ラ・マンチャの男単語

ラマンチャノオトコ

ラ・マンチャの男とは、ミゲル・デ・セルバンテスの小説ドン・キホーテ
著者であるセルバンテス自体の人生モチーフにしたミュージカル作品、または映画作品である。
脚本はデール・ワッサーマン(カッコーの巣の上で)、音楽はミッチ・リィ、初演リチャードカイリ

概要

あらすじ

時は1600年頃のスペイン
作家であるセルバンテスはレパント戦で捕虜となり、投される。軍法裁判を待っていた。
(またはカトリック教会を冒涜したと言う罪で逮捕、投されて宗教裁判を待っていた。)
ではガラの悪い囚人たちが導のもと裁判と称してセルバンテスの荷物に手をだそうとする。
セルバンテスは自身のドン・キホーテの原稿を守るためにに即劇による弁明を申し出る。
人出が足りないからと囚人たちに役を与え、劇に巻き込んでいくうちに---

ミュージカルナンバー

1. 序曲
2. 芝居を始めましょう
3. ラ・マンチャの男-こそドン・キホーテ-
4. 食い物だ!だ!アルドンザ!、同じことさ
5. 気高いお方
6. ドルシネア
7. あの方が心配で
8. 信書「最高の貴婦人
9. 記念の品って何んだい?
10. 旦那が好きなのさ
11. 何が望みなの?
12. かがやって来る!
13. 床屋の唄
14. の兜を引き渡せ
15. マンブリーノのの兜
16. 私のドルネシア
17. 何故こんなことを?
18. わが使命、見果てぬ夢
19. 騎士叙位の唄
20. 憂い顔の騎士

評価

ラ・マンチャの男はセルバンテスと対になる劇中劇ドン・キホーテ
そして劇中の現実であるアロンソキハーナ、アロンソ妄想世界であるドン・キホーテ三重の構造になっており、
演じる方も見る方も理解をめられる非常に難しい演となっている。

日本におけるラ・マンチャ

松本幸四郎演とする演が有名である、
市川五郎時代には実際にブロードウェイで歌も含めて代役を立てることなく全て英語で熱演し、
脚本家であるデール・ワッサーマンから
「彼こそがラ・マンチャであり、ラ・マンチャこそが彼だ!」と叫ばれるなど、その演は伝説になっている。

関連商品

関連リンク

帝国劇場 ミュージカル 「ラ・マンチャの男」公式ホームページexit

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%A3%E3%81%AE%E7%94%B7

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ラ・マンチャの男

1 ななしのよっしん
2014/06/17(火) 07:09:07 ID: f9kVZ4Uz+q
マン子!ラ・の男はまだか!!!!11!!

急上昇ワード