ライザのアトリエ 〜常闇の女王と秘密の隠れ家〜単語

ライザノアトリエトコヤミノジョオウトヒミツノカクレガ
  • 18
  • 0pt
掲示板へ

ばいばいアトリエ
この冒険を、ずっと忘れない。

ライザのアトリエ 〜常闇の女王と秘密の隠れ家〜」とは、
コーエーテクモゲームスガストブランド(以下ガスト)より2019年9月26日に発売されたゲームソフトである。

概要

ゲーム情報
ジャンル RPG
開発元 コーエーテクモゲームス (ガストブランド)
販売元 コーエーテクモゲームス
機種 PS4
Switch
Win (SteamDMM GAMES)
発売日
配信日
2019年9月26日
2019年10月29 (SteamDMM GAMES)
価格 7,800円+税 (PS4SwitchSteamDMM GAMES)
その他 有料DLC有り
ゲームソフトテンプレート

今年すでに「ネルケと伝説の錬金術士たち」と「ルルアのアトリエ」が発売されているアトリエシリーズであるが、5月28日に今年三作となるシリーズ最新作が発表された。
ナンバリングA21が与えられれば、全新シリーズとしては「ソフィーのアトリエ」以来3年半振りとなる。
また、サブタイトルに「錬金術士」が付いておらず、これもナンバリングとしては約15年前の「イリスシリーズ以来となる。
今作のキャラクターデザイン担当には、WIXOSSカードイラスト等で知られるトリダモノ氏を、そしてシナリオ製作に「灼眼のシャナ」で知られる高橋弥七郎氏を起用している。

プロデューサー細井氏によれば、今作はを意識したの表現をしており、陰影のコントラストが強い日差しを浴びた様なものになっている。また、イメージはあえて日本におけるパブリックイメージを演出として取り入れている。
ちなみに、記事最上部のキャッチコピーは「出会いもあれば別れもある」ストーリーである為に付けられたもので、アトリエシリーズの最終作という意味ではないとのこと。

本作も直近の作品である「ルルアのアトリエ」同様エンディングまでの期間は制限である。

価格は、通常版は表の通りだが、プレミアムボックスは10800円、スペシャルコレクションボックス19540円。
なお、公式ショップ限定のギャラクシーコンボセット32140円+税。
DL販売専用のデジタルデラックス版(9050円+税)も用意されている。

また、今回のPC版Steamの他にDMM GAMESでの配信もされており、こちらにはDMM GAMES版予約限定コスチュームが付く。

PC版システム要件

DMM GAMES版

最低 推奨
OS(64bit) Windows 8.1/10
プロセッサー Core i5 2.7GHz(4コア)以上 Core i7 6700(4コア)以上
メモリー 8GB以上 16GB以上
グラフィック NVIDIA GeForce GTX1050以上 NVIDIA GeForce GTX1660以上
サウンド 16bitステレオ48KHzWAVEが再生可
DirectX Version 11以上
ディスプレイ 1280x720ピクセル以上表示可 1920x1080ピクセル以上表示可
ネットワーク あり
ファイル容量 14356.97MB
補足 別途DMM GAME PLAYERのインストールが必要

Steam版

最低 推奨
OS(64bit) Windows 8.1/10
プロセッサー Core i5 2.7GHz(4コア)以上 Core i7 6700(4コア)以上
メモリー 8GB以上 16GB以上
グラフィック NVIDIA GeForce GTX1050以上 NVIDIA GeForce GTX1660以上
サウンド 16bitステレオ48kHzWAVEが再生可
DirectX Version 11以上
ディスプレイ 1280x720ピクセル以上表示可 1920x1080ピクセル以上表示可
ネットワーク ロードバンドインターネット接続
ストレージ 15GB利用可
補足

ストーリー

にでもあるけれど
一人ひとりにとって特別な
友だちとの思い出。
大人になる前の彼女たちが、
自分にとって
大切なものを見つける物語
の中に浮かぶクーケン
そこにあるラーゼンボーデン村が物語舞台

村に住むライザは、どこにでもいるような普通少女
退屈な村の生活に不安を感じ、気の置けない仲間たちと集まっては、
夢をったり、刺めて村の外へ出る計画を練ったりしていました。

