ライブビューイング単語

ライブビューイング

ライブビューイングとは、様々なイベント映画館で生中継すること、あるいはそれを鑑賞することである。

概要

ライブコンサート演劇などの演を各地の映画館で生中継する。イベント会場にいなくてもリアルタイムでその様子を楽しむことができる。

より多くの人にイベントを見てもらいたい催者・出演者側、集客を増やしたい映画館側、イベントを楽しみたい観客側の利が一致し、現在では多くのイベントで実施されている。

略称は「ライビュ」「LV」など。

利点

  • 本会場のチケットが手に入らなかった場合でもイベントを楽しむことができる。ただし、当然ながらスクリーン数・席数による上限はある。
  • チケット代が本会場より安い場合が多い。
  • 本会場が遠地の場合、往来の時間が短く済み、交通費・宿泊費が安く済む。
  • 出演者がスクリーンに大きく映し出されるため、座席が遠くて出演者が見づらいといったことが起こりにくく、表情や動きなどが見やすい。
  • 映画館の構造にもよるが、客席が坦な場合にありがちな前の席の人に視界が遮られるという事態が起こりにくい。
  • 基本的には本会場にべて良質な椅子で鑑賞できることが多い(椅子が固い、あるいは背もたれが低いと評判の映画館なら話は別。また立ち上がったらどっちみち一緒ではある)。
  • 本会場にべて入退場をスムーズに行いやすい。
  • バックステージの模様などが演の前後に中継されることがある。
  • 当日までチケットが売れ残れば、映画館でチケットが買える。映画館システム次第だが、自分で席を定できる、手数料0円、現も使える、さらにメンバーカードポイントがつく場合すらある(消費はできないことが大半)と至れり尽くせり。ただ当日まで残るかどうかはあくまで賭けになるので、おすすめはできない。
  • 上演中であっても、通常の映画と同じようにドリンクポップコーンなどの飲食が可なことが多い。ただし逆に言うと通常の映画と同様に外部からの飲食物は持ち込めない(劇場により異なる)。「基本的には現地調達」と覚えておけば間違いはない。 また、当然であるが上演中の場合周りの迷惑にならないよう細心の注意が必要である。

欠点・注意点

  • 衛星中継を用いているため、や機器の状況によって映像・音が途切れる場合がある。
  • 中継回線の確保時間には限界があるため、本会場の進行が押すと最後までイベントが中継されず途中終了になる場合がある(回線はある程度余裕をもって確保されているため、5分10分程度なら心配はしなくてよい。また元より押すのがデフォルトアーティストの場合も同様)。
  • 本会場で5分前のアナウンスがかかった段階で客席の電気が落ちることがある。また利点で述べた通り特別に中継がある場合もあるため、本会場以上に客席にはく着いていたほうがいい。
  • スクリーンに映っていないところで何かが起こっても、それを把握できない。
  • 本会場→ライブビューイング会場の一方通行の中継なので、ライブビューイング会場側からの援などは届かない。
  • 物販の商品の種類・数が本会場より少ない場合がある(というより同じor多いほうがまれ)。時には一で売り切れてしまうことも。
  • 実はステレオ(2.0ch)音。音量は通常の映画よりも大きいことはあるが、残念ながら臨場感は本会場には敵わない(ある意味当たり前だが)。また4Kなどどんなに高性な映写機を採用した劇場であっても、映像自体はフルHD(1921080)なので画質それなり。(2018年1月現在。今後技術進歩により向上する可性はある)
  • 映画館によっては本会場で許可されている行為が禁止されている場合がある。例としては起立・援・飲食・り物の使用の可否など。予め映画館側に確認しておくことが推奨される。(なおどれほど寛大な映画館であっても、本会場で許可されていない行為は、飲食を除き、ライブビューイング会場でも許されないことがほとんどである。)

歴史

演劇などを映画館で上映・鑑賞する」という形式は、「劇団☆新感線」が2004年開した「ゲキ×シネ」や、松竹2005年開した「シネマ歌舞伎」などが日本での最初期の例のようだ。「ゲキ×シネ」や「シネマ歌舞伎」をライブビューイングの先駆者と見なす場合もある。しかしこれらはライブ中継ではなく録画して編集を加えたものであったし、当然「ライブビューイング」という名称も使っていなかった。

映画館映画以外のデジタルコンテンツを上映することを、日本映画業界では「ODS (Other Digital Stuff)」と呼ぶ。確かに「ゲキ×シネ」や「シネマ歌舞伎」も、ライブビューイングも、同じ「ODS」ではある。しかし「生中継」「ライブ」という重要な要素が取りこぼされているため、「ゲキ×シネ」や「シネマ歌舞伎」はあくまでライブビューイングの「前身」というべきだろう。

