ラブライブ!スクールアイドルフェスティバルALL STARS単語

ラブライブスクールアイドルフェスティバルオールスターズ
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

ラブライブ!スクールアイドルフェスティバルALL STARSとは、『ラブライブ!シリーズ原作とするソーシャルゲームである。2019年9月26日配信開始。

公式略称は「スクスタexit_nicovideo」。

このほかのスクフェス連コンテンツについては、以下の各記事を参照されたい。

ラブライブ!スクールアイドルフェスティバルスクフェス
本作の原点である姉妹アプリ2013年4月15日配信開始。
ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル~after school ACTIVITY~スクフェスAC
本作と同じくスクフェスを基に開発されたアーケードゲーム2016年12月6日稼働開始。

概要

2013年から配信されているスマートフォン向けアプリラブライブ!スクールアイドルフェスティバルスクフェス)」のコンテンツとして開発がスタートした。スクフェスと同じく、開発元はKLabで、ブシモより配信されている。『ラブライブ!シリーズでは「ぷちぐるラブライブ![1]」に次いで3作スマートフォン向けアプリである。

2016年11月13日の「スクフェス感謝祭2016 ~OSAKA~」で、アプリ向けのフルCGフォーメーションダンスの開発計画、および新たなスクールアイドルの登場予定が告知されたのが、本作に関する最初の発表である。ただし、当時はスクフェスと別アプリとして開発されることは明らかにされていなかった。
2017年3月30日、一連の企画に「PERFECT Dream ProjectPDP)」の呼称がつき、ティザーサイトオープンした。そして9月21日東京ゲームショウ2017にて、これらの企画スクフェスから独立した新アプリである本作に引き継がれることが発表された[2]

当初は2018年中のリリース標に開発されていたが、2018年9月4日、これを2019年に延期することが正式に発表された。この発表では、「3Dモデルダンスシーンにおけるフレームレートの安定性を、現状よりもさらに向上させることが必要」[3]と判断された旨が説明された。本作を活動の中心に位置付ける新たなプロジェクト虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」のメンバーは、楽曲のリリース生放送ラジオといった各媒体での活動を既に開始していたが、本作そのものに関する情報2019年に入るまであまり大きな動きがない期間が続く状態にあった。2019年8月からスクスタ専用Twitterアカウントが稼働し、ゲーム画面のイメージが徐々に解禁された後、リリース日がiOS版・Android版ともに2019年9月26日に確定した。構想発表からほぼ3年、スクスタとしての開発が正式に告知されてから数えても実に丸2年を経て、ついに配信開始を迎えることとなった。

なお、本作の配信開始後も、既存のスクフェスも配信が継続され、スクフェスとスクスタはコンセプト棲み分けを行いつつ、並行して展開されている。具体的なゲーム内容は#ゲームシステム節で詳述していくが、ざっくり表せばスクフェスは“リズムゲーム特化”、スクスタは“ストーリー・育成重視と言える。両者のアカウントは「スクフェスID[4]」を用いて相互に連動でき、それぞれのゲーム内で専用課題が出現するようになる。一方での課題をクリアするともう一方でも報酬が獲得できるなど、連動による特典も用意されているので、2つのアプリを並行してプレイしていくことで、より多くのご褒美を享受することができる。

動作環境

ただし公式サイトに「一部機種を除く」との注釈があり、各自アプリストアにて確認が必要である。

多言語対応

2019年9月26日時点では日本語版のみが配信されているが、既に「グロバル版」の配信が予告されている。グロバル版は英語韓国語中国語(繁体字)・タイ語に対応予定。

イントロダクション

東京お台場にある自由な校と専攻の多様さで人気高校
私立虹ヶ咲学園に通う主人公(あなた)は、
ある日μ'sミューズAqoursアクア合同ライブを見て衝撃を受ける。

きらきらスクールアイドルたちを、一番近くで応援したい!」

スクールアイドルみんなの文化祭スクールアイドルフェスティバル」をして――。

ここからあなたと彼女たちの「みんなでえる物語を始めよう!

