リファール単語

リファール

リファールとは、に以下の2つをす。

  1. セルジュ・リファール(Serge Lifar、1905-1986)。ウクライナ出身のバレエダンサー、振付師。
  2. リファール(Lyphard)。1969年まれのアメリカ産の競走馬で種として活躍した。
    名前の由来は1のバレエダンサーに由来する。英語読みすると「リーファード」に近い。

本項では2番の競走馬に関して記述する。

生い立ち

Northern DancerGoofed、Court Martialという血統。
は名競走馬にして世界を塗り替えた大種。本は4年の産駒であり、そろそろ初年度がクラシックに挑む頃に生まれてきた。は仕上がりのい産駒を多数送り出し、英リーディング2度、2歳リーディング6度の名種。何より彼が勝った英2000ギニーのすぐ後にナチスドイツが降伏し、欧州大戦は終結した(Court-Martial=軍法会議とは何とも皮な名前である今ならサイン券だが)。
は繁殖として優秀で、本の他にGIを送り出し、シーキングザパールの曾祖にあたる。

その競走馬としてのリファールはフランスに送られ、に短距離戦線を中心に走っている。
3歳時にフランスマイル王決定戦たるジャックマロワ賞と、その他フォレ賞と2つのGIを制した。
通算成績は12戦6勝。英ダービーで15着と惨敗したのは内緒。因みに結構気性が荒かったぽい。

種牡馬入り後

1973年フランスで種入りし、数年後にアメリカケンタッキー州にある名門牧場ゲインズウェイファームへ栄転となった。米国欧州競走馬の往来が普通にあるので、米国にいる欧州でリーディンサイアーを獲るといった事は(種が優秀なら)よくある。

1976年に産駒がデビューするといきなりGIを出して新種リーディングを獲得、すると活躍が出るわ出るわの大騒ぎ。1986年アメリカ、1978、1979年フランスのリーディンサイアーとなった。

一番の代表産駒はなんと言っても"躍動する勇者"ことダンシングブレーヴだろう。エプソムダービーこそ敗れるもののキングジョージと凱旋門賞ぶったまげた末脚で優勝した、是非動画を見て欲しい。

他には、

といった感じ。立つのは芝で良績を残すが多数おり、ダートの活躍はあまり見られない。
特に得意とするのは欧州の芝1600~2400であり、産駒には英クラシックホース立つ。2歳GIもおり、割とディープインパクトに近い。

日本では直は種として多く輸入されており、代表例がメジロラモーヌレガシーワールド父親であるモガミで、産駒は障戦で類の強さを見せた。他にダンシングブレーヴとその産駒であるホワイトマズル、コマンダーインチーフが輸入されて、皆活躍を輩出している。

としても凱旋門賞等を出しているが、NijinskyNureyevべると若干が薄い。

現在系は(ノーザンダンサー初期産駒にありがちだが)衰退傾向にある。しかし系に入って影を行使しており、現在日本トップサイアーであるディープインパクトがリファールである。リファール系種としても結構優秀である(モガミ除く)

そのリファールは1996年(27歳)に受精率低下を理由に種引退。その後もゲインズウェイファームで繋養され、2005年6月死亡36歳というサラブレッドとして記録的な長命を保った。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

子孫(直系のみ)

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%AA%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%83%AB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

リファール

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • リファールについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!