問題になってしまっていたんです。

内戦の起こる2年前には、インフレ率は前年度の3000%と失業率20%、職に残れた人も給料未払いが続出。
失業者の8割に当たる若者たちは、次々に過激派民族団体に参入。
そして、急に始まった内戦で兵隊不足(軍の多民族兵がそれぞれの故郷に脱走、帰)により
彼らが兵として加わり、占領地や戦場に投入されて惨劇の幕開けとなりました。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
128 ななしのよっしん
2024/05/02(木) 15:28:50 ID: RkxUv5tLvv
バルカン史の著者ジョルジュカステラン氏によると
チトー存命時の経済状況は
当時、このは近隣の々よりもはるかに反映しているかに見えたが
それはこのが借款によって実際の経済以上の生活をしていたからで
貿易赤字はこの借款によって埋め合わされていた。
管理はその後も労働者の個人的利益および住民のさまざま な要と衝突し
小農場の手に委ねられた農業は計画者の要請に追いつかなかった。
インフレも止まらず、チトーが死んだ1980年には、インフレ率は年30%にも達していた。
その時点で、顕在失業者は80万人(人口2000万人中)であったと摘していたな。

その後の借り過ぎた対外債務による経済危機
1985年に失業者は100万人の大台。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
👍
高評価
0
👎
低評価
0
129 ななしのよっしん
2024/05/02(木) 16:43:01 ID: Fz3/7GOCDz
そんな中でも較的不自由なく生活できてるスロベニア、かたや経済の足を引っ北マケドニアコソボ
分離は不可避だわな
👍
高評価
0
👎
低評価
0
130 ななしのよっしん
2024/05/03(金) 17:02:05 ID: PR9UeghfkP
逆に言うと、「労働者のわがままが割と通っていた」社会主義国だったってこと?
👍
高評価
0
👎
低評価
0
131 ななしのよっしん
2024/05/03(金) 17:05:33 ID: rjNudFEgVK
仮にチトー不老不死でずっと碌せずにいられても分裂は不可避だったってことかあ
👍
高評価
0
👎
低評価
0
132 ななしのよっしん
2024/05/03(金) 17:39:54 ID: RkxUv5tLvv
アメリカのパデュー大学出版のA History of Yugoslaviaで、借地獄に陥った原因と流れが以下の通り
1974年に制定された74年憲法によりチトーたち中央政府が各共和
外交軍事以外の権利を渡したのをいいことに
各共和地方は、海外からますます多くの資を借り入れてしまい
中央政府の歳出削減命も、74年憲法で与えられた権利だとして頑なに拒否
中央政府の出来ることはこれまで以上に紙幣を刷るしかなかったそうな。

ちなみに資な流れは
欧州投資銀行EIB)→各共和政府自治体→(働きかけを行ったのは)労組企業
基本企業からの資融資の申し出が出たら、労組が働きかけて通ったので
投資と大量消費が拡大。実質所得は最高レベルに上昇。
これらの恩恵によりの消費は倍増。家電製品や自の購入。エネルギー消費は3倍以上に増加。
なお、貿易赤字インフレ生活費、失業の増加など、深刻な危機の警告兆は一貫して無視された。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
133 ななしのよっしん
2024/05/04(土) 18:16:53 ID: PR9UeghfkP
👍
高評価
0
👎
低評価
0

ニコニコニューストピックス