ライトロード単語

ライトロード

ライトロードとは、遊戯王OCGカードモンスター群である。

概要

ライトロードと名前のついたカードの効果を使用するテーマデッキである。
モンスターには後光が差しており、を基調にした装は々しい。現在の所、遊戯王シリーズ原作漫画アニメにおいての使用者はいない。(但し、タッグフォース早乙女レイは「ライトロード」の使い手という設定になっている)
「自分のエンドフェイズ毎に発動する。 自分のデッキの上からカードをX枚墓地へ送る。」
という墓地利用カードが山ほどある遊戯王OCGにおいて利点となるを持つ。
(一応は欠点もあり、デッキ破壊や墓地封殺カードに弱い。さらに墓地に置かれるという事は相手にカード開している事であり、そこから何のカードが何枚あるかを推測される弱点があるため、制限カードが入れにくい)
2008年9月1日裁きの龍が、2010年3月1日ルミナスの援軍が制限されるが、それでもなおガチデッキとして使用される強さを誇る。
全てのモンスターカード属性なため、属性サポートオネスト)が使える。そのから単体で使えるカードも多く、様々なデッキに組み込まれている。
全体的にレアリティが高く、ゆえに構築にがかかるのが難点。
なぜか遊戯王OCGデッキの話になると、「ライトロードより強いか弱いか」が標になる事が多い。

だがそれも過去の話。
いくつものキーカードが制限化。墓地封じ・モンスター効果封じ・特殊召喚封じのどれにも弱いという弱点の多さ。相手はデッキ切れも狙え終盤まもりに入られる、デッキ破壊に弱い。定のないシンクロモンスターA・O・J ディサイシブ・アームズ」のメタ効果。
そして確かに墓地カードを送る効果は展開を速くするのだが、1ターンキルができるほど速いわけではない。エンドフェイズまで待たないと墓地カードが送れないのは、「BF」や「インフェルニティ」より遅いのだ。
一時はライトロード一色だった大会も、現在はそれほどまででもなく数あるデッキの一つにしか過ぎない。カードの値段も落ち着いている。
時代の移り変わりのしさ、カードゲームではよくあることである。

2011年9月1日裁きの龍制限となり、2013年3月1日ルミナス制限になる。さらに、デッキトップ定したカードを置いたり、定したカード墓地に送れるラヴァルバル・チェインの登場。元禁止カードカオス・ソルジャー -開闢の使者-や制限カードカオス・ソーサラーの制限緩和。新カテゴリライトレイ登場。超電磁タートルOCG化により、ライトロードはまだまだ戦えるデッキになった。

そして、カードプールの変化により墓地で発動するモンスター効果、魔法の増加、2015年4月25日発売の"クラッシュオブリベリオン"で登場したカードによるコンボとの相性の良さで再び環境へと戻りつつある。上記のチェイン禁止カードとなり、墓地調整手段に悩む事もあったが、2016年以降も、このカテゴリーと連携できるカードが時折登場したため、今なお健闘中。 2017年4月からは闇属性版関連カード群・トワイライトロードが登場した。

ライトロードとサポートカード

ここではライトロードとそのサポートカードのを紹介する。以下、遊戯王wikiより。

2008年2月23日発売”LIGHT OF DESTRUCTION”

ライトロード・パラディン ジェイン/Jain, Lightsworn Paladin
効果モンスター /4/属性/戦士族/攻1800/守1200
効果 このカードが相手モンスターに攻撃するダメージステップの間、このカードの攻撃300ポイントアップする。
また、自分のエンドフェイズ毎に発動する。
自分のデッキの上からカードを2枚墓地へ送る。

ライトロードのメインアタッカー2100の攻撃は中々強い。男性職業パラディン女性ジェイン、見た中性的で物議を醸している。たまに出張する。

ライトロード・ウォリアガロス/Garoth, Lightsworn Warrior
効果モンスター/4/属性/戦士族/攻1850/守1300
効果 「ライトロード・ウォリアガロス」以外の自分フィールド上の「ライトロード」と名のついたモンスターの効果によって自分のデッキからカード墓地へ送られた場合、自分のデッキの上からカードを2枚墓地へ送る。
その後、この効果で墓地へ送られた「ライトロード」と名のついたモンスターの数だけデッキからカードをドローする。

