ラストクロニクル単語

ラストクロニクル
5.7千文字の記事
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

ラストクロニクルとは、ホビージャパンが展開する新作トレーディングカードゲーム(TCG)及びオンラインゲームのこと。2013年よりホビージャパンが開発・販売・オンライン運営をしており、TCGとしては全てを一社で行う事はしい。
2016年9月28日オンライン版が終了。2017年5月19日発売の通算第15弾の発売をもって新商品の開発を終了した。

タイトルは一定のルールのもと、配信物に同じタグをつけることでコミュニティを共有する企画が実施されている。
詳しくはこちら 

概要

ラストクロニクルは、ホビージャパン初の全新作(原作があるものとしてはFFTCGが先)で「時代」の概念の元、
5つの勢を交えながら戦っていく。

リアルカードの展開と同時に、リアルと全く同じルールで遊べるニコニコアプリ版の提供、(実際のカードでの)スターターデッキ無料配布、全でのルール講習会・対戦会、新発売ブースターのプレリリース体験会、発売半年での全大会や英語版の開発、ホビージャパンの別コンテンツとのコラボレーションなど、本作にはかなりを入れているようだ。


開発には藤田一氏や浅原氏といったマジック:ザ・ギャザリングで活躍したプレイヤーなども携わっており、公式でリミテッドルールを採用するなど、ゲーム自体も多少MTGを意識したような作りになっている。

1パック9枚入り300円(税抜き) 1ボックス15パック入り4,500円(税抜き) スターターデッキ50枚一組0円(税抜き)

プロモーション

基本的な遊び方

以降、詳細なルール、リミテッドルールに関しては公式サイトexitや外部サイトを参照願いたい。

通常ルール(構築戦デッキ)ではデッキ枚数は必ず50枚である。 同名カードは3枚までしか投入できない。
初期ライフ20点を持ち、先に相手ライフを0にする。
あるいは、相手がデッキからカード引かなければならないときにカードが引けない場合、相手に勝利する。 

カードの種類

 

公式フォーマット

フォーマットとは、採用カードを分け、カードバランスの制御やデッキ構築難易度を押さえるためのクラス分けの事。現行のフォーマット赤字で記した。

ゲームのポイント

 

ゲームの進行

ゲームのはじめに

お互いにデッキシャッフルライフ20点を設定し先攻後攻を決定したらカードを5枚ドローする。
ラストクロニクルでは一度のみ引き直し(マリガン)を選択できる。元の手札は好きな順番でデッキの下に戻しシャッフルしないというしい方式。
お互いにデッキの上から1枚を最初の時代マーカーとして時代ヤードに裏向きで置く。(自分の物は確認可

 1ターンの流れ
回復フェイズ

横向きのカードワイプ)を縦向き(アクティブ)に戻す。

ドローフェイズ

自分のデッキの上からカードを1枚手札に加える。
ラストクロニクルでは先行1ターンからドローする。 

チェックフェイズ

デッキの上からカードを1枚めくりCAヤードに表向きに置く。クロノチェック
先行1ターンクロノチェックできない。
デッキカードい場合、クロノチェックをする必要はなく、敗北もしない。 

メインフェイズ

カード操作を行う。
 ソウルストーンを配置する。  ユニットカードを配置する。
 ヒストリーカードを配置する。 アクションアビリティを使用する。
 スペルカードを使用する。   時代の発展を行う。
など。 

戦闘フェイズ

攻撃するユニットを選択する。
 ラストクロニクルでは攻撃先は定できない。
 ラストクロニクルでは複数体で同時に攻撃できる。(小隊攻撃)
(相手側)防御するユニットを選択する。 
 ラストクロニクルでは防御時はカードを横に向けない。
 防御するユニットを選ぶか、直接攻撃を受けるか選択する。
 小隊防御(複数体で同時に防御)というシステムは存在しない。

