リゾート21単語

リゾートニジュウイチ

リゾート21[ーにじゅういち]とは、伊豆急行に在籍する2100系電車称(公式称)である。この名のほうが広く知られているので、こちらで表記する。

概要

鉄道による伊豆観光の切り札として、1985年昭和60年)に登場した。この車両の大きな特徴は「特急クラスの内装」と「ジョイフルトレインの如きアイデア」の車両を「普通列車」として「通年運用」させている事である。元々「1000系」と呼ばれていた、同社100電車更新した車両の導入が計画されており、実際に2編成が導入され3編成の増備が計画されていたが、方針を転換してまったく新しいコンセプト2100系が登場する事になった。その新なデザインなどで、翌年の昭和61年に「鉄道友の会」から「ブルーリボン賞」を受賞した。

初期に導入された2編成は、要部品に100形の発生品を使用していた。そのため、体こそ新しいが床下機器は25年選手であった。3編成からは、機器類は全部新製のものとなった。4編成ワイパー形状が変更になる等のマイナーチェンジが行われた。また、この編成より「ロイヤルボックス」が連結され、後に全編成へ波及した。その後、最終形となる「アルファ・リゾート21」が導入、デザインフルモデルチェンジがされた。

体は普通鋼製で、オリジナル編成では床屋とあだ名される、いボディにナナメ線が入ったものとなっている。また、オリジナルデザインでは、先頭の部分に「21」の文字デザインされていた(いずれも2013年現在では見ることができない)。先頭展望部分は仕切りなしのシアター形式(仕切りなしは1次~3次デビュー当時。後年に保安上、透明アクリが設置されている)となっており、どの席にいても前面展望が可になっている。構造および安全面から展望室は定員制(立席不可)となっており、人気も高い。そして中間側が大きなになっており、座席もを向いている。機器類は100形以来の抵抗制御・発電ブレーキを採用しているが、足回りが東急8000系系列でおなじみのTS-807(815)のマイナーチェンジ版のTS-827(828)を採用している。ちなみにギア100形系列よりも高速性にふった結果、東急8000系系列と同一となっている。

各編成とも先頭部に行先(種別)表示器を設置、基本は「使用」(特別編成では表示をしなかったり、ヘッドマークで覆われていた場合もある)。側面の客案内としては、ドア上にプラ製の横サボを掲出、電照式(LED式)などの種別・行先・号などを表示する器材は設けられていない。

具類は、R-1~R-4編成までが白熱灯2+尾1、加えて1黄色のフォグランプ)をそれぞれ鋼体前部左右に配置。R-5編成は鋼体部に2+尾1スカート部に全/減併用の白熱灯1をそれぞれ左右に配置。なお、についてJR線内では点規程がない(白熱灯の進行方向点のみ)ので、伊東線内でフォグランプを用いている記録は、webを丹念に漁ると存在することは存在するが、近年のそれは規の厳格化もあり、ほとんどないようだ。逆にいうと、伊豆急行線内の点規程は間・トンネル内のみ(2013年現在)。地上の間に点していたら「サービス」もしくは単なる消し忘れ、あるいは伊東構内であれば同構内の資産を保有する、JR東日本の規定による保安上の理由である。

東急線における運転

         ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|          あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|       『おれは鷺沼駅ホーム電車を待っていたら、
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ        特急列車みたいなのがの前を通ってた』
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人        と… 東急線に特急なんて ありえねーと思うが
     /'   ヾ|| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ        おれも何がなんだか理解できなかった…
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ        頭がどうにかなりそうだった…
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \    「手車」だとか「8642F」だとか
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ    そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/` /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ  もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…

1986年、第2編成が横浜東急車輌で落成した。この編成はそのまま伊豆急線へ搬入されると思いきや、長津田の授受線に到着した。そして長津田検車区において各種整備を重ねて、あろうことか東急線内を走行した。これは、田園都市線が開業して20年を迎え、その記念行事として東急線内を走行したものであり、仮設であるが東急ATSを設置した。その時の懸案であった車両限界は問題なくクリアし、保安上の関係で入線が出来ない新玉川線(当時)と両数の関係で入線できない池上線目蒲線東横線との重複区間以外)、こどもの国線と、そもそも路線の規格が異なる世田谷線以外の、すべての東急線で運転された。

