ライトノベル単語

ライトノベル

ライトノベル和製英語light novel)とは、「軽小説」を原義とした小説の分類名である。明確に定義付けられてはいないが若者向け、読みやすい文体、アニメ絵の表をしている物などがそう呼ばれやすい。通称「ラノベ

概要

ライトノベルとは、小説の分類分けの一つである。しかしそれぞれの作品で特徴が違うため言葉による全体の定義付けが難しい。
そのためどのような作品がライトノベルと呼ばれているか先にこちらをクリックして頂きたい→ライトノベルで検索exit_nicoichiba

ライトノベルは中高生や若年層向けに軽妙な文体でストーリーが描かれており、通常の小説べ挿絵が随所に入り、値段も500600円程度と較的手頃な文庫本形式であり、表アニメ絵の美少女など特徴的なものが多い。

しかし、近年はソフトカバーで刊行される例も増えてきて必ずしも文庫本形式とは限らない。またその読者層は近年30代後半にまで広がり始めている。(※これは継続している読者層による年齢層の引き上げ現の結果とも言える)。

歴史

ライトノベル流が生まれたのは1970年代頃である。当時は、ソノラマ文庫やコバルト文庫等が代表例で、今でもこれらは多くの名作を輩出するレーベルとなっている。

しかし、特に現在ライトノベルの形を作ったのは、1988年創刊の角川スニーカー文庫富士見ファンタジア文庫といわれている。また1990年には、富士見ファンタジア文庫からスレイヤーズも登場し、この頃は最初にライトノベルが、大きく注された時期とも言える。

ライトノベル」という言葉自体はこの頃である1990年代初期にパソコン通信で生まれたとされる。

ライトノベル」という和製英語は、1990年代初め、SFファンタジー小説ファンが集ったパソコン通信の電子会議室から生まれた。
名付け親は、同会議室のシスオペ(管理人)を務めた北恵太さん(45)。
70年代に創刊されたコバルト文庫やソノラマ文庫の少年少女向け小説について、ひとくくりにできる新しい名前が必要だと考えた」と振り返る。
漫画のようにスピーディーな「コミックノベル」、あるいは「ニートNeatノベル」などの案も考えたが、結局「軽やかな=ライト」に落ち着いた。

読売新聞ライトノベル進化論exit」より

そして少しずつではあるが、漫画アニメゲーム等の市場メディアミックスする形で、1990年代を通して広まっていった。

その後2000年代に入り状況は一変し、オタク的なエンターテイメント一般への社会的注が高まりを見せると同時に、ライトノベル解説本といわれるモノが、複数出版され、それを契機にある程度、ライトノベルの認知度は以前とべ広がった。ライトノベルの再発見と言われる時期である。この頃には急速に「萌え」という言葉が使われ普及し始める。

2000年代中盤から後半はさらに、多くのアニメ漫画ゲーム原作としてのライトノベルとして注される機会が多くなった。漫画と異なり1巻でキリよく完結してる作品が多い為、アニメ化するとスッキリ終えられる利点もあり、中には実写ドラマ実写映画になったものもある。

読者層は、従来中高生がメインであったが、現在では若年層の読書離れもあり、対が幅広い年齢層へと広がっている。

最近では、多数の出版社が参入し、狭義でライトノベルと言われるものだけでも、レーベル数は30えている。また、いわゆるライトノベルと呼ばれるもの以外にも、通常はライトノベルとは呼ばれないが、内容的にはライトノベルに近い、作品を多く出版する、講談社ノベルスハヤカワ文庫JA等、やライトノベルスタイルを借りたポルノ小説(多くはいわゆる美少女ゲームのノベライズ)、また普段ははっきりとライトノベルと区別されているが、読者層は一部重なっていると思われる、女性向け美少年BL小説レーベルなど、数も種類もその周辺も、広範囲に及んでいる。

2chライトノベル住人の一部はこのの事を「ラノベ」と略される事を快く思っていない。(※「“ライトノベル”を“ラノベ”と略す事」にはではなく「“ライトノベル”を“ラノベ”と略す事」に対してである。)
ごく少数だが「ライトノベル」を「ラノベ」と略すこと自体にを立てる人達がいるので気を付けよう。(ライトノベル住人に限らず)