ALL STARS」というタイトルの通り、『ラブライブ!』のμ's、『ラブライブ!サンシャイン!!』のAqoursが登場するのはもちろん、本作発のスクールアイドルとして、「虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」のメンバー9人が新たに登場することになった。メンバーの詳細などは「虹ヶ咲学園」を参照。

スクフェスを含む『ラブライブ!シリーズの他媒体では、μ'sAqoursの間に明確な時系列の前後関係がある[5]のに対し、本作固有の世界観として、μ'sAqoursメンバーが互いに同世代として登場する。もちろん虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会メンバーも同世代であり、彼女たちがプロジェクトの垣根を越えて直接交流する世界観は、「ALL STARS」と銘打たれた本作ならではの特徴である。

もう一点の特徴がプレイヤー(“あなた”)の役割である。スクフェスにおいても、“あなた”はスクールアイドルサポート役を引き受けるという導入には一応なっているものの、特にメインストーリーはごく序盤を除けばスクールアイドルメンバーのみで進行していく(“あなた”との交流があくまでサイドストーリーに留まる)ため、“あなた”の存在感は必ずしも大きくはない。一方、スクスタでは開発段階から「あなたとえる物語」というテーマが強調されており、“あなた”には虹ヶ咲学園に通う生徒という明確なポジションが与えられ、実際にストーリーの当事者として物語動的に動かしていくという、『ラブライブ!シリーズコンテンツの中でも特徴的な世界観となっている。

ゲームシステム

本作のゲームジャンルは、公式には「リズムアクションRPG」と表現されている。なおかつ、本作は「リズムゲーム」ではないと明言されているゲームの中核にあるのは、スクールアイドルたちが“あなた”と成長していくストーリーの進行であり、その過程の一として音ゲー要素も含まれるというものである。彼女たちとのストーリーを進めていく中で、メンバーを育成してスキルを高めつつ、適切な編成を組むなど自分なりのマネジメントをしてライブを成功に導くという循環が、本作をプレイする際の大まかな流れである。

ストーリーパート

本作ではRPGのような感覚で進行する「メインストーリー」を軸として、「キズナエピソード」「サイドエピソード」の大きく3つのストーリーが展開される。先述の通り、プレイヤー虹ヶ咲学園に在籍しながらスクールアイドルたちを支える活動の過程でライブパートに行き当たり、これをクリアするためにも積極的にメンバーとの交流を深めていくことが重要になる。

キズナエピソード」は、ライブクリアしたり各メンバーと触れ合ったりといった形で、メンバーとの「キズナ」のレベルを高めることで解放される。メインストーリーよりもさらに深く、メンバーそれぞれと“あなた”の交流をフルボイスで楽しむことができる。キズナカードの種類を問わずメンバー単位で蓄積されていく標で、そのメンバーカードが増えたり限界突破(後述)させたりすると、上限値も解放されていく。

サイドエピソード」は、カードに応じた独自のストーリーに触れることができるもので、各カードに用意されている特訓ツリーのストーリーマスを解放することで読めるようになる。

ライブパート

本作のライブパートでは、配信される各楽曲に、フルCGによるフォーメーションダンス実装されている。モーションはもちろん全ポジション分それぞれ独立して作られ、フォーメーションの忠実な表現が可となっている。元々その曲に参加しているメンバーの配置を入れ替えるというレベルに留まらず、3校のメンバーを共演させることも自由自在なので、CD付属のPVテレビアニメなどの他媒体では実現し得なかった、全くオリジナルユニットを組んで楽しむことも可である。ちなみに、同じメンバーカードを2枚以上同じデッキセットすること自体は可だが、ダンスムービー上では適宜別のメンバーに差し替えられるため、ムービー上で同じメンバーが2人以上出てくるようなシュールな画面になることはない。

いわゆるスコアにあたる「ボルテージ」を高めてライブ成功をす、という大まかな標は従来の音ゲーと同様だが、スタミナ(体)の概念がスクフェスとは全く異なり、ノーツを処理する代償にスタミナを消費する。どれだけノーツを上手く処理できていても、スタミナが途中で切れればライブは失敗してしまう。つまり、音ゲーの技術だけではそもそもライブクリアすることができない設計となっている。

ライブに際してはスクフェスと同様に9人のユニットを編成するが、3人ごとに「作戦」を設定する必要がある。具体的には特技の発動率を高める作戦や、スタミナ消耗の抑制を重視する作戦などが考えられる。この「作戦」を状況に応じてライブ中に切り替えることもライブが成功するかを左右するので、楽曲に対してより有利な作戦を考えて準備し、ノーツの処理と同時に作戦を適切に切り替える技術も重要である。

さらに、ライブ中には「アピールチャンス」の場面が出現し、ここで提示されるミッションクリアすることで、ボルテージが大きく向上することが期待できる。これも失敗によってスタミナが大きく削られてしまうため注意が必要である。