メインフェイズ2

メインフェイズ1でやれる全ての行動を同じように行える。
ただしソウルストーン配置等、1ターンに1度しか行えないものは通算で1度まで。 

調整フェイズ

ターンプレイヤーの手札が7枚以上なら6枚になるまで手札を捨てる。
ユニットの全てのダメージと、「ターンの終わりまで」の効果を取り除く。
相手ターンへ移行する。 

各勢力の特色

各勢ゲーム上の特徴を若干突っ込み気味に書いていく。名前は順にアトランティカ編、天空編(レムリアナ)、陽編(レ・ムゥ)の物。

白 グランドール、ティルダナ、シャダス

天使聖騎士が多く所属し、なるを信奉するらしくプレイヤーライフ回復したりユニット蘇生ダメージを軽減するなど加護徴したカードを多く備える。
他にも相手をワイプしたり戦闘を行えなくしたりするなど一見して反戦国のように思えるが、ユニットパワーが高く攻撃時にワイプしない『勇猛』や防御不能の『オーラ』を持つなど総じて高品質で、戦闘フェイズ中に使えるスペルアビリティに長けるなど意外と武闘
また、CAを増やすような動作が得意で追加でクロノチェックを行ったり、ユニットをCAヤード送りにするなど敵味方を問わず時代の発展を補助するカードを持つ。
ユニット除去手段は上記のCA送りの他、攻撃や防御に参加したユニットを狙い撃ちしたり一定以上のステータスを持った大ユニットのみに作用するなど相手のを利用した物が多い。

橙 ガイラント、メギオン、オルバラン

大地と輪廻転生を信奉する原始の。『石化』を始めとするソウルストーン操作に特化している。
反面『オーラ』を忌むべきと考えており対オーラユニット限定の除去スペルオーラを防御可にするアビリティを多く有する。
ユニット至上義的な気質があり、コストが軽く大量展開が可ウィニー向けユニットからコストが重く強ステータスを誇るストンピィ向けユニットまで強かつ極端なユニットが幅広く所属する。
どちらにせよレベルは低く設定されているカードが多く、むしろ《血の狂戦士 バルヌス》を始めとした時代の発展とともに弱体化するユニットがいるなど、本作の根幹を成す時代システムっ向から否定する反に溢れた色である。
ユニット除去手段は相手をソウルストーンにしてしまう物がだが、自分よりもパワーの低いユニットを破壊するなど力こそパワーと言わんばかりの荒々しい除去も持つ。
また、ヒストリーやストラクチャを除去する手段に富み、他色が難儀するヒストリー対策を安々とこなす様はが万色と言われる所以の一つとなっている。

紫 ゼフィロン、アズルファ、ヴェガ

、炎を操る尚武のであり、人やミノタウロスドラゴンが多く所属している。
ユニットに直接ダメージを飛ばす手段に長けた除去特化色その1。
その2であるに対しては安定性に欠けるが、全体火力や恒久的にダメージを飛ばせるカードを多く有し、複数のダメージ効果を効率よく組み合わせる事によってカードアドバンテージを奪っていける。
ATKが高いユニットや出したターンに攻撃できる『速攻』を有したものが多く、《の進撃》や《闘気法》などのATKを飛躍的に上昇させるスペルや相手ユニットを防御不能にする効果と相まって相手に不意の痛手を与える事を得意とする。ライフ十数点残した状態から突然の死はよくあること。
ただしコストパフォーマンスの低いカードが多く、上手くシナジーを得られないと不利交換が続きジリ貧に成ることも多い。

黒 バストリア、レーテ、メレドゥス

アンデッド魔女、ならず者たちが跋扈する世紀末な雰囲気の。その性質は相手のみならず自身にまで被害を及ぼす点によく表れている。
と並んでユニット除去手段が豊富な色で、レベルユニットを破壊する《呪殺》を始めとする一定のステータスを持ったユニットを1体選択して確殺するという使いやすいスペルを多く持つほか、相手にユニットの犠牲を強いるなど嫌らしい除去手段もある。
プレイヤーに直接ダメージを与えるカードを多く持ち、盤面が取れずとも相手を直接葬れるという点は相手からすると計算しづらく非常に厄介
ユニットパワーを下げるコンバットトリック兼除去や相手の手札を捨てさせる、自身の攻撃を防御されなくするなど相手の計算を狂わす手段に長けている。
また、時代マーカーをめくって効果を発揮する【ロジカ】勢の本拠地であったり、捨て札を肥やしてコストにするなど異次元のリソース活用するデッキも多い。