ライトノベル以外の小説も含めた小説作品一覧も合わせてご覧ください。

ライトノベルの境界

ライトノベルジャンルレーベル作者とあらゆる面で、幅が広く、オーバーラップしており、定義が難しいが、いわゆる純文学や一般の小説との界について、以前から議論が為されている。代表的な意見に、

というものがあり、他には大塚英志新城カズマの、

という定義もある。界線は人により様々であり、いずれにしても未だ決着の出ない議論である。それは、一つの作品、一人の作家の中でも、複数のジャンルが混在している事もしくない事も関係している。
一般的な扱いとしては、上述したものを含んだ上での、更に「和製ファンタジー」「SF」「ミステリ」「伝奇」「ラブコメ」などの多用なジャンル要素が込みで示されてる事が多く、一つの作品の中でシリアスからパロディ、ドタバタギャグコメディの振れ幅が大きく「ストーリー物かギャグ物か」という線引き自体が一概に出来ない作品も少なくない。また議論が尽きないのは、現在日本では、美少女ゲームボーイズラブ小説から、狭義のライトノベルを通って、ミステリSFのようなジャンル小説純文学の一部まで、連続して維持されている一定の感性があり、それらが漠然と「ライトノベル」と名しされている現状があるからであろう。

そういう事もあり、ライトノベルとその外部の界領域と見られる「ライトノベル的なもの」と言われるものも多く、これ自体もライトノベルかそうでないかで、議論の対になる事も多い。
その代表例として、西尾維新があげられる。西尾自身は、『クビキリサイクル』でデビューし、同作で始まる「戯言」シリーズで好評を博し、『このライトノベルがすごい!2005年度版作品ランキング一位を取っているが、実際は講談社ノベルスあるいは講談社BOXから刊行されているのを多く抱え、典ライトノベルレーベルから出版されているものは皆無である。また本人も、「イラスト小説のついたコラボレーションライトノベルだという意見もあり、そういう意味では、ライトノベルに含まれる事は間違いない」と答えつつも、「講談社ノベルスが、ライトノベルレーベル扱いされたりするのは他の作家さんにしてみれば違和感があるだろうと思います」と述べている。

これは西尾に限った事ではなく、1990年代森博嗣清涼院流水によってその流が見られる。両氏の作品は、今となってはライトノベルとしてくくられる事も多いが、当時はミステリジャンルとして出版され、特に当時はイラストも添付されていなかった(今でもイラスト付の本はほとんどない)。

西尾の周囲には、同じ講談社ノベルスデビュー、後に文芸誌で活躍した佐藤友哉舞城王太郎、後に『NHKにようこそ!』のマンガ化で人気を博した滝本竜彦ライトノベル出身であるが近年は活動範囲を広げている乙一美少女ゲームシナリオライターとして活躍しつつ、小説作品も発表している奈須きのこ等、一般にははライトノベル作家と呼ばれないが、その読者ライトノベルレーベルから出版された作品とも被っているだろう作家が多くいる。

小説に「キャラクター性と作家の個性を持ち込んだ様式の流」に関しては、西尾講談社太田克史上遠野浩平がその発祥であると回答しており、東浩紀上遠野が作ったこの流れを、清院の作った流れとは別に生み出した「もう一つの流」であるとしている。上遠野に影を受けた作家には西尾の他に、上記の佐藤友哉奈須きのこ時雨沢恵一などがおり、上遠野自身も出版社とレーベルを問わずに作品を執筆している。

なお2chライトノベルにおいては、

『あなたがそうだと思うものがライトノベルです。ただし、他人の同意を得られるとは限りません。』

という一文がTOPに表示されている。

キャラクター小説

ライトノベル制作においては、新城カズマ氏は「ドラマの結論から人物が規定されるのではなく、キャラクターの性質がドラマに優先していく」と述べている。そこから「キャラクターを素く伝える方法としてイラスト等を意識し、キャラクター把握して貰う事に特化してきた」としている。

これはライトノベルに限った事ではないが、それにより、いわゆる二次創作が容易になされ、キャラクターが自し、物語に先行して、消費の対になっている。東浩紀によると、「データベース消費」という現である。

またこれは、一般小説との差異を決定づけるもので、一般小説自然義的な、現実の写生をするのに対し、ライトノベルは、虚構的な世界を写生するという点で隔絶を見るとされている。

