リカント(SW2.5)単語

リカント
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

リカント(SW2.5)とは、TRPGソード・ワールド2.5』に登場する一種族である。

名前の由来はリカントロープ(lycanthrope ライカンスロープの別読み)であり、一般的に人狼すが、この作品においては哺乳類の特徴をもつ獣人全般の種族名である。

概要

ソード・ワールド2.5から新たに追加された種族であり、舞台であるアルフレイ大陸土着の種族である。大雑把な説明をしてしまえば人族版ライカンスロープである(というか名前もそのまんまだし)。

普段は人間の体にフサフサの大きな尻尾を持つ程度だが、後述する種族特徴[変貌]を使用する事で頭部をの姿に変貌させる筋を増大させることができる(個体によっては体の一部、あるいは全身が毛深くなり、さらにフッサフサのモッフモフになる)。
寿命は約150年と人間よりも若干長め、身長男性は大柄で、女性はやや小柄な傾向らしい。

[変貌]する際の頭部の形状はイヌ科の動物が多い傾向にあるそうだが、虎や獅子などのネコ科の動物はもちろん、哺乳類全般(雑食も含む)であればなんでも存在する。公式リプレイではイヌ科・ネコ科以外にラーテルイタチ仲間)やセンザンコウ哺乳類一鱗を持つ雑食動物)が登場している(公式く、希少種ではあるがシャチのような海洋哺乳類も存在するとのこと)。[変貌]時の外見は部族や親兄弟で似ることが多いが、様々な血の交流の結果、家族全員が違う動物のものということもあるそうな。

詳細設定

紀文明時代には、人間と共存し、平和に暮らしていたそうだが、魔法文明時代には種族的に魔法の才に乏しかったことから奴隷のように扱われ、魔動機文明時代の初期には他大陸の入植者たちに住処を追われ、さらには〈大破局〉後の混乱期には、その外見から蛮族と混同されて迫を受けるという、かなり悲惨な歴史を持つ種族である。
しかし、リカントの多くが深い恨みを持つような事のない陽気かつ前向きな、過去にあまりこだわらない性格であること、そんな彼らに歩み寄ろうと尽してきた者たちの活躍によって、現在は人族の一員として受け入れらている(公式短編集『ソード・ワールド2.5 ショートストーリーズ 呪いと祝福の大地』のエピソードの1つにそんな彼らの迫と対立、そして和歴史の一幕が収録されている)。

基本的に氏族を中心に、自然の中で独自の集落を作ることを伝統としているが、他種族との交流にも積極的であり、町中で見かけることも多い(ルールブックⅠで人口の割合が人間に次ぐ3割のが存在したり、公式リプレイでもPCNPC問わず頻繁に登場している)。

古くから蛮族との戦いには積極的で、特に種族名の元ネタ的にも特徴的にも的な向き不向きにも多くの共通点を持つ蛮族であるライカンスロープに対しては深い恨みを持つ事がないとされるリカントにしてはしく強い憎しみを持っているそうだ。また2.5から新たに登場した魔神達の巣窟とでもいうべきダンジョン奈落の魔域(シャロウ・アビス)”の存在は自然ならざるものとして警し、破壊には積極的である。

種族の特性

器用度 敏捷度 生命
B- B+ B B B+ C

(全「生まれ」の均+ダイスの期待値が基準。生まれによって±1ランク程度の誤差が発生)

俊敏度と知が高くなりやすく、筋と生命も及第点。このため低レベルのうちは前衛なのに筋や生命よりも知の方が高いなんてこともあったりする。
しかし「技」が高めな生まれが多い割に器用度のダイスが1dなため若干物足りなさを感じ、「心」の値も並み程度であることに加えて精ダイスも1dなのでかなり低め。

[獣変貌]

動作で頭部がの姿に変わり、全身の筋が増強(筋ボーナスが+2)され、後述する特殊な[暗視]も得る。元に戻る場合も同じく動作を用いる。
レベルで種族特徴が強化されると1日に1回補助動作で[変貌]できるようになり、さらに11レベル以降は俊敏度ボーナスも+1される。

物理アタッカーとして非常に強な種族特徴だが、同時に「リカント」以外の言を話せなくなり(聞き取る事だけなら可)、行使に専用の言の発を必要とする魔法全般が使用不能になってしまうというデメリットが発生する(“基本的に”魔法を除くすべての魔法が行使不能になる)。

高めな知を持つリカントが純前衛になる事が多い最大の理由であり、この種族特徴の存在ゆえにアルフレイ大陸ではリカント以外のPTメンバーのうち1人はリカントの会話を習得しておく事が推奨される(テレパシーを持つ新種族「ティエンス」が通訳を担当すれば、話は別だが)。

[暗視(獣変貌)]

[変貌]時限定で、暗闇でも間と同じようにものが見える。
人族としては割りと重なのでありがたいのだが、使用している=[変貌]中なので通訳が必須になる。

長所

「優れた密偵となる」という宣伝文句通り、優れた俊敏度と知、そして[暗視(変貌)]によりPTのメインスカウトとして高い適正を持つ。さらに種族特徴の[変貌]によって打点を底上げできるので物理アタッカーとして活躍できる。防具は高い俊敏度や11レベル以降は[変貌]に俊敏度ボーナスも+1される事を生かす為に非金属を着こんだ回避がおススメ。
器用度が低めになってしまった場合は練技の【キャッツアイ】などで補おう。

他にもライダーアルケミストを取得してみるのも面い。どちらも知を用いた判定を行う事がそれなりにあり、[変貌]中の会話の不自由デメリットになりにくい。
セージ時であれば悪くない選択肢だが、戦闘が予測される場面や暗い場所を探索するような状況では[変貌]中である事が多く、通訳担当が通訳を必要とするという本末転倒なことになってしまうので、習得するのであれば魔物知識判定で(リカントの会話を習得している)メインセージ事故った時のための保険とするのが難。

短所

前衛としては筋・生命均的なので金属を装備し辛いことも合わせて意外と脆く感じることがある。
特に回避することができない魔法攻撃に対しては精が低い事もあって非常に苦手。戦闘特技の《頑強》を取得する、月光の魔符や消魔の守護石、【フィールドレジスト】などで対策するなどしてフォローしておきたい。

また、[変貌]を使用するとリカントしか話せなくなってしまうため、官以外の魔法使い魔法戦士には不向き。その官も精が低いためMPを確保し辛いのでメインでの運用には(特に序盤は)苦労する。

ただし、後述する裏技を使えば・操霊魔法だけは、GMの裁定次第ではあるが使用できないこともない。

リカントとライカンスロープ

獣化を持つ種族という事で世界観的にも得意分野的にも何かと混合されがちなリカントライカンスロープだが、以下のような相違点を持つ。

  • 人族なので穢れを持たず弱点もない。日光下でも問題なく活動できる。その分、総合的な値はあちらが勝る。
  • 元からアルフレイ大陸に存在する種族であるため、普通に繁殖によって数を増やす。人間とのハーフも存在する。
  • 排他的であまり他の蛮族と交流しないあちらに対して、こちらは他の人族との交流に積極的。
  • [変貌]前であっても尻尾を持つので人間と見分けるのは容易。
  • 獣化すると全身に剛毛が生えて防護点が増加するあちらに対して、こちらは筋が増強される。身体の変化も頭部と体の一部分のみであり、毛並みは柔らかく牙も武器としては使用できない。[暗視]も[変貌]中限定。
  • レベルで種族特徴が強化された場合、補助動作で変身を行えるのは人からに変わる場合のみ、また1日に1回のみである。

アビスカース「代弁する」アビス武具

基本的に[変貌]中は魔法以外の魔法を行使できないリカントであるが、2.5のルールブックで新たに追加された「アビス強化」という武器や防具を特殊な方法で強化することで、理やり魔法文明呪文を唱えて・操霊魔法を使用する事ができる(ほとんど裏技に近い方法なのでGM許可が必須だが)。

このアビス強化というものは“アビスシャード”と呼ばれるアイテムを一定数消費することで武器・防具に様々な効果を付与する強化方法であり、他の武器・防具強化にべて安価かつ強な効果を付与できる代わりに、「アビスカース」と呼ばれるデメリット効果がランダムで付与されてしまうというもの。言ってしまえば自分の武器や防具を呪いの装備品に改造するシステムである。

アビスカースの内容は武具の売却時の値段が半分になったり、が苦手になるような軽いものや、特定の技によっては実質デメリットなしで扱えるものから、手番の開始時に武器1/6確率で手からすっぽ抜けてしまったり、生死判定に冒険者レベルと同じ値のペナルティが付くような危険なものまで様々であるが、そのうちの1つ「代弁する」というアビスカースは「その武器を装備している間、自分の会話を武具がそのまま魔法文明の聞き取り辛いで話し、魔法文明以外の言での会話を行えなくなってしまう」というもの。
この呪いによって([異貌]中のナイトメアを除いて)・操霊・魔法以外の魔法が行使できなくなってしまうのだが、リカント魔法文明に変換されるという点を利用して、武具に魔法文明を発させることで、[変貌]中であっても・操霊魔法が行使できる…かもしれないである(重ねて言うがGM許可が必須である)。

……とは言ってもアビスカースの内容は「代弁する」を含めて全部で36通り存在し、どのアビスカースが付与されるかは全にダイス女神任せなので、実際のところ都合よく1/36を引き当てる事はそうそうない。一応、アビスシャードを追加で消費する事でアビスカースの内容を決め直すことはできるのだが、あくまでもダイスを振りなおすというだけなので、実際にそんな真似をすることができるのはアビスシャードが膨大に所持しているような特殊なレギレーションぐらいのものである。

関連動画

リカント(SW2.5)に関する動画はまだ存在しません。

関連静画

リカント(SW2.5)に関する静画はまだ存在しません。

関連商品

↓2.5の公式リプレイPCリカントが登場している。どちらも《追加攻撃》や《両手利き》で攻撃回数を増やし、[変貌]で強化して殴り掛かるアタッカーとして活躍している。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%88%28sw2.5%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

リカント(SW2.5)

1 ななしのよっしん
2019/12/19(木) 02:15:11 ID: gB386yx4LC
拙いながらも記事作成了。
アビスカースのくだりは余計だったかもしれない。
2 ななしのよっしん
2019/12/20(金) 00:46:33 ID: Scz2B/GEAE
作成乙です
前衛系が得意だしグラップラー作ってみようかな
3 ななしのよっしん
2019/12/26(木) 07:37:04 ID: UJtmfv2/lB
個人的には範囲攻撃(なぎ払い、テイルスイング、投げ強化)もおすすめかな?
連撃と同じか、それ以上に火力を宣言特技に頼れなくなったので……。
4 ななしのよっしん
2019/12/26(木) 11:35:36 ID: kTn6o9dlEE
記事作成乙
コンジャは全に種族特徴死ぬけど、ソサ(特に魔法戦士)は普通にありだと思う。常時の暗視をファミリアで得られる、ファミリアの代弁で変貌後でも魔法文明で会話可と色々抜けがある。

急上昇ワード

スマホで作られた新規記事

こちらの記事に加筆・修正してみませんか?

ムネアカハラビロカマキリ カッコウの許嫁 ワンタイムイベント