ある日、一念発起したライザたちは、立ち入りが禁止されている「の対」へ、
はじめての探検に出かけます。
そこで出会ったのは、錬金術という不思議なを使う一人の男。

そのに魅せられたライザは、
錬金術を教えてほしいと頼み込み、彼に子入りすることに。
錬金術によって、これまで訪れたことのない場所へ行けるようになったライザたちは、
退屈な日々からそれぞれの夢に向かって1歩ずつ踏み出していきます。

その一方で、クーケンには、ある脅威が迫っていました。
やがてライザたちは、これまでの遊びとは違う、村のにも知られることのない

「ひとだけの冒険」をすることになるのでした――

公式サイトより引用exit

今作のシステム

調合

「つくる」をテーマにした新たな調合システムが採用されている。
ちなみに今作はライザたちの「隠れ」が彼女アトリエである。

  • 採取地調合
    錬金術によって自分だけの採取地を創り上げるシステム
    ゲームに登場する古式秘具と称される重要アイテムの一つ「トラベルボトル」に素材を投入し調合する事でボトル内に採取地を生成できる。投入素材によって地形や採れる素材、出現する魔物が変化する。
    ボトル内の採取地を探索すると復元値という値が消費され、これの回復にもジェムを消費する。
    調合で作成した採取地は作成時に出された4桁のパスワード表する事で、他人と調合レシピを共有出来る様になっている。
  • 鍛冶
    調合した武器を隠れに元からあった鍛冶場を用いて更に強化できる。
    素材を投入すると素材毎に武器のパラメータが強化され、投入素材特性を付けることもできる。素材の投入数は搭載された古式秘具「動炉」の数で決まる。

戦闘

今作の戦闘は今までのターン制コマンドバトルリアルタイム要素を追加したハイブリッド仕様
コマンド選択中も敵を含めた他のキャラターンが経過し、操作キャラクター以外は自動で行動するようになっている。戦闘中仲間から示や支援を要請されることもあり、アグレッシブさや緊迫感を高め、仲間とのを感じられるシステムとなっている。操作キャラクター戦闘中に変更可で、モード
戦闘パーティは3人まで選択でき、キャラクターごとに前衛後衛が設定されている。前衛後衛は後述するロールに関係している。
アイテムは古式秘具の一つ「コアクリスタル」に入れて持ち歩き、使用にはCCコアチャージ)というポイントを消費して使用する形になっており、アイテム自体は消費しない。キャラクターごとのアイテム装備はそれぞれの武器によって決まっており、一定以上上位の武器は装備が増える。また、コンバートというコマンドで手持ちのアイテムを一時的に使用不可にしCCを全回復出来る。コンバートは非戦闘時でも行えるので実質的な使用回数はパーティに加わっているメンバーの装備の総数が多い程増加する。アイテムの使用不可は拠点に戻ることで回復する。

探索

探索できるマップクーケンが浮かぶエリプスの北側の土地一帯となっている。
他に採取地調合によって「トラベルボトル」というアイテムの中に創られた世界を探索することもできる。
同じ採取箇所でも採取具によって取れるアイテムが違い、釣り竿以外の採取具はと同様スイングで採取する。
また、によるスイング同様採取具のスイングでも敵に対して先制攻撃を仕掛けることが出来、具によって先制攻撃成功時の効果が違う。

採取具は基本装備であるの他に「刈り」、「」、「ハンマー」、「取り網」、「釣り竿」、「フラムロッド」が存在する。

採取

今作は様々な採取具により同じ採取ポイントで採取が可となっており、木をけば木の実が、で伐採すれば木材が、で切りつければ皮といった具合に、採取具によって異なる素材が採れる。
これにより、同じ採取ポイントからある程度狙った素材を採れる様にしている。
また、本作はに調合した種を植えることで素材の栽培が可となっている。種によっては植物どころか石まで採取可

模様替え

ライザたちの「秘密の隠れ」をカスタマイズするシステム
「隠れパーツ」を使用する事で可となり、パーツによっては特殊な効果が発生する。
ゲーム中で入手できる隠れパーツはほぼレシピ変化によって入手できるが、そのための素材クーケン付近には存在しない物ばかりである為、ある人物と取引して入手する。