以上の点から、東浩紀氏によれば、「物語からキャラクターへの視点移動によって」「キャラクターデータベース環境として書かれる小説」と一応は定義される。より詳しく言えば、戦後日本漫画アニメが育て上げてきた想像環境を前提として、特定キャラクターの外見的な特徴がどのような性格や行動様式に結び合わされるのか、あらかじめ作者読者読み取る事が出来るのが、この定義の成立条件となっている。

以上の点から、キャラクター小説化は、ライトノベルの大きな特徴であり、また近代文学らが持つ大きな物語と対照的に、キャラクターに依拠した脱物語的、また小さな物語に限られた世界を、キャラクターデータベースを通じ共有する。
より詳しくは、東浩紀著『ゲームリアリズムの誕生』へ。

角川系ライトノベル

ライトノベル歴史の上では、角川メディアワークス富士見書房といった「角川系列」の出版社が大きな役割を果たしてきたと言える。近年、ライトノベルレーベルを立ち上げる出版社も増えてきたが、知名度とオーソリティ映像化作品の数でこの三社は図抜けている。

アニメ化されたライトノベル

ここでは、アニメ化された(もしくはこれからアニメ化予定の)ライトノベル作品を列挙する。OVA劇場アニメも含む。

電撃文庫

電撃/単行本

角川スニーカー文庫

角川ビーンズ文庫

カドカワBOOKS

GA文庫

ガガガ文庫

ハヤカワ文庫JA

講談社ラノベ文庫

講談社BOX

YA!ENTERTAINMENT

トクマノベルズEdge

このライトノベルがすごい!文庫

その他

GCノベルズ

富士見ファンタジア文庫

富士見ミステリー文庫

MF文庫J

集英社コバルト文庫

講談社X文庫ホワイトハート

講談社ノベルス

ファミ通文庫

スーパーダッシュ文庫

ダッシュエックス文庫

一迅社文庫

HJ文庫

HJノベルス

オーバーラップ文庫

ソノラマ文庫

星海社文庫

KAエスマ文庫

ぽにきゃんBOOKS

ヒーロー文庫

大百科に記事がある非アニメ化作品

電撃文庫

徳間デュアル文庫

講談社ラノベ文庫

講談社ノベルス

講談社BOX

YA!ENTERTAINMENT

C★NOVELS FANTASIA

星海社文庫

ソノラマ文庫

スマッシュ文庫

このライトノベルがすごい!文庫

ぽにきゃんBOOKS

GCノベルズ

富士見ファンタジア文庫

富士見ミステリー文庫

富士見L文庫

角川スニーカー文庫

角川ビーンズ文庫

カドカワBOOKS

ファミ通文庫

MF文庫J

MFブックス

スーパーダッシュ文庫

ダッシュエックス文庫

一迅社文庫

HJ文庫

HJノベルズ

GA文庫

GAノベル

ガガガ文庫

ガガガブックス

オーバーラップ文庫

オーバーラップノベルス

星海社文庫

アース・スターノベル

マッグガーデン・ノベルズ

TOブックス

その他

出版社

2000年代半ば~後半のライトノベルブームを受け、先に挙げた角川系列など大手以外にも様々なレーベルが登場し、競争がしくなっている。以下にな出版社を紹介する。

関連動画

関連コミュニティ

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%8E%E3%83%99%E3%83%AB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ライトノベル

6213 ななしのよっしん
2019/03/02(土) 17:49:21 ID: VLEkHd8WY3
>>6211
建前の違いか…上手いこというね
エロ漫画以上にエロラノベってニッチだもんな
文字エロを想像したいのなら官小説でいいわけで、下手にシコいイラストがあっても想像を妨げるだけというか
かといってイラストに注するのであれば、全編画像情報に富んだ漫画ないし他メディアでいいじゃんってなるし
ラノベにおいては、あくまでもエロは副産物であればこそくのかも
6214 ななしのよっしん
2019/03/02(土) 20:48:01 ID: yhI8sRSoAc
建前の違いというのもあるし、あくまで一般書籍でのエロスというのが大きいのではないかと
成人向けエロ漫画は買えないけど、えっち少年漫画は買える。みたいな層は一定数いるはずだし
6215 ななしのよっしん
2019/03/02(土) 23:11:05 ID: T/FJ4waugn
・どういった基準軸らのどこからを“頼っている”と分類するか
・その各軸や界線の設定はいったい何に基づいたものか
・“頼っている”こと自体やそれとエロラノベが複合することが悪い理由は
最低限ここら辺がハッキリしないと主観的な嗜好の問題で終わる話だと思う