攻撃がある上に手札補充可の持ち青髪筋肉質な男。重装備なのに、腹筋している。

ライトロード・サモナー ルミナス/Lumina, Lightsworn Summoner
効果モンスター/ 3/属性/魔法使い族/攻1000/守1000/制限カード
効果 ターンに1度、手札を1枚捨てて発動できる。
自分の墓地からレベル4以下の 「ライトロード」と名のついたモンスター1体を選択して特殊召喚する。
また、自分のエンドフェイズ毎に発動する。 自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。

ステータスは低いものの、そのからライトロードの中心の一枚とされる。そのおかげで過去には制限、準制限カード定される。構えのおかしい女性

ライトロード・ハンター ライコウ/Ryko, Lightsworn Hunter
効果モンスター /2/属性/族/攻 200/守 100
効果 リバースフィールド上のカード1枚を選択して破壊できる。
自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。

モンスターどころか魔法も破壊できる上に墓地を肥やせる。地味に裂けマクロス割れる。多分だけど一番出張が多い。、らいお父さんとも。

ライトロード・ビースト ウォルフ/Wulf, Lightsworn Beast
効果モンスター/ 4/属性/戦士族/攻2100/守 300
効果 このカードは通常召喚できず、 カードの効果でのみ特殊召喚できる。
このカードデッキから墓地へ送られた時に発動する。
このカード墓地から特殊召喚する。

ライトロードの効果で場に出れば一気に制圧できるが、手札に来ると使えないカード。なのになぜかよく手札に来る。同じようなテキストレアメタルドラゴンとは違いペンデュラム召喚できない。

ライトロード・マジシャン ライラ/Lyla, Lightsworn Sorceress
効果モンスター /4/属性/魔法使い族/攻1700/守 200
効果 自分のメインフェイズ時に発動できる。
自分フィールド上に表側攻撃表示で存在するこのカードを表側守備表示に変更し、 相手フィールド上の魔法カード1枚を選択して破壊する。
この効果を発動した場合、次の自分のターンターン終了時まで このカードは表示形式を変更できない。
また、自分のエンドフェイズ毎に発動する。
自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。

魔法除去効果でよく他のデッキ出張する。黒髪魔法使い女性、見たに反して攻撃も高い。

ライトロード・エンジェル ケルビム/Celestia, Lightsworn Angel
効果モンスター /5/属性/天使族/攻2300/守 200
効果 「ライトロード」と名のついたモンスターリリースして このカードアドバンス召喚に成功した時、 自分のデッキの上からカードを4枚墓地へ送って発動できる。
相手フィールド上のカードを2枚まで選択して破壊する。

ライトロード専用モンスターといったところ。
ターン終了時ではなく、すぐに墓地に送る上にコストという変わり種。それが利点にも欠点にもなる。天使っぷりが凄い。ミドラーシュを戦闘破壊できるだけの打点はあるため、ピン刺しするのも一

ライトロード・ドラゴン グラゴニス/Gragonith, Lightsworn Dragon
効果モンスター /6/属性/ドラゴン族/攻2000/守1600
効果 このカードの攻撃・守備は、自分の墓地の 「ライトロード」と名のついたモンスターの種類×300ポイントアップする。
このカードが守備表示モンスターを攻撃した時、 その守備を攻撃えていれば、 その数値だけ相手ライフ戦闘ダメージを与える。 また、自分のエンドフェイズ毎に発動する。
自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。

裁きの龍に次ぐ攻撃の持ち。状況次第では攻撃7000以上になるとのこと。馬鹿と貫通を活かし、一気に相手のライフを奪う専用デッキもある。普通のライロではあんまり使われないかわいそうな白竜

裁きの龍(ジャッジメントドラグーン)/Judgment Dragon
効果モンスター/ 8/属性/ドラゴン族/攻3000/守2600/
効果 このカードは通常召喚できない。 自分の墓地の「ライトロード」と名のついたモンスターが 4種類以上の場合のみ特殊召喚できる。
自分のメインフェイズ時に、 1000ライフポイントを払って発動できる。
このカード以外のフィールド上のカードを全て破壊する。 また、自分のエンドフェイズ毎に発動する。 自分のデッキの上からカードを4枚墓地へ送る。

