ラディアン単語

ラディアン


に生まれるのではないになるのだ」

ラディアンとは、フランス漫画家トニー・ヴァレント漫画作品である。

概要

フランス漫画家トニー・ヴァレント氏が手がけた、ファンタジー漫画であり、見習いの魔法使いである主人公と、師匠である魔法使いや自身を取り巻く人々、魔法使いにしか倒せない魔物をはじめとした強大な敵との間で、笑いあり、涙あり、アクションありの一大活劇が繰り広げられる内容となっている。日本では2015年8月5日より、バンド・デシネ作品の日本語翻訳版を出版している、飛鳥新社の『EURO MANGA COLLECTION』より日本語翻訳版が刊行されている。

トニー氏は日本の「マンガ」から多大な影を受け、フレンチコミックではあるが西洋人作家が描いたとは思えない日本少年漫画と見紛う作で描かれており、文法においても日本漫画の技法が使われている。一方で、フレンチコミックの色も失われてはおらず、読者には日本漫画とは少し違ったものも感じられるらしく、そうした要素も含めて、村田雄介氏や真島ヒロ氏など、日本の名のある漫画家からも高く評価されている。

先生の代表作『FAIRY TAIL』に似てるとよく言われるらしく、本人もそう自覚しているが、内容はむしろ岸本斉史氏の『NARUTO』に近く、(主人公セトの過酷な生い立ちや、魔法使いたちが世間から迫されているなど)影を受けているように見られる要素が多くある。

2018年1月テレビアニメ化の決定が発表され、2018年10月からEテレで放送された。全21話。監督岸誠二アニメーション制作株式会社スタジオ雲雀制作チームラルケ」が担当する。

2019年10月より第2シリーズが放送開始。

ストーリー

に浮遊する々に人々が生活する世界。どこからともなく突如として現れるの怪物『ネメシス』の襲撃に、人々は日々苦しみ悩まされていた。そんなネメシスと一戦うことができるのが、彼らが忌み嫌い迫の対としている魔法使いたちであった。

師匠であるベテランの女魔法使いアルマの下で修行に励む見習い魔法使いセトもその一人で、彼はアルマにく一人前と認めてもらうべく、まだ見たこともないネメシスを探し回っては厄介事を起こし、出会った人々といがみ合っていた。

「なぜ自分たちを忌み嫌う連中のために戦わなければならないのか?」そんなこと愚痴りながらネメシス退治ばかり考えていたセトは、ある日ネメシスを探すためアルマに黙ってに出たが、そこで遂に本物のネメシスと出会し、居合わせたの住人や魔法使いグループたちを巻き込む騒動に発展。

この事件が、彼の壮大な物語の始まりであった…。

登場人物

セト
CV:花守ゆみり
本作の主人公。頭に2本のが生えた黒髪のツンツン頭の見習い魔法使い少年。単純でかつお調子者で、度々考えしに行動するトラブルメーカー。しかしその一方で非常にっ直ぐで勇敢な性格であり、人のを外れまいとする思いを強く持っている。一般に魔法を使う際に使用される具を使わず素手で魔法を使うことができ、魔法使いの中でも異端視されている。よく動物の名前と姿を間違える。後にネメシスの巣があると言われる伝説の秘である『ラディアン』を見つけるべく、師のアルマの元を立つ。
アル
CV:朴璐美
セト師匠で、ベテラン魔法使い。かなりボリュームのある黒髪の長ポニーテールにした独特な髪型が特徴的な壮年の女性。荒っぽいが姉御肌で面倒見の良い性格でセトにとっては親代わりであり、彼に手を焼きつつも彼の将来を思って多くの助言を与えている。ネメシスと戦って排除する役職“ハンター”であり、魔法の腕はかなり高く、怪の治療もこなすなど医術にも精通しているようである。
ドク
CV:大畑伸太郎
魔法使いたちの一大組織『アルテミス学院』に務める小太り魔法使い男性。臆病で厄介事を嫌う性格で危険な仕事を嫌がって、魔法やネメシスについて調・研究する役職“研究者”として働いており、調のため現場に移動する際は飛行船を操縦する。ネメシスの調に訪れた際に勘違いしたセト飛行船から落とされて以降、彼のことを苦手にしている。
メリ
CV:悠木碧
ドクと同様に『アルテミス学院』に務める魔法使いで、彼と共に活動している赤毛の独特な髪型巨乳が特徴のチャーミング女の子。お供に妖ミスターボブリーを連れている。本来は温和でに対しても礼儀正しく丁寧に接するお淑やかな性格だが、時折発作的に人格が反転して、非常に乱暴かつ毒舌に変貌することから“クレイジー・メリ”の異名で呼ばれ恐れられている。しかし、セトがそれを気にせずに接してくれたことから彼と親しくなる。
ダートドラグノフ
CV:遊佐浩二
犯罪を犯す魔法使いをはじめとした異端者を取り締まる組織『異端審問所』の警備隊長の一人。黒髪の長三白眼隻眼で左眼帯をしており、鼻には一文字傷がある。常に飄々としていて人を喰ったような態度で接する掴み所のい男。しかし、時に民衆に対しても高圧的な異端審問官たちの中では冷静かつ紳士的で、較的まともな存在。矢を得意とし、遠い的やネメシスの急所も的確に撃ち抜くそのは“ヤマネコの眼”と称されている。
グリム
CV:子安武人
セトアルテミス学院で請け負った初仕事の場であるランブル・タウンに出向いた際に現れた魔法使いいとんがり帽子とローブを羽織った典的な魔法使いの出で立ちをしているが、体全身を包帯で巻いて覆っており素顔は解らない。包帯だけは見えるようになっており、口の部分だけのような模様が施してある。戦いではを使用して、複数のネメシスを一で倒してしまうど、魔法はかなりの凄腕。物丁寧で冷静沈着な性格で、一人称に自分の名前を使う。

