ラルフ・シューマッハ単語

ラルフシューマッハ
2.6千文字の記事
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

ラルフ・シューマッハ(Ralf Schumacher, 1975年6月30日 - )とは、ドイツ出身の元F1ドライバーのことである。

F1ワールドチャンピオンであるミハエル・シューマッハでもある。

経歴

F1参戦以前

カートレースフォーミュラフォードなどミハエル・シューマッハと同様のキャリアを歩む。

1994年ドイツF3選手権に初参戦、デビュー戦から速さを示し、その後もコンスタントに表台に立つ活躍を見せ、シリーズ3位(獲得ポイント158P)の成績を残し注を浴びる。

1995年も引き続きドイツF3に参戦、3勝をあげチャンピオン争いを繰り広げるものの、惜しくもシリーズ2位171P)。11月に参戦したマカオGPでは総合優勝を達成。6年前(1990年)にミハエルも総合優勝しており、マカオGP史上初の兄弟優勝を達成した。

翌年はからの強い勧めもあり日本舞台に戦うことを決め、フォーミュラ・ニッポン全日本GT選手権に参戦。フォーミュラ・ニッポンではベテラン星野一義F1参戦経験のある服部、後にF1まで昇格する中野信治や高木虎之介らとぎを削り、優勝争いは最終戦までもつれた。

の降りしきる中の最終戦ラルフは序盤にスピンしリタイアしてしまったものの、星野服部高木リタイア、中野ミスから順位を落とし3勝をあげていたラルフが初代王者にいた。並行して参戦していたGT選手権でも3勝、ランキング2位と双方のカテゴリで好成績を残した。

この年、マクラーレンF1カーテストドライブを経験、テストドライバーとして翌シーズン契約を打診されたがラルフが難色を示し、同時期にジョーダン・グランプリからレギュラーシートの打診があったため、ジョーダン契約。奇しくもと同じくジョーダンからデビューすることとなった。

F1参戦後

1997年第3戦アルゼンチンGP3位で初の表台とポイント獲得。しかしこレースで、同僚ジャンカルロ・フィジケラと絡みリタイアに追い込んでしまうなど、入賞6回リタイア10回速さを見せる一方で荒い部分も立つデビューイヤーとなった。

1998年、前年同様粗削りな部分を見せるもの中開催された第13戦ベルギーGPでは2位に入り同僚デイモン・ヒルと1-2フィニッシュ、続く第14戦イタリアGPでは3位表台とシーズンが進むに連れ存在感を増していった。シーズン後、ウィリアムズF1と2年契約を結び移籍が決まった。

1999年、当時は2年落ちカスタマ仕様スーパーテックエジン戦闘力が落ちたマシンで奮闘。同僚となったアレックス・ザナルディノーポイントに終わる中、3度の表台を始め11度の入賞と健闘、リタイア数も大幅に減少し、第13戦イタリアGPでは初のファステストラップ記録した。

2000年ワークスBMWエンジンを得て前年以上の戦闘力となったが、マシントラブルアクシデントに巻き込まれる場面も多く、ランキング順位こそ上がったものの獲得ポイントは減少した。

2001年第4戦サンマリノGPで初優勝すると第8戦カナダGP、第12戦ドイツGPでも優勝シーズン3勝と躍進した。

2002年、第2戦マレーシアGPで優勝するもののシーズン通してフェラーリ勢が圧倒する展開となる。獲得ポイントも前年から同僚のファン・パブロ・モントーヤに上回られた。

2003年、第9戦ヨーロッパGP、第10戦フランスGPで連勝し、キャリアハイの58Pを獲得するも、モントーヤに大きく差をつけられてしまう。

2004年、第8戦カナダGPで2位だったもののマシン規定違反失格、第9戦アメリカGPのクラッシュで背を負傷し6戦欠場と不運に見舞われ未勝利に終わった。それでも第17戦日本GPでミハエルと1-2フィニッシュを飾り意地を見せた。シーズン中の交渉によりトヨタF1と翌年の契約が成立し2005年からトヨタF1へ移籍することとなった。

2005年マイクガスコインを招聘したトヨタマシンは強さを見せ、コンスタントに入賞を重ねていき第13戦ハンガリーGPで3位表台、最終戦中国GPでも3位表台を獲得。前半戦こそ同僚のヤルノ・トゥルーリに遅れをとったものの、リタイア1回と安定した走りを見せ、最終的にはトゥルーリを上回った。

2006年タイヤミシュランからブリジストンに変更し序盤戦は苦戦を強いられたものの第3戦オーストラリアGPで3位に入り、チームにとってこのシーズン一の表台を獲得、後半戦は入賞を重ね前年に引き続きトゥルーリを上回る成績を残した。

2007年シーズンを通して苦戦を強いられ、入賞はわずか3回に終わり、第15戦日本GP終了後に2007年限りでトヨタから離脱することを発表。

その後、F1での現役続行を望んでいたもののオファーが届かず、2008年からはドイツツーリングカー選手権DTM)に参戦。2012年まで参戦し表台を2度獲得したものの、それ以外は立った成績は残せず、2013年レーサーとしての現役引退を発表。

現在は後進の育成やF4チームの代表、コメンテーターとして活動している。

人物・エピソード

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%A9%E3%83%AB%E3%83%95%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%8F
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ラルフ・シューマッハ

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • ラルフ・シューマッハについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、ニコニコのアカウントが必要です!