ラーイ単語

ラーイ
3.8千文字の記事
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

ラーイ(Rahy)は、1985年アメリカ生まれの競走馬種牡馬である。

良血とそれ故の高評価からすると物足りない競走成績であったが、種牡馬としてはその良血を爆発させ大活躍を遂げた。

概要

は後の大種牡馬種牡馬入り々にGIを出し既に片鱗を覗かせていた新進気鋭のBlushing Groom1980年エクリプス賞最優秀古・ソヴリン年度代表馬および1980・81年ソヴリン賞最優秀古を受賞し後にカナダ競馬殿堂入りもしたGlorious SongHaloというビカビカの良血である。

の生産者はケンタッキー州のヒルンデイルファームという牧場産を行っていたジョン・シクラJr.というである。Glorious Songは元々ネルソンバンカーハントという大オーナーブリーダーの所有馬だったが、シクラ1983年に同800ドルという途方もない額で購買し、Glorious Songがその時受胎していたNijinsky(後の*グランドオペラ)を産んだ後にBlushing Groomを配合して本を生産した。

の全Devil's Bagが本が産まれる2年前にエクリプス賞最優秀2歳を受賞したということも手伝って当初から期待がかからないわけがなく、1歳7月キーランドセールに上場されると200万ドルという高額でドバイのマクトゥーム殿下に落札され、イギリスに渡ってマイケル・スタウト厩舎の管理としてデビューすることになった。

競走成績

2歳7月デビューすると初戦とサイニアS(L・6ハロン)を勝ってさっくり2連勝し、ミルリーフS(GII・6ハロン)に出走したが、翌年のコロネーションS(英GI)を勝つことになるMagic of Lifeの3着に敗戦。続くミドルパークS(GI・6ハロン)もGallic Leagueの1身半差2着に敗れてシーズンを終えた。

3歳時は当初不調に喘いだことから8月の復帰となり、復帰初戦は勝ったが、その後は2連敗し3戦1勝で終えた。シーズン終了後にアメリカのニール・ドライスデール厩舎に移籍した。

移籍初戦の芝9ハロンの一般競走で4着に敗れた後、初ダートの一般競走(8.5ハロン)に出走するとこれを6身差で勝ち、以降は引退まで一貫してダートで出走した。移籍後初勝利の次戦となったハンデ戦も5身差で楽勝し、この12日後のベルエアH(GII・1マイル)でも、2着Hot Operatorに10身差をつけ圧勝した。このレースで3着に破ったRuhlmannはこの年のマーヴィン・ルロイH(GI)の勝ちで翌年にもサンタアニタH(GI)を勝つ強であった。

しばらく休養を挟んで次走は約3ヶ後の10月に開催されるハロルド・C.ラムザー・シニアH(GIII・8.5ハロン)となったがここでは重賞4勝のPresent Valueの1身半差2着に敗れ、続くグッドウッドH(GIII・9ハロン)もPresent Valueに敗れ2着となり、これを最後に引退した。通算13戦6勝。
重賞GII1勝、獲得賞ドル換算で34万7767ドルで、200万ドルで落札されたということを考えると競走馬としては少し物足りない成績であった。

種牡馬成績

引退後、ケンタッキー州のスリーチムニーズファームが所有権の半分を購入し、初年度種付け料1万5000ドル種牡馬入りした。既にBlushing Groom種牡馬としての評価も確立していたことで本などの後継種牡馬人気を集め、その期待に応えて2世からいきなりGI11勝を挙げたSerena's Songを出した。更には世界を股にかけて活躍した*ファンタスティックライトなども出し、ステークスウィナー91頭、産駒の獲得賞は通算9700万ドル以上という大活躍を見せた。

としても優秀な成績を残しており、Giant's Causewayを筆頭に100頭以上のステークスウィナーを出し、Giant's Causewayカルティエ年度代表馬を受賞した2000年には英リーディンブルーメアサイアーを獲得している。

2009年に受精率の低下のため種牡馬引退し、2011年9月22日に老衰に伴う合併症のため26歳で死亡。直系はNoverre(サセックスS)→Le Havre(ジョッケクルブ賞)のライン軸となり、安泰とは言えないもののそこそこの勢を保っている。

血統表

Blushing Groom
1974 栗毛
Red God
1954 栗毛
Nasrullah Nearco
Mumtaz Begum
Spring Run Menow
Boola Brook
Runaway Bride
1962 鹿毛
Wild Risk Rialto
Wild Violet
Aimee Tudor Minstrel
Emali
Glorious Song
1976 鹿毛
FNo.12-c
Halo
1969 黒鹿毛
Hail to Reason Turn-to
Nothirdchance
Cosmah Cosmic Bomb
Almahmoud
Ballade
1972 黒鹿毛
Herbager Vandale
Flagette
Miss Swapsco Cohoes
Soaring

クロス:Pharamond 5×5(6.25%)、Mahmoud 5×5(6.25%)

主な産駒

1992年産

1995年産

1996年産

1997年産

1998年産

2002年産

2003年産

2004年産

2005年産

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ラーイ

1 ななしのよっしん
2022/01/02(日) 19:05:48 ID: Kld2ZcbKfh
記事立て

>ビカビカの良血
ピカピカじゃなくてビカビカとは変わった表現だな
👍
高評価
0
👎
低評価
0