ラディーチェ・リロト単語

ラディーチェリロト

ラディーチェ・リロトとは、機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズの登場人物である。(cv.和征)

オルガ団長からの示があったところで現場とは遠く離れている。結局は私達自身で状況を判断し全てを選ぶしかないんです!』

概要

二期からの登場人物。アーブラウの軍事顧問を務めるために設立された鉄華団地球支部にテイワズから監役として派遣され、会計事務などを取り仕切っている。公式HPでは「合理的・理論的に物事を考えられない鉄華団に苛立ちを感じ、度々衝突している」と紹介されているが、作中では地球の事情に考慮しない本部にも苛立っていたようである。初登場のシーンからして、獅電の配備が遅れていることにチャドに苛立ちをぶつけていた。

中間管理職として地球と本部の挟みになる辛さも理解できるし、その時のチャドの対応もいいとはいえなかったのでこの段階では同情の余地もあった。視聴者としてはいらだちつつも溶け込んでいくことを期待していたのだが、次のセリフで同情も期待も何もかもが吹っ飛ぶこととなる。

『しかし君は心が痛まないのかな?仮にも今まで寝食を共にしてきた子供達を戦火に放り込むことになるが』
『彼らは教育も受けず野放しにされた獣のようなものです』
『私はアレルギーがありましてね動物は苦手で』

ラスタル工作員であるガラン・モッサと内通。ラーブラウ防衛軍発足式典において爆破テロで、暗殺こそ失敗するものの、苗とチャドを意識不明の重体にさせた。この事によってアーブラウと鉄華団混乱状態に陥り、鉄華団においてはラディーチェが事務処理を行っていたことで本部との情報を遮断。チャドから後を託されたタカキを言葉巧みに誘導して、鉄華団をアーブラウ防衛軍を揮するガラン・モッサの揮下に置くことに成功。その後のマクギリスの足を引っるために行われたSAUとアーブラウの戦闘では、鉄華団地球支部は前線に立ち、大量の被を出すことになる。

と、ここまではうまくいったが、それもバルバトス乱入するまでだった。

発足記念式典から連絡が途絶したことで異常を察知したオルガは、直ちに増援を手配。火星から地球まで3週間ののりがかかるため、色々と残念なことになってしまうが、ミカ達が地上に降り立つとラディーチェの陰謀が明るみとなり、詭弁を弄して助かろうともがくが、結局はミカに……ではなくタカキによって←パンパンパンされる事となった。

会社員・事務員としては優秀で、ガランに裏切られた時の保険として居場所を絞り込んでいたことが、速やかなガランへとつながったが、大局観のさが致命的だった。地球火星では条件が違う事は確かであるが、本部があってこその地球支部であることを分かっていなかった。
また、鉄華団を甘く見過ぎていたのも問題であった。ラディーチェとしては本部からの情報を遮断し、アーブラウ側からの降下を拒否すれば本部の増援も間に合わなくなると見込んでいたのであったが、それが大きな見込み違いであった。……どうやら、最悪な事態を想定していなかったようである。

一方、鉄華団からの問題点を挙げるとならば。

  • 鉄華団の団員は家族なので、家族が裏切るとは思わなかった。(家族が信じられなくなったら鉄華団は崩壊するので、むしろ考えてはいけなかったといってもいい。しかし、1期のしい戦いを生き延びた連中からすれば家族であるが、新入社員組には家族という意識はない)
  • チャドから揮を任されたタカキが経験不足だったこと(タカキが無能という訳ではなく、今までオルガトップダウンでやってきたので、オルガ示がない状況で動かなくてはならないことが未知の領域であった。鉄華団が急成長したツケがきたものと思われる)
  • 地球支部から火星本部への連絡手段を行使できるのがチャドとラディーチェだけだったこと(チャドが倒れたことにより、連絡も含めた事務は全てラディーチェに握され、その結果この惨事につながった。これもオルガトップダウンが大きな原因であり、急成長の際にカバーしきれなかった部分である)

いずれにせよ、自分自身で行動しろと説いたラディーチェであったが、皮も自分自身の判断で行動したタカキによってパンパンパンされることになった。

も選びます』

関連動画

関連商品

ラディーチェ・リロトに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

ラディーチェ・リロトに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%A9%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%83%AD%E3%83%88

