ランドルフ・カーター単語

ランドルフカーター

ランドルフ・カーター(Randolph Carter)とは、H.P.ラヴクラフト小説、およびクトゥルフ神話に登場する架の人物である。

創作におけるラヴクラフトの「分身」として扱われる事が多い。

概要

初出は1919年発表の短編『ランドルフ・カーターの陳述』。
アメリカ合衆国マサチューセッツボストン在住。秘学者にして文筆数学者。

先祖をたどると十字軍まで辿り着き、彼はサラセン人の捕虜となりながら彼らから妖術の類を学んだという。またヴィクトリアには「初代」ランドルフ・カーターの存在が確認されており、「天使文字」ことエノクを記した秘学者、ジョン・ディーに並ぶ魔術師であるとされる。
その後も一族はセイレムにおいて代々魔の研究を続けていた。しかし1692年のセイレム魔女裁判煽りを受け、当のエドマンド・カーターがセイレムからアーカムに移住している。

1874年10月7日アーカムに生を享けた。物心つく前に両親を亡くし、大伯父クリストファーに引き取られて育てられる。
10歳の時に屋敷近くの洞窟の巣」にて奇怪な体験をし、これをきっかけに幻視や予知を行うようになった。以後は様々な秘体験を重ねる事になる。

また彼は眠りの中で「ドリームランド」と呼ばれる異世界を冒険する「夢見る人」でもあった。その地球の神々をも魅了する壮麗な宮殿、イレク=ヴァドを創造するほどだったが、30歳の時に夢見るを失い、現実との乖離に苦しむ事となった。

第一次世界大戦ではフランス外人部隊に所属したが、1916年に瀕死の重傷を負って除隊。
以後は故郷にて隠遁、遺産による々自適の独身生活を送っていた。その後54歳の時、突如としての失踪を遂げる。

登場作品

余談

関連動画

関連商品


関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%95%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ランドルフ・カーター

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • ランドルフ・カーターについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード