ランスロット単語

ランスロット

ランスロットとは、アーサー王伝説に登場する円卓の騎士の一人、またはそれにちなんだ人名である。

概要

アーサー王伝説における最も優れた騎士の一人であり、最も罪深き円卓の騎士でもある。

フランス騎士アーサー王ブリテンを統一した後の、ローマ遠征よりその戦いに名を連ねる歴戦の勇士。その実君たるアーサー王、親友たるガウェインやトリスタンといった者たちと並ぶともえるとも言われ、エクスカリバーに匹敵する名アロダイを振るう。戦場試合においては一騎当千の活躍を見せ、また数々の冒険譚を残す、まごう事なき英雄。円卓の騎士の筆頭格として多くの尊敬を(そして嫉妬を)集めていた。

しかし、終盤でアーサーの王妃・グィネヴィアとの不義密通が発覚。彼は裏切りの烙印を承知の上で、処刑寸前の王妃を救い故郷へと落ち延びる。これにより円卓の騎士団はっ二つに分かれ、親友ガウェインとも決裂。戦の末、ブリテン本での謀反という事態からアーサー王とは和する。その後はアーサー王危機を救うべく動くも、魔女モーガン・ル・フェイの策略でその願いはかなわず、グィネヴィアにも別れを告げられ、失意のうちに生涯を閉じる。

生涯

物語序盤:湖の騎士

フランスベンウィックのバン王の子として産まれる。の名はエレイン。一族の他の子供達と共に、幼少の頃より乙女の精)に預けられて養育された。その中でも傑出した才・素質を持っていた。

・バン王はアーサー王ブリテン統一事業に協するが、長く領地を留守にしていた為に、帰郷後の反乱鎮圧で命を落とす。このため、ランスロットは従兄弟たちと共に、に代わってブリテンへと渡りアーサー王に仕える事となった。

そこでアーサーの后であるグィネヴィアと出会い、二人は互いに一に落ちる。グィネヴィアとアーサー夫婦仲は決して円満とは言えないものだったのである。これ以後、長きにわたって二人の愛人関係は続き、最終的に悲劇の引き金となってしまう。

物語中盤:罪深き愛

ローマ遠征から本格的に騎士としての活躍が始まり、親友でありライバルであるガウェインと円卓の騎士の中でも一、二を争う武勇の持ちとして名を高めていく。剣術槍術術、騎士、いずれも傑出した物であった。なんという完璧超人

グィネヴィアが悪い騎士レアガンスにより攫われた際には、当然っ先に救出へと向かう。しかしメレアガンスにかかってを失ってしまい、移動に難儀しているうちに荷を見つける。中世において荷に乗せられる人間とは罪人や不浄な者に限定されており、当然騎士が乗るような物ではないのだが、ランスロットは王妃へのの為にプライドを投げ捨て、荷に乗ってメレアガンスへと辿り着く。
なお、メレアガンス打倒後に「ランスは罪を犯して荷に乗るような身分に墜ちた」と勘違いしたグィネヴィアに(一時的に)嫌われてしまうというオチも。この時のランスロットのショックのうけっぷりは半端ではない。

また、亡きと同じ名をもつ「エレイン」という女性に不思議と縁がある。

ひとりはカーネックのエレイン魔女モーガン・ル・フェイの呪いに苦しんでいた彼女を救出したランスロットであったが、グィネヴィアへの思いから、彼女を断った。だがエレイン魔法でグィネヴィアの姿に変身し、ランスロットと一夜限りの関係を結ぶ。これによりエレインはランスロット一の子であり、された世界最高の騎士となるガラハッドを産むことになる。
なお、彼女(ワーオ♪)してしまったことがグィネヴィアにバレた際には当然(一時的に)嫌われた。