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ラディーチェ・リロト

149 ななしのよっしん
2018/11/19(月) 21:55:46 ID: FlfOTJFrxS
獅電の件は「テイワズとの合意の下で」行われているからな
チャドの独断とかじゃない
支部の功績を優先するために本部を切り捨てろとか学のないチャドですらわかる頭のおかしい言い分
そもそも監が口を挟む問題じゃない
すでにこの時点でラディーチェは怪しかった
経理を一手に引き受けていたのも本部との連絡を断つのが的だったし
不満が溜まって裏切ったんじゃなくて初登場時から鉄華団を潰す気マンマンだった
150 ななしのよっしん
2018/11/20(火) 10:18:10 ID: ka7GDvyIKK
?????
151 ななしのよっしん
2018/11/20(火) 10:26:43 ID: ka7GDvyIKK
結論ありきで話してるのはよく見るけど、それにしても理矢理過ぎるだろ

テイワズとの合意のもとでって、本来送られるはずの重要な物資を連絡無しでやめてもいいと思ってるの?
しかも全に手続きまで終わってるのに。
手続き後に送らないことになったんなら当然連絡が行ってないといけない。連絡が来てなかったり途中で止まってたんなら鉄華団の連絡不備。
それで本来の物資が来てないってんなら当然監に注意されるに決まってんだろ。

あと経理を一手に引き受けるとなんで本部との連絡が絶たれるの?
経理の意味知ってる?

最初からラディーチェをく気マンマンでここに書きこんでる所悪いが、意味不明
152 ななしのよっしん
2018/11/20(火) 10:44:03 ID: 5mvQ/1YdoR
ガバ設定の弊鉄華団歪みの被者から被者面した無能クズにラディーチェは成り下がっただけ

最初から鉄華団く気マンマンでここに書きこんでる所悪いがこの作品擁護自体理があるんだよ
鉄華団アンチくん
153 ななしのよっしん
2018/11/20(火) 16:59:01 ID: ka7GDvyIKK
え、が作品擁護してるように見えるの?ヤバ
154 ななしのよっしん
2018/11/21(水) 17:53:10 ID: aaaNHckA1u
経理を一手に引き受けていた×
まともに事務できるのがチャドとラディーチェしかいなかった〇
本部に引けを取らない大きさの地球支部を事務できる人材足りてないのに作ったのが間違い
アドバイザーのメリビットさん、全ストップしたり、オルガが強硬したなら対策うったりとかなんでしなかったんだろ
155 ななしのよっしん
2019/01/08(火) 13:54:49 ID: CvYueDhMhJ
こいつはメリビットと同様に、派遣されたアドバイザーだが、こいつを殺したあとテイワズのマクマードから非難されなかったのか?
156 ななしのよっしん
2019/01/08(火) 19:41:36 ID: NSqudrF+wh
>>155
話を通してから粛清するのが筋ではあると思う。

「本部が襲撃を受けていて少しでも戦が欲しい」というのは妥当だし、
「なので、地球に送るはずだった機体を送らずに戦として用いる」というのも、手放しで褒められた行為ではないけど仕方がない部分はあると思う。
ただ「来るはずだった機体が来ないけど何故?」という問いに対して「黙ってオルガのいう事に従ってほしい」だけで流そうとするのはまずいよなと。
来ない間はどうするのかとか何時になったら届くのかとかそういった示も出してないからな。
157 ななしのよっしん
2019/03/23(土) 21:42:43 ID: MwcgKx1Viw
テイワズからの派遣人員だから罪状添えてマクマードに投げ返して責任者に責任取らせるのが筋ではあるが、鉄華団に犠牲が出てるんだから鉄華団で処分してからマクマードに報告でもそこまでおかしくはない。
それよりテイワズが派遣した人間のやらかしなのに、その後のテイワズからのフォローが何も無いのがおかしい。
預かった女が殺されても動かない事と言い、マクマードが動くべき時に動かなすぎてMSを整備してくれるだけのおっさんになってる。
任された鉱山からはMAが出てくるしもMSの整備しか下に入った意味がい。
158 ななしのよっしん
2019/03/24(日) 04:15:07 ID: ka7GDvyIKK
そりゃ典的な設定だけは凄いがろくに活躍しないやつだもん
跡継ぎ予定のやつは古参連中に反対された挙げ句殺される、部下には裏切られる、その部下を殺すために新参が抜けるのをあっさり認める
しかも裏切った部下は見殺しにしたけどその部下は資集めが得意だったのにその後釜も特に決めてないから明らかに財政に問題が起こるでしょ
裏切ったやつを自分の組で処分できないあたり見限られても仕方ないし

急上昇ワード