ラケシス単語

ラケシス

ラケシスLachesis)とは、ギリシア神話に登場する女神の一柱である。モイライの三姉妹の次女。

また、そこから生して、小惑星の名前や、ゲームキャラクターの名前にも使われている。

曖昧さ回避

  1. ラケシス小惑星) - 小惑星帯にある小惑星。直径約170km。
  2. ラケシス女神転生) - ゲーム女神転生シリーズに登場する悪魔の一人。種族は鬼女
  3. ラケシスファイアーエムブレム) - ゲームファイアーエムブレム 聖戦の系譜』に登場するキャラクター。この記事で記述。

ラケシスとは、「ファイアーエムブレム 聖戦の系譜」に登場するキャラクターである。

概要

CV.大西沙織ファイアーエムブレムヒーローズ

ユグドラシル大陸にあるアグストリア連合のノディオン王女。十二戦士のひとり黒騎士ヘズルの傍系の血を引いている。現ノディオン王であるエルトシャンの異で、カップルが成立した場合、デルムッドナンナ母親になる。

続編である「ファイアーエムブレム トラキア776」では、ヒロインに昇格したナンナ母親として名前のみ登場している。

また、スマホアプリゲームファイアーエムブレム ヒーローズ」にも登場している。

聖戦の系譜

キャラクター

初登場は1章だが、実際に仲間になるのは2章から。国王エルトシャンの留守をついて隣ハイライン王子エリオットが進撃してきたため、シグルド軍に助けをめたのがはじまりであった。

長い金髪に気品溢れる美女だが、「エル様のような人でなければ好きになれない。だからの妻にもならない。」と言するほどのブラコンブラコンどころかエルトシャンへの感情は互いに異兄妹以上のものであり、ナンナや甥のアレスシグルドたちにも周知であった他、民からも「兄妹にしちゃ仲が良すぎる」と噂になるほど

ラケシスエルトシャンへの慕は、幼い頃に突如現れた異が文武両イケメンだったことから、異性の基準を基準にしてしまった為。まさに近親相姦徴している「聖戦の系譜」らしい設定である。しかしそう言していたものの、仲間男性キャラクターとは普通恋愛できるし、 人同士になるとデルムッドナンナという兄妹母親になる。の友人である自由騎士ベオウルフ、盗賊の少年デュー、シアルフィ騎士ノイッシュ人会話が発生。中でもイベント会話もあるベオウルフとは最もくっつきやすい。また人会話こそないもののとの会話が発生する上に「トラキア776」でも公式カップリングになった理由からフィンとの組み合わせも人気

エルLOVEのわりにはとでも結婚する。それどころか「聖戦の系譜」及び「トラキア776」一のカップリング論争の火種でもある(理由は後述)。

バーハラの悲劇の直前に、他の仲間たちの子供と共に幼いデルムッドをイザークへ逃れるオイフェやシャナンに託しており、バーハラの悲劇後は生まれたばかりのナンナと共にレンスターフィンのもとに身を寄せて、彼や彼の君であるキュアンエスリンの子リーフと共に潜伏生活を送っていた。後にナンナフィンに託してイザークにいるデルムッドを迎えにイード砂漠にひとり入ったが、それ以降生死も含めた行方は不明になっている。

ユニット性能

ユニットプリンセスマスターナイト。

個人スキルカリスママスターナイトにクラスチェンジすると兵種スキルとして追撃が追加される。

ヘズル傍系の血のおかげでHPは成長率が高い。

プリンセスが使える歩兵ユニット。しかし、本人に戦闘スキルがないことと素のステータスの低さも相まって戦闘に参加させるよりもでの回復がラケシスな役となる。また、戦闘スキルがないといってもカリスマスキルにより周囲のユニット支援効果を与えることができるため、できるだけ前線にり付けておきたいユニットでもある。

上級職であるマスターナイトは非常に強であるため、ぜひともクラスチェンジめに行いたい。幸いなことにラケシスを使うことができるため、経験値稼ぎは容易である。資さえ調達できれば毎ターン闘技場でやられてくる仲間を回復するなどして早急レベルアップをしよう。

マスターナイト

プリンセスからクラスチェンジしたラケシスがなる上級職がマスターナイトである。このクラスゲーム中でも最強ユニットのひとつとして知られている。

クラスの特徴として闇の魔法と12の器を除くすべての武器を使用することができ、複数の武器を使い分ければ相手の弱点を突くこともたやすい。他ユニットから余った武器をもらっておくとよいだろう。

また、騎兵になるため移動が格段に向上し、聖戦の系譜特有の広大マップを縦横尽に駆け巡れるようになる。

さらに、クラスチェンジの際には+8をはじめとする各種数値大幅上昇があるため隙のないパラメータに成長する。特にユニット上限の27まで成長することもざらで、前半戦のシグルド軍の中で一番持ちになっていることもよくあるである。

