ライナー・ブラウン単語

ライナーブラウン
  • 32
  • 0pt
掲示板へ

 

 

 

唐突にもらった"手打ち"

予想外の""

特に理由の無い暴力がライナーを襲う   !!

ライナー・ブラウンとは、漫画アニメ作品「進撃の巨人」の登場人物である。

CV細谷佳正

人物

104期訓練兵団の卒業生で、主人公であるエレン達とは同期(ただし年齢は彼らより上)にあたる。
同じ訓練兵の中では、特に同郷であるベルトルト・フーバーと仲が良い。

恵まれた体格とセンスの持ちで、104期訓練兵の中での成績はミカサに次ぐ2位
身長185cmと、同期の成績上位10名の中では2番の高さ(1番はベルトルトの192cm)を誇り、
体重も95kgあるが、見かけが特別太っているわけではないのを見るに、その筋肉量が想像できる。 

さらに体格だけでなく、精・人格面においても完成されており、体で他に劣るアルミンを教官にバレないように手助けしようとしたり、トロスト区の戦いでは危険な作戦を前に「コイツケツブチ込む」と冗談を言って場を和ませようとしたりと、どんな時でも周りにを配り、困難に敢然と立ち向かうタフさを持つ。

以上の理由から104期生たちのリーダー的存在であり、教官からも「屈強な体格と精を持ち、仲間からの信頼も厚い」と評される。頭の回転がやや鈍い、積極性に欠ける、技術はあるが性格に難がある…等々、曲者いの同期の面々の中では数少ないまともな評価を受けていると言えるだろう。

彼が兵士になった理由は「失われた故郷に帰るため」。これは上述したように同郷であるベルトルトとも共通する的であり、同じく強い決意と的意識を持つという点でエレンには共感を覚えている様子。

また、本人は自分の「兵士」という立場に誇りを持っているようで、エレンに「兵士」とは何かを説教臭く説いたり、訓練をサボっているアニに兵士としての使命感から突っかかっていくなど、その言動の節々からは責任感の高さも伺える。

…と、こんなよく出来た人間である彼だが、その反動故なのか、(本人は意図していない)ギャグパートでは吹き出して牛乳アルミンにかけてしまったり、体格で勝るアニに見事に返り討ちに遭ったり、記事冒頭にあるように恒例の巻末予告で特に理由の暴力に襲われたりと、どこかシュールな笑いを提供してくれるため、読者視聴者からされている。

余談だが、上述した「ケツブチ込む」発言や、ユミルに「女の方に興味があるとは思えない」と言われて「ああ……」と答えたことから一部ではホモ疑惑が浮上しているが、女型の巨人を「いいケツ」と言ったり、クリスタに心の底で婚したりしているので、彼が異性者であることはにも明である。  

鎧の巨人

巨人で、こいつが巨人ってやつだ」

その正体は、五年前にウォール・マリアを体当たりで突破・破壊した「巨人」である。
よく見てみれば確かに巨人ライナー格、ヘアスタイル共に似通っていたのだが、あまりに唐突に明かされたこの衝撃の事実は多くの読者を驚かせた。

女型の巨人」であるアニが調兵団に捕らえられた際、彼とベルトルトの言う”故郷”がアニと同じであることが判明。これにより彼女仲間ではないかと疑いがかけられることになるのだが、実際のところその通りで、女型の巨人との戦闘でも必死に立ち回るフリをしつつ、裏ではエレンを攫わせるために暗躍していた。

そしてウトガルドでの戦いの後にその秘密をエレンに打ち明け、エレンに自分達と一緒に来るよう促すが、事の一部始終を伺っていたミカサりかかられて重傷を負う。全てが潮時だと悟った彼はベルトルトと共に巨人化し、戦の末にエレンユミルを攫って外に消えたのだった。

彼が言うには「エレンさえ一緒に来てくれれば、自分たちはを壊さない」とのことだが、彼らが何故そうまでしてエレンを攫おうとするのか、そして一体どこに向かおうとしているのか、この時点ではまだまだが多かった。

兵士ライナーと戦士ライナー

 

エレン「本当に気持ち悪いよ」

ユミルライナーさんよ…何を言ってんだあんた…?」

 

原作46話にて、が軽くぶっ壊れていることが判明。すでに正体がばれて人類の敵となったのにもかかわらず、逃走の小休止中にウトガルドでの対巨人の功績を誇って調兵団内での出世を願う言葉にユミルは困惑、エレン馬鹿にされていると思って激怒する。

