ラヴァル単語

ラヴァル
7.1千文字の記事
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

ラヴァルとは、遊戯王OCGシリーズモンスターの1つである。

概要

樹海の広がる溶岩地帯にラヴァルはあった。
戦闘民族である彼らは、闘いをめて新たな争いの火種を生み出し続け、隣接するジェムナイトとの抗争は絶えなかった。
彼らの瞳に映る炎には争いという業火によって焼き尽くされたその先の未来は映し出されていない―

                                ‐デュエルターミナル内のデッキ「灼熱の岩石圏」より引用

DUEL TERMINALヴァイロン降臨!!-」にて登場した、炎属性モンスターで構成されているカテゴリー
属しているモンスターの多くが、「墓地にラヴァルを送る」、「墓地のラヴァルをゲームから除外して効果を発動する」、「墓地のラヴァルの種類によって効果を使える」等、とにかく墓地と密接にかかわっている。
そのため、墓地に送られるカードゲームから除外する「次元の裂け」等を出されると苦戦を強いられる。

因みに「ラヴァル炎〇〇の〇女」等の一部ラヴァルモンスターの守備は200のため、「炎の爆発」に対応している。そこから複数のシンクロモンスターを出し、一気に有利になることも可

カード解説

カードテキスト遊戯王Wikiより引用

ラヴァルのモンスター

ラヴァルの炎回し
効果モンスター
3/炎属性/炎族/攻 300/守 400
このカード戦闘によって破壊され墓地へ送られた時、
自分のデッキから「ラヴァル」と名のついたモンスター2体を
選択して墓地へ送る事ができる。

墓地にラヴァルを送れるモンスター
一度に2体送れ、戦闘破壊されたこのカード墓地に送られているため、墓地のラヴァルの種類を最大3種類増やせる。

ラヴァル・ウォリア
効果モンスター
4/炎属性/戦士族/攻1800/守 500
このカード戦闘によって相手モンスターを破壊した場合に
自分の墓地に「ラヴァル」と名のついたモンスターが4種類以上存在する場合、
その戦闘で破壊したモンスターの攻撃分のダメージを相手ライフに与える。

墓地に4種類以上ラヴァルがいれば、「E・HERO フレイムウイングマン」と同じ効果を得る。
が、序盤は4種類いづらいので、効果を使うのは基本中盤からになる。

ラヴァル炎樹海幼女妖女
チューナー(効果モンスター
2/炎属性/炎族/攻 300/守 200
このカードフィールド上から墓地へ送られた時、
自分フィールド上に表側表示で存在する
「ラヴァル」と名のついたモンスターの攻撃エンドフェイズ時まで、
自分の墓地に存在する「ラヴァル」と名のついた
モンスターの数×200ポイントアップする。

ラヴァルの攻撃を上げる効果を持つ。
チューナーなのでシンクロ素材にしつつ効果を発動するという芸当もできる。

ラヴァルバーナー
効果モンスター
5/炎属性/炎族/攻2100/守1000
自分の墓地に「ラヴァル」と名のついたモンスターが3種類以上存在する場合、
このカードは手札から特殊召喚する事ができる。

サイバー・ドラゴン」と似たパラメーターを持つ。
しかしあちらとは違いフィールドに左右されないので、手札から複数枚特殊召喚も可
但し上級モンスター故、墓地にラヴァルがってない序盤に来ると腐るので注意。

ラヴァルロードジャッジメント
効果モンスター
7/炎属性/戦士族/攻2700/守1800
ターンに1度、自分の墓地に存在する「ラヴァル」と名のついた
モンスター1体をゲームから除外して発動する事ができる。
相手ライフ1000ポイントダメージを与える。
この効果を発動するターン
「ラヴァルロードジャッジメント」は攻撃宣言をする事ができない。

ラヴァルの最上モンスター
ダメージはそれほど低くない数値だが、攻撃できなくなるのは痛い。

ラヴァルバルドラゴン
シンクロ・効果モンスター
5/炎属性/ドラゴン族/攻2000/守1100
チューナーチューナー以外の炎属性モンスター1体以上
自分の墓地に存在する「ラヴァル」と名のついたモンスター2体をデッキに戻し、
相手フィールド上に存在するカード1枚を選択して発動する。
選択したカードを持ちの手札に戻す。

