ラバウル単語

ラバウル

ラバウルとは、ビスマルクニューブリテン北東に位置する都市である。

概要

パプアニューギニア東方にある、ニューブリテンの最大都市。良港シンプソン湾を有し、コプラやコーヒー等の産地で有名。火山地帯でもあり、噴火の際は火山が覆われた事もある。

1910年にドイツ帝国の支配下に置かれるが、第一次世界大戦中の1914年9月11日オーストラリア軍が上陸し占領。以降、オーストラリアの管轄化に置かれる。

日本から遠く離れた土地であるが、一部の人には一定の知名度がある。

大日本帝國の占領

1941年12月8日大東亜戦争が始まる。に乏しい日本戦争を遂行できるだけの資を得るため、フィリピンインドネシアマレー半島に侵攻。その悉くを占領し、東南アジア一帯は日本の勢圏になる。これら資地帯は日本にとって命綱であり、何としても守らなければならなかった。
そこで資地帯を守る「門」として、良港シンプソン湾と飛行場を擁する重要拠点ラバウルの攻略が計画された。攻略作戦はラバウルの頭文字を取って「R作戦」と呼称。

1942年1月20日帝國海軍真珠湾攻撃から戻ってきた空母赤城」「加賀」「翔鶴」「瑞鶴」を投入。第一次攻撃隊109機がラバウルを襲した。オーストラリア軍は帝國海軍の侵攻を察知してを後退させており、残っていた守備隊は微々たるものだった。ハドソン爆撃機4機とワイウェイ練習機7機は零戦によって叩き落とされ、施設や台には急降下爆撃隊が襲い掛かった。 
続いて第二次攻撃隊46機が発進し、残っていたオーストラリア軍を駆逐。三日後、上陸部隊が現地を制圧してラバウルは日本の占領下に置かれた。敵は退却する際、飛行場を爆破して大穴を開けて行ったため陸戦隊工作隊に変わりして修復した。

不沈空母ラバウル

日本に占領されたラバウルは、重要拠点として機し始めた。

占領してから一晩が明けた1月24日、特設水上機母艦丸」の飛行隊が進出し基地を開設。続いて千歳戦闘機隊が進出し、31日に九六式艦戦18機が到着した。この旧式戦闘機によって構成された制隊がラバウル航空隊の始祖となった。この頃はまだ零戦の数も少なかったが、2月末には9機が配備されている。
2月20日空母レキシントンから襲を受け、最初の被害を受けるも着々と要塞化は進んでいった。
当時、大本営はポートモレスビー攻略しており策地のラバウルには次々と航空機や人員が送られた。

ところがポートモレスビー攻略が失敗に終わると、今度はガダルカナル争奪戦の前線拠点として活用されるようになる。港湾には艦艇や補給艦が並び、飛行場からは航空隊が出撃していったのである。
当然アメリカ軍もラバウルは厄介な存在と認識しており、何度も爆撃を仕掛けている。おかげで迎撃に上がる機の搭乗員は慢性的な不眠症に悩まされた。

19432月上旬、日本ガダルカナル争奪戦に敗れると、その前線基地であるラバウルに攻撃が集中した。だがラバウルには9万もの陸軍兵が駐留していた事から、連合軍は出血を恐れて上陸作戦は実施しなかった。代わりに補給線を断ち、兵糧攻めを行った。食料の補給が途絶え、飢餓に苦しむ将兵たちだったが、今村均の提案で自給自足体制が築かれていたため、餓死者は驚くほど少なかった。ニューギニアガダルカナルの苦しみとべたら、かなり恵まれていたようだ。

戦線から切り離され、遠くで孤立していたものの上陸を受けなかった事が幸いして、終戦まで日本が保持していた。終戦後は復員船が派遣され、将兵たちは逐次帰の途についた。数が多かったため、復員船に充てられたのは葛城鳳翔といった空母だった。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%A9%E3%83%90%E3%82%A6%E3%83%AB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ラバウル

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • ラバウルについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード

2019/10/14(月)06時更新