ライダー(蒼銀のフラグメンツ)単語

ライダー
注意 この項は、ネタバレ成分を多く含んでいます。
ここから下は自己責任で突っ走ってください。

「はは!逃げろ、走れ、跳べ!せいぜい足掻け。喚け。叫べ!いずれ貴様ら三騎が悉く、に灼かれて消え去る運命よ!」

ライダー(蒼銀のフラグメンツ)とは、小説Fate/Prototype 蒼銀のフラグメンツ』の登場するサーヴァントの一騎である。

CV子安武人Fate/Grand Order

概要

褐色の肌に太陽の色をした瞳を持った、オリエタル衣服に身を包んだ高男性。同時に、太陽きを放つ“破格の王”。なので、一人称は“余”。サーヴァント階位は第五位。マスターは、凋落の一途を辿りながらも、未だに大勢を保持している一族の長である仮面の老魔術師伊勢三玄莉。後にペルセウスのマスターとなる伊勢三少年は、この一族の人間である。

自身を「王の中の王」あるいは「王」と称するほどの、傲不遜な自信であると同時に、情け容赦ない苛な性格の持ちでもある。そして、凄まじいまでの

バーサーカーによる瓏館襲撃においては、彼を相手取っているセイバーらの戦いに乱入すると同時に、彼らを圧倒。その上で、バーサーカーを容易く葬り去る。

その後、セイバーらと全決着を着けるべく、東京湾上にて自身の切り札を展開した上で彼らを招聘。これに応じなければ、東京を焼き払うという、事実上の宣戦布告をした上で彼らを待ち受ける。

その性格面はどことなくピカレスクな方の金ピカを彷彿とさせる上に、言動だけ見れば暴君の印を受けてしまう。だがしかし、彼自身は進んで明大であろうと努め、また民を第一に考える統治者の鑑であり、理想の王。故に、王としての在り方も、サーヴァントとしての実も、そのピカとしうるほど。また、人を見るにも優れており、幼い頃の玲瓏館美沙夜に王者の気質を見出した。

名は、(ネタバレにつき反転古代エジプト最大にして至高のファラオオジマンディアス日本では、ラムセス2世の名で知られる)。第19王黄金時代を築き上げたことから太陽王、またアブシンベル大神殿をはじめとする数多の殿を建立したことから建築王と称せられる、紛うかたなき破格の王。また、今まで登場しそうでしなかったシリーズ初のファラオサーヴァントだったりする。

東京湾上の決戦において、セイバー絶体絶命の窮地に立たせるものの、アーチャーのその命と引き換えにした一撃、そしてキャスターの助を得たセイバーによる聖剣の一撃を前に敗れ去るが・・・・

能力

ライダーサーヴァントよろしく、数多の宝具を所有し、それらを駆使した戦法を取る。だが、問題はその宝具が全て規格外の代物ばかりであり、このためにセイバーどころか、彼を含めた三騎士クラスサーヴァントを同時に相手取ることを可としている。また、自身も少なからず腕に覚えがあり、兵戦でもセイバーらと互に渡り合える自信を有している(その際の得物は短であるらしい)。

以下は、彼のステータス及びスキル。なお、スキルのパラメーターに関してはGrand Order準拠。

ステータスのパラメーターが均的なライダー以上の数値を示している。更に、強化を施す皇帝特権や後述の宝具に効果が期待できるカリスマなど、いずれもその自身が過剰なものではなく、王の中の王を名乗るに相応しいものばかり。そのためか、根と繋がっているはずの沙条愛歌ですら、最大級の危機感を抱くほど。

以下は、彼が作中で用いた宝具

闇夜の太陽船(メセケテット)

ランク:A+ / 種別:対軍宝具 / レンジ:1~99 / 最大捕捉:500
ライダーたる方舟。太陽きと灼熱を帯びたその船によって高速飛行を可とし、またの魔にて敵を殲滅する。なお、部分的に出現させることも可であり、穂先だけ出現させて台として用いる、などといったように、割と用途の広い宝具でもある。その火力は、この宝具だけで簡単に東京を火のに沈められる、ということ。

熱砂の獅身獣(アブホル・スフィンクス)