な破壊効果と攻撃を持つライトロードの切り札。召喚しやすくするために、グラゴニスも一枚は入れてやるべき。その強な効果から準制限カード定された時期があったが、環境の変化、ルール変更により制限カードに戻った。

ジャスティスワールド/Realm of Light
フィールド魔法
効果 自分のデッキからカード墓地へ送られる度に、 このカードにシャインカウンターを1つ置く。
フィールド上の「ライトロード」と名のついたモンスターの攻撃は、 このカードに乗っているシャインカウンターの数×100ポイントアップする。
また、このカードカードの効果によって破壊される場合、 代わりにこのカードに乗っているシャインカウンターを2つ取り除く。

ライトロード専用フィールド魔法。速攻が基本のライトロードにおいてはまず使われない。だが、ライトレイダイダロスと組み合わせれば使えなくはないと思う。

ソーラー・エクスチェンジ/Solar Recharge
通常魔法
効果 手札から「ライトロード」と名のついたモンスター1体を捨てて発動できる。
デッキからカードを2枚ドローし、その後自分のデッキの上からカードを2枚墓地へ送る。

ライトロード専用のドローカード。すごく便利だが後半に来ると自分の首を絞める。

ライトリサレンス/Light Spiral
永続
効果 「ライトロード」と名のついたモンスターの効果で自分のデッキからカード墓地に送られる度に、相手のデッキの上からカードを1枚ゲームから除外する。

使ったとしてもこちらがデッキを失う方が速いので、使用方法に困るカードネクロフェイス消したら泣ける。

2008年4月19日発売”THE DUELIST GENESIS”

ライトロード・プリースト ジェニス/Jenis, Lightsworn Mender
効果モンスター/ 4/属性/魔法使い族/攻 300/守2100
効果 「ライトロード」と名のついたカードの効果によって自分のデッキからカード墓地へ送られたターンエンドフェイズ時、相手ライフ500ポイントダメージを与え、自分は500ライフポイント回復する。

効果は微妙ながら、高い守備を誇る。エクシーズ素材にどうぞ。プリースト男性の職だが、見た全に女。

ライトロード・レイピア/Lightsworn Sabre
装備魔法
効果 「ライトロード」と名のついたモンスターにのみ装備可。装備モンスターの攻撃70ポイントアップする。
このカードデッキから墓地に送られた時、このカードを自分フィールド上に存在する「ライトロード」と名のついたモンスター1体に装備する事ができる。

ライトロード専用装備魔法。こういうカードに限って、墓地にいってくれない。

閃光イリュージョン/Glorious Illusion
永続
効果 自分の墓地から「ライトロード」と名のついた モンスター1体を選択して表側攻撃表示で特殊召喚する。 このカードフィールド上から離れた時、そのモンスターを破壊する。 そのモンスターフィールド上から離れた時、このカードを破壊する。 また、自分のエンドフェイズ毎に発動する。 自分のデッキの上からカードを2枚墓地へ送る。

ライトロード専用のカード。決して弱くはないが死者蘇生リビングデッドの呼び声が顕在の現環境では……。

ライトロード・バリア/Lightsworn Barrier
永続
効果 自分フィールド上の「ライトロード」と名のついた モンスターが攻撃対に選択された時、 自分のデッキの上からカードを2枚墓地へ送る事で、 攻撃モンスター1体を選択し、その攻撃を効にする。

ライトロード専用の防御カード。基本的に短期決戦を狙うライトロードでは使われない、闇に使うとデッキデスで死ぬ。

2009年9月19日発売”EXTRA PACK Volume 2”

ライトロード・ドルイド オルクス/Aurkus, Lightsworn Druid
効果モンスター/ 3/属性/戦士族/攻1200/守1800
効果 このカードフィールド上に表側表示で存在する限り、 お互いのプレイヤーは「ライトロード」と名のついたモンスター魔法・効果モンスターの効果の対にできない。 また、自分のエンドフェイズ毎に発動する。 自分のデッキの上からカードを2枚墓地へ送る。

