ラジオ会館単語

ラジオカイカン

ラジオ会館とは、秋葉原にある商業施設である。正式名称は秋葉原ラジオ会館。通称はラジ館、ラジカン等。

概要

ラジオ会館の場所は秋葉原駅を出てすぐの前。現在の建物は2014年7月築開業したものである。な入居店舗はホビーショップ電気部品店だが、1階はメガネ屋やコンビニサンクス)、地下には飲食店(銀座ライオン)といった変わり種もある。

旧本館は、秋葉原駅側から正面に見える「世界の ラジオ会館 秋葉原」の大きなネオンサインでも知られ、新本館の看にもこの意が引き継がれたが、このネオンサイン自体は2001年設置と、実はラジオ会館の歴史の中では較的新しい物である。

歴史

ラジオ会館は1950年に開業。当初は木造の長屋だったが、1962年現在の万世警察署に面した側に高層ビルを新築(秋葉原初の高層建築)。1972年には北側にも同じ高さのビルを建設して合体し、長年親しまれることになった本館ビルが完成する。

秋葉原という立地と、ラジオ会館というネーミングというだけあり、当初から小規模な電器屋や軒を連ねていたが、1970年代日本電気NEC)がラジオ会館内にBit-INN東京を開業してからは、マイコンパソコン)の一大販売拠点となった。

そんな秋葉原も、1990年代に電器店やパソコン店が不振になり撤退が相次ぐと、き店舗となったスペースK-BOOKS海洋堂ボークスといったオタク向け店舗が続々とラジオ会館に出店。秋葉原における商品の変化とともに、ラジオ会館はその歴史を歩んできた。

2000年代も終わりになると、築後四、五十年経過した本館の老朽化が顕著となる。行政から耐震性の問題が摘されるに至り、2011年をめどに本館を閉鎖し、築に踏み切ることになった。閉鎖直前に発生した東日本大震災東京は震度5強を記録)により本館はダメージを受け、補修工事のため1週間休業することになる。

2011年8月、惜しまれつつ本館は閉鎖、解体された。仮移転先となる1号館から3号館は2011年6月から7月にかけて開業した。このうち、プレハブの仮設店舗だった3号館はボークスが丸々入居していた。

2014年7月、新本館がオープン。これにより、1、2号館で営業した店舗が新本館へ再移転。なお、3号館のボークスは旧1号館へと移転して営業している。

法人について

建物としてのラジオ会館(秋葉原ラジオ会館)を所有・賃貸している会社は株式会社秋葉原ラジオ会館(1953年設立)で、広告等の管理を行っているのがその子会社である株式会社ラジカンマネジメント(2012年設立)である。

一方、旧ビル閉鎖2011年頃より、フリーペーパー「ラジ館」の発行や、「ラジオ会館」等の名称を使った各種イベント、ECモール運営を行っていた株式会社ラジオ会館(2011年設立)は、前述の株式会社秋葉原ラジオ会館とは別個の法人であり、秋葉原ラジオ会館のウェブサイトでも会社概要でその旨が明記されている。ただ、全くの関係というわけでもなく、株式会社ラジオ会館のウェブサイトによると、少なくとも初期の段階では秋葉原ラジオ会館側の許諾や出資を受けていた様子。

そのあたりの経緯に関する「怪文書怪文書」といわれる文章が、2014年7月はてな匿名ダイアリーに投稿されexit話題となった。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%82%AA%E4%BC%9A%E9%A4%A8

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ラジオ会館

1 ななしのよっしん
2013/02/03(日) 17:20:20 ID: rW3CQjwsLo
ラジオ会館という名前がもはやブランド化してる。
秋葉原以外でもラジオ会館あるいはラジ館という名前を見掛ける
2 ななしのよっしん
2014/05/08(木) 22:12:22 ID: oSDxVCzHuu
久々アキバに行ったら新本館ビルが全に完成してて驚いた
ずいぶんと小綺麗なビルになったな
3
2014/08/22(金) 02:12:15 ID: uoTIETXJdC
元のラヂオ会館はぼろい怪しいビルの中に小さなお店がひしめいていて、いかにも秋葉原らしかった。
同じ場所に新しくできた建物はエスカレーターエレベーターも小さくて階段もく(建物の外にある非常階段は色が良さそうだが鍵がかけられて使えないよー)ちょっとだけ不便かな…。
耐震問題の心配がくなった事と小奇麗で新築のにおいがするところはいいかな。以前のように雑多な小さな店がひしめく姿はなくなったが売ってるものはすごいカード(トレーディング)はきらいだけど。

急上昇ワード