ライフ・イズ・ビューティフル単語

ライフイズビューティフル

ライフ・イズ・ビューティフル』(原題:La vita è bella)とは、1997年開されたイタリア映画
日本では、1999年4月17日より開された。

概要

ライフ・イズ・ビューティフル』は、第二次世界大戦中、ユダヤ人が行われたイタリア舞台にした家族物語
邦題は、英題の「Life Is Beautiful」からで、意味は原題と同じである。上映時間は117分。
監督・脚本・演は、ロベルト・ベニーニ。
主人公の妻役を演じたニコレッタ・ブラスキは、ロベルト・ベニーニの実際の妻で、夫婦での共演。

51カンヌ国際映画祭で審グランプリを受賞。
71アカデミー賞では、イタリア語作品でありながら男優賞、作曲賞、外国語映画賞の3部門を受賞した。

「これは、私の物語である」
「こんにちは、おさま!」

物語は二部構成で、前半は主人公グイドと女性教師ドーラの出会いを、後半はナチスの強制収容所に入れられた主人公家族の生活を描いている。
ホロコーストという重いテーマを扱っているが、全編にわたってコメディテイストが散りばめられ、どんな過酷な状況でも笑顔を忘れず、たくましく生きる主人公が描かれている。
巧みな伏線台詞回しで様々な奇跡が演出され、時には馬鹿馬鹿しく、時にはシリアスに、ユーモアに溢れた作品である。

タイトルの由来は、ロシア革命トロキーが、スターリンからの暗殺の恐怖を感じながらも、庭を見て「人生美しい」と書き残していたというエピソードから。

余談ではあるが、演のロベルト・ベニーニはコメディアンでもあり、外国語でのアカデミー男優賞を受賞した初めての男優である。
しかし、2002年開した次作の『ピノキオ』ではゴールデンラズベリー賞も受賞している。これも外国語映画では初。

STORY

1939年イタリアトスカーナ地方
ユダヤイタリア人のグイドは、友人のファルッチェとアレッツォに向かう途中、事故がきっかけで、女教師ドーラと知り合う。
ドーラのことが気になるグイドは、叔父仕事を手伝いながら彼女に近づくが、ドーラには婚約者がいた。
やがて戦争の足音は高まり、ユダヤ人への当たりは次第に厳しくなっていく……。

CAST

役名 出演者
グイド・オレフィチェ ロベルト・ベニーニ
ドーラ ニコレッタ・ブラス
ジョズエ・オレフィチェ ジョルジョ・カンタリーニ
リゼオ・オレフィチェ ジュスティーノ・ドゥラー
フェッルッチョ・パピーニ セルジョ・ビーニ・ブストリッチ
グイッチャルディーニ リディアアルフォンシ
レッシング医師 ホルスト・ブッフホルツ
ナレーター メロアントヌッティ

STAFF

製作 エルダ・フェッリ、ジャンルイジ・ブラス
監督 ロベルト・ベニーニ
脚本 ヴィンチェンツォ・チェラーミ、ロベルト・ベニーニ
製作 マリオコトネ
音楽 ニコラ・ピオヴァー
撮影 トニーノ・デリ・コリ
編集 シモーナ・パッジ
衣装・美術 ダニーロ・ドナーティ

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

ライフ・イズ・ビューティフルに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%95%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%95%E3%83%AB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ライフ・イズ・ビューティフル

1 ななしのよっしん
2019/02/12(火) 12:21:49 ID: JEklAWOCDX
ライフ・イズ・ビューティフルという言葉はBEMANIの楽曲(2曲)や劇場版仮面ライダーエグゼイド題歌など、様々な物があるので、記事名に(映画)を追加するのと曖昧さ回避記事を制作願いたい。
2 ななしのよっしん
2019/02/12(火) 12:24:04 ID: ETKxtqGDIz
あとはゲームビューティフルジョー」のいわゆる1UPアイテムも。

まさかこっちまで映画元ネタだったとは。
3 ななしのよっしん
2019/02/12(火) 14:59:00 ID: fBSmKih3V3
>>1
人生美しいという意味ではありふれたタイトルなんですけど、カタカナで中点付きの「ライフ・イズ・ビューティフル」は映画以外では見当たりませんでした。
他のものは、英語Life is Beautifulだったり、ライフイズビューティフルだったりするので、必要な記事があれば別途作成依頼を出してください。

急上昇ワード