ランク:A / 種別:対軍宝具 / レンジ:2~50 / 最大捕捉:300
ライダー兵たる守護。すなわち、古代オリエントを中心に広く知られたスフィンクスらしく、や牙、そして哮をな攻撃手段とする他、炎熱や旋を伴った攻撃を繰り出すことも可。そして、その高い知を有しているためにサーヴァントと互に戦うことができるだけでも脅威なのに、頭を失っても活動可なほどの生命の持ちでもある。恐ろしいことに、単体でもセイバーを苦戦させるを持ったこの聖獣複数存在する、ということ・・・・ちなみに、スフィンクスといっても、何種類か存在している。また、セイバーと対決したのは一般的によく知られた人頭の、いわゆるアンドロスフィンクスと呼ばれる種類のもの。

光輝の大複合神殿(ラムセウム・テンティリス)

ランクEX / 種別:対宝具/対人宝具 / レンジ:1~99 / 最大捕捉:800人/1人
ライダーの手である殿であり、固有結界。そして、この宝具ライダーの王としての威そのもの。そもそも、生前に「過去現在未来において、全ての殿は余の為にある」という言った者勝ち宣言のために、自身が建てた殿どころか、全く関係のない殿までもが折り重なった、く異容の巨大神殿として顕現している。この宝具概要は、いろいろと説明が面ど・・・・じゃなくて、多様なので、簡略に述べると・・・・

・・・・といった具合に、もうわけがわからないよ、と叫びたくなること請け合い。だが、こんな人外でもまだ序の口に過ぎない。この宝具頂は、ファラオへの絶対的な祝福と不敬なる敵対者への呪詛が神威として顕現していること。しかも、その効果はその殿っている々によって様々、という出ぶり。作中で出てきただけでも・・・・

・・・・モウイミワカンナイ。ただし、これでもはある様子。

このように、今まで登場したライダーのいいとこ取りな宝具の数々である。ロマンも詰め込みすぎれば、時としてチートと化すということだろう。

召喚の経緯と参戦の決意

そもそも、ライダーは今回の聖杯戦争に乗り気ではなかった。というよりも、召喚者である玄莉に強い怒りを覚えていた。というのも、彼が召喚の触媒に用いたのが、よりにもよってする妻ネフェルタリ(可愛い!)の遺物だからである。なお、彼に関する遺物が多く存在するが、確実に召喚する、となれば妻の遺物を用いる以外に方法はないからだ。ともあれ、妻の眠る寝所を荒らした不届き者として玄莉を断罪しようとするが、聖杯戦争に臨む彼の覚悟が本物であると理解すると、しばしの猶予を与た。

とはいえ、それでも聖杯戦争に本気で臨もう、という考えにまでは至らなかった。むしろ、魔術科学技術を融合させている伊勢三一族に強い嫌悪感を抱く。このために伊勢三一族殲滅の考えが頭を過ぎらせた時、強引な延命措置で生かされている幼い頃の伊勢三少年と出会う。その体を病魔に蝕まれながらも、その少年がただひたすらに願っているのは、ただ一つ。世界中の人々の幸福である。この者の在り方を体現している伊勢三少年を見て、ライダーは思い出す。最後には袂を分かったものの、自身の親友であり、兄弟でもあった者を。故にライダー伊勢三一族を生かすのだった。

その後、キャスターを擁する瓏館営と同盟を結びに赴く。ただし、ライダー自身は従共にさしたる興味も抱かず、同盟自体にも乗り気ではなかった。そんな折に、美沙夜邂逅を果たし、同盟を快諾。

この時代にも、者や王者と呼ぶに相応しい人間たちがいることを知ったライダーは、王として受を果たし、民を救うことを決意する。そのために、歌を世界に厄災をもたらす“世界を喰らう女神(ポトニアテローン)”と断じ、これを討ち滅ぼすための戦いに挑む。