「ライブビューイング」という形態・呼称を日本で使用した最も初期の例は、松竹2006年に開始した「METライブビューイング」という事業である。これはアメリカ合衆国ニューヨークメトロリタ歌劇場で上演されるオペラを通信衛星を利用して生中継し、日本歌舞伎座や劇場で上演するという革新的事業だった(ちなみに「ライブビューイング」という名称は日本独自のものである。メトロリタ歌劇場は本アメリカ内や他にも同様の配信事業を行っているがそちらではこの名称は使用していない)。しかしこの「METライブビューイング」が始まった後も、オペラに関心がある層以外には「ライブビューイング」という言葉はさほどメジャーではなかった。

とは言え、2005年デジタルシネマDCI規格が定められたことで、デジタル映像に対応する映画館が登場し始めていた。またスポーツイベントの生中継上映イベント「パブリックビューイング」の開催の頻度も上がっていった。これらの要素が、静かにライブビューイングの普及への足場を固めていたのである。

2008年には、L'Arc~en~Cielフランスパリでの演を日本各地で生中継上演するという世界初の試みを行っている。ただし、この時も「ライブビューイング」という言葉は使用されなかったようだ。

そして、2009年10月4日、あるイベントが開催される。「ミュージカル・テニスの王子様 The Final Match 立海 First feat. 四天宝寺」の東京凱旋千秋楽が、「ライブビューイング」の呼称のもとで全11都市で同時中継上映されたのだ。これこそが日本で、オペラ以外のジャンルで「ライブビューイング」という言葉が使われた最初期の例である(「最初」と言い切るには資料が不足しているが)。このライブビューイングイベントは大都市部では満席を出し、地方映画館でも8割の席が埋まるという大成功を収めた。

この同じ2009年には3D映画アバター」の大ヒットなど3D映画ブームも起きており、映画館へのデジタル上映システムの導入はますます加速。これによってデジタル映像配信への対応が可となり、ライブビューイングの普及を後押ししていった。

2010年には、宇多田ヒカル福山雅治などの大物音楽アーティストライブなどでもライブビューイングが実施され、着実にその有効性を実していく。もちろん「ミュージカル・テニスの王子様」でも、千秋楽演のライブビューイングは続けられた。

そして2011年6月にはついに、ライブビューイング事業を大々的に手掛ける会社「ライブ・ビューイング・ジャパン」がアミューズファミリーマート博報堂WOWOWといった大企業の合弁で発足。後に電通東映東宝ソニーなどまでが参加する一大事業となってゆく。そして「ライブ・ビューイング・ジャパン」は多様で大量のコンテンツ映画館に配信し始め、日本では加速度的に「ライブビューイング」という形態・呼称が定着していったのである。

現在は、J-POP韓流系のイベントが中心の「ライブ・ビューイング・ジャパン」、刀剣乱舞など2.5次元ミュージカルに強い「東宝」、アイマスおよびラブライブシリーズライブイベントを一手に引き受ける「ティ・ジョイ」の三社を中心に、数多くの企業がライブビューイング事業に乗り出している。エイベックススターダストプロモーションLDH(EXILEなど)のように自前でライブビューイングのレーベルを持っているレコード会社もある。また松竹東宝アニプレックスなどは同じ回線を利用して、初日舞台挨拶の生中継つき上映を実施し、定番となっている。また「ライブ・ビューイング・ジャパン」などは衛星回線に加え、較的に強い光回線を用いた中継も新たにスタートさせている。

ライブビューイングは今や全のどこかの映画館で毎週必ずといっていいほど開催され、もはや映画館の上映形態のひとつとなりつつある。映画館によっては一日に二つ以上の演が同時に中継されていることもしばしばで、映画館から体的にライブビューイングの存在を発信する映画館も増えてきている。ぜひ一度、お近くの映画館公式HPのお知らせ欄や、公式SNSアカウントをのぞいてみてほしい。こんなにも多くのイベントを手軽に楽しむことができるのか、ということに気づかされるだろう。

関連項目

関連リンク

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B0

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ライブビューイング

1 ななしのよっしん
2016/01/11(月) 18:29:49 ID: SjQ7jr4gz3
イベントとか2.5次元の影で増えたよね。映画離れしてる今映画館にとっては重な存在かもしれない。
2 ななしのよっしん
2017/11/26(日) 12:38:28 ID: 0s1QUoYynF
吹奏楽コンクールとかのライブビューイングは需要ありそうだな。
転売対策に考えてみて欲しいものだ。
3 ななしのよっしん
2019/04/23(火) 22:25:07 ID: c2TpcKC1uo
YOSHIKIが初めてって自分で言ってたけど考できるのかしら
4 ななしのよっしん
2019/04/25(木) 01:22:05 ID: H9No91z0Wm
2008年12月31日XJAPAN赤坂ブリッツでのライブを行い、全13の映画館で同時上映をしたのは事実です。
ただラルクもその年の4月映画館海外LIVEを中継したそうなので、LIVE中継自体はラルクが先かもしれない。
今のライブビューイングという名称含めたやり方はXかも。その先の検証は他の方にお願いします。
X自体は2008年のときはシネマLIVEという名称でチケット販売してあるようです。

あと、90年代フィルムギグと銘打ってメンバーの居ないライブ映像ファンが見るLIVEをやってますね(結局最後サプライズでメンバーが登壇しますが)。