ラウ・ル・クルーゼ単語

142件
ラウルクルーゼ
3.9千文字の記事
  • 24
  • 0pt
掲示板へ

>>190

ラウ・ル・クルーゼとは、アニメ機動戦士ガンダムSEED」の登場人物である。関俊彦

概要

ガンダムシリーズ恒例の仮面をつけた人物。物語全体を通しての黒幕でありラスボスでもある。

序盤では主人公キラ・ヤマトの住むコロニーを襲撃し、地球連合戦艦アークエンジェルを追い回す部隊隊長として登場する。この頃からムウ・ラ・フラガと関わりがあるような描写がされている。

宇宙から地球に降りてからも相変わらずアークエンジェルを仕留め損なっている部隊アスラン・ザラに押しつけ、本プラントに戻ってからはザフトの最高権者であるパトリック・ザラをそそのかし、地球連合本部奇襲を的とした掃討作戦ペレーション・スピットブレイクを実行させる。

ザフトのために働いているように振舞っているが、陰ではザフト地球連合両軍に対して機密情報リークし、地球上のザフト軍の壊滅、地球連合の核使用、ザフトレーザー兵器ジェネシスの発射などの惨事を招いた本人である。

終盤ではキラムウに対して秘密や野望をる場面においてその存在感を如何なく発揮している。
コロニー・メンデル内では人工子宮によるコーディネーターの研究や各々の出生の秘密についてり、最終決戦である第二次キンドゥーエ戦でも最新鋭MSプロヴィデンスを駆り、欲望の尽きない愚かな人類への憎悪を吐き出した。

最後はキラフリーダムと相打ちとなり、ジェネシスレーザーに焼かれた。享年25歳

フリ-ダム搭乗以降、不殺義を底して続けてきたキラ憎しみのあまり殺さずにはいられなかった一の人間でもある。

人物と来歴

本編開始前

ムウ父親アル・ダ・フラガ」のクローンとして、C.E.46年に生まれた。ちなみにレイ・ザ・バレルはラウをコピー元としたクローンである。

フラガは代々不思議な勘を持っており(超空間認識もその一つ)、賭け事では負け知らずだった。そして富を築いたアルは、優秀な自分をそのままクローニングして子孫にしようと考えていた。その結果、誕生したのがラウ・ル・クルーゼなのだが、クローニングした事により父親テロメアと同じ長さしか持っていなかった。つまり生まれた時点で、ラウは父親アルと同じ寿命しかかったのである。寿命が短いという欠陥をもち、出来損ないのクローンとして産み落とされたラウは子孫に成り得ないとして父親から蔑まれ、その後捨てられていた。その素顔(あるいは老化していること)を隠すために仮面をかぶり、また急な老化を遅らせる用している。

劇中でクルーゼがムウに対し、「戦場ではない場所で一度出会っている」と言い放ったが、これは幼少期のフラガ邸で二人が初めて出会った事をしている。ムウはこの事を忘れていたが、ラウはずっと覚えていた。優な暮らしを送っていたフラガであったが、ある日放火が原因とされる大火で邸宅が焼失し、アル焼死した。犯人は捕まらなかったようだが、放火犯人はクルーゼと思われる。彼はその後行方をくらました。何らかの方法でプラントに行き着いたクルーぜはアカデミーを首席で卒業したエリートとしてザフトに入隊し、々しい戦績を挙げていく。

開戦劈頭のC.E.70年2月22日に生起した世界樹攻防戦ではジンで出撃。メビウス37機と戦艦6隻を撃墜する戦果を挙げ、ネビュラ勲章を授与された。更にジンハイニューバとローラシア戦艦ガルバーニを与えられる。同年6月2日エンデュミオンクレーターで行われた地球軍第三艦隊との戦闘に参加。今回は出撃せず、ガルバーニの艦揮を執っていた。一方、PS2専用ソフト「終わらない明日へ」ではジンハイニューバで出撃したとされ、戦場ムウの駆るメビウス・ゼロと遭遇している。戦闘自体はザフト軍の戦略敗北に終わったが、第三艦隊撃破の功績を称えられ、ナスカ級高速艦ヴェサリウスを受領。これを機にクルーゼ隊を創設し、特殊任務を請け負うエリート部隊を率いるようになる。9月20日アカデミー卒業したアスラン達がクルーゼ隊に配属。アニメ本編と同じ編成になる。