かくして、王は東京湾上にの手たる殿を展開し、そこでセイバーら三騎士サーヴァントを迎え撃つ・・・・

「まさしく世界を救う戦いである!余は、余が統べるためにこそあらゆる敵を灼き尽くし、遍くすべてを救おうぞ!」

※この辺の描写は非常に主人公っぽいですが、あくまで役は正統派王子様のセイバーさんです。

王の結末

※第四部のネタバレにつき、呪詛の猛で溢れています。

ライダーが展開する“の大複合殿”は脅威の一言であった。米国太平洋艦隊を一で壊滅させた“デンデラの大電球”による超絶撃。一切の傷や病を受け付けないアーチャーの身体すら蝕むほどの呪詛の猛。更には、封じられてしまった宝具・・・・それら全てが容赦なくセイバーたちを苦しめた。しかも、仮初の不死の体により、ライダーには一切の攻撃が通用しない。とはいえ、状況は確実にライダーを不利な方向へと傾いていく。歌やアサシンによる玄莉らの殺。他のに由来する品を宝具としているために、封印を免れたランサーの猛攻。そして、歌と結託したキャスターの“賢者の石”によりセイバーが、令呪使用によりアーチャーが、宝具使用可となった。そうして、いよいよ放たれた聖剣の一と救の一矢。ライダーもこれを太陽爆発さながらの火力で迎え撃つも、敗れてしまう。

※思い出されましたか?この物語主人公セイバーさんです。立っているのはアーラシュさんだけどな!

しかし、この偉大なる王は敗北前にしながらも、決して取り乱すようなことはしなかった。というよりも、むしろ二つのに見取れていた。王はかつて見たからだ。このに匹敵する奇跡。すなわち、自分と決別し、を割るという奇跡を起こしたの友たる者、モーセの起こした奇跡を。ともあれ、この二人こそが自分に代わって世界を救うものだと確信し、王は殿と共に消え去ったのだった・・・・

だがしかし歌によって自身の見出した幼き命の悉くがされることになったのは、皮以外の何物でもない。

関連動画

関連商品

関連項目

「ならば、そうか。当世にあっては貴様たちが余に代わって―――世界を救う者か!」

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%80%E3%83%BC%28%E8%92%BC%E9%8A%80%E3%81%AE%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%B0%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%84%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ライダー(蒼銀のフラグメンツ)

83 ななしのよっしん
2018/04/16(月) 14:54:13 ID: xoZ3tYiGSU
>>82
そもそもギルガメッシュのときと違って「オジマンディアスプレゼント!」っていうイベントでもないし勘違いしてるユーザーオジマンディアスのせいにしたって感じだけどな
問題は初期からちゃんとやってて記憶してるユーザーがほとんどいないっていうユーザー側に新規が増えたことな気がするわ
いくらなんでもあれをオジマンディアスが配った!ことにするのはいいがかりよ
84 ななしのよっしん
2018/05/09(水) 10:50:53 ID: lyDZtDEP8V
地形が変わる程の禁呪(対軍宝具並)、時干渉する魔法
錬金術で生み出されたバルダー金属まで擁する多民族戦闘国家もヒッタイトのTETSUに滅ぼされたからな
SSRムワタリ二世待ったなし!
85 ななしのよっしん
2018/06/19(火) 20:46:03 ID: fJKhXrPhKE
おぢちゃんディアス
86 ななしのよっしん
2018/08/07(火) 16:34:23 ID: 8AVFPv2W1H
弄り役も弄られ役もこなせる重な人材
87 ななしのよっしん
2018/08/12(日) 17:52:58 ID: oDC/nn6j8f
すり抜けで出たんだが よりによってっ盛りで水着いっぱいの今かよ…
88 ななしのよっしん
2018/11/23(金) 22:59:50 ID: +kWm/+camx
元旦イベ特攻はよ
89 ななしのよっしん
2019/02/17(日) 22:48:19 ID: FjrV01fKTx
アテムとほぼ同じ時代か
90 ななしのよっしん
2019/02/23(土) 21:12:29 ID: ZUbaYJc/yS
に聞きたい
こいつに勝利したヒッタイトはどんな化け物集団だったんだ?
91 ななしのよっしん
2019/05/20(月) 21:37:04 ID: 0puBa2G/JU
オジマンの生前にはスフィンクス飛ぶ太陽船も複合殿も全て存在せずあれらはサーヴァント化によって得たものなんだろ
戦いでは御者に戦車の手綱引かせて揮取るという堅実というか一般的なスタイルだったんじゃないか
92 ななしのよっしん
2019/05/25(土) 04:31:05 ID: JA5ej8X2fv
そのうちヒッタイト系サーヴァントか異聞帯でも来る事を期待
ちなみにそのヒッタイトを滅ぼした「の民」という化け物集団も