ラヴァル初のシンクロモンスター
「破壊」ではなく「手札(あるいはエクストラデッキ)に戻す」なので、「スターダスト・ドラゴン」や「六武衆-シエン」等に対処できる。
シンクロモンスターにはモンスター除去効果を持つ「A・O・J カタストル」というライバルがいるが、あちらは攻撃を介さないといけないため、それとは差別化できるだろう。

ラヴァル・グレイター
シンクロ・効果モンスター
6/炎属性/戦士族/攻2400/守 800
チューナーチューナー以外の炎属性モンスター1体以上
このカードシンクロ召喚に成功した時、自分は手札を1枚墓地へ送る。
このカードカードの効果によって破壊される場合、
代わりに自分の墓地に存在する「ラヴァル」と名のついたモンスター1体を
ゲームから除外する事ができる。

「ラヴァルバルドラゴン」と同時に登場したシンクロモンスター
破壊耐性をもっているが、手札を捨てるデメリットが痛い。
また、後述する「ラヴァルバルドラグーン」の登場によって、そちらに出番を取られてしまうことに。

ラヴァル・ツインスレイヤー
シンクロ・効果モンスター
5/炎属性/戦士族/攻2400/守 200
チューナーチューナー以外の炎属性モンスター1体以上
自分の墓地に存在する「ラヴァル」と名のついたモンスターの数によって、
このカードは以下の効果を得る。
●2体以上:このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、
もう1度だけ続けて攻撃する事ができる。
●3体以上:このカードが守備表示モンスターを攻撃した時、
その守備を攻撃えていれば、その数値だけ相手ライフ戦闘ダメージを与える。

「V JUMP EDITION 2」にて登場したシンクロモンスター
5ながら攻撃が高く、守備モンスターに対して強な効果を発揮する。
マシュマロン」や「を削る死霊」相手なら、相手のライフを大幅に削れる。

ラヴァル炎火山
チューナー(効果モンスター
1/炎属性/炎族/攻 100/守 200
自分の墓地に「ラヴァル炎火山女」以外の
「ラヴァル」と名のついたモンスターが存在する場合にこのカード墓地へ送られた時、
自分のデッキから「ラヴァル」と名のついたモンスター1体を墓地へ送る事ができる。

どこから墓地に送られても効果を使えるが、テキストが「~した時、~できる。」なのでタイミングを逃す性があるため注意。
因みに、「待女」の効果で「待女」を墓地に送れば、その「待女」の効果を発動できる。

ラヴァル・キャノン
効果モンスター
4/炎属性/戦士族/攻1600/守 900
このカードが召喚・反転召喚に成功した時、
ゲームから除外されている自分の「ラヴァル」と名のついた
モンスター1体を選択して特殊召喚する事ができる。

除外されているラヴァルを特殊召喚できる。
ラヴァルには除外するカードが多くあるため、効果を発動しやすい。

ラヴァル・ステライド
シンクロ・効果モンスター
7/炎属性/炎族/攻2700/守1800
チューナーチューナー以外の炎属性モンスター1体以上
このカードシンクロ召喚に成功した時、自分は手札を1枚墓地へ送る。
このカードカードの効果の対になった時、
自分の墓地に存在する「ラヴァル」と名のついた
モンスター1体をゲームから除外する事で、その発動を効にし破壊する。

「ラヴァル・グレイター」と似たようなシンクロモンスター
あちらとは違い「強制脱出装置」や「邪帝ガイウス」等に対応するようになったが、「地砕き」や「聖なるバリア-ミラーフォース-」には対応していない。

ラヴァル・ランスロッド
効果モンスター
6/炎属性/戦士族/攻2100/守 200
このカードリリースなしで召喚する事ができる。
この方法で召喚したこのカードは、エンドフェイズ時に墓地へ送られる。
フィールド上に存在するこのカードが破壊され墓地へ送られた時、
ゲームから除外されている
自分の炎属性モンスター1体を選択して手札に加える事ができる。

「V JUMP EDITION 4」にて登場した上級モンスター
除外機会の多いラヴァルでは、後半の効果を使いやすい。
但し、最低「破壊」されないと効果を使えないため、リリースなしで召喚したこのカードエンドフェイズ時に墓地に送られた時には効果は発動しない。