この当時、東急線の電車ステンレス、もしくは旧3000系に代表される緑色であり、どちらかと言えば質実剛健の趣さえ感じるものであり、手さとは縁であった。その体にのストライプの電車は、東急線沿線に強な印を残した。

そして2年後の1988年、3編成東急線に入線した。この年、伊豆半島今井東急リゾート施設が開業、そのPRを兼ねて「リゾートエクスプレス 今井88」として再び東急線を走行した。

これを最後に、東急線内でリゾート21が走る事は現在まで実現していない。既に東急線内にはATC化されている路線もあり、技術的なハードル、乗り入れ先の飛躍的な増加・過密化によって他社局とも多大に調整せざるを得ないダイヤ、その他法規制の強化などもあって、実現が非常に難しくなっている、端的に述べれば「そんなイレギュラー電車を割りこませるスジはすでにい」のだと推察される。それを東急側でも熟知しているのか、広告にはJRとのコラボ伊豆PRのポスターを掲示したり、せめて東急線と接続しているから伊豆へのアクセスを…と思ったかどうかは定かではないが、東横線田園都市線乗り換えが存在する南武線経由の「リゾート踊り子」が運転される事がある。

なお、伊豆急車両東急線を走行したのはこれが初めてではなく、かつてのである100形の落成時、乗務員教習とPRを兼ねて、東横線において試運転を行った事がある。逆に東急の旧7000系などが、創期の伊豆急線において車両不足を補うべく、当時の国鉄から同じ任務のため派遣された旧電に混じって多客時輸送の応援に供された経験がある。

ロイヤルボックス

リゾート21に連結されている特別車両で、グリーン車扱いとなっている。元々、100形の一部編成にも内をにした車両として同じ名称の車両連結されていたが、それをさらに進化させたものとなっている。大きな特徴はプラネタリウムの様な天井装飾である。元々、トンネル区間が多い伊豆急線内でも退屈しないようにと設置されたであろうものであるが、各々の編成で装飾が異なっているのが特徴である。

そのため「ロイヤルボックス=天井装飾≒プラネタリウム」と言うイメージがあり、時刻表では「ロイヤルボックス連結」という表記があったため、リゾート21に乗れなくてもこの電車に乗れば天井装飾が見れるはず!と思って乗ってはみたものの、実際には100ベースだから見れなかったという事があった…はず。

一時は5編成あったリゾート21の全編成に連結されていたが、利用者の減少と共に編成を外され、R-4と5編成用を除いて、となった。また、平日連結も取りやめられ、「リゾート踊り子」運行充当以外は編成から外され、伊豆高原自宅警備 ニート 待機している。

編成の特徴

リゾート21は、各編成に「R-○」(ResortのR)と付番され、現業(伊豆急および、乗り入れ先であるJR東日本の担当部署)からは「R編成」と呼ばれている。

現状

昭和60年以来、地元の足や観光客の移動手段として、東伊豆を代表する車両の立場を不動のものにして大好評であったが、閑散時はともかくラッシュ時に投入された際、客の流動などで難儀したとのがある。そのため2013年現在では極平日方における伊東・熱口の通勤時間帯にかからない運用が組まれている。また、2001年頃、伊東線ATS-P導入に伴い、R-1~3編成に取り付け工事が行われた。合わせて、先頭部に運行番号表示器(例・5631Mなどと掲出するもの)が設置され、前面左上LED式で取り付けられた。また、R-5編成は2007年頃、前面にLED式の種別・行先表示が後付けで設置されたりと、細かい改造が行われている。

基本的には普通列車に充当されるが、土休日を中心にR-5編成は「リゾート踊り子」として東京へ乗り入れている。R-5編成が検の時はR-4編成が充当される。また、東急線沿線からの集客を意識しているのか、たまに立川始終着南武線経由の「リゾート踊り子」が運行されている。なお、普通列車運用においては、検区のある伊豆高原まではリゾート21で運行され、それ以南は同での車両交換のため8000系乗り換え、その逆に下田方面から伊豆高原までは8000系で運行され、以北がリゾート21というスジもある。

