リヒャルト・ワーグナー単語

リヒャルトワーグナー

リヒャルト・ワーグナー(Richard Wagner, 1813-1883)とは、「楽劇王」の別名でも知られるドイツ作曲である。

概要

19世紀中葉のドイツを代表する作曲の一人である。ドイツ語では /ˈvaːɡnɐ/ と発音されることから、「ヴァーグナー」と転写されることも多い。独自の音楽理論追求し、それまでのオペラとは異なる形式の「楽劇」(Musikdrama)を生み出した。その革命性ゆえに多くの支持者を得る一方、あまりの自信ぶりに多くの敵も作り出した。ドイツ西部バイロイトに自らの作品を上演するための劇場「祝祭劇場」を建設した。

主なオペラ

以下はいわゆる「楽劇」に分類される。

逸話

あまり浪費ぶりに破産寸前になるが、かのノイシュヴァンシュタイを建設したバイエルン国王ルートヴィヒ2世護を受けることで生活が成り立つようになった。

リヒャルト・ワーグナーはフランツ・リストを尊敬していたが、そので、当世随一の揮者ハンス・フォン・ビューローの妻となっていたコジマと「ダブル不倫」関係に陥った。リヒャルトとコジマ1866年同棲生活を始める一方、1867年初演の『ニュルンベルクマイスタージンガー』はハンス・フォン・ビューロー揮するという、傍からは理解しがたい様相を呈した。

バイロイトの祝祭劇場の総監督は、ワーグナー一族によって今なお「世襲」されている。ワーグナー上演の総本山と位置付けられていることから、の「バイロイ音楽祭」に行くことは「バイロイト詣」などとも呼ばれている。

ドイツ音楽雑誌に反ユダヤ義の論文『音楽におけるユダヤ性』を匿名で発表し、音楽に対するユダヤ人ユダヤ文化を糾弾するなど、後世に反ユダヤ義者と見なされる行動をしている (ただしユダヤ人との親交は意外な程多い) 。また、アドルフ・ヒトラーワーグナー好きであった事、反ユダヤ的な糾弾内容をナチスが利用するなどしている事から、現在ではワーグナーの作品をイスラエル演奏する事はタブー視されている。また、欧ではワーグナーの「作品」を称賛する事は許されていても (実際その評価はかなり高い) 、ワーグナーの「人物」を評価する事は非難の対になる。

関連動画

関連項目

ニコニコ大百科に記事のある楽曲

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%AA%E3%83%92%E3%83%A3%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%B0%E3%83%8A%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

リヒャルト・ワーグナー

22 ななしのよっしん
2017/04/30(日) 16:49:54 ID: 7Bhn6bTIqx
複垢自演誹謗中傷風評被害何でもありやぞ
なお自分がされるとブチきれる模様
23 ななしのよっしん
2017/06/30(金) 14:45:43 ID: gl/xy7RyLJ
カオスクラシックアニメへの出演が決まったそうです。
どうなることやら。
24 ななしのよっしん
2017/09/29(金) 20:11:34 ID: KCOIY4z3MA
ワーグナーと言ったらニーチェだけど、ワーグナーニーチェに関して述べた言葉って何かあるか?
ニーチェワーグナーについて述べた言葉だったら、彼の著作内にあるだろうし、実際ちらっと眼にしたこともあるけども。
しつこくワーグナーワーグナー言うもんだから、なんかストーカーだかメンヘラだかっぽく感じてしまって、気色悪かったです。
25 ななしのよっしん
2017/10/10(火) 09:21:34 ID: axlK1M+z7i
昔、イギリスワーグナーの生涯を描いたドラマが放送されていて、その中でニーチェ台詞の中に「方はについてっているが、そのとは他ならぬ方自身なのだ」という言葉があった。実際にそうっていたかは不明だが、  ニーチェ自身はワーグナーに対しては絶縁した後も、尊敬と嫌悪の入り混じった感情を抱いていたのは確からしい。
26 ななしのよっしん
2017/12/14(木) 14:59:20 ID: PLPZ2zl76g
>>24
ニーチェからワーグナーへの複雑な感情があったことは確か
>>25の言うように尊敬と嫌悪の入り混じった想いを抱いていたらしい

とは言え、ワーグナーは何だかんだ当時の音楽界の有名人だったので
当時音楽芸術ろうと思ったらワーグナーを避けて通れなかったのも事実
ワーグナーについて何度もっているということ自体は決して不自然なことではないよ

ワーグナー自身も若い頃は、マイヤベーアやメンデルスゾーンといった人物に対して
いろいろうるさく言っていたことがある
27 ななしのよっしん
2018/03/16(金) 23:02:12 ID: ihJGztr8MP
も悲劇の誕生からニーチェワーグナーまでに至る著作を考えるとすごいがあったと思う。
関連人物の一覧ニーチェを加えてもいいと思うがどうだろうか?

(ちなみに発狂後のニーチェはコージマ婦人に「私はかつて何者でもあり、ワーグナーでもあった」という内容の手紙を送っている。
すでにワークナーは死んでいたが、正気を失った後もワーグナーに対して特別な感情を抱いていた事がわかる)
28 ななしのよっしん
2018/09/19(水) 22:26:34 ID: eWA1vRtT6s
この人をモデルにしたキャラ強くて賛否両論だったのに
遍歴知ってる人らがって「これでも元ネタより甘い方」と言ってたのは笑ったわ
29 ななしのよっしん
2019/03/16(土) 09:04:41 ID: HYWONpIodT
前から思ってたけどヨーロッパ人そのものが反ユダヤばっかりだったのに
そのことをみんな視してるのはなぜなんだろうね
30 ななしのよっしん
2019/05/04(土) 22:57:37 ID: W2lnyQZzQT
>>29
全員が反ユダヤってわけではいし、ワーグナーは著名人でありそれが"音楽におけるユダヤ性"とか書いて発表したあたりが特殊なんじゃねーの?
31 ななしのよっしん
2019/05/11(土) 23:09:53 ID: KCOIY4z3MA
件の反ユダヤ的言動のせいで、ナチスアレルギーな欧では
音楽はともかく、ワーグナーの人格を誉めるのはご法度、とはよく聞くが
そもそもワーグナーの人格って、反ユダヤ思想抜きにしても誉めるようなとこあったっけ?

急上昇ワード