ラヴァルのマグマ砲兵
効果モンスター
4/炎属性/炎族/攻1700/守 200
手札から炎属性モンスター1体を墓地へ送って発動する。
相手ライフ500ポイントダメージを与える。
この効果は1ターンに2度まで使用できる。

ダメージを与えられるが、効率が悪い。
一応「炎の爆発」に対応しているので、1枚は入れておきたい。

ラヴァル炎畔の淑女
チューナー(効果モンスター
3/炎属性/炎族/攻 200/守 200
自分の墓地に「ラヴァル」と名のついたモンスターが3種類以上存在する場合、
自分の墓地に存在するこのカードと「ラヴァル」と名のついた
モンスター1体をゲームから除外して発動する事ができる。
相手フィールド上にセットされたカード1枚を選択して破壊する。

セットカードを破壊するチューナー
このカードもラヴァルなので、ほかに2種類のラヴァルが墓地にいれば効果を使える。
この効果で突破口を開き、一気に場を制圧したいところ。

ラヴァル・コアトル
チューナー(効果モンスター
2/炎属性/炎族/攻1300/守 700
自分の墓地に「ラヴァル」と名のついたモンスターが3種類以上存在する場合、
このカードは手札から特殊召喚する事ができる。

「ラヴァルバーナー」と同じ効果を持ったチューナー
あちらとは違い通常召喚可チューナーなので手札で腐りにくい代わりに、攻撃が低い。
「ラヴァルバーナー」と併用すれば、通常召喚せずに7のシンクロモンスターシンクロ召喚できる。

ラヴァル・ガンナー
効果モンスター
4/炎属性/戦士族/攻1200/守 800
このカードが召喚に成功した時、
自分の墓地に「ラヴァル・ガンナー」以外の
「ラヴァル」と名のついたモンスターが存在する場合、
自分のデッキの上からカードを5枚まで墓地へ送って発動する事ができる。
このカードの攻撃は、この効果を発動するために墓地へ送った
「ラヴァル」と名のついたモンスターの数×200ポイントアップする。

墓地カードを送れるモンスター
攻撃も上昇するがあまり安定せず、安定した攻撃上昇を狙うなら「カードガンナー」のほうが扱いやすい。
このカードを使うなら、5枚も墓地に送れ、ラヴァルや戦士族であることを利用したい。

ラヴァルバルドラグーン
シンクロ・効果モンスター
6/炎属性/ドラゴン族/攻2500/守1200
チューナーチューナー以外の炎属性モンスター1体以上
ターンに1度、自分のメインフェイズ時に発動する事ができる。
自分のデッキから「ラヴァル」と名のついたモンスター1体を手札に加え、
その後手札から「ラヴァル」と名のついたモンスター1体を墓地へ送る。

手札交換を行えるシンクロモンスター
手札を消費せずに墓地のラヴァルを増やせるのは強
また、この効果で「ラヴァル炎火山女」を墓地に送れば、「待女」の効果も相まって墓地のラヴァルを大幅に増やせる。

ラヴァルバルイグニス
エクシーズ・効果モンスター
ランク3/炎属性/戦士族/攻1800/守1400
レベルモンスター×2
このカード戦闘を行うダメージステップ時に1度だけ、
このカードエクシーズ素材を1つ取り除いて発動する事ができる。
このカードの攻撃エンドフェイズ時まで500ポイントアップする。

ラヴァル初のエクシーズモンスター
実質攻撃300モンスターだが、単にアタッカー的で入れるなら「No.17 リバイス・ドラゴン」の方がいい場合がほとんど。
どうしても使うのであれば、ラヴァルや戦士族であることを利用して、差別化を図りたいところ。

ラヴァル・フロギス
4/炎属性/炎族/攻1700/守 800
このカード墓地へ送られた時、 自分フィールド上に表側表示で存在する全ての
「ラヴァル」と名のついたモンスターの攻撃300ポイントアップする。

ラヴァルの攻撃を上昇させる。
永続的に続くが、上昇量が乏しいため、採用はされづらい。

ラヴァルバル・チェイン
ランク4/炎属性/海竜族/攻1800/守1000
レベルモンスター×2
ターンに1度、このカードエクシーズ素材を1つ取り除き、
以下の効果から1つを選択して発動する事ができる。
●自分のデッキからカードを1枚選択して墓地へ送る。
●自分のデッキからモンスター1体を選択してデッキの一番上に置く。

