ランボルギーニ単語

688件
ランボルギーニ
5.4千文字の記事
  • 4
  • 0pt
掲示板へ

ランボルギーニ(Lamborghini )とはイタリア乗用車メーカー、又は農業機械(トラクター)のブランドのこと。

概要

正式名称Automobili Lamborghini S.p.A. (アウトモービリ・ランボルギーニ S.p.A.)。少し前まではNuova Automobili Ferruccio Lamborghini SpA (ヌオーヴァ・アウトモービリ・フェルッチオ・ランボルギーニ SpA)だった。イタリアボローニャ県サンターガタ・ボロニェーゼに本社がある。
長年のライバル関係にあるモデナ県・マラネロフェラーリ本社とは、20km程度の距離しか離れてない。ドイツフォルクスワーゲングループ1999年から属する。

農業機械の方は、現在ではSAME Deutz-Fahrグループに属するトラクターブランドになっている。商標ロゴに共通性はあるものの、別の会社である。

自動車

農業機械トラクター)の製造と販売で財を成した創業者フェルッチオ・ランボルギーニは趣味でエキゾチックカーコレクションするようになるが、彼の欲求を満たせる物が全くなかった。そんな折フェラーリオーナーにもなるが、当時のフェラーリもまたクラッチに欠陥があり、それに悩まされる事になった。フェラーリクレームをつけ修理の交渉もするが、かのエンツォ・フェラーリに追い返される。自社のトラクター工場で自修理を試みるが、使われていたクラッチが自社のトラクターでも使われている物と全く同じ事に驚愕する。そして彼はなんと修理するだけでなく、理想的な改造した。
それと同時にフェラーリ社の高額なパーツ販売をみて、「これはかる」と確信を得た事が自動車業界に参入するきっかけだったと言われている。

・・・なんて創業神話まことしやかにり継がれているが、実はこれはウソ話である。東洋経済の取材exitによると、フェルッチオはエンツォに会ったこともないらしい。彼の妻は会ったことがある、とってはいるが、それでも極めて丁寧な対応だったという。

エンブレムは通称「暴れ」、種名は一部を除き闘名前が使われている。

ガルウィングドアの代名詞として、最も一般に認知されているのはランボルギーニカウンタック以降のランボルギーニ社製のである。だが、斜め上に跳ね上げるドアの名称は正確には「バーチカル(垂直)ドア」、「シザースドア」(シザース=鋏)、「ジャックナイフドア」と言う名称が本来の正しい名称である。

創業後の経営は決して安定したものではなく、特にBMWから委託されたM1の生産を巡るゴタゴタによって一度は倒産の憂きを見ることになる。その後は、フランスの実業に買われたり、クライスラー下になったり(この頃にV12エンジンを作ってF1にも参戦した)、はたまたインドネシアメガテックに買われたりと紆余曲折を経ることになった。

結局1999年フォルクスワーゲングループアウディ下となり、ようやく安定した経営状況となった。これによって開発にもアウディが深く関わるようになって以降、工業製品としての完成度は劇的に向上した。しかし、その代償として往年の”ランボらしさ”、要は「扱いにくい暴れ」というアイデンティティが失われスポーツカーに成り下がったとして近年の種を好まないマニアも少なくない。

代表的なモデル(自動車)

農業機械

ランボルギーニの創業時の事業であるが、事業分離と売却を経て乗用車とは全く別の会社になった。ロールス・ロイスが、乗用車とタービンエンジンメーカーで別になっているのと同じようなもの。

トラクター製造の始まりは、1948年フェルッチオ・ランボルギーニが中古トラックエンジンを流用してトラクターを作ったところから。戦前イタリアでは輸入制限によりトラクターしか販売されなかったものの、大で高価なランディーニ製と、小軽量だが耐久性に難のあるフィアット製に二極化していた。ランボルギーニは多くの農民に買いやすい値段で、耐久性のあるトラクターを作ろうと思い事業を始めた。このトラクターは成功し、ランボルギーニにをもたらすことになる。
1973年トラクター部門は同業のSAMEに買収される。1995年にはドイツのDeutz-Fahrともグループを作り、現在に至る。

ロゴには乗用車と同じがあしらわれているが、こちらはシールドと社名が付かない。

モデル一覧(農業機械)

モデルは同じグループに属するDeutz-FahrSAMEと共通性を持つ。

日本での販売

日本では、外資系総合商社コーンズ・アンド・カンパニー・リミテッド農業部門である株式会社コーンズ・エージーが輸入販売を行っている。上記種の内、輸入しているのはR6とR8のみである。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

外部リンク

トラクター関係

備考

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 4
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

ニコニ広告で宣伝された記事

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ランボルギーニ

40 ななしのよっしん
2019/01/27(日) 22:57:28 ID: 1Y96eeH1cT
フンボルギーニって言葉、よく分らなかったけど画像で検索してみたら割と似ててワロタ
👍
高評価
0
👎
低評価
0
41 ななしのよっしん
2020/07/21(火) 09:29:11 ID: ztbYk1F1N2
フェラーリ関係者とランボルギーニ関係者は仲悪いみたいなイメージがあったが、ネタの噂話のせいか?
👍
高評価
0
👎
低評価
0
42 ななしのよっしん
2020/11/11(水) 15:40:21 ID: GFzGOP795l
👍
高評価
0
👎
低評価
0
43 ななしのよっしん
2021/03/24(水) 02:37:07 ID: eCSpHbV8XK
ランボルギーニトラットリーチ
農業機械の方のランボルギーニアウトモービリの方より創設も創業もく、自動車の方とは経営者や所有者が同じという以外一度も資本関係がかったっぽい。

ランボルギーニ乗用車
フェルッチオ・ランボルギーニが計画した物。アウトモービリ創設前から計画が進んでいたが、関係者の雇用関係がフェルッチオ個人の物なのか、トラットリーチが挟まってるのかは分からん。
これがスーパーカーランボルギーニルーツとなる。

アウトモービリ・ランボルギーニ
乗用車ランボルギーニを売る頃には経営者が同じ以外全に別会社であり、トラクターと同じ会社という表現は現在のみならず歴史的にも間違い。強いて言えば同じグループだったと言えなくもないが、それもやや強引だと思う。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
44 ななしのよっしん
2021/12/17(金) 05:05:25 ID: WBN7Fm15Y3
アベになってから、みんな吹かししまくりで
中古とかすぐ壊れそう
👍
高評価
0
👎
低評価
0
45 ななしのよっしん
2022/01/14(金) 22:23:17 ID: YNaTD203CG
ディーラーで売ってるクルマで買うなんて、ペットショップを選ぶようなものだ

男なら野性のランボルギーニを捕獲、調教し、手懐けて初めて乗りこなしたと言える
👍
高評価
0
👎
低評価
0
46 ななしのよっしん
2022/02/24(木) 15:22:32 ID: W7nAXcQrAW
盗難かな?
👍
高評価
0
👎
低評価
0
47 ななしのよっしん
2023/02/22(水) 20:33:44 ID: VRviSO/xZW
👍
高評価
0
👎
低評価
0
48 ななしのよっしん
2023/08/19(土) 08:58:30 ID: jE9JnRpiGg
ヒカルに爆破された
👍
高評価
0
👎
低評価
0
49 ななしのよっしん
2024/04/16(火) 20:07:05 ID: i6N7EZNt4T
ウラカンの稲妻ランプ二のカッコ良さでサイバーパンクデザインも相俟って惚れました(値段が下手な歴史建築物より高いのは驚きだけど…)
コレをえるデザインランボは現れないのではないのか…?
👍
高評価
0
👎
低評価
0