そんなこんながありながら運行をしてきたが、気の低迷や観光の多様化、道路の整備に伴い、鉄道を使って伊豆に行く客の数も減っていた。その為、鳴り物入りで登場したロイヤルボックスも編成から外され、R-1~3編成に連結されていた車両は取り外され、その後解体となっている。

そんな中でも、伊豆観光のために、R-1編成は下田港開港150周年記念として、江戸時代末期日本に開を迫るべく下田にやってきた、ペリーの乗ってきた「船」・サスケハナ号をイメージした「電車」のラッピングを施し走らせた。しかし、付近を走るため、塗装・外の剥がれや腐食など、厳しい沿線環境体よりにじみ出ていた。特にR-1・2編成は床下機器が100形のものを転用していたため、特に老朽化の進行が著しかった。これらの理由から、200系と共に初期のリゾート21は、東急からやってきた8000系電車へ置き換えが行われることとなった。

結果、R-1・2編成はとなり「電車」のラッピングはR-4編成が引き継ぐ事となった。初代では方向幕の部分に「電車」と書かれていたが、二代の方向幕部分についてはそのままとなった。なお、車両の状態の関係からか、R-1編成とR-2編成とで編成の組み換えが行われた。

R-3編成はの予定であったが、を免れ更新工事が行われた。更新に当たっては内の自動は従来の床部スイッチタイプからセンサータイプに変更となり、の色がからボディ同色となった。また、コンプレッサーについては、振動や騒音しい旧式のC-1000から、他のリゾート21と同じ低騒音式のHS-20に変更となった。さらにその後、100形の塗装モチーフとした「リゾートドルフィン号」となり、現在も活躍している。

まさかまさかの東急線走行

2016年10月6日、とあるプレスリリースexit(pdf注意)が発表された。

R-5編成であるアルファリゾート21を水戸岡鋭治氏がデザイン・設計の下で新たな観光列車に生まれ変わらせるとのことである。従来より噂には上がっていたものの、詳細が出ていなかったため、どうなるかが注されていた。伊豆レイル号と合わせて、東伊豆観光の活性化を鉄道の部門から支えていくものと期待されるのだが、その改造について、どこで行われるかが注されていた。かなり大掛かりな改造になるのはに見えてるので、故郷である総合車両製作所(旧・東急車両)で改造されるだろうというのが鉄道ファンの下評だった。実際、親会社の東急電鉄でも1000系を10001500番台改造する際、総合車両製作所にもっていったケースがあるからだ。

ところが実際に行われるのはこどもの国線恩田駅にある長津田車両工場に隣接する東急テクノシステムであった。つまり、長津田駅まで改造し、そこから東急線を通っていくということになったのだ。なおこ東急テクノシステム、他社車両改造を自社工場で行うのはこれが初めてではなく、過去相鉄のモヤ700を行ったケースがあるが、これは陸送で恩田駅まで行ったので東急線経由で来るのはこれが初めてである。

         (.___,,,... -ァァフ|         
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|       『酔っぱらって前ぶらついてたら、田園都市線
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ         特急列車が走ってた』
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |       な、なにを(ry

実際は自走ではなく八王子駅で4両に分けられてから回送し、長津田駅構内にある受け渡し線に引き込まれたうえで中に低速で引っられる格好である。1988年今井88から数えて28年ぶりに東急線を走行することになった伊豆急車両となった。あ、ED2511を忘れてた。

改造了のには東急線の走行をと行きたいのだが、前述の通り保安装置が違う上にダイヤが過密になっているため、スジの余裕がないので可性は限りなく低いと思われる。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%AA%E3%82%BE%E3%83%BC%E3%83%8821

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

リゾート21

1 ななしのよっしん
2013/07/15(月) 21:14:52 ID: UTmz9X4+ZQ
>>az4408505056exit_nicoichiba

>>az4408550280exit_nicoichiba