ラヴァルのエクシーズモンスター。詳細を知りたい方は『ラヴァルバル・チェイン』の記事も参照。
2つの効果はどちらもデッキカードを操作する効果であり、どれも強
前者は単なる墓地肥やしや「ジェムナイトフュージョン」等の墓地にあっても使用できるカードを送れ、
後者は「カオス・ソルジャー -開闢の使者-」等の強な制限・準制限カードい段階で持ってこられる。
総じてコンボが非常に高く、ランク4のエクシーズモンスターを出せる構築なら投入して損はない。
但し、攻撃は下級アタッカー並みなので、効果を2回使うのは難しい。

2016年4月には、その汎用性ゆえ禁止カード定される。

ラヴァルの魔法・罠カード

の炎
速攻魔法
自分の墓地に存在する「ラヴァル」と名のついたモンスター
任意の枚数ゲームから除外して発動する。
このカードを発動するために除外したモンスターの数だけ
自分フィールド上に「ラヴァルトークン
(炎族・炎・1・攻/守0)を守備表示で特殊召喚する。

「ラヴァルトークン」を特殊召喚するカード
このトークンは単体では戦になりえないので、リリースシンクロ素材等に使用したい。

炎熱旋
永続
自分フィールド上に表側表示で存在する
「ラヴァル」と名のついたモンスターの攻撃は、
自分の墓地に存在する「ラヴァル」と名のついた
モンスターの数×100ポイントアップする。

場のラヴァルの攻撃を上昇させるカード
複数枚使用すれば大幅な攻撃上昇を期待できるが、除外を多用していると墓地になりがちなので注意。

炎渦の胎動
カウンター
手札から「ラヴァル」と名のついたモンスター1体を墓地へ送って発動する。
カードの発動を効にし破壊する。
また、このカード墓地に存在する場合、
自分の墓地に存在する炎属性モンスター2体をゲームから除外する事で、
このカードを手札に加える。

ラヴァルのカウンター
単にカード効にするなら「盗賊七つ道具」を使った方がいい。
このカードを使うなら、条件付きだが再利用できる点を活用したい。

爆発
通常
自分の墓地に存在する「ラヴァル」と名のついた
モンスターを全てゲームから除外して発動する。
除外したモンスターの数までフィールド上に存在するカードを破壊する。

場のカードを複数枚破壊する。
一度発動すると墓地のラヴァルがなくなるので、二枚目以降のこのカードや一部ラヴァルモンスターの効果が使えなくなる欠点がある。
そのため、発動するタイミングは慎重に見極めたい。

炎熱伝導場
通常魔法
自分のデッキから「ラヴァル」と名のついたモンスター2体を墓地へ送る。

デッキのラヴァルを墓地へ送れるカード
「待女」+他のラヴァルを送れば、最大5体ものラヴァルを墓地へ送れる。
炎の爆発」と組み合わせれば大量展開ができ、その気になれば「スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン」や「シューティング・クェーサー・ドラゴン」等、出すのに苦労するモンスターを出すことも可

その他ラヴァル関連カード

地帯を飛ぶ
チューナー(効果モンスター
1/炎属性/族/攻 100/守 0
このカードシンクロモンスターシンクロ召喚に使用され
墓地へ送られた場合に自分の墓地に「ラヴァル」と名のついた
モンスターが3種類以上存在する場合、
このカードを自分フィールド上に特殊召喚する事ができる。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールド上から離れた場合
ゲームから除外される。

連続シンクロ召喚を狙えるカード
チューナーにはすでに「炎の爆発」対応の「ラヴァル炎火山女」がいるため、ラヴァルの名を冠しないこのカードの採用は難しい。

炎熱プロミネンス
効果モンスター
4/炎属性/戦士族/攻1800/守 600
ターンに1度、自分の墓地に存在する「ラヴァル」と名のついた
モンスター1体をゲームから除外して発動する事ができる。
このカードの攻撃エンドフェイズ時まで300ポイントアップする。
この効果は相手ターンでも発動する事ができる。