相手のカードの対にならなくなるが、こちらのカードや「ルミナス」の生も阻する。人にしか見えないのに戦士

ライトロード・モンク エイリン/Ehren, Lightsworn Monk
効果モンスター /4/属性/戦士族/攻1600/守1000
効果 このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、 ダメージ計算前にそのモンスターを持ちデッキに戻す。 また、自分のエンドフェイズ毎に発動する。 自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。

デッキに戻す効果が強、よく他のデッキ出張する。肌なのに、中華系っぽい。

の援軍/Charge of the Light Brigade
通常魔法
効果 自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送って発動する。
デッキからレベル4以下の「ライトロード」と 名のついたモンスター1体を手札に加える。

ライトロード専用サーチカード。たまにサーチ対墓地送りにする。また、この手のカードはサーチ対デッキに一枚もないと、相手に確認させないといけないため優秀なサーチ先が多いからと少数のライロと共に出張して使っているとよくやらかす。墓地肥やしとサーチが一枚でできる効果から制限カードになった。
2015年10月から準制限に緩和された。さらにその1年後の2016年10月にて制限解除となった。

ライト・バニッシュ/Vanquishing Light
カウンター
効果 自分フィールド上の「ライトロード」と名のついたモンスター1体をリリースして発動できる。 モンスターの召喚・反転召喚・特殊召喚を効にし破壊する。

ライトロード専用の昇天リリースを選ばないの方が上、出番はない。なぜ劣化を作った?

2010年9月18日発売”EXTRA PACK Volume 3”

ライトロード・スピリット シャイア/Shire, Lightsworn Spirit
効果モンスター/3/属性/天使族/攻 400/守1400
効果 このカードの攻撃は、自分の墓地に存在する「ライトロード」と名のついたモンスターの種類×300ポイントアップする。
このカードが自分フィールド上に表側表示で存在する限り、自分のエンドフェイズ毎に、自分のデッキの上からカードを2枚墓地へ送る。

ライトロードは17種類存在するため、最大5500となる。最大値が高いモンスターは夢がある、夢は。

ライトロード・シーフ ライニャン/Rinyan, Lightsworn Rogue
効果モンスター/2/属性/族/攻 100/守 100
効果 リバース:自分の墓地に存在する「ライトロード」と名のついたモンスター1体を選択してデッキに戻し、自分のデッキからカードを1枚ドローする。

ライトロードのに逆行した効果であり、攻守も低く使いづらい白猫。でも裁きの龍召喚のために、いれるべき?

2013年11月23日発売"デュエリストセット Ver.ライトロード・ジャッジメント"

ライトロード・アサシンライデン/Raiden, Hand of the Lightsworn
効果モンスター/4/属性/戦士族・チューナー/攻 1700/守備 1000
効果
自分のメインフェイズ時に発動できる。
自分のデッキの上からカードを2枚墓地へ送る。
この効果で墓地へ送ったカードの中に
「ライトロード」と名のついたモンスターがあった場合、
このカードの攻撃は相手のエンドフェイズ時まで20ポイントアップする。
「ライトロード・アサシン ライデン」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。
また、自分のエンドフェイズ毎に発動する。
自分のデッキの上からカードを2枚墓地へ送る。

環境の変化に置いて行かれつつあるライトロードに与えられたKONAMIによるテコ入れ。とても暗殺者には見えない立ちそうな格好をしている。デメリットのないチューナー属性・ライトロード・戦士族・そこそこのステータスと中々のポテンシャルを持ってる。ライコウを放置してるとルミナスからのこいつでトリシューラ出されるかも。