戦士としてを破壊し、内に潜入していたライナーだったが、エレン104期生と生活していくうちに、仮面だったはずの兵士としての自分が「本当の自分」と呼べる程に根付いてしまう。元々責任感の強い性格だったことも災いし、彼は兵士として活動する一方で、仲間達を欺いていることへの罪の意識に耐え切れなくなり、遂には「戦士」と「兵士」の人格が半ば分裂して頻繁に切り替わるまでになってしまった。自身の裏切りを明らかにするまでエレンたちと気さくに接していたり、ウトガルドで体をってコニーを助けたりしたのはこのためである。同じく「戦士」であるベルトルトからは、「ライナーはもう兵士ではない」と半ば呆れられている。

このあと調兵団の追撃によりエレンは奪還されてしまう。ライナーは最後の手段として多数の知性を持たない巨人を投げつけてエレン捕食させようとし、調兵団ごと追い込んだ。しかし、エレンライナーたちがめていた「座標」のを発動させ、巨人を操ることによって窮地を脱出。ライナーベルトルトはやむなくユミルだけを連れてシガンシナ区まで撤退するのだった。

シガンシナ区決戦

王政編を経て、エレンたち調兵団は再びの外に向けて行動を開始した。最初の標はエレンが新たに得た硬質化を使ってシガンシナ区にライナーたちが開けたをふさぐことである。巨人こと、戦士ジークとも合流したライナーベルトルトは 再編された調兵団をシガンシナ区で迎え撃つ。

 

…のだが、この章でのライナー全にかませ犬となってしまっている。囚われの身となっていたアニの救出作戦をかけてのジークとの決闘に負け、奇襲しようとの中に潜んでいたらあっさりと発見され、自慢のエレンが新たに獲得した硬質化の前に砕かれ、新兵器」でもを貫かれ、散々なに遭ってしまった。

ジャン「あいつ…どうやったら死ぬんだよ…」

しかし、それでもライナー巨人体の方に意識をうつすなどしてボロボロになりながらも生存巨人によって救出され、撤退する。ライナーベルトルトとアニを残して故郷に帰還する事になった。

また、かつてトロスト区を巨人が襲撃した際のライナーたち視点回想もなされ、マルコの死の相なども明らかにされている。回想の中で、ライナーベルトルト、アニはライナーたちの戦士としての会話を聞いてしまったマルコから立体起動装置を奪い、移動手段を失ったマルコ巨人に食われることになった。しかし、マルコ捕食されているのを見たライナーは「オイ…なんで…マルコが…喰われてる…」とこぼす。この回想で、ライナーの分裂症は既にこの時点で発症していたことも明らかとなった。

マーレ編のライナー

パラディの任務から帰還したライナーに待っていたのは更なる戦争だった。

ライナーの故郷である大マーレは7体の知性を持つ巨人を抱えた軍事だったが、5年以上の時間をかけて行ったパラディからの始祖の巨人奪還作戦に失敗し、知性巨人2体を喪失。軍事に陰りが見えたマーレに対して各は最新の軍事技術を用いて反旗を翻していた。ライナー戦士たちは各地の戦線に駆り出され、マーレの敵を撃滅していったが、最後の戦いとなった要塞攻略にてライナー戦艦による艦砲射撃に被弾。を貫かれ深いダメージを負うこととなり、兵器としての巨人の時代が終わろうとしていることがより明確になってしまった。

しかし、それでもライナーは紛れもない英雄であった。パラディの潜入任務失敗から4年、一時は巨人剥奪寸前まで追い込まれつつ、幾多の戦いを潜り抜けた彼は、歴戦の戦士へと成長し、次世代の戦士たちの育成にも積極的に取り組んでいた。戦争が終わり、故郷であるレベリオ収容区に帰還し、家族からの歓待を受けるライナー。彼はそこで潜入任務時代のことをりだす。

「そこにいた日々はまさに地獄だった」

だが、その言葉にはどこかしら懐かしさが含まれており、家族は困惑する。

体こそ巨人でいくらでも回復する一方、ライナーの精は深く傷ついていたままだった。あるときは一人になるとライフル口を口に咥え、引き金を引きかけるという自殺未遂まで行ってしまう。しかし、次世代の戦士補生のを聴いてすんでのところで踏みとどまるライナー戦士補生たちを放って自殺する事は、彼には出来なかったのである。

また、ライナー戦士生時代の回想も描かれ、実は落ちこぼれであった事や初手で躓いてしまった潜入任務を理やり続行させた事など、これまでのライナーにまつわる伏線も次々と解き明かされていった。

エレン、襲来

「時代や環境のせいじゃなくて…俺が悪いんだよ。
 お前母親巨人に食われたのはのせいだ」

パラディの脅威に対して世界が協して当たろうという式典に際して、エレンライナーを呼び出し二人は4年ぶりの再開を果たす。ライナーの前に現れたエレンはかつての巨人への殺意にあふれていた少年とは全く違った落ち着いた青年となっていた。

