ラギアクルス単語

ラギアクルス
  • 7
  • 0pt
掲示板へ

ラギアクルス
ラギアクルス
とは、カプコンゲームモンスターハンターシリーズに登場する海竜モンスター。初出は『モンスターハンター3』で、海竜種でシリーズ初登場となったモンスターである。別名:海竜。弱点属性は火。

名前の由来はラテン語「光」を表す「ルクス」から変化した「ルキアLucia)」と「大を横切る」を意味する「クルーズ(cruise)」からかもしれない。

概要

巨大な船をも一薙ぎにする圧倒的な、全身をい鱗に覆われた威風堂々たる姿。
大洋の支配者と呼ばれるに相応しい強大なモンスター、それが海竜だ。
水中はまさしく彼の王。立ち向かうハンターたちに勝機はあるのか。

公式サイトモンスターハンター3(トライ)|ラギアクルスexit」より

モンスターハンター3で初登場したメインモンスター海竜種に属しており、水中は彼のお膝元である。荒い気性と、高い放電武器としていて外敵をく間に葬り去る。不幸にも彼のテリトリーに入ってしまったモンスターや漁船は、死の電撃を心ゆくまで味わう事になる。ゆえにの中では生態系の頂点に立っており、ラギアクルスを脅かす存在はど存在しない。エピオスなどを捕食しているが、お前のものはのものと言わんばかりに、獲物を横取りする場合もある。ラギアクルスが「の王者」「大洋の支配者」と呼ばれる所以である。

すさまじい肺活量を持っており、一度息を吸い込んだら数日間は中で活動できる。水中に適応しているので好んで地上に上がる事はいが、ごくたまに地上で休息している姿が見受けられる。外敵が存在しないラギアクルスは陸でも気なもので、大胆にも寝している事も。

初代MHリオレウスMHP2ティガレックス同様初期の納品クエストモンスターのキモ3つ納品するクエスト)で颯爽と現れてはプレーヤー逃げることを強要するトラウマメーカーでもある。狩猟環境安定にもかかわらず乱入してくるので注意。
ただ、今回は受付嬢のアイシャが「逃げろ」と示を出してくれるので素直に逃げれば死ぬことはまずない。
このクエストのラギアクルスは無敵で、上位のアルバトリオン武器リオレウス武器をもったガチ装備でも倒すことは不可能
ただし部位破壊は可である。
なお、採集クエでいきなり乱入してくるラギア4攻略途中に登場するラギア、そして5昇格への緊急クエストに登場するラギアは全て同一個体である。緊急クエストではプレイヤーと決着つけるためにわざわざ戻ってきた、とのことである。

水中戦ではい突進や全身に攻撃判定を出す放電攻撃などやられを両方使いこなす。特に突進は水中での攻防に慣れていないと避けきれずに死んでしまうことも。またPTでは水中戦でのカメラに慣れていない場合あれだけの巨体でも見失ってしまう場合がある。
弱る、またはスタミナ切れになると地上に出るが、地上での攻撃は避けやすく、またこちらの攻撃は当てやすいのでここでダメージを稼いでおきたい(当然水中より地上のほうが尻尾切断は狙いやすいのでハンマー以外は狙っていきたいところだ)。

弱点部位は切断の場合「胸>頭>首」で、打撃の場合「背中、頭、胸のどれか」になる。ガンナーは頭と胸以外ろくにダメージが通らない。属性の通りは「背中>胸>その他」の順で良い。

MH3では上位のクエストが高難度クエスト位しか孤で戦えず、ほとんどの出没場所がである。そのうえの狭い地形と濁ったのおかげで孤のように相手の攻撃を避けれず、尽きるということがよくあった。の王者とも呼ばれている理由はこれである。

MH4(G)では続投を逃していたものの、MHXにて久々に再登場。この作品では水中戦がないにもかかわらず発売前に参戦の知らせが発表されたため、ネット上では同時に情報が大々的に開されたライゼクス話題を喰うほどのお祭り騒ぎとなった。ライゼクスェ…

MHXでは後述する亜種と同じく戦場を地上に移し、今までの亜種を含むラギアクルスとはまるで異なるド手な電撃技でハンターたちを追い詰める強敵となっている。その戦闘の変わり様には賛否も見られるが、どちらにせよ本作がラギアクルスにとって新たな第一歩となったことは間違いないだろう。

ラギアクルスと角

ラギアクルスをる上ではずせないのは異常なでにくさである。といえばラギアクルス。ラギアクルスといえばである。
ラギアクルスのは部位破壊でしか手にはいらないので、集めるのが非常に面倒。もちろん部位破壊しても必ずしも手に入るわけではないので、一日一ペースで根気良く狩り続けて集めたい。
上位になるとをもらうことができるが、確率はおよそ42パーセント。そのため下位素材海竜でも当たり報酬と言われているのである。
このの出難さに反例して、武器の強化にはほとんどの確率を利用する。三つや四つも要されることもザラ