ライブ中にプレイヤーが取り組むべきことを整理すると以下の4つとなる。

  1. ノーツの処理
  2. 作戦の切り替え
  3. SP特技の発動
  4. アピールチャンス攻略

ライブ中に複数の作業をこなさなければならないこともあってか、ノーツ処理のこなし方はスクフェスべ大幅に自由度が高くなっており、画面上のどこをタップしても、タイミングさえ合っていれば正しく処理できる。左右の判定ポイントの区別もないので、例えばフリックノーツが2つ同時に降ってきた場合に、それぞれのに対して左右逆側のノーツを処理しても構わない。

カード

本作でのカードレアリティURSR・Rの3種類。ゲームを開始した時点で、μ'sAqours虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会の計27人全員分のRカードを1枚ずつ所持している。

本作では各カードの育成をツリーに沿って行う。ツリーに並ぶマスは特訓によって解放されていき、新たなライブ衣装の獲得やカード覚醒もその過程に含まれる。

カードに備わるステータスは以下の通り。

属性
本作ではスマイルピュアクールアクティブナチュラルエレガントの6種類が存在する。スクフェスの3種類から倍に増えているが、楽曲の属性メンバー属性っていると、パラメータとボルテージが上昇するのはスクフェスと同じ。
タイプ
そのカードを編成に加えたときの作戦を決定付ける要素。それぞれのタイプには下表の通り4すくみの関係が成り立つので、編成を同じタイプカードえた場合、メリットとともにデメリットも大きくなる。さまざまな組み合わせを試しつつ、バランスの良い編成を組むことがめられる。
ボルテージ増加 スタミナ消費抑制 SPゲージ増加量増 特技発動率 切替ボーナス
ボルテージ(Vo) ボルテージ獲得
ガード(Gd) スタミナ回復
SP(Sp) SPゲージ増加
スキル(Sk) 作戦切替の必要ノーツ数抑制
レベル
カードそのもののレベル。そのカードの総合的なステータスに関わる。ゴールド経験値ポイントを消費することでレベルアップさせることができる。
特技
ライブ中に効果を発揮するカード固有の。特訓ツリーにあるマスを解放することで、特技レベルを上げることができる。なお、ライブ中に一気にボルテージを高める「SP特技」は、デッキの中央3セットしたカードのみ発動する。
限界突破
特訓ツリーのロックを解除し、先に進めるようにするための要素で、1種類のカードにつき5回行うことができる。ガチャ等で同じ種類のカードを引くか、定されたアイテムを消費することで限界突破が可。先述の通り、本作では「覚醒」は特訓ツリーのマスの一つとして存在し、「限界突破」は「覚醒」とは別のステータスとして存在する。
ひらめきスキル
メンバーを「合宿」に参加させることで運が良ければ獲得できる、カードステータスをさらに向上させるスキル。合宿にリーダーとして参加させると、獲得できる確率が上昇する。

収録曲

通常楽曲

μ's

曲名 ライブモード解禁条件
それは僕たちの奇跡 1章クリア
START:DASH!! 2章 ライブステージ1クリア
嵐のなかの恋だから 2章 ライブステージ5クリア
NO EXIT ORION 5章 ライブステージ2クリア
PSYCHIC FIRE 5章 ライブステージ4クリア
春情ロマンティック 6章 ライブステージ5クリア
Snow halation 6章 ライブステージ15クリア

Aqours

曲名 ライブモード解禁条件
未来の僕らは知ってるよ 1章クリア
君のこころは輝いてるかい? 1章クリア
青空Jumping Heart 3章 ライブステージ1クリア
Strawberry Trapper 3章 ライブステージ3クリア
トリコリコPLEASE!! 3章 ライブステージ5クリア
元気全開DAY!DAY!DAY! 4章 ライブステージ2クリア
KOKORO Magic “A to Z” 4章 ライブステージ11クリア

虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会

曲名 ライブモード解禁条件
夢への一歩 2章 ライブステージ7クリア
ダイアモンド 2章 ライブステージ7クリア
あなたの理想のヒロイン 2章 ライブステージ7クリア
Starlight 2章 ライブステージ7クリア
めっちゃGoing!! 2章 ライブステージ7クリア
眠れる森に行きたいな 2章 ライブステージ7クリア
CHASE! 2章 ライブステージ7クリア
Evergreen 2章 ライブステージ7クリア
ドキピポ☆エモーション 2章 ライブステージ7クリア
TOKIMEKI Runners 7章 ライブステージ19クリア

