リチャード・ファインマン単語

リチャードファインマン
  • 6
  • 0pt
掲示板へ

リチャード・P・ファインマン(Richard phillips Feynman,1918年5月11日 - 1988年2月15日)とは、アメリカ物理学者である。

1965年ノーベル物理学賞受賞(永振一郎、ジュリアン・S・シュウィンガーとの共同受賞)。

概要

1918年5月11日ニューヨークユダヤ人庭に生まれた彼は、子供の頃から物理数学が好きで自宅に「実験室」を作るほどだった。

科学数学高校時代までトップで、マサチューセッツ工科大学(MIT)に入学したが、当初はコロンビア大学受験しており、当時設けられていた「ユダヤ人学生上限」で不合格となっている。MITでは数学を専攻。

その後プリンストン大学大学院に入り物理を専攻。この頃にマンハッタン計画に参画している(なお大学院生がマンハッタン計画に加わるのは異例である)。ロス・アラモス研究所では理論グループに所属。

その後、カリフォルニア工科大学教授等を歴任。カリフォルニア工科大学時代の講義を基に「ファインマン物理学」を作成した。

量子電磁力学の発展に大きく貢献しており、経路積分やファインマン・ダイアグラムを考案している。またチャレンジャー爆発事故の調委員も務めた。

1988年2月15日で死去。最後の言葉は「I'd hate to die twice. It's so boring.(訳:二度死ぬなんてまっぴらだよ。まったくつまらないからね。)」だった。

ご冗談でしょう、先生

彼のエピソードはかなりユニーク(母親譲りらしい)で、「ご冗談でしょう、ファインマンさん」等のエッセイ集が出版されるほどである。

一部を抜すると、

哲学心理学を嫌っていた。また精科医も嫌っており、兵役の精鑑定で悪戯して不採用になった。

庫破り趣味としており、ロス・アラモス研究所時代に上の機密重視に不満で、その上の機密書類が入ったキャビネットを何度も破っている。

水爆の効率概算の計算で、エンリコフェルジョン・フォン・ノイマンと計算競争をしている。(結果は当然フォン・ノイマン勝利。)

新婚旅行メキシコに訪れた際、マヤ文明の書かれた写本を入手し独学で解読した。なお写本に載っていた解説を隠して行っていたが答え合わせの際、解説を見たらまったくのデタラメだった。

来日の際、「不敗魔」と自己紹介している。(ちなみに中国語ではファインマンは「費曼」と書く)

トリップが好きで、カリフォルニア工科大学教授になっても自宅近くのストリップバーほぼ毎日通っていた。

等々数えだしたらきりがない。

関連動画

関連商品

関連項目

外部リンク

【スポンサーリンク】

  • 6
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%AA%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9E%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

リチャード・ファインマン

19 名無し
2020/03/03(火) 16:53:34 ID: cLJGw608nW
この人の著作、面白いんだけど物理学以外の学問を小馬鹿にしてる感があるな
生物学を「教科書を読めば済む程度の知識の暗記に何年も費やしてる」と言ったり、数学に対しても自然科学に直接繋がらない基礎数学論とかには辛口だし(「分かりきったことだけを明するんだから新発見なんかない」とのこと)
哲学宗教学に関しては全に見下してる
20 名無し
2020/03/03(火) 17:33:21 ID: cLJGw608nW
↑基礎数学論じゃなくて数学基礎論だ
それとこの人は心理学も嫌ってたらしいけど、その心理学から(精分析を批判的に良した)認知行動療法っていう、エビデンス確立した素晴らしい療法が開発された
学者としては自分の専門以外認めない、ちょっと視野の狭い人だったのかもな
21 ななしのよっしん
2020/04/12(日) 00:30:08 ID: 4Et//63kh0
>>19 ディラックに似てるな
>>20 認知行動療法を生んだのは、心理学というより臨床心理学脳科学なのでは

『最新 心理学事典』https://bit.ly/2xlt9Asexit
認知行動療法
行動科学的原理の応用により,生活の困難につながるふるまいや受け止め方,感情や衝動のコントロールに一貫した変容をもたらすことをめざす臨床心理学的技術の体系。