C.E.71年1月24日ラグランジュ3にて地球軍が極秘軍事衛星を建造しているとの報告を受けて出撃。しかし誤情報だったため空振りに終わる。そこにヘリポリスへ潜入中のスパイから、地球軍がG兵器開発しているとの情報がもたらされる。クルーゼは奪取を決意し、評議会からの回答を待たずに行動へ移した。


アークエンジェル襲撃部隊隊長として登場しているがMSの操縦技も非常に高く、その実は最高のコーディネーターであるはずのキラにも匹敵する。もともとラウやムウの一族には優れた把握(要はニュータイプの素質)があり、プロヴィデンスに搭載されたドラグーンシステム(要はファンネルとかビットとかファングとか)を搭乗初戦で自在に扱えるなどのチートっぷりを発揮している。これでナチュラルだというのだから驚きである。

見たはかなり怪しい人物ではあるが、わりと部下からは信頼されているようで、アスランやイザーク等を気遣うような描写もある。一方で対照的な性格のアンドリュー・バルトフェルドからは「他人にを見せない信用できないやつ」との評価を受けている。
人前では常に特製の仮面を付けており、たとえ上の前でも外そうとしない。また、仮面にツッコむ人もいない。ちなみにクルーゼの素顔を探ろうとすると戦死するジンクスがあり、ミゲルニコルは見事に戦死してしまった。も触れたがらないのは、このジンクスに因るのかもしれない。
仮面をするのは、急に老化する顔を隠すためと言われる。彼が使うの中には予備の仮面が沢山ある。

自らを失敗作として扱った周りの環境や、自身を含むコーディネーターの研究とそれに対する人々の行動などをにするうちに、欲望のままに愚かな行為を続ける人類に対して憎しみを抱き、世界のすべてを滅ぼすことを的として行動していた。同じ悪役でもシャアシロッコらが多少なりとも人類を考えての行動を取っているのに対し、その手段を選ばない破滅義はスパロボシリーズなどにおいても共感を得られることは少なく、特に味方営からは底的に嫌われている。

独特な台詞回し、名言高笑い定評がある。とくにvs.シリーズでは非常に長い台詞が多く、他の台詞にかぶることも多い。この関俊彦ノリノリである

物語全体を通して敵部隊隊長→敵の玉の意見番→大惨事本人→二重スパイラスボスと一貫して悪役でありながら、そのさや発言などから人気が高い。そのは破壊的ではあるが割と正論なことも言ってたりする。その為最終決戦におけるキラとの舌戦では終始圧倒していたが、その経歴や故に最もキラの内面を理解していたとも言える人物である。キラにとってもクルーゼは許せない敵でありながら決して理解も共感も出来ない相手というわけではなかったが、それでも最後の一線を越えてしまうだけは譲らなかった。

SEEDにおいてはチャーハン三馬鹿盟主王と並び、ある意味されているキャラの一人である。

変態仮面

的な悪役である一方、各方面では変態仮面と呼ばれることも多い。

登場当初から胡散臭いキャラであったが、物語終盤で作戦中にたまたま遭遇したフレイ・アルスター拉致し、捕虜らしからぬというよりはまるで愛人扱いで行動を共にする、ラクス・クラインに対し「君の歌は好きだったがね…」意味深な発言をする、などの行動により一気に変態仮面だのロリコンだのといった扱いを受けることになる。