ライトロード・メイデン ミネルバ/Minerva, Lightsworn Meiden
効果モンスター/3/属性/魔法使い族・チューナー/攻 800/守備 200
効果
このカードが召喚に成功した時、
自分の墓地の「ライトロード」と名のついたモンスターの種類以下のレベルを持つ
ドラゴン族・属性モンスター1体をデッキから手札に加える事ができる。
このカードが手札・デッキから墓地へ送られた時、
自分のデッキの上からカードを1枚墓地へ送る。
また、自分のエンドフェイズ毎に発動する。
自分のデッキの上からカードを2枚墓地へ送る。

maiden=乙女少女ょぅι゛ょ正義カテゴリ、ライトロードにかわいいは正義が加わった!墓地に8種類のライロを貯めれば☆8のアイツを呼べる。一応グラゴニスも呼べる。そんなに貯まったころには死者転生が使える?3枚共墓地に行ってると使えない?こまけぇこたぁはいいんだよ!!裁き呼んで全体破壊に巻き込むなんて外道真似はせず、チューナーとして活躍させてあげよう。魔法使い族もサポートが豊富なので色々と使いはありそう。

ライトロード・アーク ミカエル/Michael, the Arch-Lightsworn
シンクロモンスター/7/属性/ドラゴン族/攻2600 /守2000  
効果 チューナーチューナー以外の属性モンスター1体以上
ターンに1度、1000ライフポイントを払って発動できる。フィールド上のカード1枚を選択して除外する。このカードが破壊された時、このカード以外の自分の墓地の「ライトロード」と名のついたモンスターを任意の数だけ選択して発動できる。選択したモンスターデッキに戻し、自分は戻した数×300ライフポイント回復する。また、自分のエンドフェイズ毎に発動する。自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。

ついに現れたライトロードのシンクロモンスター裁きの龍を使った竜騎士なのにレベルは7でステーテスも裁きの龍単体より低い。単体除去効果と被破壊時に誘発する回復効果をもつ。ライフコストは大きいが、除去効果はあの邪帝ガイウスと同じ強なもの。回復はコスト墓地のライトロードを要するものの、任意効果な上に戻すカードを選べるので、ウォルフ・ミネルバとかの再利用に活用できる。ルミナス使えば簡単に出せて、アド損しないのは結構優秀なんじゃない?
素材縛りは緩めなので、フォトンなどに出張することも。

Vジャンプ2014年2月号付属カード

ライトロード・アーチャー フェリス/Felis, Lightsworn Archer
効果モンスター/4/属性/戦士族・チューナー/攻 1100/守備 2000
効果
このカードは通常召喚できず、カードの効果でのみ特殊召喚できる。
このカードが効果モンスターの効果によってデッキから墓地へ送られた時に発動する。
このカード墓地から特殊召喚する。
また、このカードリリースして発動できる。
相手フィールド上のモンスター1体を選択して破壊する。
その後、自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。

乙女の次はまさかのケモっ。ムキムキの上半身に健康的なヒップが魅的である。持っているポテンシャルは高いのだが、その効果の扱いがとても難しい。回った時は強いので、ぜひで使いこなしたいカードである。
タウルスの登場で、ウォルフとともに少々使いやすくなった。

2015年4月25日発売"クラッシュ・オブ・リベリオン"

ライトロード・セインミネルバ/Minerva, the Exalted Lightsworn
エクシーズ・効果モンスター/ランク4/属性/天使族/攻 2000/守備 800
効果

レベルモンスター×2
「ライトロード・セインミネルバ」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。
その中に「ライトロード」カードがあった場合、
その数だけ自分はデッキからドローする。
(2):このカード戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。
自分のデッキの上からカード3枚を墓地へ送る。
その中に「ライトロード」カードがあった場合、
その数までフィールドカードを選んで破壊できる

ワールドプレミア日本先行販売)でライトロードに与えられたKONAMIによるさらなるテコ入れ。初のエクシーズモンスターミネルバが成長し羽が生えふつくしくなった。何故かチューナーだったのにエクシーズモンスターになっているが。効果はライトロードおなじみの墓地肥やしに落ちたライトロードの数だけドローと、破壊されたときの墓地肥やし+ライトロードの数だけ破壊という、ドローや破壊の枚数は不確定なものの中々強な効果。エクシーズ素材定がないので墓地肥やし的の出張もありうるか。同パックで追加された《Emトリッククラウン》によるコンボなど、ライトロードにエクシーズを組み込みやすくなったのも追い

ライトロードの裁き/Lightsworn Judgment
通常
効果
(1):このカードデッキの一番上に戻す。
(2):このカードが「ライトロード」モンスターの効果で
デッキから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「裁きの龍」1体を手札に加える。

同じくワールドプレミアで登場。発動してもデッキトップに戻るだけだが、「ライトロード」モンスターの効果でデッキから墓地へ送られると裁きの龍をサーチできる。今まではミネルバの効果ぐらいでしかサーチできなかった裁きの龍がやっと直接名しでデッキからもってこれるようになった。彼女が成長したおかげだろうか?