その代わりに逆鱗玉は不気味なほどに出てくる。これはサブターゲットや基本報酬にこれらの素材が含まれているためで、基本報酬は関係ない当てのハンターにとって知らないうちに集まってしまっていたということである。

特にラギアクルスが二匹出てくる「電撃き双渦!」のようなクエストレア素材が高確率で出るようになっているので、だけでないで逆鱗などが出る傾向が強い。
人区などで連戦してるといつの間にか10個以上たまっていることもある。

やはり3Gでも同様に後述の亜種、希少種含めてをまとまった数を要される場面は多いのだが亜種は(低確率ではあるものの)捕獲報酬での入手ができ、希少種のではクエスト報酬で入手もできるためやはり部位破壊報酬のみの原種のは手に入りにくい状況となる。

状況が変わったのはMHX。この作品ではようやく基本報酬でも原種のが出るようになったため、に悩まされることはだいぶ少なくなった。
一方で逆鱗玉が出にくくなったが、今までのことを考えればむしろこっちの方が正しいのかもしれない。

亜種

MH3Gでは「白海竜」と呼ばれる亜種が登場した。原種は中での戦闘に特化しているが、亜種陸上での戦闘にも特化している。この事から地上と中を統べる者として「双界の覇者」と呼ばれている。しかしその存在は幻と言われ、船乗りですら一度も姿を見ずに生涯を終える場合がある。
ストーリー中では交易船の船長の友人が航中に、このラギアクルス亜種に襲撃された。

原種とは違い、ラギアクルス亜種は陸上で活動している。水中に入る事はあまりいが、水中での戦いも遜色くこなすため油断は禁物。陸戦は原種をかにいでおり、う電も強。予備動作が少ないうえ高威・広範囲に広がる放電で接近している剣士蒸発させる他、あまりの広さに少し離れたところにいるガンナーでさえ被弾する危険性も。屈剣士殺しモンスターと言える。耐性をしっかり上げておかないと感電死必至である。

原種とは打って変わって頭がかなり固くなったが、代わりに背中への攻撃がどの武器でも良く通るようになった。

原種とは違って地上戦が得意で、もう劣化ロアルドロスとか言えない程の強化されている。水中のほうが戦いやすい。しかし水中にはまったく行かないのでほとんどの戦場陸上である。
水中で飛距離が落ち接近戦を仕掛けざるをえないガンナーと、機動が大幅に失われる片手剣にとっては原種より戦いやすいかもしれない。
以前モガの村の村長はラギアクルス亜種との地上戦に敗れ、引退に追い込まれた。

余談だがイベントクエスト電撃ランディープ」に登場するラギアクルス亜種は最鬼畜の一尽きる程の強さを誇る。

希少種

なんとMH3Gでは亜種だけでなく希少種も登場。別名「冥海竜」。府の王とも言われているが「冥界」は誤記。なお常に水中戦なので、イキツギ古代お面を忘れると苦戦を強いられることになる。
他の希少種と同じく普通の一般モンスターなのだが、以下のようなラギアクルスの亜種や原種と大きく違う点がある。

クエストの参加自体はHR8以上で出来るが、自で受注するにはHR70以上が必要。ラギアクルス希少種は古にも匹敵するを持っているため実を認めたハンターにのみ、ギルドが受注を許可している。

長い年を生き続け、年老いたラギアクルス(亜種)は体が肥大化し、陸上での活動に支障が出てくるようになる。やがて老いたラギアクルスは活動の拠点を深海に移す。その個体こそがラギアクルス希少種である。普段はあまり動かず、放電で体を発させ、寄ってきたプランクトンを食べて生活している。常に放電を駆使している事から帯電性が強化され、結果的に原種や亜種を上回る放電を獲得した。
長年生き続けてきただけに希少種になるラギアクルスは全て強な個体であり、古龍種に匹敵するほどの戦闘を有するのも納得である。

ナバルデウスが居た海底遺跡で戦う事になるのだが水中バリスタは使用不可。上記の通り撃のみ使える。何だかんだで原種や亜種べて体格が大きく、同じ感覚で戦うと思わぬ被弾を食らう事も。
原種や亜種を更にぐ放電を有しており、渾身の放電は恐ろしいほどの攻撃範囲である。遠巻きから見れば美しい放電だが、見惚れていると容赦なく放電の餌食となる。特殊クエストに分類されるためか、攻撃は破格。攻撃技も豊富になっており、アマツマガツチのように3つの竜巻(渦潮)を発生させたりする。古のようなモンスターであるが、疲労状態はある。

