ララァ・スン単語

ララァスン
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

ララァ・スンとはTVアニメ機動戦士ガンダム」に登場するキャラクター

CV:潘恵子(原作) 早見沙織(「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」)潘めぐみ(「機動戦士ガンダムさん」)

概要

一年戦争後期で活躍するニュータイプ女性ホワイトベースサイド6に入港時アムロテム・レイと出会うが、
酸素欠乏症になったに失望し別れを告げる。そのとき偶然出会ったのがララァ・スンである。ジオン公国のフラナガン機関の出身。

34話「宿命の出会い」では、コンスコン率いるリックドム隊と、ホワイトベースとの戦闘TV中継しており、戦いの途中で以下のように会話。
ララァ・スン「モビルスーツが勝つわ」
シャアん?ガンダムは写っていないはずだが」
まだ現れていないガンダム勝利を予測。
ララァのニュータイプの高さを示す描写が描かれている。

41話「宇宙」ではエルメスで出撃するも、シャアをかばいアムロに撃墜され、戦死する。その存在はアムロ・レイシャア・アズナブルという宇宙世紀を代表する二人の後世に多大なを与えている。

富野監督自身による小説版「密会 アムロとララァ」ではガルマ・ザビ戦死後の放逐時にシャア地球で出会っている描写が描かれている。養護院出身で婦であるというかなり重い出自。

THE ORIGIN」ではインド大家族ので高い予知ギャンブラーに雇われて悉くルーレットの数字)を当てるエスパー的で日銭を稼ぐ姿で登場。原作べると俗っぽいララァが見られる。シャアとの出会いも一年戦争より前の「の挙兵」でシャアが士官学校を放逐され地球に降りていた時期に遡っており、かなり長い付き合いだった事が示唆された。


2014年ショートアニメ機動戦士ガンダムさん」で原作潘恵子氏のである潘めぐみ氏が起用。親子二代で演じているしいキャラクターになった。(まあギャグアニメなので性格やシャアに対しての態度は別物であるが…というかシャアに対して「が」一番容赦ない)ちなみに潘めぐみ氏は「THE ORIGIN」でセイラ・マスことアルテイシア・ソム・ダイクンを担当しているので親子二代でシャア・アズナブルに深く関わった女性という面で共通項がある。

関連動画

関連商品

エルメスがララァ・スン専用モビルアーマーといったぼやけた商品名にされているのは商標の関係。

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%A9%E3%83%A9%E3%82%A1%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ララァ・スン

2 ななしのよっしん
2018/02/04(日) 08:18:20 ID: JYq8rxD23J
ララァが意味にガンダムのすぐ近くまでビットを近付けたと思ってる人がいるみたいだけど、あれは囮で本命は死からのビーム攻撃
ガンダムエルメスのビットを切り払う場面、よく見ると背後から撃たれたビームを回避しながらやってる
あそこは、囮のビットと本命のビットを個別に、同時に制御するララァの技量と戦術眼がシーンなんだ
ただ、相手がそれを初見で見切るキ○ガイだったせいでんでしまっただけなんだ・・・
3   
2018/10/23(火) 10:21:34 ID: BKcreIid+p
シャア「ララァはシコいな」
4 ななしのよっしん
2019/01/05(土) 04:19:56 ID: 17TC0iBEla
シャアが散々ロリコン扱いされる一方で、
その元であるララァがロリキャラ扱いされることがほぼ一切ないというのも考えてみれば妙な話
5 ななしのよっしん
2019/01/06(日) 20:32:04 ID: poDlcRnOmr
ララァは存命時で確か17歳前後、シャアも当時20歳だからロリコンにはならない、自分は当時の年齢で考えるからララァに対してはロリコンとは思わない。逆シャア時点での34歳のおっさんが、未成年に対してバブみ発言するから世間ではロリコン扱いになってしまう。まぁ20歳とはいえ成人男性が未成年バブみを感じて事は、シャアの素性を考慮してもあかん気がするけどww
6 ななしのよっしん
2019/01/08(火) 00:10:32 ID: 6rMzDmV5+g
三十路になっても初恋(?)思い出してシコってるって恐怖じゃん
7 ななしのよっしん
2019/02/09(土) 21:21:44 ID: DH1cVuzCW9
ラライヤにはポンポン持ってがんばれ♥がんばれ♥されたいけどララァにはされたくない(ただのワガママ
8 ななしのよっしん
2019/03/15(金) 19:02:37 ID: wYD1wrjgWG
好きな相手が死んじゃってたり離別したりしてたらその時の年齢で頭が固定されるのはよくある話じゃないか。
って思ったけどロリコンの元ネタの人も12歳で好きな子が死んじゃったからそれを頭に秘めたままだっけ・・・。やっぱりロリコン?でも3コ下だしなぁ
9 ななしのよっしん
2020/01/11(土) 00:46:11 ID: vktDWFiGok
シャアにとってララァはただの人じゃなく「」になってくれるかもしれない女性だったからな。シャアお母さんからのが欲しかったんだろう、多分。
10 ななしのよっしん
2020/01/11(土) 02:08:41 ID: CHZyCzHgvC
文字通りのの意味で通じるけど、ニュータイプとしてのって意味もあったんじゃないか
よくアムロカミーユジュドーがそれぞれパイロットニュータイプ人間として一番と言われる一方
シャアアムロに勝てず、ニュータイプシロッコに成り損ないと罵られ
人間性も悩むことから脱したシャアならアムロも倒せると言われるぐらいで、最後まで成熟した人間としては描かれていない
人間として実トア、ニュータイプとしてララァ、パイロットは難しいが政治面でなら導ける可性があったブレックスを悉く失い、それを糧に成熟に至るまでとはならかった
そして最後には人でNT研所長で参謀というシャアめてたもの全て兼ね備えているはずのナナイのことすら、自ら拒んで終わってしまう
11 ななしのよっしん
2020/02/11(火) 22:12:42 ID: UB4RNcGmIi
シャアとしてはララァがニュータイプであると確信しつつ順序立てて徐々に才を開させていきたかった感じっぽいよね。TV版だとその気遣いが原因でララァは戦死した(シャアは生き延びた)ようなものだし

幼少期の生い立ちもそうだけど、シャア人生は自分の手に入りそうなもの(与えられるはずだったもの/勝ち取れたはずのもの)が悉くをすり抜けていくようなことばかりで、そんな人生の最後に「ララァは私のに〜」と本音を漏らせたのはそれ自体奇跡的なことだろうし、悲しすぎる結末だと思う

ロリコンは好意的に解釈すれば「次世代を育てたい」という標を逆シャア時点でも捨てきれてないということかと。ララァ、(アムロ)、カミーユ、クェス

ジュドーに出会えてたら(ZZの当初のシナリオ的な意味でも)違うを選べたかもね

急上昇ワード改