2015年9月19日発売"EXTRA PACK 2015 "

ライトロードの域/Lightsworn Sanctuary
永続魔法
効果
(1):1ターンに1度、手札の「ライトロード」モンスター1体を墓地へ送り、
そのモンスター以外の自分の墓地の「ライトロード」モンスター1体を対として発動できる。
モンスターを手札に加える。
(2):このカード魔法ゾーンに存在する限り、
自分のデッキからカード墓地へ送られる度に、
このカードにシャインカウンターを1つ置く。
(3):自分フィールドの「ライトロード」カードが効果で破壊される場合、
代わりに自分フィールドのシャインカウンターを、
破壊される「ライトロード」カード1枚につき2つ取り除く事ができる。

手札と墓地モンスターを交換する効果と、特定の条件を満たすことでライトロードを破壊から守るためのカウンターを溜め込む効果を持つ魔法。このカードでは裁きの龍が回収できないのが悲しいが、手札で腐りがちなウォルフやフェリスを別のモンスターと替えられるので、使えなくもない。

2017年4月15日発売"CODE OF THE DUELIST"

トワイライトロードジェネラルジェイン/Jain, Twilightsworn General
効果モンスター/レベル4/闇属性/戦士族/攻 1800/守備 1200
効果
(1):1ターンに1度、自分の手札・墓地の「ライトロード」モンスター1体を除外し、
フィールドの表側表示モンスター1体を対として発動できる。
そのモンスターの攻撃・守備ターン終了時まで、
除外したモンスターレベル×300ダウンする。
(2):1ターンに1度、このカード以外の自分の「ライトロード」モンスターの効果が発動した場合に発動する。
自分のデッキの上からカードを2枚墓地へ送る。

コストで除外して相手の攻撃を下げる効果を持つトワイライトロード。表側表示モンスター定がないため、一単体で「ライトロード」を除外できる効果を持つ。

トワイライトロードシャーマンルミナス/Lumina, Twilightsworn Shaman
効果モンスター/レベル4/闇属性/魔法使い族/攻 1000/守備 1000
効果
(1):1ターンに1度、自分の手札・墓地から「ライトロード」モンスター1体を除外し、
トワイライトロードシャーマン ルミナス」以外の除外されている
自分の「ライトロード」モンスター1体を対として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
(2):1ターンに1度、このカード以外の自分の「ライトロード」モンスターの効果が発動した場合に発動する。
自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。

コストで除外して除外ゾーンにいる「ライトロード」を特殊召喚出来る効果を持つトワイライトロード属性ルミナスと異なり、同名モンスターを帰還できないが、レベルの制約がない。また、属性ルミナスと組み合わせてループを組むことで展開を加速させることも可

トワイライトロード・ソーサラー・ライラ/Lyla, Twilightsworn Enchantress
効果モンスター/レベル4/闇属性/魔法使い族/攻 1700/守備 200
効果
(1):1ターンに1度、魔法カードの効果が発動した時、
自分の手札・墓地から「ライトロード」モンスター1体を除外し、
フィールドの表側表示の魔法カード1枚を対として発動できる。
そのカードを破壊する。
(2):1ターンに1度、このカード以外の自分の「ライトロード」モンスターの効果が発動した場合に発動する。
自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。

相手の魔法の発動をトリガーコストで除外して破壊を行うトワイライトロード。発動条件に難があるが、あって困る効果ではないのは確か。消去法的な採用となるだろう。

トワイライトロードファイターライコウ/Ryko, Twilightsworn Fighter
効果モンスター/レベル2/闇属性/族/攻 200/守備 100
効果
(1):このカードが召喚・リバースした場合、
自分の手札・墓地から「ライトロード」モンスター1体を除外して発動できる。
フィールドカード1枚を選んで除外する。
(2):1ターンに1度、このカード以外の自分の「ライトロード」モンスターの効果が発動した場合に発動する。
自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。