以上のことを踏まえて、一度マスターナイトになってしまえば、シグルド軍の中でもエースれるだけの性ラケシスは持っているのである。

母親として

ストーリーキャラ同士の恋愛会話などの話題は後述するカップリング論争の項に任せるとして、ここではユニットを中心に母親としてのラケシス考察する。

まず、ラケシス子供デルムッドナンナである。デルムッドフリーナイト→フォレストナイトの騎兵ナンナはトルバトールパラディン騎兵である。ラケシスからはヘズル傍系の血とスキルカリスマが引き継がれるためどちらもレベル:Aとカリスマ持ちの騎兵ということは保されている。

ただし、ラケシスには戦闘スキルがない為、その子供たちも直接戦闘に参加させる際にはどうしても死神兄妹セリスべると見劣りがするだろう。また、ヘズル傍系で補正されている以外の成長率はさほどでもない為、そのを埋めるためにできればラケシスカップリング相手は有用なスキルと成長率を持ったユニットを選びたい。

ところが、ここで問題が一つ生じる。デルムッドナンナめられる強さの方向性にすれ違いが発生しているのである。デルムッドの役物理攻撃アタッカーや技の成長率がよいことがめられる。一方のナンナの役割はでの回復役である。回復量増加のために魔を上げておきたい。この相反する二つの方向性を同時に満たすことのできる父親は存在しない。必然、デルムッドを重視するのであれば戦士系のユニット父親にした方がよい。ナンナの回復を重視するのであれば魔法系の父親を選んだ方がよい。あるいは、修理代を節約する的で値切りスキルを持つデューを選んでもいいかもしれない。

デルムッドを重視するのであれば父親として補に挙がるのはベオウルフフィンである。父親から追撃スキルを継承できるため安定した強さを保されている。ただし、ナンナの回復量は心もとなくなる。

ナンナを重視するのであれば父親として補に挙がるのはアゼルなど。ファラ傍系の血を引き継げば、魔成長率は高くなる。ただし、デルムッドなどは成長率が悪くなるため、デルムッドには魔法などの補助を与えておきたい。値切り的でデューを選んだ場合はHPも低く、攻撃回数も少ないというデルムッドも出来てしまう。

…どの組み合わせにも言えることなのだが、どれだけ子供ががんばったとしてもマスターナイトの母親から見ればどうしても弱く感じてしまうという人も多い。それだけマスターナイトとしてのラケシスは強ユニットであるという左でもある。2部の子供より強い親世代キャラというのは非常にしい。

トラキア776

キャラクター

ヒロインであるナンナ母親ナンナレンスター騎士フィンになっている。生まれて間もなくエスリンを亡くした主人公リーフにとって、共に潜伏活動していたラケシスのような存在であったとっている。

セルフィナとも面識があり、 本編セルフィナはフィンに対し「何故ラケシス様をほうっておかれたのです?あの方の悲しみをわかっていらしたはずなのに」と非難する台詞を言っている。後述する疑惑も含め、ラケシスフィンの関係は色々と複雑だったと思われる。

セルフィナの非難に対しフィンは「なんのことだかわからない」と答えているが、エンディングではフィンリーフの即位が落ち着いてから3年間姿を消していた時期があり、その間ラケシスが消息を絶ったイード砂漠情報があることから、ラケシスに対して思うところはあったと思われる。

カップリング論争

ラケシスナンナフィンになっていたことから、フィンラケシスが結ばれたことにはなっているが、一方でラケシス息子デルムッド父親はベオウルフで、ナンナフィンの実のではなく養子なのではないかという疑惑もある。

というのも フィンがさらわれたナンナと再会を果たした時に、「おまえにもしものことがあれば、わたしはあの方になんと言ってわびればいいのか」という父親らしかぬ台詞を言い、それに対してナンナが複雑そうにしたからである。もっともフィンは良くも悪くも騎士一本気な人間であり、不器用なだけだったのかもしれないが。

疑惑に更に拍をかけるのが、ラケシス息子デルムッドの存在である。フィンナンナには親子支援があるものの、デルムッド父親であるフィンとの会話もなく親子支援も存在しない。更に「ベオの」という聖戦の系譜に登場するベオウルフを連想させるを所持しており、しかもそのは持ちデルムッドとベオウルフの隠し子と噂されているフェルグスにしか使えないのである。

以上のことから、ラケシスの子であるデルムッドナンナの実はベオウルフではないかという疑惑があり、いは二人の父親は本当にフィンであるとか、もしくはデルムッドはベオウルフナンナフィン(異兄妹)ではないか等、様々な憶測が飛び交っている(もし異兄妹なら前作の設定も破綻しかねないが)。