もうひとりはアストラットのエレイン。やはり一惚れしたエレインスカーフを(もし私のを受け入れてくれるなら……)という思いを込めてランスロットに贈る。普段、ランスは王妃以外の女性からプレゼントを受け取っても、それを身につけるという事は決してかったのだが、このあと行われる試合に正体を隠して出場するつもりだったので「ほー、いいじゃないか、こういうのでいいんだよ」と深く考えずに変装用として身につける。更に試合で負った怪の看病までしてもらうのだが、エレインは通じなかった。悲しみにくれたエレインは自ら命を絶ち、その亡骸はテムズの流れに乗ってアーサー王へと辿り着いて、事情を知った騎士たちの涙を誘う。
なお、王妃への思いを一途に守ったにもかかわらず「方そんな冷たい仕打ちをするなんて…」とグィネヴィアには怒られた。

物語終盤:愛ゆえの反逆と結末

優れた騎士であるランスロットではあったが、王妃との長きにわたる愛人関係は半ば周知の事実となり、次第に王宮にひずみを起こしていく。彼自身、この不倫の罪によって聖杯には失敗してしまった。

遂に、反ランスロットの急先鋒であるモードレッドアーサーの庶子)によって二人の関係は告発される。グィネヴィアは火あぶりの刑に処せられる事になるが、処刑間際、ランスロット一によって間一救出された。しかしこれにより(不本意ではあったが)アーサー王に反逆した身となる。更に悪い事に王妃救出の際、ランスロットを慕う騎士・ガレス(ガウェインの)を誤殺してしまい、親友ガウェインとの仲も決裂してしまうのである。

王妃を連れてフランスの地に戻ったランスロットの元に、アーサー王率いる征伐軍が押し寄せる。戦いは終始ランス有利に進み、一時はアーサー王やガウェインを追い詰めたりもしたが、ランスロットとしてはアーサー王に本格的に反逆する気はかった為、敢えて見逃している。一時休戦を結んだ際にグィネヴィアはアーサー王の下へと帰された。

休戦が明けて再び戦となるも、この隙にブリテン留守を預かっていたモードレッドが謀反を起こし、グィネヴィアをもが物にしようとする。これによりアーサーとランスロットは和議を結んだ。ランスロットはアーサー王への援軍兵を計画するが、アーサーを憎む魔女モーガン・ル・フェイの妨にあい間に合わぬまま、アーサー王モードレッドの戦いは相討ちに終わる。

自らの行いが破滅を招いた事を悔いたランスロットとグィネヴィア。
グィネヴィアは出して修女となり、それを聞いたランスロットは彼女の元へと向かうも、別れを告げられる。ここにランスロットもまた俗世との別れを決意し、行先も告げずに自領を出奔。既に円卓の騎士引退していた隠者ボードウィンの元で僧となり静かな日々を送る。
のち、グィネヴィアが病死した事を聞くと食事を絶ち、後を追ってこの世を去る。最後の戦いから七年後の事であった。