召喚・リバースした場合にコストで除外して対を取らない除外を行うトワイライトロード。効果の関係上、属性ライコウ較してリバースモンスターではなくなっているが、後攻でも使いやすい効果になっている。ただしこのカード自体のステータス面が貧弱なので、リンク召喚素材にするのが最善。現在なら《転生炎獣アルミラージ》が妥当か。

めの(パニッシュメント・ドラグーン)/Punishment Dragon
効果モンスター/レベル8/闇属性/ドラゴン族/攻 3000/守備 2600
効果
このカードは通常召喚できない。
除外されている自分の「ライトロード」モンスターが4種類以上の場合のみ特殊召喚できる。
(1):1ターンに1度、1000LPを払って発動できる。
「ライトロード」モンスター以外の、
お互いの墓地カード及び表側表示で除外されているカードを全て持ちデッキに戻す。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):1ターンに1度、自分の「ライトロード」モンスターの効果が発動した場合に発動する。
自分のデッキの上からカードを4枚墓地へ送る。

属性版《裁きの龍》と言ったところ。召喚条件に除外ゾーンを要するように変わっているが、《妖精-シラユキ》がいれば簡単である。効果は墓地・除外ゾーンデッキバウンスに変更されており、相手のアドバンテージを減らしつつ自分のデッキも潤うといった効果の具合になっている。また、「ライトロード」はそのままのため、《裁きの龍》を阻しない。

闇の進軍/March of the Dark Brigade
通常魔法
効果
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の墓地の「ライトロード」モンスター1体を対として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。
その後、手札に加えたそのモンスターの元々のレベルの数だけ、
自分のデッキの上からカードを除外する。

「ライトロード」のサルベージを行い、そのレベルデッキトップから除外するカード。ただし、墓地の「ライトロード」を利用するならルミナス2種類がいるため厳しい。ちなみにエクストラデッキに戻るモンスターサルベージした場合は除外の処理が行われない。

黄昏の双トワイライト・ツインドラグーン)/Twilight Twin Dragons
通常魔法
効果
(1):自分フィールドに「めの」が存在する場合、
自分の墓地の「裁きの龍」1体を対として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。
その後、自分のデッキの上からカードを4枚墓地へ送る。
(2):このカードが「ライトロード」モンスターの効果でデッキから墓地へ送られた場合、
自分の墓地の「めの」1体を対として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。
その後、自分のデッキの上からカードを4枚除外する。

どちらの効果も《めの》が関わる効果。ただしどちらも発動条件が限定されていて、腐る可性がある。《エクリプスワイバーン》を用いる方が簡単だと思われる。

トワイライトイレイザー/Twilight Eraser
通常
効果
(1):自分フィールドに同じ種族でカード名が異なる「ライトロード」モンスターが2体以上存在する場合、
自分の墓地の「ライトロード」モンスター2体を除外し、フィールドカード2枚を対として発動できる。
そのカードを除外する。
(2):このカードが「ライトロード」モンスターの効果でデッキから墓地へ送られた場合に発動できる。
手札から「ライトロード」モンスター1体を特殊召喚する。

発動にライトロード2種類が必要なのがネックだが、複数枚対除外できる効果を持っている。ルミナス2種類のどちらかを用いて魔法使い族ライトロードを並べると使いやすいか。(2)効果はオマケに近い。

黄昏の交衣(トワイライトクロス)/Twilight Cloth
通常
効果
(1):自分フィールドの表側表示モンスター1体を対として発動できる。
自分の墓地の「ライトロード」モンスターを任意の数だけ選んで除外し、
モンスターの攻撃・守備ターン終了時まで、
この効果で除外したモンスターの数×20アップする。
(2):このカードが「ライトロード」モンスターの効果でデッキから墓地へ送られた場合に発動できる。
このターン、自分フィールドの「ライトロード」モンスター戦闘・効果では破壊されない。

