ランフラットタイヤ単語

ランフラットタイヤ

ランフラットタイヤ(Run flat tire)とは、パンクしてもそのまま応急的に走行可タイヤの事である。

概要

一部のスポーツカー、高級に新採用されているタイヤで、現在タイヤ側面の強度を上げたサイド補強式が流となっており、空気が抜けてもタイヤ自体で支えることにより応急的に走行可としている。
ISO技術基準において、空気圧0kPa時に通常の使用状況下において、「80km/h以下で80km」まで走行可とされている。

メリット

  • 走行中にパンクしてもの挙動が乱れにくい
  • 治安の悪い地域でパンクしてもそのまま走り続けられる。(海外の一部では走行不能で停するとヒャッハーされる地域も)
  • そのまま走れる事から路上でのスペアタイヤへ入れ替え作業での手間やその際後続が追突する危険がくなる。
  • スペアタイヤが不要となり、その分室内の広さをとれ、デザイン性の向上、軽量化にもなる

デメリット

歴史

1970年 ダンロップが内部にシーラント剤カートリッジを搭載したDENOVOを発表し、世界で初めて実用化exit
1972年 ダンロップと住友ゴムが共同開発しデンロック方式exit併用のDENOVO2を発表
1974年 ミニクーパーDENOVOが採用
1979年 日産・フェアレディZ(S130)の欧州向けにDUNLOP SP SPORT DENOVO2exitが採用
   同年 ダンロップがTDタイヤ発表
1981年 ホンダブリヂストンサイド補強式を共同開発し身障者向けのシビックに採用
1984年 日産・フェアレディZZ31)の海外向けにダンロップのTDタイヤが採用
1987年 ポルシェ959にサイド補強式のブリヂストンのPOTENZA RE71が採用
1994年 グッドイヤーがサイド補強方式のエクステンデッド・モビリティタイヤEMT)を開発
1995年 ダンロップがサイド補強方式のダンロップセルサポートタイヤ(DSST)を開発
1999年 ミシュラン中子式のPAXシステムexitを開発
1999年9月 日産ハイパーミニの標準タイヤブリヂストンEcopia EP02が採用される
2001年4月 トヨタ・ソアラブリヂストンのポテンザRE040オプション設定される
2011年6月17日 ブリヂストン世界初の市販用ランフラットタイヤを発売exit

関連動画

ランフラットタイヤに関するニコニコ動画動画を紹介してください。

関連商品

関連コミュニティ

ランフラットタイヤに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%A4

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ランフラットタイヤ

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • ランフラットタイヤについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード

2019/08/17(土)21時更新