脳科学辞典』https://bit.ly/34rGraAexit
認知行動療法
認知行動療法 (CBT) は…科学検証デザインに沿いやすく、現時点で、最も脳科学的理解が進んでいる心理療法である。…うつ病に対するCBTでは、治療後に、外側前頭前皮質 (VLPFC) や海馬海馬傍回といった辺縁系領域、後帯状皮質 (PCC)、背側ACCなどの有意な活動変化が見出されている。

CBTのような画期的療法が臨床心理学脳科学の産物なら、相対的に心理学が低く評価されることもあり得るだろう
22 ななしのよっしん
2020/04/19(日) 23:03:02 ID: cLJGw608nW
まあ、臨床心理学哲学的、形上学的だった元の心理学批判されて、統計とらなきゃ意味ない!ってことで生まれた実験心理学を、更に応用したものだからね。

現在じゃ別物の学問だけど、元々は一体だった。哲学自然科学の関係に似てるかも。

だから、当時の心理学も全く意味だったわけじゃない。

ファインマンさんなら多分、神経科学以外一つも価値を認めないだろうけどね…
23 ななしのよっしん
2020/05/03(日) 06:32:34 ID: 4pp4140yk6
天才で面くてイケメンリア充
一体前世でどんな徳を積めば彼のようになれるのか
24 ななしのよっしん
2020/05/21(木) 16:08:19 ID: JdQ3FNIovc
>>19-20
おそらくファインマン流の考え方はIT業界や情報工学にもあって、哲学文系が見下される一因になっている

https://dic.nicovideo.jp/b/a/%E4%BA%BA%E5%B7%A5%E7%9F%A5%E8%83%BD/751-#762
762 ななしのよっしん 2020/05/08() 17:33:46 ID: ++vAVxteqK
なんか苛批判IT方面から哲学倫理に飛んできてるのは、喩えるなら哲学系が「料理」を作らないし、「料理」の研究もしないからではと思う
AIもそれ以外も、ソフトウェア開発プログラミングなどのポートフォリオは「料理」に喩えられることが多い

料理」(ポートフォリオ)作りの実践としては事・趣味プロの補助、プロとかあって
料理」の研究としては専門の科学とか、応用的な経営学・経済学とかある

そして哲学系と較すると、哲学系は「料理」(ポートフォリオ)をほぼ作ってない
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
25 ななしのよっしん
2020/05/27(水) 17:18:21 ID: 4Et//63kh0
>>22
それって「ファインマン心理学を嫌っている」「CBT(認知行動療法)は臨床心理学脳科学の技術」
ということに変わりないのでは
別に、心理学哲学意味だということになるわけでもないが

>>24
Wikipediaの「人工知能」記事でも、ファインマンやディラックからの哲学批判引用されてるな
材料の研究どころか、材料で何かを作りもしない哲学の人から成果物AI)についてアレコレ言われれば、そりゃ苛つくだろうけど

ファインマン的理屈なら、「哲学宗教はポートフォリオAI)を理解していないからポートフォリオAI)を作れない」とでもなるか
そもそも哲学側は、科学側と違って工作や施工を前提としていないんだから、哲学側と科学側とに繋がりを見出そうとすること自体がな感あるが。
プログラミング教育義務化とかもなぁ。ファインマンみたいなエンジニアIT業界人は喜んでるようだけど。
26 ななしのよっしん
2020/05/28(木) 15:41:24 ID: cLJGw608nW
「情熱を持たない物理学数学、知性を持たない物理学化学」という発言にも、この人の考えがよく表れてる

何だかなー
その通りっちゃあその通りなんだけど、他の学問や宗教かずとも他の逸話で物理学の面さ、偉大さは充分伝わるってのに
ま、時代も々とは背景が全然違うから、致し方ないのかもしれんけど
27 ななしのよっしん
2020/08/01(土) 01:40:21 ID: aozRx2/htJ
もこういう感じの人の授業大好き
よく分かんなくてものめり込まされる面さがある
28 ななしのよっしん
2020/08/30(日) 01:36:50 ID: +h9FKs8p8j
超弦理論否定の一人で、シュワルツ博士を度々からかってたらしい。

「やぁシュワルツ、今日はいったい何次元にいたんだい?」

一方で学会に認められくとも信念を持って研究を続けるシュワルツ博士のことは尊敬してたそうな。

おすすめトレンド