「何しにここに来た?」というライナーの問いに対して、エレンは「お前と同じだよ『仕方なかった』ってやつだ」と答え、ライナーはかつてライナー自身が内の人類にしたように、エレンもまたこの式典を襲撃し、ここにいる人間虐殺するつもりだということを悟ってしまう。

エレンはまた、かつてライナーを破壊したことも「仕方ないよな」とまるで慰めるかのようにライナーりかけるも、ライナーはそれを否定。自分が悪かったと認め、殺してくれるように伏して懇願する。

エレンライナーを起こして手を差し伸べるも、そのタイミングでパラディへの宣戦布告がなされてしまう。ここに至り、エレンの覚悟は決まり、巨人化。式典参加者たちの虐殺を開始する。一方ライナーは同席していた戦士補生のファルコを守るために巨人で硬質化するものの、それ以降ファルコの呼びかけにも反応しなくなってしまった。

ライナー、復活

ガビ「ライナー助けて!

パラディの援軍を得て、戦鎚の巨人さえ撃破し、そのを奪ったエレン。続いて巨人をも捕食しようとするも、戦士補生のガビとファルコの限り叫んでライナーに助けをめた。

「うる…さい」「静かに…してくれ…」「頼む、静かに…」

硬質化し、ほとんど眠ったような精状態の中、ライナー彼女たちのをうるさく感じてしまう。しかし、ライナー覚めた。

ライナー巨人ではすでに何度も敗北し、更なるパワーアップまで遂げているエレン進撃の巨人を倒すことは出来なかったものの、喰われかけていた巨人の救出には成功。巨人を使い果たしたエレンはそこで引き揚げた。ライナーは見事にエレン撃退に成功したのである。本当にかっこいいよ…

そして事態が収束した後、ジークが裏切った事、ガビとファルコがパラディに連れ去られた事などが判明すると、ライナーは対パラディの連合軍が集結するのを待つことなくすぐにパラディに攻め込むことを提案するのだった。

関連動画

関連静画

 

美しい これ以上の芸術静画は存在しないでしょう

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 32
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ライナー・ブラウン

1354 ななしのよっしん
2021/06/09(水) 19:09:13 ID: 9MziZTnh8K
まさか最後の最後まで生き残るとは思わなかったよ
アルミンミカサより先に死ぬエレンには言葉が軽い実の兄貴より精的な兄貴が必要じゃないかと思ってたから
1355 ななしのよっしん
2021/06/09(水) 19:50:23 ID: clYGtiu+W7
>>1353
>「その通りだガリアード」「お前の言ってることはすべて正しい」
この返しって、自分の非を認めているようで、実は相手を強制的にガリアードにするレスバの強カードって聞いたときは思わず笑ってしまった
1356 ななしのよっしん
2021/06/10(木) 01:47:02 ID: gCwVxzyCCl
どんなライナー批判も「俺が悪いんだ...」に繋げられる流れ好き
1357 ななしのよっしん
2021/06/11(金) 19:01:07 ID: 0Ics/WN6gA
ネタ面でもガチ面でも人気が高いのはブロリーを思い出させる
取りあえずマーレ編前後を舞台ライナー巨人が大暴れするゲームがやりたい
1358 ななしのよっしん
2021/06/12(土) 22:12:14 ID: x/BgSXh8B7
割とシビアに建物利用して位置取りしないと速攻で通常兵器ハチの巣にされたり
正面からエレンボコられるゲームになりそう
1359 ななしのよっしん
2021/06/30(水) 13:20:02 ID: W8jBEPkecM
ラッッッライアッッッ
1360 ななしのよっしん
2021/07/04(日) 03:42:03 ID: LPrn8det+Y
言うほどガチ人気高いか?ファンアートでもアニはいるのにライナー104期でハブられてること多いし
何より最終回一好感度下がったのがね…
1361 ななしのよっしん
2021/07/13(火) 23:01:46 ID: h23CKNtVXS
>>1355
しかもガリアードに反マーレのエルディア人のレッテルを貼って完封するワンキルコンボまで持ってるからな。
まぁメタカードお前と同じだよ、で引き分けに持ち込まれやすいけど
1362 ななしのよっしん
2021/07/16(金) 04:40:03 ID: 3jN275+Vra
最後らへんは諌山ライナーいじめ飽きてそう
1363 ななしのよっしん
2021/07/16(金) 12:00:16 ID: iMFjERiGEE
ファイナルシーズンから入って今一期から見返してるけど、兄貴面してるライナーさんを見てると鳥肌が立つぐらい恐い…。精分裂してるとはいえなんかこう、正体を知っているうえで見てるとすんごい気持ち悪く感じるな…。それほどライナーさんの精分裂が生々しい。