アニメ

スタッフ

放送局

Eテレにて2018年10月6日から毎週土曜午後5時35分に放送。

第2シリーズ2019年10月2日から毎週土曜午後7時25分に放送。

主題歌

オープニングテーマUtopia
歌 : 04 Limited Sazabys
エンディングテーマ「ラディアン」
歌:ポルカドットスティングレイ

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

ラディアンに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

外部リンク

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%A9%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ラディアン

26 削除しました
削除しました ID: KIBXaqQq5+
削除しました
27 ななしのよっしん
2019/01/01(火) 23:44:43 ID: 3u0kcjV0wc
まあベタな感じは否めないね…。でもほどほど楽しめるモンだと思うよ。アニメはどの話までやってくれるのか気になるところだ。一番良かったランブル・タウンエピソードにやっと差し掛かったが…。
28 ななしのよっしん
2019/01/03(木) 11:40:31 ID: yfkhaiJP4+
>>5>>10>>11>>27
まあ近年のEテレの土日夕方って中高生向けだったりカオスだったりするから、それらとべると悪い意味で王道で綺麗過ぎてりがないもんなぁ。フランスって日本の「MANGA」が好きだからまさに日本アニメ漫画らしくはあるんだが… 主人公人外ヒロイン二重人格師匠BBAという日本サブカルチャーテンプレ感は否定できない。

まあ悠木碧二重人格の演じ分けくらいかなニコ動的に話題は。
惜しいアニメではあるよ。てかストーリーの感想を言わずフランス作者への批判ばっかな件。フランス人でここまで海外ぽくない絵柄なのはすごいが。
29 ななしのよっしん
2019/01/03(木) 23:28:12 ID: M3GF62VkdK
作者然と人格攻撃するアニオタって怖い
作品だけをくならいいが、作者を人格攻撃するのは倫理に反する
30 ななしのよっしん
2019/01/04(金) 16:17:36 ID: VJFiXP7wfe
いや、ストーリーの内容に直接触れない範囲で所感を言い合ってるだけだし、作者への批判だの人格攻撃だの言ってるなんて上の方でNHKがどうこう暴れてる一人しか居ないですやん。
31 削除しました
削除しました ID: TmqfW1VhRj
削除しました
32 削除しました
削除しました ID: eaMRp/BXN2
削除しました
33 削除しました
削除しました ID: g+IMkABNL9
削除しました
34 ななしのよっしん
2019/01/26(土) 18:05:37 ID: N4rKI1iY2T
今回特殊EDだった...
にしてもあと数話でどうまとめるつもりなんだwww
2期来てほしいな
35 ななしのよっしん
2019/10/06(日) 20:59:37 ID: v9+kIxR/gZ
2期普通に来ましたね

急上昇ワード