ユースフ・トパロウル単語

ボヤキノユースフ

ユースフ・トパロウル(Yūsuf Topparol)とは、「銀河英雄伝説」の登場人物である。
CV.津田健次郎オーディオブック版)。

概要

ダゴン域会戦時の自由惑星同盟艦隊参謀長・中将。当時30代の少壮の将官であった。
どちらかといえば背が高く、どちらかといえばやせていて、顔にはあるべきものがあるべき場所についていたという。

戦争登山にたとえるなら……

登るべき山をさだめるのが政治だ。どのようなルートを使って登るかをさだめ、準備をするのが戦略だ。そして、あたえられたルートを効率よく登るのが戦術の仕事だ……

という簡潔な言を残した人物であり、緻密で論理的、「呼吸する戦術コンピューター」と評される優秀な戦術として、ダゴン域会戦において総司令官リン・パオ佐した。しかしそれと同時に、「ぼやきのユースフ」として後世まで名を残すほどの不としても知られていた。

「ぼやきのユースフ」

のちのちまでその代名詞となった「ぼやきのユースフ」のあだ名の通り、ユースフは散々な不であった。否、正確に言えば、「あだ名の通り」というよりも「ぼやき」という程度ではすまされないレベルで悪辣な毒舌を吐き続けていた、というのが「同時代の知人たち」(※友人ではない)の評価であったようである。

なにせ、同盟軍の歌は「給料どろぼうのワルツ」「ごくつぶしのヤンタンゴ」だと罵り、「上層部が無能ばかり重用するのはおなじ無能仲間だからだ」と言わんばかり。「なんだっておれだけが苦労する」などとことあるごとに不満を漏らす勢い。それだけならただの不なのだが、厄介なことにユースフは軍人として十二分に有能であり、「ぼやき」つつも仕事はちゃんとやる(本人の主観では「やらされている」「おしつけられている」)のであった。

そもそも彼の性格からして、気難しく神経質、低血圧ぎみの堅物といったものであり、手なリン・パオと同じく生涯独身でありながら正反対ににちか人生をおくった。ただ、交流のあった女性との書簡が残っており、のちにヤン・ウェンリーに「今週の努標」と評されるやたら淡々とした内容が知られている。

こういった人間であるから、ユースフに人望なんてものはなく、むしろ同盟軍のトラブルメーカーのひとりに数えられていたほどであった。

経歴

開戦まで

この、んだ性格と緻密な頭の持ち帝国軍の侵攻に対する迎撃の参謀長に当てる人事を成したのは、統合作本部長ビロライネン大将と最高評議会議マヌエル・ジョアン・パトリシオの采配によるものであった。コンビを組む相手である総司令官にはリン・パオが選ばれたが、この歩く風俗紊乱ともいうべきいい加減な男とユースフがが合うはずもなく、当人に向け「おれの軍人生活で最低最悪の命と言い放っている。

当然リン・パオもユースフのことを嫌っており、かなりアレな雰囲気のまま部は迎撃の準備を進めた。途中、彼をまともにしようと試みた防委員を捻くれた返答と「ゆるぎない確信」でもって論破したり、部がこのコンビであると知った艦隊官たちが露に嫌な態度を見せたり、リン・パオユーモアセンス殺人未遂現行犯」を向けたりしながらも、宇宙640年7月14日ダゴン域会戦を迎える。

ダゴン星域会戦

この戦いにおいて、ユースフは参謀チームを率いて旗艦<サンタイサベル>に座乗していた。

7月18日には、帝国総司令官ヘルベルト大公謀な命による帝国軍の散開行動に際してはその予想外さから気を動転させ、苛つきのあまりリン・パオ朝食メルバトーストを6枚らげた(低血圧ぎみのユースフは普段から朝食を半分食べのこす)ことすら非難しかけている。ただ、これは「動物的な食欲であれ道徳的に非難できるものではない」という若干理論「めずらしく」自制した。

こうして、その日一日、ユースフは「極度の食欲不振で精がなく、口の中でなにやらつぶやきながら事務的な処理をおこなうだけ」という陰気のどん底に陥った。決断を欠くリン・パオとあわせた部を見たアンドラーシュにすら罵倒の一言も返さないという有様で、楽天的な幕僚オルトリッチ少佐に覚悟を決めさせたほどであった。

