ランサー(Fate/Zero)単語

ランサー
ネタバレ注意 この項は、ネタバレ成分を多く含んでいます。
ここから下は自己責任で突っ走ってください。

ランサーとは、虚淵玄小説Fate/Zero』に登場するサーヴァントの一騎である。

CV緑川光

サーヴァントについてはサーヴァント(聖杯戦争)を参照。

タグとしては、後述の『Fate/unlimited codes』に登場した際に使われた名称「Zeroランサー」が用いられていることが多い。→「Zeroランサー」でタグ検索exit_nicovideo

概要

ウェイバー・ベルベットイスカンダル召喚のための遺物を盗まれてしまったケイネス・エルメロイ・アーチボルトが予備の遺物を使って召喚した兵のサーヴァント朱色黄色の二本のを同時に使う二刀流ならぬ二流の使い。また、本人の意思とは関係なく常時異性を魅了せずにはいられない魔貌の持ちでもある。 手さはいが、第四次トップクラス兵戦と、優位に立った敵の足元を掬うことに長けたサーヴァント

名はディルムッド・オディナケルト神話に登場するフィアナ騎士団の随一の戦士で「く貌」の異名を持ち、名誉を重んじ、忠げたのために戦うことを何よりの喜びとする根っからの騎士妖精王にしてインガス海神マナナンの間に生まれた。イケメンかつ中身もナイスガイ。伝承では二振りのに加えて二振りのモラルタ、ベガルタ)を持ちセイバー適性も持ち合わせるが、今回はランサーとして顕現したためは持っていない。ケイネスとしてはディルムッドをランサークラスとしてではなく、セイバークラスとして召喚したかったが、セイバークラスが既に召喚されてしまっていたので、第四次聖杯戦争ではランサークラスで召喚される事となった。

生前は騎士団の首領、大英雄フィン・マックールを敬愛して仕えよく働いたが、その魔貌と己に科した誓(ゲッシュ)「女性の命を断らない」のために望まずもフィンの妻となるはずだった女性(グラニア)を連れて騎士団を抜け、フィンの憎悪と嫉妬を一身に受ける羽になる。戦いの果てに和を得るものの最後はかつての嫉妬を忘れられなかったにより謀殺される。妻となったグラニアのことも、フィンのことも全く恨んでおらず、例え悲劇で終わったとしても精一杯に前向きに生きた生前に後悔はないが、かつて果たせなかった「への忠節を果たし、勝利げる名誉を」という願いをえるために、召喚者でありマスターであるケイネスを新たなとして第四次聖杯戦争に参戦する。

stay night」より「ランサークラスマスターとその思惑に恵まれない」というジンクスがあったが、彼もその傾向にある。特にディルムッドの願いを理解できないケイネス疑心や、その婚約者であるソラウ・ヌァザレ・ソフィアリを魅了してしまったことで生まれた奇妙な三角関係によって、最期までマスターたちの思惑に振り回されることになる。も、彼自身もマスターを「への忠節」を果たす為の存在としか見ておらず、その内面を理解しようとしなかったと言う致命的な問題点があるため、お互い様ではある。

セイバーとは同じ騎士同士通じ合うところが多く、当初は聖杯戦争そのものや敵には騎士を期待していなかったディルムッドも、清廉な彼女との戦いを通じて騎士が燃え上がり、両者とも正々堂々の決着を願った。が、それぞれのマスターたちはそれを許さず、最後には衛宮切嗣脅迫に屈したケイネス令呪により自害させられてしまう。たった一つの望みすら踏みにじられ生前と同じように騎士として戦って死ねなかったことを恨み、顔芸憤怒の表情と慟と共に聖杯とその願望への呪詛を吐きながら消滅した。

ステータス・スキル・宝具

ステータス

スキル

対魔:B
 詠唱が三節以下の魔術効化。それ以上の魔術でも傷つけるのは難しい。
心眼():B
 修行・鍛錬により得た戦闘論理。窮地において活路を導きだす。
黒子:C
 異性にディルムッドへの強恋愛感情をかせる魅惑。対魔や抗魔で回避可
騎士の武略:B
 戦いの流れを把握し、相手のミスを誘発させる戦闘法。一の勝機に賭ける冷静な観察

宝具

破魔の薔薇ゲイ・ジャルグ)

穂先に触れた物の魔循環を絶ち効化する。常時発動宝具でこのと打ち合う場合、魔による防御や武具へのエンチャントは一切意味をなさない。既に了した呪いや魔術に対しては効果がいものの、例えランクが上の宝具であろうと触れさえすれば魔を断ち一時的に機を失わせるため、『宝具殺し』のとも称される。

必滅の黄薔薇ゲイ・ボウ)

治癒不能な傷を負わせる呪いの。このによる傷はHPの上限を削るため、「傷を負った状態」が全快状態になり、いかなる回復手段でも治癒不能。破魔の薔薇ゲイ・ジャルグ)同様に常時発動であり、を破壊するかランサーを消滅させる以外の方法では解呪できない。このによる負傷のせいでセイバー宝具を封じられてしまう。

セイバーVer

Fate/Grand Order イベント「復刻版:Fate/Accel Zero Order -LAP_2- 」にて実装4。
実は初登場は1部5章のCMなのだが本編には登場せず、その後も実装する予定ではあるとスタッフからられたものの登場していなかった。CMから2年半後の実装となる。

神話伝説英雄』としての側面がランサー時より強く、の手となる宝具を複数所有しているため、召喚難度とコストが高くなっている。条件がっていなければ召喚者の技量に関係なく霊基が胡散消し失敗する。