エロいもの自体(をR-18で隔離せずに衆にすこと)の善し悪しなら
それはもう頼ってるかどうかじゃなくて含ませるかどうかの問題になるし
一般文芸や多媒体でも濡れ場はあるからラノベに限った話でもないし
6216 ななしのよっしん
2019/03/03(日) 13:03:59 ID: hHl9HonILT
これマジ?年齢にべてスタイルが良すぎだろ…って感じのイラストはもう見慣れすぎて効果ないやろって

ちな自分は
Ren―遠いキモチ色のソラ (角川スニーカー文庫)
テルミー2 きみをおもうきもち (集英社スーパーダッシュ文庫)
みたいな年相応かつちょっとフェティッシュな表が好き
6217 ななしのよっしん
2019/03/08(金) 11:33:31 ID: /asn2kb5eK
ライトノベルって音楽でいうロックバンド的な意味を持ってるイメージ
そのうち文字媒体であることのあらゆるギミックフル活用したなんでもありのラノベが出そう
6218 ななしのよっしん
2019/03/08(金) 11:46:21 ID: qkAa19X3Jf
>>6217
ならばなろう系パンクロックかな?

ライトノベルにもあった「(小説書くのは難しいと思ってたけど)これなら自分にも書けそう」な一面が、
さらに進んだのがなろう系な印
6219 ななしのよっしん
2019/03/15(金) 19:14:04 ID: hHl9HonILT
そういやテンプレラノベニメって2015年前後は乱造されてたけど減った気がするわ
乱造されたアニメ原作の続きの出ない率の高さも気になるブラックレッドとか六花の勇者とかな
6220 ななしのよっしん
2019/03/16(土) 09:02:41 ID: VLEkHd8WY3
ラノベアニメ化の傾向を時代毎に見るのって面いよな
…お、俺だけ?
まぁとにかく、漫画アニメ化とは微妙に異なった時代の反映があって、興味深いんだこれが
漫画以上に「ジャンルの流行」に敏感な印があるんだけど、実際どうなんだろう?
ラノベは「宣伝の為のアニメ化」が多い感じあるし、それが理由かね
6221 ななしのよっしん
2019/03/16(土) 09:36:33 ID: oVej6ZrrI6
2015年はある種の過渡期だったからな
テンプレアニメの粗製濫造、そして淘汰は、時代の変革故に当然のものだろう
ここら辺をに少しずつなろう系市場を席巻していったイメージ
あの頃人気絶頂だった俺ガイルの現状を見るに、色々と感慨深いものがある…

深夜アニメの台頭と足並みをえて、まだアングラ気質が強かったオタクに売り込みをかけた2000年代前期から中期
に幅が出てきた2000年代中期から後期
既存のテンプレに逆りをかけることで、独自の顧客層を得ることに成功した2010年代初期から中期
ラノベ進化」という意味じゃあ、ここら辺が顕著かつ最盛だろうな
今はなろう系2000年代から連綿と続いてきたラノベの何かを「変質」させているイメージ
いや、いは一種の回帰なのかもしれんが
まぁ是非は問わん、こういう変遷を眺めるのは確かに面いしな
6222 ななしのよっしん
2019/03/16(土) 11:10:56 ID: hHl9HonILT
突然変異と画一化を繰り返しがちなラノベは好みを探すときに年代ごとに探したほうが楽だしな

今思えばなろう系の躍進は「会いに行けるアイドル」の誕生が業界を一変させたのと類似性を感じる
作者読者距離感の近さが作品以上の付加価値を産んでいるのかも…?
ハーメルンとか小説投稿サイトで感想に対して返事をくれると好感補正がかかるのを否定できない

ある意味歴史の勝者の礎となったジャンルを出してくれるレーベルには頭があがらないわ
ハヤカワ文庫SFとかあの値段で買う中高生に絶対おらんやろ…

急上昇ワード