日替わり楽曲

日替わり楽曲のプレイは1曲につき1日3回までという制限が設けられている。また、3DCGダンスは未実装で、ライブ中は画面にSDキャラクターが表示される。本稿編集時点では一巡しておらず登場順が不明のため、以下のリストは順不同。

μ's

Aqours

関連動画

関連商品

テーマソング・コラボシングル

関連コミュニティ

関連項目

外部リンク

脚注

  1. *2019年5月31日配信終了。
  2. *この発表会では高海千歌Aqours)役の伊波杏樹会を務める中、スペシャルゲストとして高坂穂乃果μ's)役の新田恵海が登壇した。μ'sキャストが『ラブライブ!公式の場に出演したのは、2016年3月31日4月1日μ'sファイナルワンマンライブが開催されて以来、約1年半ぶり。また、μ'sAqoursキャストが、双方とも『ラブライブ!』関連で表舞台に立ち、直接共演を果たしたのもこれが初めてであった。
  3. *『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバルALL STARS』配信時期変更のお知らせexit - スクスタ公式サイト
    なお、8月KLab決算説明会で、同社開発の複数タイトルリリース延期を含んだ説明がなされており、本作もその一つだったと思われる。
  4. *2017年9月4日よりスクフェス上から発行可。発行にはメールアドレスが必要。
  5. *スクフェスストーリーはいわゆるサザエさん時空ではあるが、μ'sAqoursストーリーがそれぞれに閉じた時間であり、Aqoursμ'sの活動期より後に誕生したことを前提にストーリーが進行する。

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%A9%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96%21%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%90%E3%83%ABall%20stars

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ラブライブ!スクールアイドルフェスティバルALL STARS

88 ななしのよっしん
2019/10/31(木) 19:36:42 ID: r2xhzfJk8J
特にダイヤさんの覚醒後いいよね

個人的にはスクスタプロフPと特技発動回数順位の仕様が凄い嫌
スクフェスのお気に入りPはガチャくても好きな子をプロフに並べられたけど
Pはガチャで出たランキングだし特技回数は性ランキングでしかないし
まあ単に好きな子で埋めたいだけなんだけど
89 ななしのよっしん
2019/11/01(金) 22:29:49 ID: XY0h09p6/V
周年アニバで三世代越全体曲リリースは当然果たされるべきノルマみたいなとこあるな
(フェスで発表されるかも知らんが)
90 ななしのよっしん
2019/11/05(火) 16:54:26 ID: Uk5p0/6GH+
URの果南のイラストとか特技名とかがえちえち過ぎてまずいですよ!
91 ななしのよっしん
2019/11/06(水) 17:10:31 ID: ftwFIr1r5u
他のゲームよりUR出やすくなってるのかね
10連引いたらほぼUR出るし、UR二枚出現にもなったことがある

イベント中のURは出ないけどな…
92 ななしのよっしん
2019/11/07(木) 02:34:37 ID: wPinW36ZmY
あくまで最高レア確率自体は5%と、ソシャゲにありがちな3%よか高いからな
単騎狙いが地獄なのは他所と変わらんけど
93 ななしのよっしん
2019/11/07(木) 07:45:54 ID: Uk5p0/6GH+
UR自体の確率は高いけどピックアップ率が弱いからURが出てもそれが新規のURじゃなくて結局天井まで引くってのもざらにあるしなw
今回の果南のガチャが前回の海未ちゃんの時よりセルラン上回ってるの見るとみんなキャラの性よりえちえちな方が好きなのかなw
94 ななしのよっしん
2019/11/09(土) 17:18:15 ID: bAaB5SPkLx
前の新規ダイヤちゃんはすんなり来てくれたけど新規果南は当てられず悔しいです…
95 ななしのよっしん
2019/11/10(日) 02:21:32 ID: r2xhzfJk8J
今の所推しだけが来てくれているに隙はかった

そんなことよりマカロン2が全然増えない問題
しまいにはマカロン1も足りなくなって3が余り倒すっていう
96 ななしのよっしん
2019/11/11(月) 00:58:14 ID: mWbNCWYt2q
3Dライブカメラ位置変えられるようになりませんかね。。。
97 ななしのよっしん
2019/11/11(月) 12:04:40 ID: r2xhzfJk8J
天使梨子ちゃんのスカート全にブラックホールだったから…
え?そういう用途じゃないって?

CHASE!のキックかめっちゃGoing!!の振り付けは色んな度で見たいね