性格はランサー時とべ自己肯定感がやや強め。騎士としての持や強敵との闘いを楽しみたい気持ちも強くなっている。

別作品への登場

庭用『Fate/unlimited codes』に純Zeroキャラとしては一参戦。キャラクター名は「stay night」のランサーとの区別の為にZEROランサーとなっている。

あくまでゲスト出演であるため、ストーリーは存在せず、ミニゲームサバイバルとなっている。しかし、原作では果たされなかったセイバーとの一騎打ちケルト神話の大先輩である第五次ランサーとの勝負も実現できる。ちなみに性は…本作で最強レベルの強さを誇る先輩から察してください。

余談

生前において最強とされる戦闘スタイルはモラ・ルタとゲイ・ジャルグによる1スタイルであるという。なお彼が死亡した猪狩りに出かけた際には、妻グラニアに止められたにもかかわらずベガ・ルタとゲイ・ボウの組み合わせを選んだ。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%BC%28fate%2Fzero%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ランサー(Fate/Zero)

3335 ななしのよっしん
2019/03/11(月) 11:14:02 ID: /4WMB/9T5V
カルナクーフーリンとは較しないまでもエリザヴラドべても酷い死に方だからな
3336 ななしのよっしん
2019/05/02(木) 21:22:04 ID: 1OwkCNhuD9
ディルはsnの第四次で仮に召喚されてたとしてもセイバーの「遅れはとらなかった」のせいでどっちみちそこまでではないになるのがな
実際ジレンマだよ
3337 ななしのよっしん
2019/05/18(土) 21:13:14 ID: w7pkXAo/AX
「遅れはとらなかった」てのは「苦戦しなかった」という意味ではないぞ
3338 ななしのよっしん
2019/06/30(日) 02:24:08 ID: KLIMazssWi
自分の君死ね言われたらおとなしく死ぬのがの忠臣ではなかろうか
それを呪いの言葉を投げつけるとはとんでもないやつ
3339 ななしのよっしん
2019/08/23(金) 01:35:06 ID: SwPMwAwhcm
ケイネス自身の意思で面と向かって言われたなら、納得しきれずとも流石に受け入れられたんじゃない?
ケイネスは八つ当たり込みとはいえ不信感嫌悪感を隠しもしてないし、その上で自害示されただけなら己の不徳の末路としてせめて最後の示は全うしようくらいは考えるかと。
けど実際にはソラウを攫われて奪還の為に動いたらいきなり令呪自害ソラウを人質にした切嗣による強制だというのはすぐに想像がつく状況だからね。
あの呪いの叫びも切嗣セイバーに向けての物であって「ケイネスソラウに向けての発言」と取れる部分はなかったと思う。

しかし似たような願いを抱いて召喚に応じた太陽騎士と結果にここまで差があるのは「忠義を尽くす相手」への理解努の差か、マスター側の器の差か、ランサークラスの呪いなのか。
3340 ななしのよっしん
2019/08/27(火) 13:54:30 ID: ePX+qAYrio
>>3339
そもそも、太陽騎士は出会いから相性バッチリだったと大器晩成押されてるからな……
とはいえ、一応生前の後悔からの滅私奉主人公サーヴァントからかなり不評なんだけどね
そのあたりは、自身の敗北を疑わないレオ地震とうまく噛み合った感はある

ディルは騎士としての忠義っていう願いっていうのもあって、騎士の理解を得られてないことにはどうしようもない
後はやっぱりコミュニケーションよ。まぁ、最初に疑われた時点でケイネスが自分なら大丈夫って思考にはいっちゃってるから、最初からころんでるんだけども
それでも、ソラウがいなければ、まだ歩みよりの余地はあったはずなんだがな……
3341 ななしのよっしん
2019/09/14(土) 08:06:00 ID: q4e1IyRykY
>「自分が思う忠げられるならなんてでもいい」って解釈される

解釈されるどころか、ちゃんとマテリアルにもそう書かれてるぞコイツ
でもいいから彼女欲しいーでもいいから彼氏欲しいーみたいな実さのない事言ってっから好きになれないんだわこのキャラ
げられても一ミリも嬉しくない薄っぺらい忠義やな
3342 ななしのよっしん
2019/09/14(土) 08:14:44 ID: q4e1IyRykY
原作切嗣ランサーに対する評、「(頭)がおめでたすぎる。救えないほど愚か」ってまさにその通りなんだよな
3343 ななしのよっしん
2019/09/14(土) 12:48:45 ID: Q4gzW6xY/n
忠義って言葉が話をややこしく見せてるよな
あと、虚淵の頭の中にある騎士
騎士に話を寄せるんじゃなくて、話のために騎士という言葉に色々理な贅をつけちゃった
3344 ななしのよっしん
2019/09/15(日) 00:36:59 ID: 8TvqTkgw0r
ケイネスも同じ勘違いしてたけど必ずしも忠義=私じゃないから
「己のある騎士など、それこそ壊れている」ってのガウェインにネロが全ての騎士に謝れって言ったりとそこらへんは騎士それぞれ

ディルは最初っから騎士としての面を果たしたいって願いをケイネスに言ってるし、それはマテで言われるような自分の忠義を受け止めてくれるならでも良かった節があるってのと矛盾しない
ケイネスは「じゃあお前騎士についてちょっと詳しく聞こうか……」ってせずにと決めつけた上にケイネスの知る騎士と忠義観だけで考えたし、
ディルも向こうが騎士として忠義を果たしたいって願いをどこまで正しく理解して受け止めてくれてるか測り損ねた

急上昇ワード

2019/09/17(火)23時更新