そもそも最初に率いていた部隊美少年ぞろいだったということでショタコン疑惑もかけられてしまっている。

ちょっとかわいそうなくらいキャラブレイクされている変態さんである。

名台詞集

  • 「私にはあるのだよ! この宇宙でただ一人、全ての人類を裁く権利がな!」
  • まもなく最後の扉が開く!私が開く…!」
  • 「もうにも止められはしないさ!この宇宙を覆う憎しみの渦はな!」
  • 「人とはどこまでもどこまでも…救い難い生き物だな!」
  • 「これが人の! 人の望み! 人の業! 他者より強く、他者より先へ、他者より上へ! 競い、妬み、憎んで、その身を食い合う!」
  • 「私は結果だよ…だから知る! 自ら育てた闇に喰われて、人は滅ぶとな! 」
  • 「また君か・・・。厄介だよ、君は…! あってはならない存在だというのに…。 知ればもが望むだろう! 君の様になりたいと! 君の様でありたいと! 故に許されない…君と言う存在を!」
    は…それでも、は…! だけがのすべてじゃない!」
    「それがに解る? 何が解る!? …解らぬさ! にも!」
  • 「君の歌は好きだったがね…だが世界は歌の様に優しくはい!」
  • 「まだ苦しみたいか!いつかは…やがていつかはと…! そんな甘いに踊らされ、いったいどれほどの時を戦い続けてきた!?
  • 「いくら叫ぼうが今更! これが定めさ! 知りながらも突き進んだだろう!?  正義と信じ、解らぬと逃げ、知らず、聞かず! その果ての終局だ! もはや止める術などない!  そして、滅ぶ…。 人は、滅ぶべくしてな! …それが人だよ、キラ君」
    「違う! 人は…人はそんなものじゃない!」
    「何が違う! 何故違う!? この憎しみと心と、引き金を引くしか持たぬ者達の世界で…何を信じ、何故信じる?」
    「それしか知らない方が…!」
    「知らぬさ! 所詮人は己の知る事しか知らぬ!」

関連動画

関連項目

関連記事

親記事

子記事

  • なし

兄弟記事

【スポンサーリンク】

  • 24
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ラウ・ル・クルーゼ

1364 ななしのよっしん
2024/04/07(日) 17:50:05 ID: RnzoXBNyve
少なくともクルーゼキラ・ラクスは「(前提しに)生きる事は苦しい事」辺りは共有できる認識で見てて
クルーゼは「だから死んでしまった方が楽だし、終末こそが救い」((人類は)滅ぶべくして滅ぶ・まだ苦しみたいか)と突き抜けちゃって
キラ・ラクスは「それでも守りたいと思える存在が居る」で踏み止まったのは感じる
(「世界は歌の様に優しくはないと知っているから襲われた時の用意があります」な地下フリーダムとかラクスのめてる物と見てる物の差異の徴の感がある)
👍
高評価
3
👎
低評価
0
1365 ななしのよっしん
2024/04/08(月) 01:52:06 ID: dx1Tz7Wc6Q
どうしたらクルーゼは救われていた、ああならなかったのだろうかと考えると、やっぱ善き育て友人がいたらああなってなかったんだろうなあ。
キラにはヤマト夫妻がいたし、トールをはじめとする友人がいたけど、クルーゼデュランダルしかいなかった。
で、デュランダル善人かというと……そうじゃないわな。
善人といい関係を築けていれば、「この世もそんな捨てたもんじゃないな」と思えていただろうけど、本当に運がなかった。
👍
高評価
2
👎
低評価
1
1366 ななしのよっしん
2024/04/11(木) 19:50:36 ID: T9BkZ/JtcS
本人に「その気」がかったのが一番の問題なのだろうけどな、割と前向きに生きてたレイやプレアなんかとべて見ても
なんだかんだ言いつつ集団の中で二十何年生きているわけだから、その中で関わった人の中にはデュランダルレイ以外にもラウの友や理解者になり得た人間も探せば居はしたはずなんだよ
👍
高評価
0
👎
低評価
0
1367 ななしのよっしん
2024/04/11(木) 19:59:26 ID: vRaCohejhy
というよりクルーゼは元々アル・ダ・フラガの後継者として作られたから
それがテロメアの問題で使い物にならんとその失望を直にぶつけられたのが闇落ちの一番の原因でしょ
他のクローン達はクルーゼアルを殺しておいたお陰で直接そういうに遭う機会はなかっただろうし
👍
高評価
2
👎
低評価
0
1368 ななしのよっしん
2024/04/11(木) 20:00:38 ID: RnzoXBNyve
しれっとパイプ持ってるのが示されてるアズラエル辺りとも関係性築いてた可性?