ラギアクルス希少種の素材から作られる防具はアビスと呼ばれている。容姿はラギア装備の色違い(希少種を思わせるカラーリング)だが、作成難易度を疑うほど高い。ただでさえ強大な存在であるラギアクルス希少種のレア素材「冥海竜の魂」が2つ要される他、大地の龍神玉や朧月欠片など他モンスターレア素材も要されるため一式えるのにはかなりの根気が要る(しかものチケットによる逃げい)。
一式えると流【大】効、真打、スタミナ急速回復が発動しバッドスキルとして見切り-2が発動する。属性属性に耐性を持つが、反面火属性属性が弱点。

関連動画

関連商品

登場作品

サウンド

その他

関連静画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 7
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%A9%E3%82%AE%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%82%B9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ラギアクルス

748 ななしのよっしん
2020/05/12(火) 11:42:16 ID: qBLMhXh/Ur
自分から正論って言って勝手に人の考えを決めつけた挙げ句特に他からの同意もないのに正しいと結論付ける
ラギアがどうとか以前に話の広げかたが恣意的過ぎないか
749 ななしのよっしん
2020/05/30(土) 23:31:09 ID: wltrOwAFMG
地上特化を謳ってたラギアクルス亜種もほんとにクソだったもんなぁ
地上にいりゃほぼノーモーションで広範囲の蓄電攻撃、バカみたいに追尾性が高いタックル滑り、ふわっとした動作のくせにやたら威の高いなんかよくわからない攻撃
近接お断りにも程がある

やっぱラギアクルス水中にいた方がいい
絵面的に映えるし
750 ななしのよっしん
2020/06/13(土) 03:25:55 ID: uXPkkYGiET
亜種は見たコンセプト質面変更してるのは好きなんだけど、原種にべるとどうも設計が甘い感じがするね

思うに、本来水中と地上じゃ電撃の挙動って違うから、
「①地上での放電は範囲をもうちょい小さくする」+「②(ラギ亜側もその特性は理解してるので)体を使った攻撃に放電を乗せることで範囲をカバーした戦法もとるようになってる」
これで
・通常放電&蓄電:出が速いが範囲外への回避も可
・乗せ放電:体攻撃の予備動作が入るから、当たれば強いけど慣れれば対処可
って具合に技の緩急、原種との差別化はできそうではある、まああくまで妄想だけど
751 ななしのよっしん
2020/06/18(木) 13:41:20 ID: N1YnbqU2c0
でもラギアとの水中戦って武器によって相性さ酷すぎるし
いかと問われると
752 ななしのよっしん
2020/06/19(金) 23:37:31 ID: uXPkkYGiET
相手関係なくても水中自体が調整不足感あったしね
自分はラギア水中2連タックルが避けれなくて太刀からガンランスに持ち替えた記憶
あの頃は戦闘スピードが今と較してゆったりしてたからプレイヤーも多少大らか(?)だったのかな、なにくそーって思いながら何だかんだやってたわ
753 削除しました
削除しました ID: kxzFNKP3Mv
削除しました
754 ななしのよっしん
2020/08/14(金) 16:26:26 ID: OWGQ5j8nEO
XXG級で追加された撃噛みつきだけはマジ許さん
755 ななしのよっしん
2020/08/15(土) 15:12:32 ID: tYfd1zyHFP
あれ、なんか>>753消されてる
なんかG級獰猛ラギアにガ性2強走ランスでも削り殺されたわ〜的なこと書いてたのは覚えてるんだが、あれも削除になるの?
なんかここ言論弾圧酷過ぎない…?w
自分も削り殺される経験結構あったからただの事実のはずなんだが
756 ななしのよっしん
2020/08/16(日) 18:29:20 ID: tQhL+A+FnC
別にこの程度の削除は気にならんな
ブラキ記事なんてもっと酷い
757 ななしのよっしん
2020/08/16(日) 20:04:19 ID: tYfd1zyHFP
あーブラキも酷いなあれ、変なのに粘着されるのほんと迷惑だね
アルバはもっと酷い、運営削除依頼しない方がマシだったレベル。見事に荒らしを放置して、まっとうなレス削除してるし。ちゃんとレスの状況見て消してほしいわ。挙句プレ限とかいうやってますアピールだし

>>754
撃噛みつき導入したやつホントやべー
突進キャンセルからの撃噛みつきとかは、キャンセルモーション中に判定つけて起き上がりに確定させる底っぷりだからな

スマホで作られた新規記事

こちらの記事に加筆・修正してみませんか?

カイリュー はかいこうせん 紺綬褒章 ようかいけむり