青 イースラ、ヘインドラ、ミスティカ

海洋生物人魚等が住む、山に囲まれたワイプバウンスなどの相手のテンポを崩す効果を多く持つほか、同を持った相手にしか防御されなくなる『オーラ』の扱いに最も長けた色でもある。
時代の操作を得意としており、ユニットレベルを上下させたりCAヤードのカードを操作するだけでなく、時代の数値そのものを直接操作するカードも僅かながら存在する。
吹雪姫神》や《》など、アドバンテージ取得や盤面補強にはぶっ飛んだカードが多く、他色のサポート役にうってつけだが、半面ユニットステータスが控えめな為、きちんと攻め手を用意しないと「導権は握れてるのに押されてる」というよく分からない事態になりがちでもある。
ユニット除去はバウンスの他、ワイプ状態のユニット限定で作用するものを多く持つ。

公式生放送

ラストクロニクルチャンネル

ホビージャパン運営チャンネルリアルカードを使用して、新ブースターのプレ対戦やイベントの中継が

ニコニコゲーム実況チャンネル

スタジオえどふみ運営チャンネルで、アプリを使用したデッキ構築や対戦を行うプロモーション番組。
ラストクロニクルの放送は新弾発売時約一ヶ間、毎週日曜日10時から。オンライン版の停止と共に終了した。

関連商品

関連チャンネル

関連項目

外部リンク

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%8B%E3%82%AF%E3%83%AB
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ラストクロニクル

28 ななしのよっしん
2016/05/25(水) 16:07:44 ID: 2hvXP4Q3hs
>>27
に包まれた先生がついに配信出んのか
29 ななしのよっしん
2016/06/23(木) 03:45:48 ID: 2hvXP4Q3hs
終わってしまったか……
今からリアルに移行するのはちとしんどいからはここでお別れだ

ありがとうラスクロ
30 ななしのよっしん
2016/06/25(土) 16:48:23 ID: qzoO+beJDN
ラスクロ離れがサービス終了引退したオンライン勢UC


新生ラスオンに僅かな希望を託して所持情報保存とか・・・ないか
31 削除しました
削除しました ID: q/NpMcmjf5
削除しました
32 ななしのよっしん
2016/11/08(火) 19:04:48 ID: qzoO+beJDN
間違えてニコアプリ開いたついでに様子見に行ったら
ツイッターにも公式にも挨拶なしにしれっと提供終了されてて枯れた
33 ななしのよっしん
2018/04/30(月) 11:15:28 ID: yCVc9c0Cel
リアルも終了しちゃったのか
システムだったがちと運要素が強すぎたかもな

34 ななしのよっしん
2018/05/02(水) 01:48:46 ID: 2hvXP4Q3hs
>また、これも会場で少し触れさせていただきましたが、将来的にラストクロニクル関係で何か発表できることがあるかもしれません。

信じていいのか!?
35 ななしのよっしん
2018/10/08(月) 13:37:39 ID: 2JfYbqcakD
めちゃくちゃはまったけど面さと複雑さは多くの人にとって例しないということを理解させてもらったゲームだったわ
36 ななしのよっしん
2018/10/23(火) 23:18:02 ID: JaQaDx3A2r
二千年代半ばから末くらいにかけて個人で運営されてた同名のCGIゲームの事を知っている人はどれくらいいるだろうか

多人数参加戦略シミュレーションで、最盛期には人以上のアクティブプレイヤーがいたんだけれど
商業ブラゲが充実した今となってはあの手のゲームはもう生まれないんだろうなぁ
37 ななしのよっしん
2021/07/11(日) 12:35:54 ID: 4U8rl/UjE5
>>35
人間と遊ぶならただの大富豪だって最高に面
い人もそれに集まる人も単純な遊びから先には手を伸ばす必要がいし、複雑化はニッチ化のよね