登場人物

メインキャラクター

  • タオ・モンガルテン(Tao Mongarten) CV:近藤唯
    ―「ほ、本当に魔物だ……本当に、本物の」
    ライザとレント幼なじみ
    の地下書庫にあった古書を常に持ち歩いて解読作業に勤しむも、村人からは変わり者扱いされている。
    小心者で人付き合いが苦手だが、友達を見捨てるようなことはしない。
    執念にも似た知的好奇心から来る常人離れした集中を持つ。
    遺跡に詳しく古書の文字が読めるアンペルに教わり、しだいに遺跡や古書の文字が読めるようになって行く。
    武器は長柄のハンマー。こんな武器だが殴打するより振り回した時に飛び出る衝撃波で攻撃する事が多い。
    戦闘では後衛を務め、アイテム装備の初期数は2。器用さは中間程度で攻撃モーションは遅く、状態異常付与が出来る攻撃スキルを多く覚える。
  • アンペル・フォルマー(Empel Vollmer) CV:野島裕史
    ―「このは遺跡の塊みたいなもんだからな。調べることはいくらでもある」
    ライザの住むラーゼンボーデン村に現れた流浪の錬金術士で、ライザの師匠となる人物。
    村に住居を借りて日々周辺の遺跡調を行っている。
    見たの若々しさに反して不思議な貫があり、所作も大人びている。
    過去に起きた事件によって高度な錬金術を使えなくなり、心身に傷を負っているらしい。
    ライザ達に押しかけられ、遺跡調の一助となる事を期待してライザに錬金術を、タオに古書の文字読み方を教える。上述の理由で実践して教えられないということでライザの先生にはなれないと言うが、かなり丁寧に助言を与えてくれる。また、非常にお菓子好きで、リラからは呆れられている。
    彼の武器である扇(最上位)は、かの有名な軍師の物がデザイン上のモデルであるらしい。
    戦闘では後衛を務め、アイテム装備は最初から4。器用さは最終的にライザに少し劣るがWTを減らすパッシブスキルを多く覚える速度重視の錬金術士。
    攻撃モーションは遅いが相手のステータスを低下させる状態異常や味方のWTを減らす加速を付与できる。

サブキャラクター

  • ボオス・ブルネン(Bos Brunnen) CV:阿座上洋平
    ―「痛いを見ても、まだそんな反抗的な態度か」
    ラーゼンボーデン村のを握る有者であるブルネンの一人息子
    何かにつけてライザたちに絡んでは自分の優位を示そうとする傲慢で自尊心の強い青年
    腕っぷしも強いが、頭労働の方が得意であるらしい。
  • モリッツ・ブルネン(Moritz Brunnen) CV:竹内良太
    ―「わからないこと、困ったことがあればなんなりと、このモリッツにご相談を、ハッハッハ!」
    ブルネンの当で、ボオスの
    子煩悩らしく、息子の事は大事に育てているが、大抵のわがままも聞き入れてしまう。
    者として世話役や商人としても活動しており、その手腕は確かだが、強引で横暴な性格故に必ずしも評判は良くないとか。
  • ランバー・ドルン(Lumbar Dorn) CV:落合福嗣
    ―「わざわざを出たりするから村中に恥をさらすことになんだよ」
    ボオスの腰巾着
    振る舞いは尊大だが小心者で、ボオスに同調してライザたちに絡んでくる。
    ボオスに対する忠心だけは本物だとか。
  • キロ・シャイナス(Kilo Shiness) CV:三上枝織
    ―「自分が信じるもののために、自分の命をかけるだけ。でもやっていること」
    大切なものを守るため一人で戦い続ける精霊使いの女性
    ライザたちとは思いもよらない場所で出会うらしい。
  • アガーテ・ハーマン(Agatha Harmon) CV:浅野真澄
    ―「まったく、お前たち悪ガキ三人組は どこまで人様に迷惑をかけたら気が済むんだ!」
    ラーゼンボーデン村を守る「護り手」のリーダー女性
    技に秀で、護り手の中では右に出る者がい程の腕を持つ。
    明正大で規を重んじるが冷たさはく、昔から手を焼かされている悪ガキたちの成長を頼もしく感じながら見守っている。