や、関係性築けば築いた分だけ「こんなに関係性築いてたのにお前らテロってくれてんの!?」で憎さ倍決めたアズラエルの姿に心削られたのかもしれないけど
👍
高評価
0
👎
低評価
0
1369 ななしのよっしん
2024/04/11(木) 20:05:33 ID: KjqGYBxNLl
忘れちゃいけないけどクルーゼが生きていた時代はナチュラルとコーディネイターの戦争で多大な犠牲が出ていた時代なんだよ。
ニュートロンジャマーで10億人も死んでいくのを直接見てしまったのに、人類に対して前向きかつ楽観的な視点で居られたなら、そっちの方がおかしいよ。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
1370 ななしのよっしん
2024/04/11(木) 20:14:08 ID: T9BkZ/JtcS
それ言うたらモルモット扱いを経てるレイは何なんや
👍
高評価
0
👎
低評価
1
1371 ななしのよっしん
2024/04/11(木) 20:38:15 ID: RnzoXBNyve
助け出された後にデュランダルという名のパパの下で子供として育てられたのがレイ
アル・ダ自身の代用品として代用品として調整され続けた挙句に捨てられてからは一人で生きて来たクルーゼ、で
クルーゼには依存先がかったのはある雰囲気
(レイにしても「こんな事を繰り返さない為に自分の信じるパパプランがある」に縋らずにはいられなかったけど、プランの負の面を受け入れられずに居たからキラの言葉で揺れて心中END)

後はクルーゼ同盟→ザフトの立ち上げにかかわった側でそれが元の願いも忘れて復讐の為に戦う存在と化したのが直撃するけど
レイは立ち上げにもかかわってないし復讐の為の戦争にしても参加する前に終戦してるからその辺の落差のダメージの直撃は受けてないのは大きいかと
👍
高評価
0
👎
低評価
0
1372 ななしのよっしん
2024/04/11(木) 20:41:53 ID: aoXKtDdLyS
ある意味デュランダル議長は子育てに成功してるのか
👍
高評価
0
👎
低評価
0
1373 ななしのよっしん
2024/04/12(金) 13:05:49 ID: 5S0XZH3gUg
>>1372
レイにはのような存在の議長とのような存在のラウがいたからね
ラウが死ぬまでは自分とラウが同じ人間から作られたこともせられてて、議長とラウに拾われた後は普通子どもとして育つことが出来た
ラウはそんな普通子どもでいられた時期のあるレイキラに対して、自分の知りすぎた罪深さを自覚してた節がある
知ってることしか知らないのはそうなんだけど、闇を知りすぎた側なのがクルーゼ
レイは幼かった頃は事情を理解しきれてないし、キラは当然何も知らない
クルーゼはメンデル絡みで既に成長しててあそこら辺の闇を知っていたし、ザフトには前身の同盟時代から参加してるからあの辺のゴタゴタを全て当事者として体験してる
キラはそれしか知らない方が!と言うけどキラもまたクルーゼが見てきた世界の暗部を直接知ることは出来ないんだなと
👍
高評価
0
👎
低評価
0