ラッキーストライク単語

ラッキーストライク
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

ラッキーストライク(Lucky Strike)とは、タバコの銘柄である。

概要

アメリカ西部開拓時代の1871年、ブリティッシュアメリカン・タバコ社(略称BAT社)が発売した銘柄。当初はパイ煙草だったが、1916年に巻きタバコとして販売。人気を博していたキャメルの対抗となった。ラッキーストライクとは「大当たり」の意味で、ゴールドラッシュで湧いていた当時のアメリカ物語っている。緑色背景い丸がトレードマークである。現代に至るまで発売が続けられており、非常に息の長いブランドと言える。

1940年、レイモンド・ローウィによって現在地にい丸のデザインが考案。明るい色で女性の顧客を獲得する狙いがあった。1942年に変更された。当時は第二次世界大戦で、インクに用いられる金属(軍需品)の節約が必要だったのだ。「ラッキーストライクの戦場に行った」という戦意高揚を兼ねた宣伝もなされている。第一次、第二次世界大戦ともにアメリカ軍の支給品となっており、多くの兵がラッキーストライクを握り締めて戦地へと赴いた。日本で撃沈された潜水艦アルバコアから乗組員の遺品とされるラッキーストライクが回収されている。各戦線に派遣された兵たちによってラッキーストライクの名は徐々に広がり、いつしか世界的な銘柄となった。一方で「大当たり」(自分に弾が当たる)というネーミングから忌み嫌う兵士も多かったとか。ベトナム戦争でもキャメルウィントンマールボロ等とともに支給されたが、アクセサリーパケットからラッキーストライクが出ると縁起が悪いとされた。このように軍隊の支給品になっていた事から、戦争映画ではよくラッキーストライクが兵士の持ち物として使われている。

元々はアメリカが製造だったが、2011年マレーシアに移管。現在は全て韓国製になっている。

日本ではよく流布している都市伝説として、広島原爆を落としたB-29搭乗員が「ラッキーストライク!」と叫んだ事が名の由来、あるいは原爆投下を反映したデザイン等のものがある。だがデザインの変更は1942年、原爆投下が1945年と時代が前後逆になっており、この俗説は間違いとするのが一般的である。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%AF

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ラッキーストライク

1 ななしのよっしん
2020/07/07(火) 16:05:42 ID: dq+5PN5XsB
タバコ好きでかれこれ10年ほど吸ってるけど、
ラッキーストライクの副流煙はキツいけどマシな臭い。
あまり名前は出したくないけど○Tのいヤツよかマシ
ただ、流石に今はセブンスターにしちゃった
2 2
2020/08/14(金) 15:40:32 ID: Qjh3HEwhA0
25

スマホで作られた新規記事

こちらの記事に加筆・修正してみませんか?

カイリュー はかいこうせん 紺綬褒章 ようかいけむり