リボー単語

リボー

リボーとは、1952年まれのイタリアの競走凱旋門賞を連覇するなど16戦16勝という恐るべき戦績を残した名である。

イタリアの「20世紀を代表するスポーツ選手」第4位。なのに。

概要

Tenerani Romanella El Grecoという血統。生産者はイタリア天才フェデリコ・テシオ。この人は、現在サラブレッド血統に重大な影を与える事になる名を何頭も生産したとんでもない人なんであるが、その最高傑作が他ならぬリボーであった。

テシオは自分の所有馬芸術の名前を付けるのを常としていたが、最晩年にはネタくなったのか、リボーの元ネタ「テオデゥル・オーギュスタン・リボー(フランスの画)」はそれレベルの人である。現在では断然の方が有名であろう。

リボーが生まれたのはイギリスであるが、もテシオの生産である。テシオは血の偏りを防ぐために自分の所に種を置かない義だったのである。この方針から、共にテシオの生産というがテシオの手によって生産されることは稀だった。ちなみに、もテシオの生産で、あらゆる意味でリボーは、フェデリコ・テシオの集大成と言っても過言ではないだったのである

なんとなれば、テシオはリボーのデビューを待たずに1954年に亡くなっているのだ。彼は生前、リボーの事を「どうにも良く分からんけど、いずれひとかどのになる気がするね。良く分からんけど」と言っていたらしい。まぁ、クラシック登録しなかったぐらいだから、実はそんなに期待してなかったのかもしれない。

の頃は「イルピッコロロ(おちびさんという意。緑色のあの人は関係)」と呼ばれたくらい小さかったリボー。テシオは生産だけではなく調教もやった人なのでテシオの厩舎に入厩したのだが、その時担当に立補したのが後年、深いで有名になるマリオマルチェシ厩務員(あの配管工は関係い)だった。

調教を積まれてデビューを迎えることになったリボーだが、デビューの僅か二ヶ前、フェデリコ・テシオが死去する。つまりテシオはリボーのレースを一度も見ていないということになる。

リボーはデビュー二戦を逃げ切り勝ちしてその素質の高さを垣間見せる。しかし次戦、距離が少し長いからと騎手が抑えようとすると、気を悪くして折り合いを欠き、どうにか勝ったものの頭差の辛勝だった。これ以降、リボーのレースはリボー任せが基本となる。

二歳戦を敗で終えたリボー。まぁ、ここまででも十分凄いのだが、三歳を迎えていよいよその強さはその凄みを増すことになる。何しろ、三歳緒戦から6身、10身、1身、10身差の圧勝を続けたのだ。

クラシック登録がいリボーは逆に言えばイタリアクラシックレースすという縛りかった。なので、三歳の標を凱旋門賞に定めたのである。ちなみに、フェデリコ・テシオは凱旋門賞を生み出した事がかった。

フランスに遠征したリボー。この頃にはちびすけの面影はい堂々たる体に成長している。凱旋門賞では二番手から直線で一気に抜け出すと独走。3身差で楽勝したのだった。このレースにはフランスダービーアイルランドダービーが出走していたのだが、ダービーなんて出るまでもいと言わんばかりの圧勝。ダービーに出られなくても悔しくなんていんだからね!ついでに僅か二週間後、イタリアに帰ったリボーはジョッキークラブ大賞に出走。前年の凱旋門賞ルマンを15身ちぎって最強の地位を確かなものにした。

近年ならこれで引退しても良いほどの戦績だが、リボーは四歳になっても現役を続行した。イタリア内で4連勝。4、12、8、8身差。この内最後のレースイタリア最大のレースミラノ大賞である。そしてリボーは続けてイギリスへ向かった。キングジョークイーンエリザベスステークスを獲得するためである。と、いうのも「競馬イギリスこそNO.1なんだ!」とうるさいイギリス紳士どもが、なかなかリボーの強さを認めようとしなかったからである。

このレースもリボーは楽勝した。5身差はレース記録。イギリス紳士たちはぐうの音も出なかったという。

イタリアに顔見せに寄って、8身差でピアッツァレ賞に勝った後、リボーは連覇をして凱旋門賞に向かった。ここにはこの年のダービータルゴー、ザラーズストラ。英オークスシカレル。パリ大賞のヴァテルアメリカからワシントンDC勝ちフィッシャーマン。翌年に凱旋門賞を勝つことになるオロソ。と、まぁメンバーが集まって来ていた。