そのためラケシスの夫補としてに「フィン」「ベオウルフ」 「その他のカプ押し」で大論争が起こっており、更に公式サイトで一時期デルムッドナンナ父親欄にベオウルフの名前が記載されていたこともあり(現在では「不明」になっている)、この論争を更に泥沼化させてしまっている。

この話題になると大体荒れるため、取り扱いには注意が必要である。

関連動画

関連静画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%A9%E3%82%B1%E3%82%B7%E3%82%B9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ラケシス

14 ななしのよっしん
2017/04/16(日) 20:10:46 ID: sj33uR187q
何気にFEで初めてを持った女性キャラなのか
15 ななしのよっしん
2017/06/17(土) 22:23:14 ID: /hda0huDEM
とりあえず追撃持ちキャラとくっ付けておけば問題ないな。
ただ難なベオとか祈りと幸運成長率のフィンべてアレクだと成長率が余り良くない気が・・・
アゼルだと防御面ではどうなんだろ?
16 ななしのよっしん
2017/06/26(月) 12:35:22 ID: 9IT8wfQ5MB
外伝リメイクも出たし次は戦だ
FEHなんてにならないくらいの議論が起きそう
17 ななしのよっしん
2017/09/14(木) 21:41:14 ID: hduWzdY7HH
>>15
アゼルファラHP補正が入る上に速さ成長率50%、守備成長率20(+誤差だが魔防も戦士系にべると5だけ高い)、結果的に防御スキルこそいが素の耐久は案外悪くない、アゼルはむしろ技の成長率に難があってラケシスとのカップリングは技低同士なんで技がへたれやすい点の方が問題
アレクフィンは幸運以外は成長率同じでその幸運もラケシス側の幸運成長率が高いので影は小さい、なので「見切り+継承可」か「祈り+速さボーナス会話+一部以外継承不可+フィン装備剥奪」かの好みになる

ちなみに、カリスマ置物になっても構わないなら魔・魔防・B当てでクロードという手もある、デルムッド?追撃リングとか勇者とか魔法とかで気合でなんとかしよう
18 ななしのよっしん
2017/10/02(月) 21:22:20 ID: gDb54I5exs
なぜかラケシスFEH二次創作萌えキャラみたく描かれるね。
個人ごとで受け取り方は違うだろうが、もっとガード固くて気品あるイメージ

>>16
多分大炎上起こすのは公式も分かっているだろうからあえてリメイク出さない説。今までも戦・トラナナだけ他シリーズと違って腫れ物に触るような扱いだったしね。神ゲーになる素質があるというか、神ゲーになって当然、成らざるを得ない作品。それゆえに扱い方を間違えると公式が氏ぬ。
19 ななしのよっしん
2018/02/04(日) 07:25:42 ID: kAnd1M6J5z
戦は敵のおバカさに助けられてる面が大きい。
AIシステムが劇的に善されたとして、「エルトシャンの指揮官補正を最大限に活用するクロスナイツ」「スワンチカの重さから解放されたブリアン」なんて想像するだけでおそろしい
20 ななしのよっしん
2018/10/07(日) 02:48:10 ID: ist6Ot35F/
結婚相手はレックス以外ありえないと思っていた。
そもそも子供2人をメイン火力として使うか?と言われればNO。
勇者武器とか必殺武器とかはだいたい他のに取られるからね。
それよりもエリートで速攻転職して防御ガチガチの上級職になって
カリスマを付けつつレイリアを守るになるのが子供らの役
は特攻が豊富なんでベオにはとかつばめ返しとか持たせて
トドメを稼いでいけばいい。
ナンナには転職したらナイトキラーを持たせるといい。
逆に言うと特攻武器を一番有効に使えるのはラケシス子供たちだろう。
21 ななしのよっしん
2018/10/07(日) 03:02:09 ID: Di/1WummgJ
重さから解放されても流星みじん切りにされるだけなんで…
22 ななしのよっしん
2018/10/31(水) 12:40:35 ID: 016XvF5RAL
リメイクの問題の一つに封印以降の支援システムを導入するかしないかも込みでどうするのかというのがある
例えばラケシスだとベオウルフやデューはともかく全く接点のないホリンやミデェールとの支援は書きようがないし、フィンなんてどんな内容で書いてもも荒れそう
でも支援原作で会話のある相手としか結べなくなったら明らか悪だしなあ
23 ななしのよっしん
2019/02/24(日) 19:08:48 ID: RGjrqLYK/m
>>19
指揮官補正をAIが最大に受けるためには指揮官っ先に突っ込むくらいやらないといけないんじゃね