関連生放送

関連商品

PS4版

Switch版

オリジナルサウンドトラック

関連項目

関連リンク

【スポンサーリンク】

  • 18
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%B6%E3%81%AE%E3%82%A2%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%A8%20%E3%80%9C%E5%B8%B8%E9%97%87%E3%81%AE%E5%A5%B3%E7%8E%8B%E3%81%A8%E7%A7%98%E5%AF%86%E3%81%AE%E9%9A%A0%E3%82%8C%E5%AE%B6%E3%80%9C

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ライザのアトリエ 〜常闇の女王と秘密の隠れ家〜

378 ななしのよっしん
2019/12/02(月) 17:27:05 ID: namH23faJU
動画配信もな
任天堂ガイドラインあるんだっけ?
379 ななしのよっしん
2019/12/05(木) 01:17:35 ID: EBVUinZz9M
>>376
まさか一人の錬金術師の勘違いですべての世界ウニと表記する羽になるとは・・・。
380 ななしのよっしん
2019/12/05(木) 08:17:50 ID: dus0RtStQF
>>379
リリーから見て未来の時代に当たるマリーエリーだと認識してた(田舎から出て来た口だからか?)。
ケントニスとザールブルグを繋ぐ港町の名前がカスターニェ(ドイツ語)って言うのがなんとも・・・。
381 ななしのよっしん
2019/12/05(木) 12:14:13 ID: 3qAs4LtrE3
次作は舞台にしておくれ
382 ななしのよっしん
2019/12/06(金) 00:32:13 ID: cKsLVv0cT0
ひと錬金術の出会いから賢者の石までたどり着いたライザが外に出たら王錬金術師が何人か引退しそう。賢者の石RTA覇者だよな
383 ななしのよっしん
2019/12/06(金) 02:54:59 ID: co3eIbesZW
アトリエシリーズ初プレイだけどめっちゃ面かった(というか今もやってる)次作も必ずやる。
ただ難易度は1周からせめてベリハくらいまでは選択できてよかったと思う。
1周ハードだったけど特に錬金の工夫をすることもなく、品質とか特性とかリビルドとか
ほぼ理解してなくても新しい装備作るだけでクリアできてしまった。
でも一応楽しかったからなんとなく2周引継ぎしでレジェンド始めたけど、ここでようやく
このゲーム醍醐味を理解できた。この楽しさを味わう前に満足して終わった人多いと思う。
1週普通の冒険やってる感じだったけど2周は本当に錬金術師やってる。攻略とか見ずにマテリアル環とにらめっこするの楽しい。
384 ななしのよっしん
2019/12/06(金) 07:17:53 ID: AfLTSdo5Md
アトリエシリーズは基本的にエンディングまでは新しいアイテム作っていけば自然クリアできるくらいの難易度だからな
終盤で特性とか吟味して作りこみを始めるとものすごい勢いでインフレするけど
調合システムが作品ごとに違うから調合に慣れるまでは効果や特性考えなくても何とかなる今の難易度は絶妙だと思う
385 ななしのよっしん
2019/12/09(月) 12:36:37 ID: OiyTRnETBi
遅ればせながらクリア。清飲料みたいなストーリやねぇ、クリア後の余韻が凄い爽やか。アーランドシリーズからやってるけど、こんのど直球青春ものってかなり異端なんじゃなかろうか
中盤辺りからボオス君のだだ上がり、なんで最後の一枚絵に入ってないんや...、なんやってらパーティインしてくれてもよかったぐらいなのに
次回作に出るとしたら、腕っ節と知識量のいいとこ取りした皮屋なイケメンになってたりな
386 ななしのよっしん
2019/12/09(月) 23:35:30 ID: s3bAqg7zeY
ボオスいいよね…
中の人座上さんもかなり感情移入していたみたいだし、次回作以降再登場するのを期待している。
387 ななしのよっしん
2019/12/10(火) 12:12:54 ID: HTvy43UPkh
眼鏡が好きになれなかったわ

急上昇ワード