しかし、リボーは一番人気。レースでは三番手を追走。直線であっさり抜け出すと、もうなんというか、1頭だけ違う生き物みたいな脚で独走。公式発表6身。実際には10身くらいの大差を付けて楽勝した。「まるで発射台から打ち出されたミサイルだ!」と謳われた末脚を是非、関連動画で確認して欲しい。

これで引退したリボー。16戦16勝のパーフェクトな戦績を残した。これは史上4番タイ敗連勝記録である。しかし、勝って来たレースが数カに渡る上、キングジョージや凱旋門賞連覇という桁違いの内容であることから、彼の記録こそ至高であるという意見も強い。

二着との合計着差は100身近くにも達し、接戦と呼べるレースはほとんどかった。映像が残る二回凱旋門賞レース振りからはその恐るべきスピードありありと伝わってくる。しかもほとんど追われていないのだからびっくりである。

入りしたリボーは初年度をイギリス。2年をイタリアで過ごした後、アメリカに渡った。5年の期限でのレンタルだったそうだが、結局アメリカから帰ってくることはかった。

その成績だが、もしかしたら競争成績以上のものであるかもしれない。イギリスのリーディンサイアーに三回き、ステークスウイナーは66頭に上った。モルヴェド、プリンスロイヤルの二頭はと同じ凱旋門賞を制している。産駒も多く種として活躍し、現在ではリボー系を形成するまでになっている。孫のアレッジド凱旋門賞を連覇した。近年の有名どころではタップダンスシチーの曽々祖がリボーである。

の頃やレースい時には人懐っこく、物を隠すなどいたずら好きのであったそうである。引退式では騎手を振り落としたとか聞くとどっかの三冠馬を思い出す。面いのはなぜか毛糸の帽子が嫌いだった事で、関係者は彼の前では帽子を脱いだのだと伝わる。

しかし、特にレースでは気難しいところがあり、理に言うことを聞かそうとすると途端にぐれてやる気くしたそうである。故に騎手の仕事はいかにリボーの邪魔をしないかだったそうな。

入りして、特にアメリカに渡ってからは環境の変化のせいか更に気難しくなり、細なことで暴れたらしい。このため、アメリカからイタリアに帰る際の保険の引き受け先が見つからず、そのせいでイタリアに帰れなかったのだそうだ。

ちなみに、リボーはあのセントサイモン系子孫である。・・・まぁ、セントサイモンよりはましか。

1972年21歳で死亡。その威は死後も衰えず、イタリアスポーツ雑誌ガゼッタ・デッロ・スポルト誌の「20世紀を代表するスポーツ選手」でなんと4位に選出。イタリアといえばサッカー自転車自動車レースが盛んなだというのに。ちなみににイギリスタイムフォーム誌20世紀の名選では3位に選ばれている。

「ドルメロ魔術師」フェデリコ・テシオの最高傑作。しかしおそらく、テシオの想像をかにえるスケールに達したであろう、偉大な名であった。

関連動画

関連商品

リボーに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

リボーに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%AA%E3%83%9C%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

リボー

1 ななしのよっしん
2012/04/21(土) 16:42:01 ID: USxkk+SC+R
テシオが手にかけて生産しました
2 ななしのよっしん
2012/11/12(月) 00:00:48 ID: X5Ur4N18gn
>>1
クソ
が書こうと思ったことを書きやがって!
3 ななしのよっしん
2013/10/04(金) 21:46:27 ID: cv9EURf0Lc
ユーモアを交えながらも熱い内容の良い記事だな
4 ななしのよっしん
2014/05/14(水) 07:08:12 ID: jbz6j5DRHT
リボーの血統が死滅しそうでほんと悲しい。
10ハロン位の距離イマイチなのがなぁ・・・
5 ななしのよっしん
2015/11/03(火) 06:30:35 ID: SVaubho+RL
一応キングジョージも直線だけだが映像で残ってる
一頭だけ違う脚で抜け出してくるからすぐわかる
https://www.youtube.com/watch?v=EjTbqvje26Iexit
6 ななしのよっしん
2018/06/03(日) 11:19:59 ID: GtuOO3fHbA
アルコとリボーを生み出したってだけでテシオの功績は凄すぎる
確固たる配合理論に基づき巧みに血の偏りを避けてネアルコを送り出した一方で、
生産のロマン集大成ともいうべきリボーも作るって人生として最高だなあ