関連人物

に上記ストーリーで解説されない面々に関する補足

ウェイ
ほぼ同時期に仕官し、長きにわたる親友でありライバルとして円卓の騎士団を率いた友。しかし彼のたちの行動が二人の友情を引き裂くことになる。死後は気持ちも落ち着いたのか、アーサー王夢枕に立って「焦らずにランスロットの援軍が来るまで待つべき」と助言している。
レス
ウェインの。ランスロットによって騎士に叙任された経緯もあって、非常にランスを慕っている。だが非情にもランス自身の手によって殺されてしまう。
ボールス
ランスロットの従兄弟スペックの高すぎるランスの補佐を黙々とこなす出来た人。聖杯騎士の一人。戦後、出したランスを発見して自分も僧となり、のちにランスの死を看取った。
クター・ド・マリス
ランスロットのボールスとは異なり補佐役としてはどうにも不足で、大抵噛ませ犬ポジションになる。戦後、出したランスを捜索するが、発見したのはランスが亡くなった直後であった。
イオネル
ボールスでランスロットの従兄弟ヤムチャその2。戦後やはりランスを捜索するが、辿り着けずに戦死する。
ラヴイン
アストラットのエレイン。ランスロットの怪が治った際、ランスに付き従い円卓の騎士に加入。物語終盤から登場する若手ではあるが、ボールスに次ぐ良き補佐役として活躍する。
トリスタ
コーンウォール出身の騎士。元君の后との愛人関係に悩むという、ランスロットと似た遇の人物。その為ランスとはウマがあう模様。
ウルリー
「この世で一番優れた騎士でなければ治せない」という呪いの傷を負った騎士。ランスロットの祈りで全快。以後はランスとして活動。
アグラヴイン
ウェインので、反ランスロットの急先鋒。モードレッドと他12名の騎士を引き連れてランスと王妃の密会現場を襲うのだが、モードレッド以外全員その場でランスに返り討ちにされた。全に無双ゲーの世界である。この時のモブ騎士のこり12名は以下の通り。
  1. ガングラン(ガウェインの子)
  2. フローレンス(ガウェインの子)
  3. ヴェル(ガウェインの子)
  4. コルグヴァンス(ライオネル絡みで死んだはずだが、また死ぬ)
  5. ドール(晩餐会リンゴ殺人事件で死んだパトリス従兄弟
  6. ログリスのメリオット
  7. ウィンチェルシーのペティイス
  8. ゴールウェイのガレロ
  9. タタールのメリオン
  10. アスカモー
  11. グルモーソム
  12. カーサリン

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%88

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ランスロット

21 ななしのよっしん
2018/09/11(火) 00:47:20 ID: A4TuTrgnLN
アーサー王伝説とは関係ない、
ただの伝承のランスロットサーヴァントにならないかなとは思ったりする
22 ななしのよっしん
2018/09/11(火) 00:49:20 ID: A4TuTrgnLN
あごめん....個人記事あるのにレス間違えてた
23 ななしのよっしん
2018/12/24(月) 22:53:11 ID: CTIu5i3CRc
フランス人が考えてイギリス伝説にねじ込んだフランス人の理想の英雄君の妃を寝取って王を崩壊させる不倫野郎ってのが笑える
24 ななしのよっしん
2018/12/24(月) 22:58:31 ID: CTIu5i3CRc
自分を慕っているガウェインの不倫相手の女の為に何人もぶっ殺すあたりもポイント高いな、さすがフランス
25 ななしのよっしん
2018/12/24(月) 23:06:57 ID: oYjkSJdt9D
流石にガレスを殺してしまった事は本人もショックだったらしい。下積み時代からガウェインと一緒に面倒見てたしランスロットが居なければ騎士になるのが更に遅れていたし、だからこその悲劇なんだろうな
26 ななしのよっしん
2019/06/26(水) 14:51:25 ID: OZS0mWB+oV
ランスロットに円卓の騎士の半分がついていったってのがなんとも・・
リアルっちゃリアルなのか?
27 ななしのよっしん
2019/06/26(水) 14:54:19 ID: 9fdS79Qzbg
ちんこ擬人化チンフェが円卓の座に座るなんてフランス人って図々しいな
28 ななしのよっしん
2019/06/28(金) 02:35:53 ID: R8omGlT7M7
>>26
不倫してようがランスロットのほうがずっと人間性が当て良いって思ったんだろう
29 ななしのよっしん
2019/07/31(水) 17:37:43 ID: R8omGlT7M7
つーか原典のランスロットって不倫とかよろしくないことはやったけど、それでもなお世間からの評価はほとんど落ちないで今でも誇り高き騎士として慕われて様々なフィクション主人公クラスとして活躍してるからな

Fateぐらいだわ、ランスロットの扱いが酷いの
30 ななしのよっしん
2019/08/11(日) 01:17:04 ID: AYjh9HnAwS
まあFateランスロット、というか円卓が抱えてる事に関してはこれから少しずつ解決していくだろうね

ギャラハッドは今後どんどん触れていくだろうし、ケイやパーシヴァルモルガンギネヴィアとかはまだほとんど出てない

急上昇ワード