墓地のライトロードを除外して強化する効果を持ち、デッキから墓地に送られた場合に破壊耐性を「ライトロード」全体に付与する効果を持っている。

2017年11月25日発売"LINK VRAINS PACK"

ライトロード・ドミニオン・キュリオス/Curious, the Lightsworn Dominion
リンク・効果モンスター
リンク3/属性/戦士族/攻2400
リンクマーカー:上/左下/右下】
同じ属性で種族が異なるモンスター3体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードリンク召喚に成功した場合に発動できる。
デッキからカード1枚を選んで墓地へ送る。
(2):自分のデッキカードが効果で墓地へ送られた場合に発動する。
自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。
(3):表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合、
または戦闘で破壊された場合、自分の墓地カード1枚を対として発動できる。
そのカードを手札に加える。

動的に好きなカードデッキから墓地に1枚落とせるリンクモンスター。受け身ではあるがサルベージ効果もついている。ただし、ライトロードで使う場合、トワイライトロードが闇属性になっている上に違う種族でえなければならないという点がネック論ライトロードが較的簡単ではあるが、デッキタイプによってはこのカードの出番がないということが起こり得る。

ゲームでの活躍

アニメでの活躍はかったが、上記の通りタッグフォースシリーズでは早乙女レイが使用する。まだ登場したばかりのタッグフォース3では各規制が緩くその猛威を奮っていた。

 GXから5D's舞台が移ったタッグフォース4からはガチレズ定評のあるモブ大庭ナオミが使用し、登場したばかりのの援軍の規制かったこともありやはり猛威を奮った。タッグフォース5では各パーツ規制が厳しくなったためいくらか落ちついたが、タッグフォース6では制限改訂リストをいじるとカオス・ソルジャー -開闢の使者-を搭載したライトロードが完成するため、再度脅威のパワーを発揮している。

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ライトロード

100 ななしのよっしん
2016/08/09(火) 16:32:26 ID: WSUGdko6r/
ところでベクター、こいつはお前の仕業か?
ライロと昔話の融合。これ程のシナジーは同カテゴリカード以外あり得ない。コンマイがライロの名を付け忘れた・・・

シラユキってライロにそこまで必要なんかね?
除外はやっぱキツいと思うんだが・・・
101 ななしのよっしん
2016/09/14(水) 00:19:19 ID: SJq2n5+sYt
ミカエルって四大天使の一人だし残りの三大天使ライトロードになってほしいな
102 ななしのよっしん
2017/02/17(金) 20:14:07 ID: WSUGdko6r/
トワイライトロード・・・だと・・・!?
103 ななしのよっしん
2017/02/18(土) 01:53:37 ID: j+0BffaMcs
遂にルールまで味方するようになるとは
104 ななしのよっしん
2017/02/19(日) 09:13:20 ID: ObzSgfR2oO
「増援と闇の誘惑とソーラーエクスチェンジに対応するモンスターがあったら手札交換やりやすそう」
そう思ったのは何年前だっただろうか、まさかう日が来るとは

あとはD-HEROも名前に取り込んでレベル7か8になろう(強欲で貪欲な要
105 ななしのよっしん
2017/08/23(水) 02:34:42 ID: eDG4LZZXKc
ライコウ最強カード
ライラ(強さはすでにブレイカー以上)
ジェイン(究極のサイドラ打点
オネスト(生きる魔法の筒
ケルビム(な除去性
エイリン(ライロの女神
ソーラーチェンジ闇の誘惑
援軍(強さは第六感以上)
裁きの龍(史上最近カード
106 ななしのよっしん
2017/08/26(土) 18:33:19 ID: j+0BffaMcs
2009年辺りか
107 ななしのよっしん
2017/09/13(水) 10:44:16 ID: 9m6qVAaq/7
>>98
こいつ等とに六武はいい加減見飽きたわ
108 ななしのよっしん
2017/11/12(日) 14:32:40 ID: DdplhaO2RM
リンクまで来たか…そろそろ、復帰するかな…(トワイライト?何それ(強いけどそうじゃない))
109 ななしのよっしん
2018/11/03(土) 05:44:39 ID: zu9xolxT9Y
リンクモンスターを追加してください。
関連静画削除