実質攻撃2100のモンスター
除外したモンスターは「ラヴァル・キャノン」や「D・D・R」で特殊召喚したい。

灼熱工の巨匠カエン
効果モンスター
3/炎属性/岩石族/攻1200/守 200
自分の墓地に存在するこのカードゲームから除外して発動する。
自分フィールド上に表側表示で存在する
「ラヴァル」と名のついたモンスターの攻撃は400ポイントアップする。

ラヴァルの攻撃を上げるモンスター
攻撃の上昇量が乏しく、「スキル・サクセサー」の存在もあるため、採用出来るかというと微妙なところ。

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%A9%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%AB
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ラヴァル

59 ななしのよっしん
2020/08/21(金) 11:38:33 ID: tuYE4HHWLL
後付けでそれっぽい理由付けて
ラヴァル復活したということにしといて
新規貰えないだろうか

例えば地獄の門が開いて旧種族が復活したとか…
60 ななしのよっしん
2020/10/17(土) 17:40:47 ID: 4NFcZcrtGx
次の新弾で新規来るよ
61 ななしのよっしん
2021/01/02(土) 20:09:02 ID: xPYAu/I5Kg
セレクション10という前触れがあったとはいえレギュラーパックで関連カード一気に2枚も来るとは
炎雄爆誕の方はどちらかというとフレムベルの関連カードかもしれないけど

炎雄爆誕
https://twitter.com/YuGiOh_OCG_INFO/status/1345203158084009991exit
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の墓地の守備200の炎属性モンスターの中から、チューナー1体とチューナー以外のモンスター1体を対として発動できる。
そのモンスター2体を除外し、そのレベルの合計と同じレベルを持つ炎属性Sモンスター1体をEXデッキから特殊召喚する。

ラヴァルバル・エクスロー
https://twitter.com/YuGiOh_OCG_INFO/status/1345218257989623809exit
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
62 ななしのよっしん
2021/01/03(日) 03:48:56 ID: 5zR17xVsPc
低いしセレクション10で満足に組めるように再録充実してる訳でもないし
挙句の果てにはレギュラーパックとの連動新規も産廃でひでーなこりゃ

新規二枚で全く噛み合ってないのを作るのが今のコネミのトレンドなのかな?
シンクロ関連どれも悲惨なの観るに今の公式シンクロ召喚そんなに嫌いなのかね?
63 ななしのよっしん
2021/01/04(月) 18:36:13 ID: FUPze4Bedg
エクスロード、破壊だけじゃなく効化くらい付けてくれよ…
②は気休めにもならない発動条件と効果以前に炎雄爆誕で出したらそもそも使えないのギャグでしょ
64 ななしのよっしん
2021/01/11(月) 08:43:50 ID: rkZ05F+29Q
元から強い10期はまたぶっ壊れ出してたり極端に優遇してて
7期関連は露ゴミ出張するだけの雑なカードかなの観るに公式の扱いの差が丸分かりだねあれ
もう諦めろ
65 ななしのよっしん
2021/01/12(火) 23:07:36 ID: bYT4cn3eqJ
炎雄爆誕に対応する探してみたらS召喚された場合限定で笑うしかない
アーチャー属性制限もせめてEXのみにしてくれと
66 ななしのよっしん
2021/01/13(水) 18:23:47 ID: 5zR17xVsPc
エクスロー
効にして破壊だと強すぎるから…とか言われてて流石にうわぁって思ったわ
こんなの強い!とか言うも居るしなんなのその感覚…今何期だと思ってんだよ…

やだなぁこういう低性なのがテーマ強化扱いで出てくるの…
今後もこういう弱い新規宛がわれるだろうし
犠牲になるテーマは可哀想だわ
67 ななしのよっしん
2022/03/14(月) 13:02:55 ID: tuYE4HHWLL
扱いがヤムチャ級になってる気がする
序盤では主人公ライバルとして登場したものの
パワーインフレについていけなくて退場したキャラ
遊戯王で言うなら三沢が近いか
68 ななしのよっしん
2022/03/14(月) 13:50:00 ID: FUPze4Bedg
マスターデュエルレアリティ設定ほんま容赦なさ過ぎる
副垢も使わずに組んでる人なんておらんやろ

おすすめトレンド