しかし翌日、リン・パオとユースフの二人はついに帝国軍が「あほう」であるという事実に気づく。両者は前の戦況について嫌味の応酬を交わすほどまで活気を回復させ、総力戦の末、22日には帝国軍遠征部隊をほぼ消滅させたのであった。総司令官事後処理をすませしだい首都に帰還」と打電したが、そのままどこかに消えてしまい、結局「事後処理」は憤するユースフに押し付けられたのだった。

戦後

戦後、最終的に元帥まで昇進した。しかし、その大きすぎる功績故か軍としては「敬して遠ざける」形となり、昇進後一年程度で退役。教育・福関連の名誉職を務めた程度の寂しい晩年となった。

なお、リン・パオと「名コンビ」と言われるとそのたびに激怒したという。

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%95%E3%83%BB%E3%83%88%E3%83%91%E3%83%AD%E3%82%A6%E3%83%AB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ユースフ・トパロウル

5 ななしのよっしん
2017/03/07(火) 19:31:44 ID: ZuFf+EQwkw
>>5
アスターテ会戦パエッタパストーレムーアの三人並べて「三方向からの分進合撃のうわべだけ真似てどうすんだ、このバカタレどもが!」って片っ端からバット入れてきそう。
で、なぜか、とばっちりでヤンまでバットされてたりして。

まあヨタはさておき、ダゴン会戦にせよ第二次ティアマト会戦にせよイゼルローン攻略にせよ、同盟軍が奇跡的なバカ勝ちするとロクでもない未来図を引き寄せるんだよなあ。
ユースフはその辺を感じ取ってたりしたのかな。
6 ななしのよっしん
2017/03/07(火) 20:12:06 ID: ZuFf+EQwkw
自分にレス入れてどうするんだ
というわけで、 >>5レス>>4 宛てね
7 ななしのよっしん
2017/04/06(木) 07:48:16 ID: QNL6d4r+UV
>>4>>5
しかし元帥閣下、それは人望のなさ人付き合いの悪さを善せず、結果として後続に戦訓を残さなかったあなた方にも責任があるのでは……いえ、何でもないです。
8 ななしのよっしん
2017/04/09(日) 08:08:10 ID: P6WsdYanSy
登山に例えれば~の話が伝わってるんだから戦訓生かさなかったのは後続側に非が有る
9 ななしのよっしん
2017/04/25(火) 13:52:47 ID: ZuFf+EQwkw
どこかで、「士官学校の戦史編纂科が止されたことで、同盟軍は過去の戦訓を正しく反映できなくなっていたんじゃないか」って考察があったな。
だから、リン・パオやユースフたちも(どんなバカにもわかるように)丁寧に戦訓を残していたけど、戦史編纂科の止や資料の散逸が要因となって忘れられてしまったとか。

となると、ヴァルハラで一番ユースフにバットくらいそうなのはヤンだな。「もっと気合い入れて止反対運動せんか、この穀潰し!」って。
10 ななしのよっしん
2017/05/04(木) 18:41:41 ID: o3yzkgncaj
自由惑星同盟において元帥に昇進するは大抵不幸になる。
11 ななしのよっしん
2017/09/24(日) 14:31:16 ID: 0vELOktE/7
>>5>>9
どうでもいい事だが、ユースフにバットミスマッチな気がする。
12 ななしのよっしん
2018/05/31(木) 16:04:51 ID: LYX1aZ9CJn
>>9
どうだろね、日本海戦の大成功から、全戦略が漸減邀撃になった日本海軍みたいな例もあるわけで。
13 ななしのよっしん
2018/06/13(水) 00:00:01 ID: Ia1i0w/tZl
日本海戦よりもむしろ軍縮条約のほうが大きいけどね、アレ
7割未満で抑止保てという至上命題がなきゃあそこまでこだわらんよ
14 ななしのよっしん
2019/02/27(水) 14:24:52 ID: nNnO0Wd3Zi
>>13
日本海軍軍縮ければ陸奥以降も戦艦作る気満々だったので、決戦義自体は変わらないよ
(ただし政府と財政当局は流石にざめ始めていたが、軍は軍縮の上に震災があっても
巡洋艦や大駆逐艦装大空母の建造を辞めない程度には強引である)

軍が対対抗を標(もしくは予算確保名)から外さない限りは
相手が巨大である以上、兵器の内容はどうあれ決戦義から逃れられない宿命にある

急上昇ワード